2021年03月03日

2022スキー試乗@菅平(BLOSSOM)

2/27(土)に菅平でBLOSSOM(およびKNEISSL)スキーの試乗会が開催されました。
当日は曇りのち晴れでしたが終日気温が低く、雪が緩むことはありませんでした。

BLOSSOM NUMERO UNO N°1 RC
L164/R13.5/121-71-106
IMG_3039.jpg
しなやかな撓みを感じられるスキー。
朝イチのファミリーはグリップしやすいコンディションでしたが、食ったエッジを外しやすく、ズレを使いやすいです。
裏太郎や白金のようにそれなりに硬い斜面でも、グリップは悪くありません。
大回りでは、トップがやや内に入り気味と感じました。
小回りは、気持ちいいくらい素直に回ってくれます。
返りが強くない分、落ち着いて操作できました。

BLOSSOM NUMERO UNO N°1 SL
L165/R12.5/118-67-103
IMG_3047.jpg
空いている裏太郎で大回りをしてみましたが、トップは思ったほどには内に入ってきませんでした。
グリップもいいですし、安定感もありますから、そこそこ飛ばしても不安感は無く、楽しいです。
白金での小回りは、特にターン後半でのグリップの良さが印象的でした。
切換に向かってテールが流れることなく、板が身体の下に返ってきます。
斜度が緩やかなところで中〜低速で滑ると、テール側の強さが感じられ、ズレを重視した滑りではやや気を遣いました。
メーカーの話では、L165以上はFLERE PLUS的(未満はFLERE)的な味付けにしてあるとのことですが、以前試乗したFLERE PLUSのような、よく言えば元気がいい、悪く(?)言えばおてんば娘のような印象ではなく、強さの中にもFLERE的な扱いやすさを感じました。

BLOSSOM NUMERO UNO N°1 SC
L164/R13.5/121-71-106
IMG_3055.jpg
直前の試乗がSLだったこともあり、穏やかさが印象的です。
SLのような強さは感じません。
メタルは入っていないそうですが、安定してます。
裏太郎の硬めの急斜面での大回りは、適度にズレながらグリップしてくれますので、悪くありません。
白金では小回りで滑ってみましたが、トップから雪面を食う感覚が薄く、始動時に回頭をワンテンポ待つ感じがありました。
荷重ポイントをイマイチ掴めなかったようです。

BLOSSOM NUMERO UNO N°1 GS
L174/R17.5/114-69-99
IMG_3058.JPG
さすがの安定性です。
裏太郎での大回りがメッチャ楽しいです。
しかし、ただ乗ってるだけだと若干安定性に欠け、積極的に荷重することで、グリップや走りを引き出す必要があると感じました。
当たり前の話ですが、ショートリズムでは、積極的に回旋してやらないと真っすぐ走って行っちゃいます。
ややゆったり目にはなりますが、小回りとして問題はありません。

BLOSSOM TURBO AM74
L172/R15.5/124-74-104
IMG_3072.JPG
エッジグリップはマイルド。
それでも回頭性の良さに、BLOSSOMらしさを感じます。
それまでに試乗したピステモデルと比べちゃいけないんでしょうが、硬い斜面での安定性はイマイチです。
やや荒れた場所ではバタつきも感じます。
グサ雪や、食い荒らされた新雪だったら印象は違うでしょう。
小回りでは、クイックさはありませんが、回旋動作に素直に反応してくれます。
硬い斜面でも最後にテールが踏ん張ってくれて、落とされることはありませんでした。

BLOSSOM FORMULA THREE SIXTY
L176/R-/120-86-110
IMG_3076.JPG
『中毒者さん、これ行ってみなよ』とスタッフに勧められた板。
意外と言っては失礼ですが、大回りも小回りもしっかり回ってくれます。
硬い部分が出始めた急斜面でも、ズレながらもしっかりとしたグリップ感がありますから、不安はありません。
意識してエッジを立てれば、それなりに食ってくれます。
さすがに深回りの小回りは苦手でした。

BLOSSOM NUMERO UNO N°1 LADY
L159/R12.0/116-66-101
IMG_3078.jpg
かなり柔らかいです。
安定性はやや劣りますが、荒れ始めた裏太郎でもギャップをいなしながら滑る感覚があり、大きな問題はありません。
総滑的な滑りもしてみましたが、操作性は非常に良く、思ったほど弱さは感じませんでした。
白金で小回りを試しましたが、トップが容易に内に入り、板の撓みが感じられますので、リズムが取りやすいです。
しかし硬い斜面だと、板が柔らかいため、雪面からもらった反動をやや持て余し気味にも感じました。

KNEISSL RED STAR SC
L165/R12.5/118-67-103
IMG_3068.jpg
KNEISSLもすぐお隣で、一緒に試乗会をやってましたので、1本だけ試してみました。
ショート系のオールラウンドモデル、というリクエストにスタッフが選んだ板です。
そこそこスピートを出しても安定しています。
数字上のラディウスとは裏腹に、トップが内に入りませんから、大回りも問題ありません。
エッジホールドはやや強めでしょうか。
エッジがしっかり食ってくれるのはいいのですが、外れると思ったところでまだ外れきらない感覚がありました。
小回りでは、真上から踏めばしっかりグリップしながら回ってくれます。
センターからテールにかけて、強さというか、ややズラしにくさを感じますが、逆にそれが硬い急斜面では頼り甲斐にも感じます。
かなりエッジを立ててあったようですから、チューンナップでの調整が可能だと思います。
posted by スキー中毒者 at 17:47 | Comment(2) | TrackBack(0) | スキー

2021年03月01日

月違いでもHBD

土曜日の菅平でのBLOSSOM試乗会の後は、のんびり下道を走って沼田へ。
日曜日はオグナほたかです。

実はこのスキー場、超久しぶり。
前はいつ行ったのかも覚えてませんから、自分のBlogで検索をかけたところ、8年前に初訪問していました。
その後、再び行ったかどうかも覚えていませんが、記事が残ってないから行ってないんでしょう(^^;

なぜそんなスキー場に行く気になったかというと....

IMG_3127.JPG

バースデーの「月」は違っても、「日」が同じであればリフト券無料サービスがあるんです(^^)
私は「28日」生まれなんで、12月でも、1月でも、2月でも、3月でも、28日に行けばリフト代無料。
単純計算では、30人にひとりくらいは恩恵を受けられるはずですが、ご存じない方も多いようで、私の前に並んでいたおっちゃんも、シニア券を買おうと年齢証明のために免許証を提示たところ、窓口のおねーちゃんに教えられて狂喜してました。

ちなみに朝のリフト券売り場は並びます。

IMG_3084.JPG

久しぶりにこんなに並びました(^^;

リフト券をいただいたのはいいのですが、どのリフトに乗ればいいのか、全く覚えてません。
8年前にあったクワッドリフトは廃止されちゃってるし....

IMG_3092.JPG

とりあえず手近なペアリフトに乗車。
そのリフトを降りて、さらに上部に行くリフトへ。
クワッドがなくなったんで、尾根のコースに出るにはこれに乗る必要があるんだな。

IMG_3093.JPG

乗車すると、すぐ右側に美味しそうな急斜面が見えます。

IMG_3097.JPG

林を挟んでもうひとつ、こっちは大回りだな。
うん、思い出してきたぞ。

トップを目指して、リフトをあと2本乗り継ぎます。

IMG_3120.jpg

さらにハイクアップして、コース外を滑る方もいらっしゃるようですね。

IMG_3122.jpg

トップからの景色、左手に見えるのは尾瀬岩鞍でしょうか。
景色はいいのですが、尾根のコースはあまり面白くありません。
途中から右に落ち込む広い方の急斜面、スラロームコースへ。
メッチャ気持ちいい、勘違い大回りバーンです(^^)

続いてお隣の圧雪幅がやや狭いトレーニングコース。
滑ってる人をほとんど見ないのですが、入口がちょっと分かり難いからでしょうか。
誰もいない圧雪バーンで小回りなんてしたら、罰が当たりそうなんで、やっぱり大回り(^^;

スラロームもトレーニングも、シマシマから外れてもほとんど荒れていません。
コース整備状況から考えると、降雪後には運が良ければパウダーも楽しめるかもしれません。

この両コースでしばらく勘違いを続けていましたが、たまには他のコースと思い、向かいに見える中斜面の第4ゲレンデへ。

IMG_3108.JPG

ここも広い中斜面ですが、ちょっと刺激が足りません(^^;
コブになる(かもしれない)ウェーデルンコースにも入ってみましたが、単なる荒地でした。

尾根からベースエリアまで滑り下りる、ほたかスカイウェイに行ったところ....

IMG_3111.JPG

コースはともかく、リフト待ちが長蛇の列でした。
最近のプリンス系スキー場の大混雑と比べれば、カワイイものかもしれませんが、かたしなだの、ブランシュだの、リフト待ちゼロに慣れちゃってますからねぇ。

この状態じゃ、ベースエリアのレストランは大混雑だったんじゃないでしょうか。
私は中腹にあるレストラン、アザリアさんでランチにしましたが、一番混んでいるときでも若干の空席がある程度で、ゆっくりと休憩ができました。

午前中はひたすら大回りだったので、午後は小回りの時間(^^;

IMG_3130.jpg

相変わらず空いてるトレーニングコース。
朝から晴天で気温も上がったため、雪はかなり緩みましたが、個人的にはこういうグサ雪って好きなんです。
ターンのスペースを変えながら、ひたすら小回り。
たま〜にお隣のスラロームコースで大回り。

楽しく15時まで滑って終了です。

車を駐めたのは第3駐車場。
数字がひとつ上がるごとに、一段ずつ下りていきますから、歩くと結構大変ですが、朝も帰りもバスで送っていただきましたので、楽チンでした。
また、沼田からアクセスするスキー場は、駐車料金が土日有料というところが多いのですが、全日無料というのもポイント高いです。

かたしなもいいけど、たまにはオグナほたかもいいかもしれません。
28日が休日だったら確実に行っちゃうかも....(^^)

この日の立ち寄り湯は、
posted by スキー中毒者 at 17:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | スキー

2021年02月27日

全面滑走可なれど

先々週のブランシュでのHEAD試乗会で、試乗会モードのスイッチが入りました。
今週は菅平でBLOSSOM試乗会です。
BLOSSOMって何よ?と思う方も多いと思いますが、マイナー、いや失礼、お世辞にもメジャーとは言いがたい、イタリアのハンドメイドスキーブランドです。
コロコロとモデルチェンジするブランドじゃありませんが、私は毎年必ず試乗をしています。
しかし昨年は諸般の事情で試乗会に参加できなかったので、2年ぶりの試乗です。

1月前半まではガラガラだった高速道路も、最近は混むようになりました。
そのため、渋滞を警戒して5時に自宅を出発。
関越道の渋滞ポイントである高坂を6時には通過する予定だったのですが、高速に乗った時点で鶴ヶ島と坂戸西付近で事故が発生しています。
幸い大きな渋滞ではありませんでしたが、それとは関係なく交通量は多く、藤岡JCTまでは80〜100km程度で流れる状態でした。
上信越道に入ると順調で、終始アイサイトのクルーズコントロールに任せて順調に走行。
8時過ぎには、菅平のファミリー下駐車場に到着しました。
念のため自分の板も担いでゲレンデへ。
確か8時半から受付開始だったよなー、と思ったのですが....。

IMG_3035.jpg

まだまだ準備中です。
『中毒者さん、早いですよ。』
一昨年は渋滞で遅刻したら、遅いって言われたから、気合い入れたのになー(^^;

そうこうしているうちに、ゲレンデ下の小屋から試乗スキーを出し始めました。
「手伝うよ。」
『あー、すいません。』
ただ待ってるだけじゃ、寒くてね....。

結局、受付して試乗を開始したのは、予定どおりの9時でした。

IMG_3034.jpg

到着時のファミリーは上部がガスの中です。
しかし開始直前には明るくなりました。
テントはファミリー下ですが、もちろん他のコースにも雪が付いています。

IMG_3045.jpg

裏太郎のトップから見ると、ダボス方面はまだガスってますが、太郎エリアはもう大丈夫です。

IMG_3049.jpg

研修会で滑る白金は迂回コースばかりですが、低速での練習が目的じゃなくて、単に雪が付いていないから。
もちろん今日は問題ありません。

参加者がそれほど多くないので、まずはファミリーイーストで様子見、裏太郎で大回り、白金で小回り、最後にファミリーウェストで総滑という感じで、ゆっくりと試すことができます。
それにしても寒い....。
1月のブランシュも寒かったのですが、この日の菅平は弱いとはいえ風があり、雪も舞うコンディションで辛いです。
耐えかねて11時半にランチ休憩。

IMG_3061.jpg

ファミリー下からちょっとだけ歩いてホテルニューダボスへ。
いつも研修会でお世話になってるんですが、今シーズンは中止になったため、宿泊もできませんでした。
せめて昼メシだけでも....、ね。

ゆっくり休憩して再出撃。
ここで初めて気が付きました。

IMG_3064.jpg

ラグビーポール、どこ行った?

オールラウンドモデルを中心に、最後にはフリーライド系やらレディースモデルまで試乗して、15時半に終了。
スタッフのTさんと話をしながら、楽しい試乗会でした。
結局自分の板には一度も乗らず(^^;

今シーズン初の菅平は、全面滑走可で大変良いコンディションでした。
最近の研修会では、ファミリーイーストと、運が良くても白金と裏ダボスの迂回コースが滑れるだけ。
しかしこの日は、表太郎や天狗、シュナイダーや表ダボスだって雪が付いて全面滑走可ですから、どこだって滑れます。
それなのに滑ったのは、ファミリーと裏太郎、白金だけ....。
普通の人からすれば、理解しがたい世界ですよね(^^;;

今日のおみや
posted by スキー中毒者 at 23:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | スキー

2021年02月21日

太りしミッフィー

土曜日。
二度寝しました(^^;

7時前に関越に乗ったのはいいのですが、今週も安定の事故渋滞。
鶴ヶ島まで80分なんて表示されています。
たまらず所沢で降りて坂戸西スマートまで下道を走りましたが、その先も駒寄渋滞が意外に延びてました。
結局現着は10時半。

IMG_2980.JPG

ミッフィーよ、ずいぶんと太ったなぁ....

雲ひとつない青空で無風、暖かくて気持ちいいです。
Twitterのタイムラインには、他のスキー場の大混雑ぶりが流れてきますが....

IMG_2984.jpg

かたしなは平和そのもの。

IMG_2993.JPG

斜面だって空いてます。
でもファミリーにも人気のちぐさコースに行けば....

IMG_2988.JPG

まぁたまには誰もいないこともある(^^;

IMG_2990.JPG

お隣の場内放送も聞こえず、ホント静かです。
滑走開始が11時近かったので、午後1時頃まで滑ってランチ休憩。

IMG_3001.jpg

カントリーチャイルドで、けんちんうどん舞茸おこわセット。
この舞茸おこわ、好きなんだよなー。

午後2時に再出撃。

IMG_3007.jpg

雪が緩んで荒れ始めてます。
いや、他のスキー場なら真っ平らみたいなものですけど、かたしなだとこれでも荒れてるんです。
緩斜面のコース端を滑ると、妖怪板掴みが出没し始めました。

3時過ぎにひと休み。

IMG_3012.JPG

今まで気付きもしませんでしたが、センターハウス隣に小さなクレープ屋さんがあります。
クレープハウスQulumiさん。
いちごチョコ生クリームのクレープをいただきました。

IMG_3014.JPG

摂取した糖分消費のため、コブ。
一度潰して掘り直したみたいで、まだ浅いです。
しかし日影になったため、カッチカチでした(^^;
1本で断念。

コブの代わりに、かえでコースで大回りを2本。
最近はスピードを出すことが少なくなりましたので、たまにはね。
緩んで荒れた雪が再び硬くなり始めたコンディションでしたが、気持ちよく滑れました。

4時過ぎまで滑って撤収です。

今回は駐車場が上段でしたので、ブルーナハウスの前を通って車に戻ります。

IMG_3015.JPG

そのブルーナハウスは、今はこんな感じ。
土日休のみですが、事前にネットでレンタル予約をしておくと、こちらで受け取れます。
リフト券も予約しておけば、同時に受け取れるそうなので、便利ですね。

コロナ禍で来場者が減る中、稼働リフトやサービスを縮小するスキー場もありますが、かたしなはそんなことありません。
厳しい状況はまだ続くと思いますが、何とか頑張っていただきたいものです。
またお邪魔します。
posted by スキー中毒者 at 15:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | スキー

2021年02月16日

2022スキー試乗@ブランシュたかやま

2月13日(土)にブランシュたかやまで開催された、HEAD試乗会に参加しました。
当日の天気は晴れ、気温は朝の-3℃から午後にはプラスに転じ、暖かい一日でした。
雪面は硬い地肌の上に圧雪が乗った状態で、午後には所々アイスバーンが顔を出しましたが、ほとんど荒れることがない良い条件でした。

HEAD WORLDCUP REBELS e-SL
L165/R12.3/123-68-118
IMG_2903.JPG
レーシングのセカンドモデル。
エッジががっちりと食い付く感じではないが、しっかりとグリップしれくれます。
しなやかで撓ませやすく、トップ側を意識すると素直に回頭してくれました。
数字上のラディウスは小さめですが、ブランシュ程度のコース幅であれば大回りも問題ありません。
安定感もあり、急斜面でも安心。
全体的に扱いやすさを感じました。

HEAD POWERSHAPE e-POWER
L168/R13.9/122-68-102
IMG_2909.jpg
SUPER SHAPEとV-SHAPEの間あたりの位置付けなんでしょうか。
直前がWC Rebelsだったこともあり、メチャクチャ柔らかいです。
滑ってみると、センターからテールでグリップする感じ。
ターン弧としては大〜小まで問題ありませんが、トップでの捉えがやや遅いため、特に小回りで自分の感覚とのズレがありました。
操作性は良く、脚力も不要です。

HEAD WORLDCUP REBELS e-SL RD
L165/R12.3/118-67-104
IMG_2913.jpg
グリップは強いのですが、エッジを外しにくいほど食い付くわけでもありません。
小回りでは、トップから内側に切れ込んできます。
そのため中〜大回りでは、トップを抑えると内に入り気味になりますから、センターを踏む感じで滑りました。
午後、解放されたパノラマに入ってみましたが、ポジションさえ遅れなければ、硬い斜面を力強く削ってくれます。
少々の荒れなどものともせず、突き進みます。
頼り甲斐はありますが、私の脚力では、このスキーで一日滑ると疲れちゃうと思います。
なお、レングス以外のスペックは板にプリントされてませんので、去年のミニカタログから引用しています。

HEAD SUPERSHAPE e-SPEED
L170/R14.0/122-68-104
IMG_2916.jpg
板は硬くないにもかかわらず、エッジグリップが強めで、ややバランスの悪さを感じました。
全体的には操作性は悪くありませんし、ターン弧も選びません。
ただ、ここまで動けばエッジが外れると思って操作しても、若干グリップが残っている感覚があります。
まぁこのあたりは慣れの問題でしょう。
力を抜いて、エッジに乗ったクルージングが楽しそうな板です。

HEAD V-SHAPE V8
L170/R13.2/130-75-112
IMG_2924.jpg
板、メチャクチャ軽いです。
操作性、メチャクチャ軽いです。
当然脚力も不要。
硬い斜面でのグリップはイマイチですが、それは無いものねだりというもの。
普通の圧雪であれば問題ありません。
そこそこスピードを出しても、そこそこグリップしてくれますし、安定性も悪くありません。
小回りを重視するなら、ワンサイズ短い方がいいでしょう。

HEAD WORLDCUP REBELS e-RACE PRO
L165/R13.5/121-68-102
IMG_2926.jpg
板自体はかなり重いのですが、滑ると気になりません。
張りが強いというより、硬いという印象を受けました。
安定性は素晴らしいです。
トップが内に入りたがりますので、小回りはいいのですが、大回りではやや気を遣いました。
硬い斜面でのグリップは最高ですが、よく走りますからポジションが遅れないよう要注意。
返りが強すぎず、扱いやすかったです。

HEAD SUPERSHAPE e-ORIGINAL
L170/R12.1/129-66-107
IMG_2940.jpg
午後の荒れ始めた斜面での試乗です。
安定性はイマイチ。
エッジを食わせること、外すことは容易ですから、操作性は悪くありません。
ただ特に小回りで、トップが落ち着かないように感じます。
トップロッカーが入っている影響かもしれませんが、個人的には好みではありません。
特にHEADはキャンバーの方がいいですね。

HEAD SUPERSHAPE e-MAGNUM
L170/R13.1/129-72-111
IMG_2947.JPG
やや荒れたジャイアントで試乗。
浅い凹凸や溜まった雪を、いなすように滑っていきます。
エッジではなく、面で捉えるような感覚です。
反応は決して早くはありませんが、鈍いということではなく、こういうものだと思えば小回りもOK。
どんな斜面もゆったり滑れる、オールラウンドモデルだと思います。

HEAD SUPERSHAPE e-RALLY
L163/R12.8/132-78-114
IMG_2953.jpg
L170を待っていたのですが、どうやら163しか持ってこなかったようです。
しかし安定性は悪くありません。
荒れた斜面が楽しいです。
板が身体の下に戻ってきますから、ゆったりとしたリズムにはなるものの、小回りが楽です。
乗ってみたら、この長さでも充分でした。
posted by スキー中毒者 at 18:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | スキー

2021年02月15日

ブランシュでスイッチオン

土曜日はかたしなに行くつもりでしたが、この日からブランシュでHEADの試乗会が開催されるとか。
確か去年も同じようなパターンだったよなー(^^;
ということで、今年も行先はブランシュに変更です。

9時前に現着。
融けた雪が凍って、駐車場はスケートリンク状態です。
しかし寒さはまったく感じません。

ウェアに着替え、ブーツを履いて、ポールだけ持ってゲレンデへ。
いや、一応STÖCKLIも車に積んではあるんですけど、どうせ使わないだろうし....。

IMG_2906.JPG

受付を済ませて、板を物色。
スタッフに確認したところ、新しいモデルが1機種あるものの、あとは継続だとか。
まぁ最近はどこもこんなもんですよね。
某国産O社のように、毎年モデルチェンジするメーカーなんて、珍しくなっちゃいました。

毎年この試乗会では、ミニカタログが配布されるのですが、今年はそれもありません。
『そもそも変わってませんからねー、今年は作らなかったんですよ。』

IMG_2908.jpg

目ぼしいオールラウンドモデルは出払ってますから、レーシング系から試乗開始。
先週の富士パラ同様、ピーカンで気持ちいいです。

IMG_2920.jpg

そしてブランシュは先々週に引き続き、そこそこ繁盛しています。
子供たちが楽しそうに滑っているのを見ると、何だかこっちまで嬉しくなっちゃいます。

午後になって、暖かさで雪は緩み始めましたが、思ったほどには荒れません。
ただ、場所によっては妖怪板掴みが出没しますので、油断大敵です。

IMG_2951.jpg

ポールバーンから解放されたパノラマ。
あまり混むコースじゃありませんが、幅が狭いだけにタイミングが悪いとちょっと気を遣うこともあります。

IMG_2950.JPG

そういう意味ではジャイアントの方がストレスフリーですが、やや荒れやすいでしょうか。
それはそれで楽しいのですが、少しでも平らな方が良ければ、スキーヤーズレフト(エキスパートコース側)の日影がいいと思います。

こちらのやや荒れたコースに、最後の試乗板、SUPERSHAPE e-RALLYが見事にハマりました。
試乗テントに戻ると、貸出終了時刻の2時半を回ったところで、撤収が始まってます。
「もう一本だけ行ってきていいですか?」
『同じ板なら。3時までに戻ってきてくださいね。』
「はーい、一本だけですから。」

トップモデルやセカンドモデルばかりがイイんじゃなくて、こういう楽しい板にも出会えるところが試乗会の魅力です。
なかなか購入には結び付きませんが、楽しいヤツを全部買う訳にもいかないしね(^^;

昨シーズンは試乗会が悉く中止になっちゃいましたが、今シーズンは今回のブランシュで、試乗会モードのスイッチが入ったようです。
次の試乗会はいつかなー♪
posted by スキー中毒者 at 17:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | スキー

2021年02月10日

ファミリー少なき富士パラ

土曜日は富士パラへ。
今シーズンの滑走は、すっきりと晴れ上がることが少ないのですが、さすが富士パラ、前回に引き続き今回も晴天です。

IMG_2848.jpg

朝イチのアルパインゲレンデは空いてるし、コンディションも上々。
正面にそびえる八ヶ岳は、いつ見てもキレイです。

IMG_2853.JPG

アルパインを下りきったあたりからは、ゴンドラをバックに富士山。
富士見パノラマですからね。

IMG_2859.JPG

斜度は30°弱らしいリンデンの壁。
残念ながら短いので、大回りだと数ターンで終わっちゃいます。

IMG_2862.jpg

シーダーゲレンデまで下りてくると、午前の早めの時間帯から少しずつ荒れ始めます。
今シーズンはお客さんが少ないので、気になるほどではありません。

IMG_2845.JPG

ゴンドラ待ちの列は、この程度。
新型コロナ対策で、1台への乗車人数を制限してますから、待ち時間は10分ほどでしょうか。
朝イチは最大6名乗車。
その後は基本はグループ毎(1人でも)乗車になりましたが、シングルレーンに並んだ人は4人ずつの乗車を案内されます。
午前中に限って言えば、列が短くなることも長くなることもありませんでした。

午後は第5ペアリフトを使って、上部ゲレンデを滑ります。
ラーチを滑りたいところですが....

IMG_2861.jpg

開いてません(>_<)
真っ白に見えるんですが、まだ雪が薄いんでしょうねぇ。

仕方なくアルパインをぐるぐる....

IMG_2869.jpg

15時に下山を開始し、シーダーでちょっと寄り道。
思ったより硬かった(^^;

ベースまで下りると、子供たちで大混雑!

IMG_2870.jpg

のはずが....、閑古鳥が鳴いてます。
いつもはリフトが大行列なのに、ファミリーのお客さんが少ないんですねー。
混んでるのは、見るだけでもキライなんですが、こうなるとやっぱり寂しいです。
一日も早くコロナ禍が収束して、子供たちの歓声が戻ってきますように....

この日の立ち寄り湯は、
posted by スキー中毒者 at 21:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | スキー

2021年02月01日

そこそこ繁盛のブランシュ

久しぶりに日曜日の日帰り。
土曜日は大混雑のスキー場が多かったようですが、この日はどうでしょうか。

首都高〜中央道、そして諏訪南ICで降りて八ヶ岳ズームライン〜エコーライン、大門街道も空いてます。
しかし9時頃到着したブランシュの第2駐車場、半分以上が埋まった下段を横目に、上段に上がると3/4以上埋まってる感じです。
密を避けるためでしょうか、前後左右ともかなり余裕をもって誘導されましたが、それにしても車が多いですね。

ゲレンデに出て、まずはクワッドで上がり、ロマンチック〜ファンタジーコース。
ペアでトップまで上がり....

IMG_2803.jpg

お参り(^^)
今期休業中のエコーバレーの復活もお祈りしておきましょう。

お参りを終えて、もみの木樹氷コースに戻ると、エキスパートが開いてます。

IMG_2806.jpg

コブにはなってませんが、硬めの荒地。
リフト側に新雪っぽいのが残されてたんで入ってみましたが、クラストしていて滑れたもんじゃありません(^^;

IMG_2807.jpg

10時半頃のファンタジー。
これをどう見るかですが、ブランシュにしては大繁盛です。

IMG_2810.jpg

スラロームは空いてるんですけどね(^^;

IMG_2811.jpg

前回はまだ降雪作業の真っ最中だったジャイアント。
ガラガラなことが多いコースですが、いつ行っても誰か滑ってました。

メインのクワッドリフトは、午前中は搬器がお客さんを待ってることはありません。
搬器の間隔を見ると、間引いているわけでもなさそうなので、ブランシュにしては珍しいことですが、まぁどんなに待っても1分程度です(^^;

11時半を回った頃には、レストハウスバウムはほぼ満席になりました。
一見大繁盛ですが、各店舗に列ができることはありませんから、コロナ対策で収容人数が少なくなってる影響でしょうか。
そして1時間後には空席が目立ちます。
どこのスキー場でも似たような傾向だと思いますが、早めに昼休憩を取る方が多いので、ガマンできれば昼食は遅めにした方が、席の確保はしやすそうです。
今の混雑状況では、そこまで心配しなくても大丈夫でしょうけど。

IMG_2817.jpg

午後、貸切だったポールバーンが解放されたパノラマ。
アイスバーン気味か、砂利道気味か、どちらかが多いのですが、後者です。
でもそれほど滑りにくくはありませんでした。

スラロームでは、やたら上手い人たちがビデオ撮影をしていましたが、そのタイミングさえ外せば、思いっきり大回りが楽しめます。
小回りならジャイアントかパノラマで。
基本的な動作やポジションの確認にはロマンチック〜ファンタジー。
ほとんど荒れない斜面は、どこも終日快適でした。

いつもガラガラなブランシュも、個人的には有り難いのですが、せめてこの程度に繁盛するといいですね。

使用済みリフト券割引
posted by スキー中毒者 at 18:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | スキー

2021年01月25日

お財布に優しいかたしな

この週末は、南岸低気圧の通過で天気が悪くなるという予報が出ていました。
特に日曜日は都内でも雪が降る可能性があるとか。
まぁ土曜日ならね、何とかなるでしょ。

関越道は思ったより車が多いですが、渋滞はありません。
前橋を過ぎると雨。
え....、降っても午後からじゃなかったの?
幸い赤城付近で雨は止みました。
9時過ぎに現着。
雨も雪も降ってません。

IMG_2727.JPG

今シーズン2回目のかたしなは、ミッフィーが雪上で迎えてくれました。

IMG_2728.jpg

いつも朝イチしか滑らない、かえでコース。
春のグサ雪ほどではありませんが、湿雪です。
大回りがイマイチ楽しくないのは、雪質のせいでも、ショート系の板のせいでもなく、私の技術の問題です(^^;

途中で左に抜けるききょうコースで奥のゲレンデへ。
入口にある「小回り専用バーン」の看板は見なかったことにして....。

IMG_2732.jpg

第6リフトに乗って、もくせいコース。
相変わらず誰もいません。
かたしなの名誉のために申し上げますと、この後は結構繁盛してました。

IMG_2734.jpg

お隣のつつじコース。
こちらも人影無し。
かたしなの名誉のために申し上げますと、直前にはファミリーが滑ってました。

IMG_2745.JPG

オープン日にお邪魔したときにはクローズしていたレストラン・スノーチャイルドには、こんなミッフィーもいらっしゃいます。
実はこのスノーチャイルドでは、トイレを借りるだけで、食事をしたことはありません。
ザ・食堂という雰囲気のカントリーチャイルド(名前は洒落てますが....)の方が性に合ってます(^^)

IMG_2752.JPG

そのカントリーチャイルドのカツ丼は久しぶりかな。
地元のおばちゃんが、一人前ずつ作ってくれます。
ただし肉はイマイチ(^^;

の〜んびり休んで、気付くと食堂のお客さんは疎らです。
テーブルをアルコール消毒するおばちゃんは、『どうぞー』と言ってくれますから、つい「え、そう?」と甘えたくなりますが、さすがにそうもいきません。
外に出ましたが、みぞれ交じりの雨が降ってます。
大して上がってないテンションは、ダダ下がり。

IMG_2758_2.jpg

午後は、目を背けていたコブから開始です。
ラインが2本あるみたいですが、よく見えません。
脚前は元々ですが、視力も衰えてきたようです(^^;
とりあえず右のレーン。
のんびり滑る年寄りには忙しいリズムです。
無様にコースアウトしながら2本。
まぁこんなもんだよな、と自らを納得させ、奥のゲレンデへ。

IMG_2760.jpg

上部は雪、そしてガスもかかっていました。
もくせいコース、つつじコースとも、ほとんど荒れていませんが、ポジション、荷重タイミング、その他諸々の課題を意識しながら、少しだけ真面目に滑ります。

そして止せばいいのに、最後に再びコブ。
今度は左のレーンに入ってみます。
こっちの方がピッチが長め。
途中、土が出ているところもありますが、バンクに逃げれば何とかなります。
しかし視力に加え、脚力の衰えも激しい今日この頃。
途中でひと休みしないと、滑りきることはできませんでした(^^;

ゆったりコブを3本滑ったところで15時。
定時ですから撤収です。

かたしなの帰路は、いつも昭和の湯に立ち寄るのですが、先日の富士パラの例もありますから、事前にネットで確認したところ、『一部入館制限をお願いしております』というビミョーな表現。
一応行ってはみましたが、やはり緊急事態宣言発令地域からの利用はご遠慮願いたい旨、掲示されています。
まぁ地域の福祉施設ですし、運営側が慎重になるのは仕方ありませんね。
コロナが落ち着いたら、また寄らせていただきます。

かたしなは今回も空いてました。
コロナ禍だからという訳でもなく、いつも空いてます。
混雑が嫌いな私にとっては有り難いことですが、かたしなを選ぶ理由はもうひとつ。

IMG_2762.jpg

かたしなの会員制度に登録していますので、土日は1,000円の駐車料金が無料。
そして指導員ライセンスを提示すれば、土日はリフト券が2,000円(平日だと1,000円!)となる優待を受けられます。
今回は利用できなかった昭和の湯だって、通常600円のところ、スマホでホームページを提示すれば400円で入浴できます。
お財布に優しくて、ホント助かってます(^^)
posted by スキー中毒者 at 17:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | スキー

2021年01月18日

2021勝手にスキー大学

緊急事態宣言が発出された都内の状況は、通勤時間帯の地下鉄は相変わらず混雑してるし、ランチのお店だってそこそこ繁盛しています。
そんな中、シーズン中の最大イベント(個人の感想です)スキー大学の中止が発表されました。

でも仕事の休みは取っちゃってるしなー。
密を酒に、いや避けに行くかなー。

屋外での運動は自粛要請の対象外だし、そもそもスキー場のゴンドラは都内の地下鉄より密じゃないし、スキー場のレストランはビジネス街のランチのお店ほど密じゃありません。

白馬村の観光協会が提供してくれた宿泊パックはキャンセルしましたが、いつもの宿に聞いたら都民の私でも歓迎してくれるとのこと。
よし、勝手にスキー大学(自主研修)開催するぜ!
さすがに勝手にA日程というわけにはいかないけど....

金曜日。
9時半に現着。
宿に荷物を置いて、スキー場まで送っていただきました。

IMG_2618.JPG

空いてます....。

IMG_2620.JPG

ゴンドラも、おひとり様乗車(^^;

IMG_2623.jpg

カモシカも安心して徘徊できます。

IMG_2632.JPG

グランプリコース。
もうね、笑いしか出てきません。

IMG_2633.JPG

47に移動して、ルート1。
こんな斜面で小回りしたら、怒られますw

IMG_2634.jpg

白馬の山にダイブするようなルート2。

コースはガラガラな上に、雪が最高なので、ついつい滑り過ぎちゃいます。
こういうときじゃないと、なかなか入れない人気店でランチにしました。

IMG_2640.JPG

ルイスさんでピザ(と47BEER)です。
ゆっくりとランチを楽しんだ後は、五竜に戻り....

IMG_2643.jpg

よせばいいのにエキスパートのコブ。
いつもほどには深くなってませんが、手強いことに変わりはありません。

最後にいいもりの急斜面を滑って、勝手にスキー大学初日は終了です。

土曜日。
朝食時に窓の外を見ると、白いものが舞ってます。
部屋に戻った頃には止みました。
いや、止んだと思ったんですが、なんか音がするから窓を開けてみると....。
雨です。
しばらくすると雪が混じり始めましたが、テンションはダダ下がり(>_<)

Twitterのフォロワーさん情報では、ゲレンデも霙みたいな雪らしい。
9時過ぎまで宿のベッドの中でウダウダしてましたが、いつまでもそうしているわけにもいきません。

IMG_2647.JPG

前日とは打って変わり、灰色の空から湿雪が落ちてきます。
アルプス平に上がれば少しはマシかと思ったのですが、ガスってて視界不良。

IMG_2700.JPG

堪らず47に移動しますが、すぐお隣ですからね、変わる訳もありません。
滑っていると、湿雪がゴーグルに貼り付いて視界が遮られて、怖い怖い....。
ルート2に行っても、当然山は見えませんから、テンションも回復しません。

IMG_2652.JPG

ベースのアリスさんで昼メシです。
所々のテーブルを荷物置き場専用にして密を避けていますから、座席数はかなり減ってるはずなのに、空席も目立ちます。
週末のランチ時にこれじゃ、ヤバいよなぁ..,.,.。

IMG_2651.jpg

トイレに行こうと階段を降りていると、こんなものが貼ってあります。
よし、これでオヤツの軍資金を稼ごう。
時刻は13時半。

IMG_2664.jpg

一旦トップまで上がると、いいもりに下りるアドベンチャーコースがオープンしてました。
滅多に開きませんから、下りてみましょう。
まぁ確かに最上級コースと書いてありましたけどね、予想以上にエグいコースでした。

いいもりのレストハウスで曇ったゴーグルを乾かし、ゴンドラとリフトを乗り継ぎ、再び47のベースへ。
軍資金は....

IMG_2666.jpg

獲得できず(^^;

まぁせっかくですから、ピザ食っていきましょう。

IMG_2667.JPG

のんびりしていたら、五竜へ帰るリフトの終了時刻が迫ってきました。
急ぎゴンドラ乗り場へ、

IMG_2698.JPG

5,000円争奪の抽選には外れましたが、牛乳石鹸の搬器に当たりました(^^)

再びリフトを乗り継ぎ、五竜のグランプリコース。
荒れた斜面に重めの雪が積もり、滑りにくいこと...,.。
ヘロヘロになって、とおみゲレンデまで下り、勝手にスキー大学2日目を終了しました。

日曜日。
勝手にスキー大学はB日程のため、最終日です。

雪は降っていますが、前日の上越のような雪とは違います。
とりあえずゴンドラでアルプス平へ。

IMG_2686.jpg

グランプリは空いてて気持ちいいのですが、思ったより凹ってます。
ちゃんと圧雪したかー(^^;

47に移動して、ルート1、ルート2。
こちらもちょっと荒れ気味ですね。

よせばいいのに、アドベンチャーコース。
前日よりも雪がフカフカで楽しいです。
なんて余裕かましてたら、頭からダイブしました(^^;;

IMG_2688.jpg

一気にいいもりまで下りて、ひと休み。

IMG_2689.JPG

エスカルプラザに移動して海鮮丼ランチ。
スキー場で?と思うかもしれませんが、糸魚川直送でメッチャ美味しいんです(^^)

最後はいいもりの中斜面で、フォーメーションで遊んで終了です。

コロナ禍の中ではありますが、往復は自家用車でひとり、宿泊もひとり。
そしてゲレンデで仲間と合流という形での滑走となりました。
スキー大学ならではの、指導者資格を持った受講生が、デモンストレータの講習を受けながら、五竜&47の広大な斜面を滑り尽くすという、醍醐味は味わえませんでしたが、気の合った仲間と楽しい3日間の、勝手にスキー大学を実施することができました。

休暇はキャンセルしなかったので、月曜日は家で休養。
火曜日から、再び緊急事態の世界に戻ります。
posted by スキー中毒者 at 11:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | スキー