2020年02月01日

第2駐車場満車なれど

今日は先週に引き続きブランシュ。
いつでも空いてるし、アクセス道路の中央道も最近は渋滞しないし、安心です。
とは言え、いつもいつも寝過ごしてる訳にはいきません。
今日こそはと、朝のアラームで無事起床ができました。

ソファに座り、テレビを点けて。
それにしても眠いなぁ....zzZZ
夢の世界から現実に戻ったのは6時半。
結局出発は7時です。
いつもより遅いじゃねーか(>_<)

幸い首都高も中央道も渋滞はありません。
お隣の関越道は、ソファで目覚めたときには渋滞が始まってましたから、やっぱりブランシュにして正解です。
順調に走行して10時前にはブランシュの第2駐車場に到着!
と確信したところ、第2駐車場方面に左折するT字路で、おっちゃんが誘導灯を振ってます。
傍らには
『第2駐車場満車 第1駐車場をご利用ください』
という看板が....。
え〜っ、上の駐車場、満車かよ!

こんなこと初めてじゃないかなー。
いったい今日は何があんのよ?
で、どんだけ混んでるのよ?

準備をして恐る恐るリフト券売場に向かうと、それほど混雑はしていません。
ラッキー!
遅くて長〜いペアリフト乗り場、こちらも待ちはありません。
お、タイミング良かったのかな。
リフトに揺られて、いつもの中腹へ。
混雑....、え?あれ??

2020-02-01 10-35-05.JPG

クワッドリフトに多少の列はできていますが、いつものブランシュです。
第2駐車場満車は何だったの??
まぁ空いてるのなら、文句を言う筋合いはありません。

2020-02-01 10-52-08.JPG

スラローム、いい雪です。
それに空いてるし。

2020-02-01 11-29-06.JPG

ジャイアント、やや硬め。
でも空いてるなー。

2020-02-01 11-43-42.JPG

よせばいいのにエキスパート、ボソボソの荒地で面白くもなんともありません。
こんな雪、滑るヤツはほとんどいません。

12時ちょい前にレストハウス(バウム)に入りましたが、もちろんガラガラではないものの、先週より余裕を感じます。
おっかしいなぁ....。
第2駐車場に駐めたお客さん、どこ行ったのよ。

午後は1時過ぎにコースに復帰。
旗が立って貸切だったパノラマも、コースオープンしています。

2020-02-01 13-22-09.JPG

例によってカリンカリンのバーンです。
てか、人いねぇじゃん。
しばらくはこちらのコースで遊んでいましたが、だんだん人が集まり始めたので、他のコースへ。
どこも荒れることなく、混雑することなく、快適です(^^)

出足が遅かったんで、いつもより1時間程遅い4時まで滑って終わりにします。
あ、第1まで下りなくちゃいけないんだ。
最後の長〜い緩斜面、プルークボーゲンでも練習するか?
とも思いましたが、慣れないことはやっちゃダメです。
そのまま流して滑っても、なかなかベースに到着しません。
プルークボーゲンなんて、やらなくて良かったわ(^^;

今日のブランシュ。
第2駐車場満車なれど、混雑とは無縁のいつものブランシュでした。
よくわかんないけど、空いてたんだから、まぁいっか(^^)
posted by スキー中毒者 at 20:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | スキー

2020年01月27日

おねーちゃんか、しろっくまんか

スキー大学翌週の復習は、毎年かたしな高原です。
今年もその予定でいたのですが、金曜日にFacebookに公式アカウントからアップされた写真を見ると、あまり良いコンディションとは言えません。
全く問題ないコースもあるのですが、部分的に茶色くなっているところもちらほら....。
ん〜、もうちょいしっかり付いてると思ってんだけどなぁ。

あの辺りだと岩鞍か丸沼。
上信越道方面でASAMAミサイル発射場。
それとも中央道で富士パラ、ブランシュ。
(何故か、かぐらは思い浮かばず....)
まぁ起きてから決めるか(^^)

翌朝。
アラーム鳴りました。
止めました。
アラーム鳴りました。
止めました。
アラーム鳴りました。
止めました。

なんて繰り返してたら、いつの間にか6時近く。
渋滞情報を確認すると、すでに関越道の鶴ヶ島付近が赤くなってます。
「早ぇえな。」
いえ、私が遅いんです(^^;

やっぱり中央道だな。
頭の中で手招きするのは、富士パラのイメージキャラクターの可愛いおねーちゃん光るハート

ではなく、ブランシュのしろっくまん....。
ま、まぁ諏訪南IC降りてから決めるか(^^;

首都高〜中央道を順調に走っていると、VICS情報から関越道の渋滞状況が伝えられました。
どうやら高坂渋滞だけじゃなく、三芳の先で事故渋滞も発生してるらしい。
寝過ごして正解でした(^^v

EyeSight任せで渋滞皆無の中央道を順調に走り、諏訪南ICのETCゲートを通過。
ハンドルは無意識で左に切られます。
本能が、おねーちゃんではなく、しろっくまんを選びました。

現着は9時過ぎ。
駐車場は半分程度埋まってますが、ゲレンデはいつものように空いてます。

IMG_9811.jpg

上部を見上げると、微妙な曇り空。
クワッドリフトでトップに上がると....、

IMG_9812.JPG

見事な雲海!

コースはエキスパート以外は開いてます。
パノラマコースが、地ガキのゲートトレーニングのため、14時まで貸切なのはいつものこと。
数本滑って、クワッドリフトに同乗していただいたのは....。
「あ、しろっくまん!」

失礼、違いました。
以前スキー大学でお世話になった、ブランシュたかやまスキー学校主任講師の小宮山耕平元デモです(^^;
リフト1本、久しぶりにいろいろとお話をさせていただきました。

小宮山先生は「まだ雪が薄くて....」と嘆いていらっしゃいましたが、各コースを滑ってみると、かなりしっかりと雪が付けられています。
コース脇以外には、ブッシュや土が出ているところは見当たりません。
主にスノーマシンの雪で、昼間でも気温が低く、かつ滑走者が少ない(?)ため、大きく荒れることもありません。
雪面は硬いのですが、午後になっても比較的快適に滑走できるスキー場です。

お昼ゴハンは、いつものように湖北さんで角煮定食。
サービスのコーヒーもいただき、ゆっくりゆっくりと休んで午後の出撃です。

IMG_9828.jpg

スラロームコースではバッジテストが行われています。
どうやら1級の小回りっぽい。
ちょっと見学していましたが、みんな上手いなぁ。
自己嫌悪に陥り、スラロームから撤退しますorz

そのうちパノラマコースが解放のアナウンスが入りました。

IMG_9829.jpg

早速行ってみると、GSのポールが張ってあったはずなのに、全く荒れてません。
下部の緩斜面までは、ツルツル、カリカリ(^^;
これも練習よ、と以後はパノラマをぐるぐる。

定時の15時に撤収です。
帰路は、これも毎度のことながら、縄文の湯に立ち寄り、中央道へ。
小仏渋滞もなく、高井戸で流れが悪くなった程度で、順調に帰宅できましたので、近所の角打ちで一杯飲って、一日を締めることができました(^^)/□

後で調べたら、富士パラは土日限定でラーチゲレンデを開けたらしいですね。
月曜日からは、整備のためまたクローズするようですが、次に行くときはきっと滑ることができるでしょう。
ブランシュと違って、可愛いおねーちゃんとリフトに同乗はできないだろうけど....(^^;;
posted by スキー中毒者 at 11:59 | Comment(2) | TrackBack(0) | スキー

2020年01月21日

2020スキー大学@白馬五竜

全日本スキー連盟主催・主管のスキー大学(第2会場・白馬五竜)に参加してきました。
個人的には、様々な(?)意味でシーズン最大のイベントです。

日程は17日(金)からですが、いつものように16日(木)深夜に現地入り。
仲間ふたりをピックアップし、関越道〜上信越道で長野ICを目指します。
暖冬ですからね、高速道路に雪はありません。
高速を降りて、一般道へ。
暖冬ですからね、オリンピック道路にも雪はありません。
オリンピック道路から白馬五竜スキー場方向へ左折。
いくら暖冬だって、スキー場直下にも、雪、無いのかよ!

宿の部屋で荷を解いて、早速前夜祭開始。
まずは缶ビール。
1本じゃ何だし、もう1本。

IMG_9723[1].JPG

続いて日本酒。
ヤバい流れですが、そこは理性あるオトナ。
ホドホドに抑えて就寝です(^^)

そして翌日。
開校式後にデモンストレーション、そして班別の講習が始まりました。
今年も講師は1日ごとにローテーションします。
私の班は、初日が齋藤泰英デモ、2日目が丸山貴雄Nデモ、3日目が渋谷潤子デモとなりました。
各講師とも、今年の研修課題である「腰高のポジション」を中心に据えつつ、基礎から実践までバリエーションに富んだ滑りで、講習を進めてくれます。
私たち自身の技術レベル向上はもとより、指導の現場において様々なアプローチに展開できる題材をいただくことができました。

特に丸山貴雄Nデモは、基礎トレーニングが実践滑走にダイレクトに結びつく、素晴らしい講習でした。
もちろんお決まりのコブは必須です(^^;
まずはグランプリコースの整地でコブの基本的なスキー操作を練習し、次にコース脇のラインコブの中でポジショニングやライン取りを確認。

IMG_9755[1].JPG

もちろんそれで済む訳はなく、当たり前のようにエキスパートコースの急斜面のコブに入ります(入らされます?)。
それでも、いつになく落ち着いて挑むことができたのは、直前のグランプリでの練習があったからでしょうか。
まぁだからと言って、上手く滑れるわけじゃないんですけど....(^^;

また初日の夜には、恒例のウェルカムパーティーが開かれました。

IMG_9739[1].JPG

講習班毎に分かれたテーブルには、いつもどおりに、いや、いつも以上にショボい料理(>_<)
そして発泡酒(第三のビール?)に、ヤバいと話題のストロング系チューハイ(^^;
ん??

IMG_9741[1].JPG

いや、この酒は、私の班のテーブルにしかありませんwww

IMG_9750[1].JPG

それでも講師のデモ達は、場を盛り上げ、精一杯参加者とのコミュニケーションに気を遣ってくれました。

日曜日に3日間の講習が終了し、SAJのスキー大学は閉校しましたが、私のスキー大学はまだ終わりません。

IMG_9773[1].JPG

夜、いつものように、こちらのお店、ピザカヤさんで大宴会。
腰を痛めて、今シーズンはまだ雪上に立っていない仲間も、出張先の松本から駆けつけてくれました\(^o^)/

延泊して、翌日は仲間と復習、いや、弾けたフリー滑走を楽しみます。

IMG_9792[1].JPG

週末は朝から大混雑の五竜とおみゲレンデも、月曜日だけに空いてます。

IMG_9794[1].JPG

お隣のhakuba47のルート1は、かっ飛びゲレンデ(^^)
身体はヘロヘロに疲れてますし、左膝はパンパンに張ってますが、メチャクチャ楽しいです!

そして14時、普通の方より1日長い私のスキー大学も無事終了しました。
雪は少なかったし、残念なハプニングもありましたが、今年も楽しい4日間でした。

素晴らしい講習をしていただいた講師のデモの皆さま。
講習中だけでなく、パーティーもランチも楽しかった班の仲間たち。
そして、もう何年も一緒に『勝手にA日程』を組むピザカヤ仲間。

本当にありがとうございました!
posted by スキー中毒者 at 17:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | スキー

2020年01月15日

ターンも券売機も

今年も三連休初日はブランシュ、諏訪に宿泊して翌日は富士パラ、という例年どおりのパターンです。
現着は8時ですが、第2駐車場の入口近くに誘導されましたし、チケット売場にも列はありませんから、いつもより空いてるのでしょうか。

前日の滑走で張りが出た左膝を引きずるように階段を上り、ゲレンデに出るとちょうどゴンドラの運行開始時刻。
スキーを履いて、ヨボヨボと乗り場へ向かいます。
列はごく短く、駅舎の階段あたりまで。
やっぱり空いてるんでしょうか。

NGVE7804[1].JPG

自称晴天率85%のスキー場ですが、曇りです(^^;

ALNG0485[1].JPG

どこも雪不足の中、スノーマシン全開でトップからベースまで約3kmのコースを開けてくれましたが、山頂の中級コースはアルパインのみ。

XKFD5514[1].JPG

ラーチゲレンデはまだ準備中でした。

とりあえずベースまで滑ってみましたが、アルパインは予想以上に良い雪質。
しかしリンデンの壁あたりから怪しくなり始め、シーダーゲレンデ付近まで下りると、ジャガイモ畑とまでは言いませんが、砂利道のような場所も出始めました。
そしてゴンドラは....、列はほとんどありません。
三連休中日なのに空いてますね(^^)

いつもなら午前中はゴンドラを回すのですが、もう歳ですし、下部のコンディションは膝に堪えますので、3本で終了して上部ゲレンデ(と言ってもアルパインしかないけど....)を滑ることにします。
コースはそこそこ賑わっているのですが、リフト待ちはなし。
歳が歳ですから、この短いリフト乗車だけじゃ疲労が回復しません。
ということで、適当に休みながら滑走(^^;;

山頂レストランのランチ混雑を警戒して、少し早めに休憩に入りましたが、それほどの混雑にはなりませんでした。
オペレーションが若干変わり(先にレジで食券購入)、メニューは大幅に変わったのですが....。

HXOP7830[1].JPG

高っけえなぁ(>_<)
新メニューにはイマイチ食指が動かなかったので、ポークカレー(ライス&ルー大盛)です。

午後、コース上のお客さんは若干減ったような気がしますが、ゼッケンを着けた初心者の皆さまも滑走を始め、アルパイン最後の落ち込みで身動きが取れなくなったりしてますので、注意が必要です。
斜面の荒れは気になるほどではないものの、所々にガリガリ君が出始めましたので、こちらも油断大敵。
大盛カレーがお腹から出てきそうですが、朝から調子が悪かったショートターンでひたすら滑ります。
左ターンで右脚を急いで回旋してしまう癖を修正しつつ、何となく調子が良くなったと勘違いし始めた頃にはもう3時。
撤収しましょう。

ベースまで下りてセンターゲレンデのリフトを見ると....。

BBQY5516[1].JPG

やっぱり混んでます。

ATHV9655[1].JPG

ファミリーゲレンデのリフトもそこそこ。

TwitterのTLには、他のスキー場の激混み状況が流れてきましたし、前日滑ったブランシュも、指導員仲間から結構な混雑との報告が入りました。
そう考えると富士パラは、三連休中日ながら、比較的落ち着いていたのではないでしょうか。

そして今回もこちらにお邪魔してから帰りました。

OMAB5697[1].JPG

普通の方は、ゆーとろん水神の湯に行くんでしょうが、私はこっちの方が親しみが湧きます(^^)
受付の券売機で入浴券を購入しようとお金を入れてボタンを押すも、あれ?何も出てこない。
ボタンを連打したら、出てきました。
今度はお釣りのレバーを回すも反応なし。再び回そうとすると、受付のおばちゃん
『古い機械だから....。少し待ってあげて。』
と、ポロンとお釣りが出てきました。

ショートターンも券売機も、急いじゃいけません(^^)
posted by スキー中毒者 at 11:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | スキー

2020年01月11日

ブランシュですら一部可

成人の日絡みの三連休。
ここ数年は初日はブランシュで滑っています。
12月のオープン時は1コースのみですが、雪不足の今年でもこの時期になれば全面可になると期待していたのですが....。

まぁ混雑とは無縁のブランシュですからね、高速道路さえ混まなければ急ぐ必要はありません。
前日に渋滞予測を確認すると、往路に渋滞はありません。
それじゃ急がなくていいや、と思ったら、のんびりし過ぎました(^^;
自宅出発は6時半過ぎ。
それでも首都高、中央道とも渋滞皆無でしたから、9時半には現着できました。
駐車場の様子では、思ったより繁盛してそうです。
とは言え、私のブランシュのイメージは、駐車場もリフトもコースもガラガラってものですから、あんまり参考にはなりません。

IMG_9656.JPG

ゲレンデに出てみると、いつものブランシュです。
リフト待ちは0〜数十秒。
コースの混雑もほとんどありません。

オープンしているコースは、ロマンチックとファンタジー、そして急斜面のスラローム、緩斜面はモミの木樹氷とキッズファンでした。
中斜面のジャイアントとパノラマは開いてません。

IMG_9659.JPG

さすがに初級コースに行っても仕方ありませんから、主にスラローム、気が向いたら(?)ロマンチック〜ファンタジーと滑りましたが、雪はしっかりと付いています。
スノーマシンの雪がパックされた雪面は大変滑りやすく、午前中は所謂勘違いバーン。
気持ちよくランチ休憩に突入できました。

午後になっても雪面はほとんど荒れませんが、硬い地肌が出始めました。
救いはあまり寒くないこと。
最低でも−3℃程度ですから、ブランシュとしてはかなり暖かいです。

IMG_9663.JPG

それでもさすがに3時近くになると、日陰では雪面が硬くなり始めます。
幸い左膝の痛みも湿布で抑えられ、前回のように ベソをかきながら滑ることはありませんでしたので、調子に乗っていつもより遅い4時近くまで滑って撤収です。

撤収先は諏訪IC方面。
はい、今日はこちらに泊まって、明日は別のスキー場に出撃です。
posted by スキー中毒者 at 19:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | スキー

2020年01月06日

2020クラブ行事@妙高

年末年始は池の平温泉スキー場でクラブ行事なんですが、豪雪の妙高でも雪が降らない(>_<)
直前になって、やっとスキー場がオープンして一安心、と思ったら....。

いつものように前乗りで12/30に現地入りします。
高速道路の渋滞が皆無だったんで、12時前には現着。
スキー場事務所に挨拶に行った主任講師の話では、雪不足でクワッドリフトが動かず、カヤバもアルペンブリックも、下部の斜面しか滑れないらしい。
とりあえずロッヂハタノさんの食堂で昼メシを食って、下見のためゲレンデへ。
カヤバのカプセルペアで上部に向かいます。
林間を抜け、オープンバーンに出ると....。

IMG_9572[1].JPG

へ?
白くはなってるけど、普通に草生えてますwww
正直、これでよく開けたなー、というレベル。
そんな中を果敢に滑るスキーヤー、スノーボーダーもいらっしゃいますが、私はコース両脇に残るブッシュのない細いエリアをショートターンで恐る恐る滑ります。

IMG_9586[1].JPG

林間コースに入ると、それなりに雪が付いており、オープンバーンのように全面ブッシュだらけということはありません。

お隣の短いカラマツコースも滑ってみましたが、状況は同じです。
「これじゃ、講習は林間じゃないとできないなぁ。」

2時間ほど下見で滑りましたが、お世辞にも楽しくはないし、雨も降ったり止んだりなんで、宿に戻ることに。
同じく下見をした主任講師も頭を抱えています。

晩メシ後、これも毎年のことですが、以前大変お世話になった金子裕之さんにご挨拶するため、赤倉のホテル金甚へ行きました。
池の平の状況を話すと、
『こっちに来たらどうです。』
「雪、付いてます?」
『多少ブッシュが出ている場所もあるけど、全く問題ないよ。』
妙高の中でも雪が一番安定している赤倉は、今シーズンも健在のようです。

宿に帰って講師で相談し、とりあえず初日は赤倉に移動することを決定し、移動は宿にマイクロバスを出していただけるようお願いしました。

そして31日、行事初日です。
赤倉は私が正指検定に合格した会場であり、クラブ行事でも何度か使ったことがあるのですが、もう遠い昔なので、ほとんど覚えていません(^^;

IMG_9599[1].JPG

今回はふたりの中学生を担当しますが、まずは一緒にAKAKANのゴンドラに乗車。
コースマップを見ながら、チャンピオン第3を回そうと思っていましたが、動いてません。
仕方なくホテル第3回しに変更です。

IMG_9601[1].JPG

ちょっと混んでますが、雪は充分だし、生徒さんはこの日が初滑りとのことでしたから、ちょうど良かったかもしれません。
午後はトップまで上がるホテル第5も使いましたが、すべて高速リフトですから、講習とは言え、かなり滑ったと思います。

講習終了後、宿のバスが迎えに来るまで30分程時間があったので、よせばいいのにフリーで滑りました。

IMG_9604[1].JPG

トップまで上がり、不整地に入りましたが、思ったより硬いところがあり、膝に来ました。
慣れないことはするもんじゃありません(^^;

翌1日、青空が恨めしいです(^^;
前夜の雪は期待ほどではありませんでしたが、ゲレンデのブッシュは隠れただろうということで、この日の行事は池の平で行いました。

IMG_9614[1].JPG

前々日の状況を知ってますからね、随分と改善されたように感じます(^^;

しばらくすると、ベースエリアで何やら準備が始まりました。

IMG_9617[1].JPG

お正月ですもんね。
ちょっとだけ、いただきました(^^/□

午前中はカヤバを使用しましたが、昼休みにジュニア担当講師より、アルペンブリックのリフトが一番下の第1だけでなく、その上の第2も動いていると聞いたので、午後はアルペンブリック側に移動。

IMG_9626[1].JPG

空いている中斜面で、大回り系の練習を安心して行うことができました。

最終日。
私の生徒の中学生は、ご家族と一緒に滑りたいとのことでしたので、期せずして私はフリーになりました。
しかし、最近常に調子が悪い左膝がパンパンに張っています。
無理をせず、カヤバのカプセルペアを使い、のんびりと滑ることにしました。

IMG_9627[1].JPG

クラブ行事は昼の12時で終了。
残って夕方まで滑る方もいらっしゃいますが、もちろん私は即撤収。
3日前には完全ドライだった道路も、圧雪気味になっており、今シーズン初雪道でした(^^)

前々週の野沢と言い、今回の妙高と言い、いつもは豪雪なのにここまで雪がないのは、初めての経験です。
もっとも、どちらも数日後には本格的に降り始めましたので、もしかして私の行いの問題なのか....。

posted by スキー中毒者 at 17:20 | Comment(2) | TrackBack(0) | スキー

2019年12月23日

焼額〜野沢泊〜菅平

この週末は、毎年恒例、高齢指導員仲間との野沢ツアーでした。

LUTN0244[1].JPG

え....、野沢温泉?
いえ、焼額です(^^;

nnn.jpg

野沢はこれですから。
この時期に、もう何年も通ってますが、初めてですねぇ。
やむを得ず土曜日は行先を変更し、志賀に行くことになりました。

気合入らず(って、いつものことですが)、自宅出発は6時。
関越道に乗っても、車はやや多いものの、高坂でも嵐山でも花園でも渋滞はありません。
10時前には焼額のゴンドラ乗場下の駐車場に到着しました。

滑れるのは2コースで、リフトも2本が運行しているらしい。
とりあえずゲレンデに出たところに架かるペアリフトに乗ろうと思ったのですが....。

MSJG9149[1].JPG

大混雑(^^;;
それでも無人や一人乗りの搬器が多数回るという、不思議な光景です。

そのままリフト沿いのサウスコースを下りると、また同じことですから、もうひとつ開いてる唐松コースへ。
緑色の看板で「初級者コース」って書いてありますが....、志賀の初級者はレベル高いんだなぁ。
私にゃ中級者コースに見えますけど(^^;

IBOL2801[1].JPG

硬くパックされた雪面は、やや荒れていますが、ブッシュは出ていません。
リフトも高速のクワッドですから混雑なく、しばらくはこちらのコースを滑りました。

昼食はホテルの隣に建つ巨大なレストランへ。
まだスタッフが慣れておらず、オペレーションは滞り気味です。
空いてたからいいけど、一応プリンスなんだから、もうちょい頑張っていただきたいもの。
こういうところは、地元のおばちゃんがやってる、The食堂、みたいなところの方が強いんだろうなぁ。

午後になると、表面が磨かれた小回りロードや、浅いコブ斜面モドキも出始めましたが、老いて衰えた膝も何とか持ち堪えてくれ、無事終了しました。

その後は、木島平を経由して野沢温泉へ向かいます。
途中、飯山でお買い物をする仲間と別れ、一足先に宿に到着。
ビール飲んで、温泉入って。

PIOL6997[1].JPG

ジェラート(^^v

そして、晩メシなんて言ったら失礼になるようなオサレな品々で腹を満たしつつ....、

OHOG1455[1].JPG

及ばずながら、台風19号被災地復興支援。
ついでに、こいつを御神酒に降雪を祈ります。

翌朝、駐車場の車を見ると、びしょ濡れです。
昨晩の祈り通じず、雨が降ったっぽい(>_<)

DRDC4241[1].JPG

当然スキー場はオープンできるはずもなし。
やむを得ず、宿の皆さまに見送られつつ、野沢温泉を出発します。
行先は....、

CXXK6875[1].JPG

なんか先週見たような風景だなぁ。
楽しいかどうかは別にして、帰路に立ち寄れる安全牌。
はい、菅平のファミリーゲレンデです(^^)

現着は11時前でしたので、まだ某都連の研修会が行われていますが、午後になれば一気に空くはずです。

VJAQ3788[1].JPG

空きませんでした orz

研修会参加者のうち、若手は残って滑るだろうと想定していましたが、クラブ単位(?)でレッスンを行う集団が思ったより多く、そこに修旅も加わって、カオスな世界が展開されました(^^;;
ファミリーゲレンデは、コースが短いうえに高速リフトで待ちがないので、よく言えば効率がいいのですが、休むヒマがありません。
14時半で滑走を終了しましたが、疲労困憊でした。

今年の野沢は、来シーズンから運行が開始される長坂新ゴンドラの工事が始まったとか、自動改札システムが導入されるとか、それなりの話題性がありますし、個人的には、遅れに遅れたオープンがこの土曜日になれば、振る舞いのタダ酒が飲めるんじゃないかとか、いろいろと期待していたのですが、本当に残念です。

今回は貸しにしておくけど、次に行くときには、耳をそろえて返してもらうからな。
楽しみにしてるよ!
posted by スキー中毒者 at 17:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | スキー

2019年12月17日

2020指導者研修会@菅平

週末は菅平で指導者研修会でした。

もはやこの時期の菅平に自然降雪は期待できませんが、「日本のシベリア」の称号に恥じぬ冷え込みを味方に、スノーマシン全開で雪を付けてくれます。
しかし昨年は、さしもの菅平も暖冬に敗れ、ゲレンデは目にも鮮やかな緑色
全力で雪を付けたファミリーゲレンデも、この有様でした。
今年も各地で自然降雪はおろか、人工降雪すらままならない状況ですが....。

IMG_9449.JPG

雪、ありました\(^o^)/

研修会は原則として年齢別(ベテラン順)の班構成になっており、中毒者はほぼ真ん中。
上が詰まってて、いつまで経っても先に進めません。
しかし今回、実施要項の班編成を見てビックリ(*_*;
二階級特進どころではない、ジャンプアップじゃないですか!

いや違いました。
今年は技術志向班という、前向きな皆さま専用の班を作った関係で、歳相応の滑りを目指す年齢別班の人数が半分程度に減っちゃったみたいです(^^;

開会式後、班別に分かれて研修開始です。
まずはファミリーで足慣らし。
そして今シーズンの課題(テーマじゃないらしい)に取り組みました。
中毒者も、班の仲間の邪魔をしないよう頑張ってヨボヨボと滑ります。

開いているコースは、ファミリー(イースト)、裏ダボス(迂回)、白金(迂回)。
中毒者班はファミリーの後は白金に移動しましたから、ランチもこちらでいただくことにします。
班の仲間が、宿泊していたホテルシュワルツに電話して、食堂の席を確保してくれました。

IMG_9455.JPG

チキンと野菜のハーフ&ハーフ、やや辛めの美味しいカレーでした(^^)
食後のコーヒーまでいただき、のんびりと休憩して、13時に研修再開。

後で聞いたところ、ファミリー下の食堂は大混雑だったようです。
私が宿泊していたホテルニューダボスの食堂は、1階だけでなく、2階の喫茶コーナーまで満員御礼で、券売機の列が食堂の外れにあるトイレの前まで伸びていたとか、ご飯が売り切れになったとか、食べ終わったらもう午後の研修開始時間だったとか....。
ラッキーでした(^^v

この日は、台風19号の影響で中止になった在京理論Tの振替として、リゾートセンターで理論研修が行われましたので、やや早めに午後の研修は終了しました。
そのまま宿に帰ったら、風呂入った後に飲み始めて、晩メシまでには完全に出来上がっちゃうような時間です。

IMG_9457.JPG

ということで、珍しくも1時間ほどの自習をした後に撤収しました。
お酒もより美味しくなり、一石二鳥(^^)

日曜日。
前日よりも冷え込みました。

IMG_9465.JPG

リフトが営業運転を開始しても、スノーマシンは全開です。

IMG_9460.JPG

この日は裏ダボスで研修課題を中心に....、と予定していましたが、考えることはどの班も同じのようで、意外に混んでます。
やむを得ず、空いてるときに課題、混んでるときは指導を意識した実践系という研修になりました。

12時の閉校式後は、前日同様、振替対応のクリニックですが、私は在京で済んじゃってますから、ファミリーで数本復習して研修終了です。

今回は、気温が下がりさえすれば雪を付けられる菅平の強さが発揮され、雪上での研修ができました。
しかし、長野県のスキー場は、まだどこも厳しいですねぇ。
特に、野沢のように100%天然モノのスキー場は不漁に喘いでおり、未だオープンできません。

って、次の週末は野沢じゃん。
HPで確認したら、トップのやまびこゲレンデでも積雪15cmだって....(>_<)
毎晩上げている降雪祈願の御神酒、量を増やさないとダメかなぁ。
posted by スキー中毒者 at 11:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | スキー

2019年12月09日

養殖モノはやや不漁

7日の土曜日はブランシュのオープン日。
1コースだけながら、毎年安定した雪付けで完璧なコースを造るブランシュですが、今シーズンはやや苦戦していました。
週末近くなっても、オープン決定のアナウンスが出せず、出たのは前日の6日です。
でも、お世話になってるブランシュが開くのなら、行くしかないよね。
オープニング料金で半額だし....。

自宅出発は、ちょい遅めの6時過ぎ。
いや、もっと早く出たかったんだけど、お布団が私を離してくれなくて(^^;
高速も下道も空いてますから、それでも現着は9時過ぎ。
駐車場の車は、ブランシュならこんなもんかと....。
要するに、少ないです。

WEWG9106[1].JPG

ゲレンデに出ると、クワッドリフトに人がいます。
タイミングによってはリフト待ちの列ができてるし、歴史的な大混雑か!?
と思ったら、搬器の数を大分間引いてたようです(^^;

朝イチのリフトでパトさんとご一緒させていただきました。
「よく開けてくれましたねー。」
『いやぁ、でも雪はまだまだ....。』

MKOE6573[1].JPG

トップから見ると、いつものオープニングと変わらない感じですが、滑ってみると確かに雪は少ないですねぇ。
コース全体に小さなうねりが残っており、浮石も所々に転がっていました。
硬く締まったスノーマシンの雪に、ICSの柔らかい雪に慣れた脚はやや戸惑いを感じますが、楽しいです♪
なんて余裕をかましていたら....。
痛ってぇ〜!
左膝に強い痛みが走りました。

最近ボロボロの左膝、日常生活では少しずつ回復しているようにも思えたのですが、滑るとやっぱりダメです。
一本滑っただけで、もう帰りたい(>_<)
ポジションが悪いまま荷重しちゃうといけないんですが、そう言われてもねぇ。
私ごときの脚前では、常にベスポジで滑るなんて、無理な相談ですorz

痛みを堪えつつ1時間ほど滑っていると、オープニングサービス恒例、ホットワインの振る舞いが始まりました。
『ホットワインにホットカルピス、いかがですか〜!』
よしよし、アルコール消毒で復活だ(^^v
『1時間以上煮込んでますから、アルコールは飛んでま〜す!』

KQWG3661[1].JPG

へ....!?

ホットワインジュースの振る舞いでした(^^;
煮込まれたリンゴもいただきましたが、これがなかなか美味だったなー。

GZBP4783[1].JPG

しろっくまんも登場。
目つきの悪さで評価が分かれる、ブランシュのゆるキャラです。
彼もこの日が初滑りだったそうですが、実際に滑っている姿は見ることができませんでした。
あの身体でメチャクチャ上手いのは....、知っている。

痛みに耐えかね、11時半には満身創痍、いや左膝創痍の身体を引きずってレストハウス・バウムへ。
昼メシは、いつものように湖北さんです。

XGRS4227[1].JPG

一部価格が改定されているのは仕方ないのですが、定食が見当たりません。
あ、あった....、けど名前だけ?
昨シーズン、先代のおばちゃんから代替わり(?)したおねーちゃんに聞いてみました。
「定食はまだやってないの?」
『全部やってまーす。料理を一部変えたんですけど、写真が間に合わなくて。』
「あ、じゃいつもの角煮定食。」

XUSX2073[1].JPG

角煮定食は、冷奴が麻婆豆腐に変わってました。
ちなみにコーヒーのサービスは変わりません。
今シーズンもよろしくお願いします(^^)/

ゆ〜っくりと休憩して、午後の出撃。

IVIV1629[1].JPG

地形の起伏だけではなく、ちょっと荒れ始めました。
普段なら大したギャップじゃありませんが、手負いの中毒者には辛い状況です。
ロマンチックとファンタジーの接続部あたりでは、表面の雪がハゲて、ブッシュが出てきてます。
「痛いよー、痛いよー。」
と、べそをかきながらも定時の15時まで滑り、撤収しました。

天然スキーヤーにとって、天然雪に恵まれることが一番ですが、この時期はエリアによってはなかなか厳しいもの。
でも降雪機があるじゃないか!とは言っても、コピー食品みたいなICSの雪とは違い、養殖モノのスノーマシンの雪は、気候次第では不漁となります。
今回のブランシュは、天然モノには遭遇せず、養殖モノもやや不漁でした。
今週の暖かさで、より厳しい状況になるかもしれませんが、何とか乗り切って欲しいものです。
頑張れ、ブランシュ!
posted by スキー中毒者 at 17:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | スキー

2019年12月02日

富士山見物のついでに?

30日の土曜日は、一週間延期されたかぐらのオープン日でしたが....。
木曜日からやっと雪が付き始め、金曜日にはそこそこの降雪もあったようですが、スキー場からのアナウンスは、かぐら1ロマのみでのオープンです。
土曜にかけての夜間の自然降雪次第では1高も動くか....?という期待もありましたが、この日のかぐらは断念。
3週間ぶりとなる富士山見物に行くことにしました。

IMG_9347.jpg

やっと真っ白になりました。

IMG_9343.jpg

山を見るだけじゃ何ですから、ついでに滑りましょうか(^^;

コースの拡幅は順調です。
パークアイテムもオープンしたみたいですけど....、どこにあるの?

気温は低めで、ICSの雪は融けていません。
言うなれば新雪なんですけど、そこはICSの悲しさ。
少し融ければ雪面が締まるんですが、乾いたままだと板が潜ってしまい、足場が作りにくくて滑りにくいです。
まるでザラメ糖を滑ってるような感じでしょうか。
滑ったことないけど....。

IMG_9355.jpg

10時半過ぎで、リフト待ちはこの程度です。
子供や初心者が増えたからでしょうか、特に午後になるとリフトが頻繁に止まるようになりました。

コース幅が拡がったこともあり、滑走は快適と言いたいところですが....。
気温が低いこともあってか、造った雪を早い時間からコース脇に放出し始めました。
いや、コース脇ならいいんですが、今年はコース内ですねぇ。
コース幅の半分ほどをネットで規制して、その下に雪山を造ります。
それが4〜5か所ありますから、そこがボトルネックで、渋滞とまではいかずとも流れが悪くなり、せっかくのコース幅が充分に生かされません。

IMG_9360.jpg

てか、スタート地点をこんなに狭くするなよ!

雪の厚みは問題なく、地肌やスノーマットが露出する場所はありません。
このコンディションだったら、セミファットの方が滑りやすかったかもなぁ....。

今シーズンも11月までは、ICSでオープンしたスキー場の安定感が際立ちました。
しかし白馬や野沢等では、オープンには至りませんが自然降雪があったようです。
寒い地域でのスノーマシンによる降雪作業も、順調に進んでいるとか。
次の週末には、滑走可能なスキー場が大幅に増えてほしいものです。

と思ったら、今日(月曜日)は全国的に雨だって。
雪、消えちゃうじゃん 。・゚・(>д<)・゚・。
posted by スキー中毒者 at 17:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | スキー