2020年03月17日

富士パラは昆布パラ

土曜日のブランシュの後は、諏訪IC近くのホテルに宿泊です。
一生懸命滑ったわけでもないのに、部屋でビール飲んでたら眠たくなりました。
で、夜9時前に就寝zzZZ

起きました。
時計を見ると、朝7時。
え....?
6時には起きて、朝食バイキングが始まる6時半に、食堂に下りる予定だったんですが(^^;

メシ食って、荷物詰めて、出発は8時過ぎ。
ホテルから時差出勤するとは思わなかったわ....。

富士パラ着は8時半。
第2駐車場は半分程度しか埋まってません。
やっぱり空いてるのかなー。

板を担いでゲレンデに上がり、そのままゴンドラ乗場へ。
空いてるからか、新コロ対策か、4〜5名乗車です。

IMG_0380.JPG

富士パラは、やっぱり青空が似合います。
とりあえずベースまで滑り下りますが、前日の降雪でコンディションは良好。
さすがにシーダーゲレンデあたりまで下りると、雪が柔らかいですが、ジャガイモは転がってません。

スキー大学仲間のOさん(スケベな方)がいらっしゃってるらしいので、見つけつつ、トップからもう一本。

IMG_0397.jpg

アルパインはコンディション良く、適度に空いてます。
スクールもいつもほどには多くありませんでした。

IMG_0388.jpg

写真で見ると「リンデンの壁」と言うほどの斜面には見えませんが、コース上部に立つとそこそこ急斜面に見えます。
でも滑ってみると、それほどでもない....(^^;

IMG_0389.jpg

ベースからのリフトでアクセスできるシーダーゲレンデ。
一般のお客さんも、スクール生も、沢山いらっしゃいます。
コース脇の2連のコブ、スクールがレッスンに使ってたり、個人のグループがビデオ撮影していたりと、皆さん真剣なんで、不真面目な中毒者は入るのに躊躇いを感じます。

ここでOさん(スケベな方)を発見。
きっとおねーちゃんが一緒なんだろうなー、と思うと声を掛けるのは控えざるを得ませんでした。

雪の状態はいいし、空いてますから、午前中はゴンドラ回し。
お昼ゴハンは11時半過ぎに山頂レストランです。
先々週とは大違いで、空席が目立ちます。
カツカレー食って、コーヒー飲んで、まったりしてると時刻は12時50分。

IMG_0406.jpg

え....。
一般的にはまだ昼メシ時だよね。
ヤバくない?

午後。
アルパインを一本滑った後、ラーチゲレンデへ。

IMG_0408.JPG

入口にこんな看板が立ってます。
普段はカリカリの真っ平らなアイスバーンなんですが....。

IMG_0411.jpg

コブしかありません。
スクールの先生方が掘ったんですかね、リズムが揃ったキレイなコブです。
滑ってる人はほとんどいませんから、ラインは選び放題。
それなのに、真ん中を滑るのは憚られ、一番端のコブに入ることに。
ホント滑りやすいコブなんですが、如何せん長すぎます。
とてもじゃないけど、下まで脚が持ちません。
ひと休みしてから再開、完走(って言うのか?)。

午前中はどうだったのか知りませんが、雪が大分緩んで春コブに近い状態でした。
調子よく滑ってると、溝の底に土が出ているところも....。
(私の脚前じゃ)バンクに逃られるようなコブじゃありませんから、発射しておしまい(^^;

しばらくコブで遊んでましたが、古傷の左膝の状態も考慮して、2時半にはベースまで下りることにしました。
いつもは大混雑の、センターやファミリーのリフトも空いてます。
スキー子供の日でしたが、平和な一日だったようです。

そしてラーチのコブ、何であんなに空いてるんでしょ?
第5リフトを使えば、休みなしで滑れるのに(私は滑りませんけど)。
愛好家の皆さまは、富士パラにコブのイメージはないんでしょうか。
でも日曜日に限っては、富士パラは昆布パラでした!
posted by スキー中毒者 at 12:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | スキー

2020年03月16日

ブランシュに恵みの雪

先週月曜からの暖かさで、クローズするスキー場が出始めました。
湯沢方面は厳しい状況が続いていましたが、岩原だのNASPAだのが息絶えたとか。
かぐらは今のところ元気そうですが、こうなるとお客さんが集中しそうです。
中毒者は混雑が滅法苦手(^^;
この状況でも、雪があって空いてるところ....。
はい、ブランシュたかやま、一択ですね。

世間では、新型コロナウイルスに感染しないよう、不要不急の外出は控えることになってるようですが、スキー場なんてどう考えても都心の満員電車より安全です。
それに、身体に抵抗力を付けるには、適度な運動も必要だしな。

現着は9時半。
中央道走行中は雨でしたが、現地は雪です。
ゲレンデの状況は....。

IMG_0350.jpg

まずまずの繁盛ぶり(^^)

しかしコースコンディションは厳しくなりつつあります。
やっぱり暖かさが影響してるんでしょうねぇ。
日中に融けて、それが夜、凍る。
まだ夜間にスノーマシンが稼働できるとは言え、朝はカリンカリンのアイスバーンの上に、薄く新雪が乗ってる状態でした。
その新雪で偽装されてますが、コースの端っこは、アイスバーンすら付いてないところもありますから、近寄らない方が無難です。

IMG_0351.jpg

ジャイアントコースは、スキーヤーズライトのコンディションがイマイチでした。
氷の土台が削れて、黒い地肌が見えかかっているところもあります。
とは言え、雪は降り続いてますので、コースをどんどん覆っていきます。
自然降雪は強いですねぇ....。

IMG_0356.JPG

スラロームもこんな感じ。

IMG_0363.JPG

しかし、人少ねぇな....。
てか、誰もいないじゃん(^^;

お昼に入ったレストハウスも空いてました。
新コロの心配はしなくても良さそうです(^^)

午後、ポール練習で貸切だったパノラマが開きました。
しかしみんなコース入口を素通り....。
???

IMG_0373.JPG

ナチュラルバーン?
荒地?
不整地?
自分の下手を棚に上げて言わせていただければ、積もった新雪が荒れ放題で滑りにくいこと....。
一本滑ってお腹一杯です。

仕方なく、スラロームとジャイアントを交互に滑りますが、どうも小回りの調子が悪い。
やっぱり雪の所為かなー?
いや、アナタの脚前の所為です!

IMG_0375.jpg

3時半まで滑って駐車場に戻ると、車に積もった雪はこの程度。
熱の影響を受けない棺桶の上で、約15pでした。
それでもブランシュにとっては、天からの恵みですね。
翌日は朝の圧雪直後は最高のコンディションじゃないでしょうか。

今シーズンの営業は、4月5日までを予定しているようです。
あと3週間。
厳しい状況が続くとは思いますが、なんとか頑張っていただきたいものです。
posted by スキー中毒者 at 12:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | スキー

2020年03月09日

安定の養殖モノ

この週末、日曜日に外せぬ用事があったので、土曜日の日帰りです。
先週までは、ミッフィースキー場に行くつもりだったのですが、土曜日の夕方、衝撃のお知らせが入りました。
『かたしな高原スキー場は新型コロナウィルスの影響による社会情勢を考慮し、今シーズンの営業を3月2日(月)までとさせていただきます。』
うわぁ〜、今シーズン、まだ行ってないのに・゚・(。>Д<。)・゚・

ってことで、いろいろと迷った挙句、困ったときの(?)ブランシュです。

急ぐ必要ないよな。
6時に出発すれば、9時には着くし。

6時。
起きました....。
ま、まぁ、時差出勤が呼びかけられてるご時世だしな。

10時、ゲレンデに出ると....。

IMG_0271.JPG

安定のブランシュ品質です(^^;
いや、ブランシュ品質はリフト待ちだけじゃありません!

IMG_0276.JPG

スラローム

IMG_0277.JPG

ジャイアント

IMG_0283.JPG

ロマンチック

なんか2週間前よりコンディションが回復してる気がします。
恐るべし、ブランシュ!!
気温が高い(朝は+1℃、その後+4℃)ので雪は緩みますが、私みたいな下手っぴぃには、ツルツルのアイスバーンより滑りやすいです。
氷の下地がしっかりできてるから、すぐに土がでてくることもないし。

例によって、午前中のパノラマは旗が立ってて貸切ですから、スラロームとジャイアントをぐるぐる、気分転換にロマンチック〜ファンタジーを滑ります。

そして、お昼ご飯はレストハウス バウムです。
コロ助感染で注意するのは、スキー場のゲストハウスだよな。
レストハウスじゃないよな。
全体的には落ち着いているものの、中華料理の湖北さんは相変わらずの混雑。
名前なんて関係ないよねー。
商売繁盛で何よりです(^^)

午後、パノラマが開きました。

IMG_0287.JPG

いつものようにツルツル・カリカリじゃないんで、ちょっと拍子抜け。
嘘です、ちょっとホッとしました(^^;

IMG_0296.JPG

スラロームやパノラマからクワッド乗場に滑り込む、超緩斜面のフェアリー。
出たな、妖怪板掴み!
この日に限っては、フェアリーじゃなくてゴーストコースって感じです(^^;

クワッドリフトの終点近くからゲレンデを見ると、しろっくまんが滑ってます。
後を追うと、ロマンチックからファンタジーに入り、楽〜だコブへ。



上手いな、おい(^^;;

さて、時刻は15時。
朝は時差出勤しましたから、本来ならフレックスで退勤時刻にて調整するんでしょうが、定時退勤させていただきました。
その分、帰宅後の角打ちで調整するから、許してね(^^)

この週末のコンディション。
ブランシュの公式垢からの情報によれば、多少の自然降雪もあったようですが、やはり夜間にスノーマシンを稼働させられたことが、大きいんじゃないでしょうか。
天然モノが安定しない状況では、この時期でも雪を養殖できるってのは強いですね。
そして寒いだけじゃなく、コンパクトなスキー場っていうのも、有利なのかもしれません。

もうこの時期ですからね、一週間経てば状況も変わるでしょうけど....。
頑張れ、ブランシュ!
頑張れ、養殖隊、いや降雪隊!!

posted by スキー中毒者 at 11:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | スキー

2020年03月03日

春眠暁を覚えず

12月末の野沢温泉、今年は雪不足でスキー場がオープンせず、滑ることができませんでした。
それじゃあまりに悔しいってことで、その場で2月最終週の宿を予約。
この週末に行ってきました。
野沢リベンジマッチです。

集合はお宿に朝9時。
新型コロナウイルスの影響か、金曜夜の関越道はガラガラという情報を、Twitterのフォロワーさんからいただきましたので、朝も混まんだろうと楽観的観測にて就寝します。
一応4時起床、5時前出発の予定だったんですが....。

4時、アラーム鳴りました、目を開けました。

5時10分、起きました。
あれ?

毎度のことながら、二度寝は気持ちいいです(^^)
そして毎度のことながら、出発は6時(^^;
まぁ高速が空いてるのだけが救い....。

と思ったら、鶴ヶ島の先で事故渋滞。
やっとこ抜けて、しばらく順調に走ったものの、前橋の先で事故渋滞。
事故処理現場を通過したと思ったら、渋川伊香保の手前で事故渋滞。
こいつはクラッシュ直後のようで、事故処理も始まっていません。

塩沢石打ICで降りたのは9時前です。
石丸脇を抜け、十二峠を越えて、R117へ。
9時半前に仲間から着信がありました。
『お疲れ様でーす。』
「栄村でーす。」
『先に行ってまーす。』

現着は9時50分。
1時間の遅刻でした orz

IMG_0189.jpg

宿で準備して、遊ロードでゲレンデに向かいます。

日影ゴンドラからリフトを乗り継いでトップに上がると....。

IMG_0197.JPG

これが見たかったんですよ!

仲間とも合流して、やまびこエリアを滑走しますが、予想以上に良い雪質です。
新型コロナウイルスの影響は軽微なんでしょうか。
お客さんは、それほど少ないとは思えません。
ただ、今シーズンからICチケットが導入されたため、混雑するリフト(やまびこのクワッドとか)だとゲートがボトルネックになっちゃうことがありました。
せっかくシングルレーンがあるのに、ゲートを通過しないと辿り着けない....。
すべてのリフトでとは言わないけれど、シングルレーン用のゲートを独立させることはできないんでしょうか。

ランチはビザでまったりと。

IMG_0202.jpg

これが食いたかったんですよ!!

日曜日。
朝、テレビでゲレンデ情報を確認します。

IMG_0224.JPG

まっちろ。

だからという訳じゃありませんが、のんびり朝メシ。
腹一杯食って、ゲレンデへ。

IMG_0229.jpg

あ、上も見える(^^)

日影ゴンドラに乗車すると、左手にはシュナイダー。

IMG_0230.jpg

なんか黒いものが点々と見えますね。
昨日はユートピアを下りたのですが、こっちに来なくて良かった....(>_<)

IMG_0234.jpg

やまびこエリアは昨日に引き続きいい感じ♪
まだ雲が若干残ってますが、コース上のガスは完全に晴れました。
完全な勘違いバーンに仕上がってます(^^;

午前中はやまびこAをぐるぐる。
コースは空いていて、ほとんど荒れませんから快適です。

IMG_0236.JPG

夕方には運転しなくちゃいけませんから、昼メシに汁物は付きません。
ゲレ食バトル3位のボルガライスです。
グーグル先生によれば、福井県越前市のご当地グルメらしいけど、何でそれが野沢温泉の山頂レストランで出てくるのかは不明です(^^;
まぁ美味しいからいいんですけど....。

IMG_0239.jpg

レストハウス(長坂ゴンドラ山頂駅)を出ると、正面に鉄塔が立って、その奥にあった建物(無料休憩所だっけ?)が無くなってます。
来シーズン新設される、新長坂ゴンドラの山頂駅舎建設予定地ですね。
やまびこエリアに上がるリフトに乗るために、坂を登らなくて済むようになるのは、年寄りにとって有り難いことです(^^)

最後は、上ノ平〜パラダイス〜ユートピアと滑って日影に戻りました。
ユートピアの急斜面は、前日とは打って変わってグッサグサのボッコボコ(^^;
まるで春スキーのようなコンディションでしたが、雪が柔らかくてメッチャ楽しかったです。

これにてリベンジマッチは終了。
無事12月の雪辱を果たすことができました。

諸々順調だった二日間。
帰路の渋滞は皆無だったし、初日の二度寝〜事故渋滞三連発による遅刻がつくづく残念です。
てか、毎週二度寝、三度寝してるよなぁ。

春眠暁を覚えず....
posted by スキー中毒者 at 17:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | スキー

2020年02月25日

速旅で富士パラ

前週のブランシュは日帰りでしたし、この週末は三連休ですから、せめて2日は滑ろうと、日曜日は富士パラに移動しました。

8時の現着でしたが、誘導されたのは第2駐車場のかなり奥です。
三連休の中日だからでしょうか、久々に大混雑の予感。
チケット売場も長蛇の列です。

ちなみに今回(も)、NEXCO中日本の速旅という割引プランを使用しており、中央道の高井戸〜諏訪南の往復高速料金(2日間有効)+富士パラ1日券の合計が8,800円(内訳は、高速料金4,600円、リフト券4,200円)になります。
リフト券は事前にクレジットカードで決済してますので、窓口ではスマホに表示させた申込確認書を提示するのですが、本人確認のために免許証の提示も必要で、なおかつ帳面と照らし合わせるという、なかなかレトロな確認が行われます。
窓口が空いていればまだしも、混雑しているときに申し訳ないなぁと思いつつスマホの画面を見せると、スタッフのおにーちゃん、一旦席を立ち帳面を確認してきたようで、『中毒者さんですね。』と免許証の提示も求めず、リフト券を発券してくれました。
臨機応変な対応は有り難いけど、来年からもうちょい効率的な方法を考えてくれないかなぁ(^^;

ゲレンデに出るとちょうど8時半。
ゴンドラ運行開始時刻ですから、そのままヨタヨタとスケーティングで、ゴンドラ乗場に向かいます。
動き出した列で振り返ると、少し後ろにスキー大学仲間のOさん(スケベな方)がいらしゃいます。
早めに到着してリフトで滑っていた、もうひとりのスキー大学仲間Eさんも、その後方に並んでいるとか。

ゲレンデトップで一旦合流。
同行者のいるOさん(スケベな方)とは別れて、Eさんと一緒にベースまで滑り下ります。

IMG_0159.jpg

天候がイマイチっぽいスキー場が多いようでしたが、富士パラはまずまず。
入笠山方面は曇ってますが、八ヶ岳方面は青空が見えます。

朝イチはコースコンディションも良好!
と言いたいところですが、シーダーゲレンデまで下りてくると....。

IMG_0162.jpg

あれ、ピステン入れなかったの?
いや、Eさんの話では朝イチはもっとマトモだったらしい....。
年老いた膝には辛い斜面です。
結局ゴンドラは2本で終了して、後は上部ゲレンデで滑ることにします。

IMG_0166.JPG

今シーズン初めてのラーチゲレンデ。
まだアイスバーンの上に軽い雪が乗ってます。
アルパイン側はアイスボールが目立ち、ちょい滑りにくいでしょうか。

11時過ぎ。
『レストラン混みそうですから、そろそろ食事にしますか?』
「じゃ、この1本滑ったら、入りましょう。」
山頂レストランのスピカに入ったのは11時15分。
え!?
ほぼ満席です。
この時間に山頂でこれじゃ、山麓のレストランはとんでもない混雑じゃないでしょうか。

今回、ダメ元でオーダーしたのは煮カツ丼なんですが、

IMG_0168.JPG

やっぱりダメでした orz
ご飯の上に煮タマネギ、そして刻みノリを振り、カツを乗せたら、かきたま汁(?)をかけて、はい出来上がり。
煮カツ丼って、煮てあるのはタマネギと玉子だけじゃねぇか(>_<)

午後の滑走は、Oさん(スケベな方)たちとご一緒させていただきます。
このOさん(スケベな方)、めっちゃスケベなんですが、スキーはめっちゃ上手い。
表面の雪が掃かれて、ツルツルになったアイスバーンを、見事にコントロールして滑り下ります。
腰の手術をして、これが初滑りということですが、とてもそうは見えません。
ちなみにこの日の連れは男性でしたが、翌日はしっかりおねーちゃんを....ゴホゴホ....。

Oさん(スケベな方)は翌日もあるから(何が?)と、2時半に撤収。
私も定時の3時撤収を前に、Eさんと共にベースまで下りました。
リンデンの壁付近から雪質が悪化し、斜面も荒れ始め、脚はヘロヘロです。
それでもEさん、
『私はもう少し滑っていきますので。』
とゴンドラ乗場に向かいました。
私より年上なのに、お達者なことです。

IMG_0174.jpg

3時頃の下部ゲレンデのリフト待ち状況は、こんな感じ。
ピークは過ぎているはずですが、まだまだ大混雑ですねぇ。
富士パラから撤収して坂道を下ると、かなり下の駐車場まで車が駐まってました。
ふれあいセンターふじみに併設の温泉には、珍しく地元のおじーちゃん以外も入ってたし(混雑はしてないけど)。
中央道も、小仏TNと高井戸ICを先頭とした渋滞です。

最後は「速旅」って感じじゃなかったけど、お安いプランを作ってくれて助かってます(^^)
posted by スキー中毒者 at 17:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | スキー

2020年02月22日

御神酒の効果か?

先週はHEADの試乗会のため、ブランシュに来たのですが、今週こそ、かたしなと考えていました。

木曜日、かたしなの公式垢が顔本にゲレンデ状況をアップしてくれました。
全面滑走可とは言うものの、中急斜面下部は結構厳しい状況です。
今シーズンの気候では、多少降ってもすぐに消えてしまい、積雪が増えることは期待しにくいですからねぇ....。
やっぱり養殖モノじゃないとダメか。
結局、土曜日はまたまたブランシュです。

でもね、かたしなのこういうバカ正直(いや誠実と言うべきか....)なところって、好きなんです。
普通なら『コンディションの悪いところもございます。』と書くだけだろうに、堂々と雪がハゲてる写真をアップしちゃう。
だからこっちもそれに応えたくなって、「コンディションが良くなったら必ず行くから!」と心の中で応援する気持ちになるんです。
もしかしたら来シーズンになっちゃうかもしれないけど....。

さて、土曜日の朝。
珍しく二度寝で済んだため、6時に自宅を出発。
三連休初日ですから渋滞を心配しましたが、ほぼ順調で現着は9時です。
グラベルの駐車場は凍結してません。
クワッドリフト降り場の気温は+1℃でした。

2020-02-22 09-42-28.JPG

いつも朝イチはカチカチのブランシュですが、すでに適度に緩んでます。
私の気合いが入らないエッジングでも、そこそこ食ってくれますので快適です。

脚慣らしにロマンチック〜ファンタジーを一本。
その後はジャイアントとスラロームを交互に滑ります。

2020-02-22 09-56-37.JPG

ジャイアントは部分的に雪が薄い場所が出始めたかなー、という感じですが、土やブッシュが露出するようなことはありません。

2020-02-22 10-08-28.JPG

スラロームは全く問題なし。

え、エキスパート?
いや....、どうせ行ってもロクなことないだろうと、近寄りもしませんでした(^^;

そのうち、ちらほらと雪が舞い始めました。
どっちかと言えば、風花という感じですが、11時を回った頃から少しずつ雪っぽくなります。
この後、止むか、雨に変わるか....。
とりあえず、12時前に昼メシです。

天気が天気なんで、レストハウスも混雑しており、いつもお世話になってる湖北のおばちゃんおねーちゃんもテンパってます。

2020-02-22 12-20-47.JPG

それでも、ちゃんとご飯は大盛にして、コーヒーもサービスしてくれました。
いつもありがとうございますm(_ _)m

のんびり休憩して、午後の出撃。
さて、雪は止んだか、雨になったか....。

2020-02-22 13-43-34.JPG

どっちもハズレ。
湿雪がゴン降りです(^^;

ブランシュらしからぬ重い雪ですが、今シーズン、雪が降って文句言ったらバチが当たります。
昼前に+3℃まで上がった気温も、0℃に下がりました。
滑ってると、寒いというより、冷たいという感じ。
お客さんも大分少なくなりました。

そんな中、クワッドリフト乗り場に滑り込むと、リフトのおっちゃんが制止。
搬器を一台見送って、次に乗れと....。
見ると、お客さんが乗る搬器は、座面をタオルで拭いてくれてます。
もちろん搬器がトップから下りてくるときは、座面は上げているのですが、やっぱり濡れちゃうんですね。
それを、お客さんが乗る直前に拭いてくれてるんです。
スノーブラシを使うところはあるけど、タオルは初めてだわ。
おっちゃん、ありがとう!

そんなおっちゃんの努力も空しく、14時半を過ぎると、私の気合いのカラータイマーが鳴り始めました。
レストハウスに入って、一旦休憩。
そして15時前に再出撃!

するはずもなく、そのまま板を担いで駐車場へ....。
やる気、シャットダウンしました(^^;

Twitterのフォロワーさんから、
『日頃の成果?』
とリプをいただきましたが、今日の雪は、私が毎日御神酒を上げて降雪を祈った成果なんでしょう!
ということで、今も諏訪のホテルで御神酒を上げています。

さてさて、明日はどうなるのかなー?
posted by スキー中毒者 at 19:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | スキー

2020年02月18日

2021スキー試乗@ブランシュたかやま

2/15に、ブランシュたかやまで開催されたHEAD試乗会に参加しました。
当日の天候は薄曇り。
気温は試乗開始時は+4℃で、昼前には+9℃まで上昇しました。
雪の状況は、朝イチはアイスバーン、昼前にはかなり緩みましたが、斜面の荒れは終日気になりませんでした。

ちなみに来シーズンは、RACINGからHIGH PERFORMANCEまで、フルモデルチェンジするそうです。

HEAD WORLDCUP REBELS e-RACE
L165/R13.5/121-68-102
IMG_0040.jpg
低速でアイスバーンを滑ると、上っ面をグリップしながら滑っていく感じでしょうか。
ある程度スピードを上げると、しっかり食い付いてくれます。
スキーの返りの強さや速さは思ったほどではなく、手こずることはありませんでした。
ターン弧は、小〜大までOK。
大回りでも、トップが内に入ってくる感覚はあまりありません。
扱いやすいスキーですが、前後のポジションは大事です。

HEAD WORLDCUP REBELS e-SL
L160/R11.5/123-68-108
IMG_0047.jpg
e-RACEと比べて、低速でのグリップは強く感じました。
大回りでは、トップが内に入り気味ですが、ブランシュ程度のコース幅であれば、あまり気にならないと思います。
小回りでは、グリップ感、安定感、ともに素晴らしいです。
反応は早く、良く走るので、急斜面で油断すると身体が遅れます。
試乗板は160cmでしたが、短さを感じることはありませんでした。

HEAD SUPERSHAPE e-ORIGINAL
L163/R11.1/129-6-127
IMG_0048.jpg
「ORIGINALって?」
『12年前、SUPERSHAPEシリーズはここから始まりました。だからORIGINAL。』
良くわかりませんが、とりあえず滑ってみることに。
雪面はまだ硬いのですが、低速から高速までそこそこにグリップして、不安感はありません。
ただ、足元でグリップする感覚があり、もう少し板の前後(特にトップ側)のホールドが欲しいと感じました。
操作性は良く、少し働きかけると素直に動いてくれます。
安定性も悪くありません。
もう少し柔らかめの雪の方が向いているのかもしれません。

HEAD SUPERSHAPE e-SPEED
L163/R12.7/122-68-104
IMG_0051.jpg
e-ORIGINAL同様、低速から高速までグリップしてくれますが、こちらの方が板の長さ全体を使っている感覚があります。
ターン弧は小〜大まで問題ありません。
大回りでもトップは内に入りたがりません。
良くキレますが、エッジがかかるというより、ズレ幅が非常に小さいという感じで、大きなズレを引き出すことも容易です。
午後、解放されたパノラマコースを滑ってみましたが、緩み始めた中急斜面のショートターンで、板が足元に返ってきますので、コントロールしやすかったです。

HEAD SUPERSHAPE MAGUNUM
L163/R11.9/129-72-111
IMG_0053.jpg
全体的にマイルドな印象ですが、硬い雪面でも操作性、安定性に問題はありません。
旧MAGUNUMで感じられた、小回りの切換時の鈍さは感じませんでした。
大回りから小回りまで、オールラウンドに使える板だと思います。
e-SPEEDのグリップが強すぎると感じるなら、こちらを選んでもいいと思いますが、それ以外に積極的に選ぶ理由は見つかりませんでした。

HEAD WORLDCUP REBELS e-RACE PRO
L165/R13.5/121-68-102
IMG_0056.jpg
名前からも分かるように、e-RACEとは基本構造は同じです。
サイドウォールが強化され、プレートもしっかりしたものになっているとのこと。
ちなみにプレートは、e-RACEは前が固定されているのに対し、PROは後ろが固定されているそうで、板の特性を出しやすいか、乗り手の操作しやすいか(それなりの技量は必要です)の違いがあるそうです。
滑った感覚も、e-RACEに似たものですが、試乗時に雪が大分緩んでいたこともあり、操作性にはやや重さを感じました。
ターン弧は小〜大まで選びません。
個人的にはe-RACEの方が好きです。

HEAD SUPERSHAPE e-RALLY
L163/R12.8/132-78-114
IMG_0060.jpg
直前の試乗がe-RACE PROだったこともあり、操作性はメチャクチャ軽く感じます。
ターン弧はもちろん、雪質も選びません。
コース脇に溜まったボソボソの雪に入っても、浮力があるので、楽に滑れます。
かと言って、アイスバーンでもズレることなく、不安感はありません。
ターン弧は選ばないものの、小回りの切換でやや鈍さを感じました。

HEAD V-SHAPE V6
L163/R12.4/132-78-113
IMG_0064.jpg
e-RALLYは軽い乗り味でしたが、こいつはもっと軽いです。
コース脇の雪溜まりを滑った感じでは、悪雪でも楽しいと思います。
意識してエッジを立てれば、しっかりグリップしてくれますから、通常のゲレンデで困ることはないでしょう。
ただ、スピードを上げると、ややバタつくように感じました。

個人的な好みで言えば、
・硬い斜面をリフト1〜2本楽しむのならe-SL
・いろいろな斜面を1日楽しむのならe-RACE
・シーズンを通して使うならSUPERSHAPE e-SPEED
でしょうか。
RACINGラインは、私の技術・脚力では、リフト数本〜1日が限界。
シーズン初日〜春コブまでを考えると、軽快なSUPERSHAPEを選びます。
中でもターン弧・スピード・雪質に対して・オールラウンドで対応できそうなe-SPEEDがいいと感じました。
posted by スキー中毒者 at 11:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | スキー

2020年02月17日

ミッフィーか、しろっくまんか

例えへっぽこでも、指導員に優しいかたしな高原スキー場。
最近は、シーズン数回は行ってますが、今シーズンはまだ未訪です。
てか、そもそも群馬県のスキー場に行ってない(^^;
そろそろコンディションも良くなったんじゃないかと、この週末に行く予定だったのですが....。

SNSのブランシュ公式垢に、HEAD試乗会の情報がアップされました。
開催は2/14(金)-16(日)。
どうすっかなー、ミッフィーちゃんと遊びたいしなー、HEAD単独じゃないけど試乗会はまだあるしなー、でも関越混むしなー....。
結局、目が点のミッフィーちゃんに、目つきの悪いしろっくまんが勝ちました(^^;
HEAD試乗会参加です。

土曜日。
試乗会開始は9時です。
「6時少し前に出ればいいや。」
出発は6時少し過ぎでした orz
現着は9時10分。
一応STÖCKLIも担いでゲレンデへ。

IMG_9990.jpg

既に貸し出しは始まってますが、まだレーシングやハイパフォーマンスのモデルが転がってます。
あれ?珍しいな。
いつもなら開始直後に目ぼしい板が消えてなくなるのに....。

どうせ朝イチのブランシュの斜面はガチガチでしょうから、売れ残っていたレーシング系から試乗開始。
クワッドリフトでトップまで上がると、降り場目の前に気温が掲示されてます。
え、+4℃?
ブランシュの朝の気温はマイナスが当たり前、下手すると二桁のマイナス気温になることさえあります。
メッチャ暖かいじゃん。

例によって、パノラマコースは貸切中。
が、入口の表示を見ると、終日貸切だとか。
スラロームコースとの合流地点には、滋賀県連のビブを着けた方が滑り下りてきます。
顔本で指導員仲間が準指検定だと教えてくれました。
滋賀県連がブランシュって、変わったところでやるなぁとも思いますが、今シーズンに限っては大正解ですね。

その後も気温は上がり続け、昼前には+9℃に。
当然雪は緩みますが、滑り手の意欲も緩んできました。
昼メシです。

再出撃は13時過ぎ。
元が硬かったからか、滑走者が少ないからか、その両方か、思ったほど斜面は荒れてません。
気になる板を再度試していたら、終日クローズと思ってたパノラマが解放されました。
ここならまだフラットだろうと期待して....。

IMG_0061.JPG

フラットでしたが、下部に雪の薄いところがあり、土が出て、竹竿が立ってました。
まぁ準指受検生なら問題は無かったろうと思います。

最後はちょい太め(とは言っても、セミファットは出ていない)で、コース脇のボソボソ雪を楽しんで、試乗終了。
自分の板でもう一本滑ろうなんて気はさらさら無く、担いできたSTÖCKLIは、そのまま担いで駐車場に戻りました(^^;

今回は、試乗会のためにブランシュに行ったという面もありますが、今シーズンはブランシュ率が非常に高いです。
天然雪に依存しているスキー場の、最近の厳しさを見るにつけ、スタートはやや出遅れ感があったものの、今のブランシュは安定感があります。
スノーマシンで雪を付けられるスキー場は、こういうとき、強いですねぇ(^^)

それにしちゃ、何でいつもあんなに空いてんだ?
posted by スキー中毒者 at 17:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | スキー

2020年02月12日

2020クラブ行事@斑尾

所属クラブの斑尾行事は、今シーズンは飛び石連休となりました。
そのためフル日程で参加できる方は少なく、特に初日はちょっと寂しい状態....。

IMG_9931.JPG

しかし、心配していた雪は週末の寒波で斑尾にも降ってくれました(^^)
前乗りで土曜の昼過ぎに現着し、スキー場事務所他に挨拶した後、主なコースを滑ってみましたが、どこも全く問題ありません。
ただ、リフト乗場までが上り坂になっていたり、雪の少なさは痛感します。

日曜。
行事初日ですが、午前中はフリーになりました。
風は強いですが、前夜から降り続いた雪は落ち着きましたので、出撃です。

IMG_9950.jpg

BLASTRACKのFARTHERを相棒に(^^;
スーパークワッドリフトからお手軽にアクセスできる、ワールドカップコースはやや重い新雪でしたが、第13シングルで上がると....。

IMG_9958.jpg

MADAPOW!
森を抜けると広がるパウダーラインコースも、ツリーランのパウダーウェーブ2も、フカフカ・サラサラの新雪です。
もう笑いしか出てきません。
トイレも我慢して、第13リフトを5本。

ちなみにこの第13シングル、3人乗せるとひとつ空けます。
おっちゃんに聞いてみたら、
『あぁ、このリフト古いから。』
納得の答えでした(^^;

いつまでもパウダーと戯れていたいところですが、そうもいきません。
午後はSTÖCKLIに履き替え、本来の任務に戻り、真面目に講習を行いました。

月曜日。
多少雲はありますが、いい天気になりました。
この日は、前夜に到着した準指受検性と1級受験生を担当します。

IMG_9969.jpg

斑尾は初めてという方がいらっしゃったので、まずは主な斜面を滑り、スキー場をご紹介。
その後、クリスタル下部の緩斜面で基本的な練習を行い、午後はジャイアントやチャンピオンの整地中急斜面で、実践に繋げました。

講習終了後、フリーで1本滑りましたが、気合が入らず、斜面の荒れに手こずります。
ケガをする前に撤収(^^;

火曜日。
天気はまずまずで、風はなく、寒さは感じません。
前夜に降雪があったため、ゲレンデは圧雪した上に10cm程度の新雪が乗っているコンディション。

この日は1級のバッジテストを行いました。
まずは検定バーンの確認と、足慣らしのため、リフト2本滑走。
そして検定本番です。
雪は降ってないし、風もないし、寒くないし、検定員としては本当に助かりました。
終了後、レストランで検定員3人で合否会議。

合否発表を兼ねた閉校式は12時ですから、まだ時間があります。
第2クワッド〜第3ペアを乗り継いで、トップまで上がってみました。

IMG_9973.jpg

非圧雪の斜面は当然荒れ放題ですが、入ってみると意外に軽い雪で、楽しい1本でした。
最後にタングラムとの境の尾根に出て、妙高山を見てから、スカイラブコースを気持ちよく滑り、4日間を締めようと、クリスタルコース方面に向かいます。

IMG_9974.jpg

残念ながら妙高山は雲の中。
そのまま下ってスカイラブコースに入ると....、荒地です。
いつもはキレイに整地されているのですが、圧雪が間に合わなかったのでしょうか。
コース脇には、転んだり立ち尽くしたりのスキーヤー、スノーボーダーが多数。
とにかく滑りにくく、メチャクチャ疲れた、気持ちよさとは正反対の1本で4日間が終了しました(^^;;

ホテルに戻る前に、スキー場事務所へ行き、土曜・日曜には不在だった支配人さんにご挨拶。
『今まではお客様に、雪が少なくて申し訳ないと謝ってたんですが、この週末は、急にこんなに降っちゃって申し訳ないと謝ってるんですよ。』
と言いつつも、ホッとした顔をされていました。

雪不足のシーズンでもMADAPOWを楽しんだ4日間。
最後に駐車場でもMADAPOWを楽ませていただきました(^^;

IMG_9978.JPG
posted by スキー中毒者 at 17:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | スキー

2020年02月03日

勝手に期待したけれど

土曜日のブランシュに引き続き、日曜日は富士パラでした。
宿泊先の諏訪IC近くのホテルから、約20分ですから楽チンです。

ゲレンデに出たのは8時過ぎ。
まだゴンドラは運転開始前ですから、目の前のセンターゲレンデを1本。
思ったより雪は硬いです。

IMG_9892.jpg

続いてお隣のシーダーゲレンデ。
こっちのほうが滑りやすいですね。

8時半、運転開始のゴンドラでトップに上がります。
コナシの緩斜面をトロトロと下ると、左手にロープが張られています。
あれ、ラーチは今週は開けないのか?
先週の土日は開いてましたから、てっきり週末は開くもんだと勝手に期待してました。
仕方なくアルパインへ。

IMG_9898.jpg

雪は硬くはないのですが、小石のような氷玉が転がっているところもあり、イマイチ気持ちよくありません。
でもこの暖冬で、雪が皆無のゲレンデだってあるのですから、贅沢言っちゃいけませんね。

IMG_9910.jpg

ラーチを下から見ると、スノーマシンが盛大に雪を吹いてます。
滑れそうにも見えますが、まぁいろいろと事情があるのでしょう。

IMG_9904.jpg

リンデンの壁はコンディションまずまずでした。
まだ空いていて、大回りも安心です。

壁を下りたあたりから、氷のゴロゴロが増え始め、滑りにくいというほどではないんですが....。
いや、富士パラの朝イチですから、気持ちのいい勘違いバーンを勝手に期待してただけなんです(^^;

シーダーには、スキーヤーズレフトのコース脇に、コブのラインができています。
スクールの先生方が掘ってくれたと思われる、リズムが揃ったキレイなコブです。
下手クソな中毒者にも滑りやすいかと勝手に期待して....。

IMG_9912.jpg

よせばいいのに入ってみたら、思ったより硬かった(^^;
何とか完走しましたが、膝には優しくありません。
いや、すいません。
コブのせいじゃなくて、下手クソな脚前のせいですm(_ _)m

再びゴンドラ乗場へ。
既に列はありません。
待ち時間はほとんどゼロ。
こんなペースでゴンドラ回してたら死んじゃいます。
以後は途中で適度に休みながら、歳相応の滑りを心掛けることに....(^^;

IMG_9909.jpg

ゲレンデトップのゴンドラ駅舎前では、アイスクライミングのイベントが行われていました。
なんか簡単そうに登ってますけど、いざやってみると難しいんだろうなー。
スキーだって、上手い人が滑ってるの見て「なんだ簡単じゃん」と思っても、自分でやると全然できないしなー。

午後。
お昼ゴハンを食べてヤル気はだだ下がりですが、老体に鞭打って出撃です。
第5リフト回しでアルパインゲレンデをぐるぐる。
さすがに単調ですが、ラーチが開いてないんだから仕方ありません。
コナシで低速練習する気もないし....。

そして3時前、ベースに向けて下山開始。
性懲りもなくシーダーのコブに入り、発射してこの日の滑走は終了です。

数々の勝手な期待はかなえられませんでしたが、ここまで雪を付けてくれたスキー場には感謝です。
次にお邪魔するときは、ラーチゲレンデが開いてて、朝イチは勘違いバーンで、シーダーのコブは柔らかめであることを、切に期待しています(^^)
posted by スキー中毒者 at 17:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | スキー