2015年06月01日

SKI FORUM 2015

予定では土曜日はかぐらに行くつもりでしたが、コースコンディションの急激な悪化により断念。
代わりに(?)、西新宿で開催されているSKI FORUM 2015に行ってきました。

会場は昨年と同じ、ベルサール新宿グランドです。
14時頃現着すると、受付付近に人だかりができています。
今年はそんなに混雑しているのか?と思ったら、学生さんの団体でした。
私は事前登録をしてありますので、受付にスマホでメールを提示するだけでOKです。

先に進むと、ホール入口の外にも何社かが出展しています。
マックアースにCARRERA。

あれ?REXXAMもここか。
『ああ、どうも!』
声を掛けてきたのは、ブー研のオヤジ阿部代表です。
「こんにちは。いつ行けばいいですかね?」
『いつでもいいですよ。』
「今度のはSで大丈夫?それともやっぱりM?」
『ああ、Mですね。』
「了解。じゃ、行くときにまた電話します。」
『はい、よろしく。』
この極端に端折った1〜2分の会話で、Power Rex-M110 ブー研オリジナルフォーミングインナー仕様の購入が決定しました(^^;;

ホールの中に入ると、なかなかの盛況です。

IMG_5549.JPG

正面通路の右側にはHart/FABLICEが、左側にはON・YO・NEが、ドド〜ンと大きなブースを構えています。
OGASAKAブースに、いつもお世話になっているスキー大学仲間の旦那様がいらっしゃいますので、まずはご挨拶。
その後、全体をひと回りしてみましたが、主要メーカーはほとんど出展しているようで、カスタムフェアの前哨戦としては充分です。

まずはGIROでヘルメットを物色。
スタッフのおねーちゃんに、今はSEAMを使っていると言ったところ、ちょっと高いEDITを勧めてきました(^^)
そして隣には新製品のRANGE。サイズ調整のダイヤルを回すと、シェルが動いて頭部にフィットします。
思わず、
「お〜!」
と驚きの声を上げました。
お値段を確認して、再び
「お〜!!」
アホみたいな価格です(^^;;

向かいのDESCENTEブースを見ると、トークショーを終えた丸山貴雄さんがいらっしゃいました。
早速ご挨拶して、ちょっとだけお話をさせてもらいました。
まぁついでなんで、ウェアの情報収集。

その後は、Phenix、GOLDWIN、MIZUNOと回り、再びOGASAKAへ。
いや、正確にはBLASTRACKへ(^^)
本格的なBCツアーは考えていないのですが、パウダーが楽しめるセミファットに興味があり、野沢の試乗会で一番気に入ったFARTHERについて、いろいろとお話を伺いました。

最後はuvex。
LEKIのおっちゃんに、今シーズンから使い始めた伸縮式ポールが、たまに伸縮部分で抜けてしまう件について、原因と対策を教えていただきました。
富士パラで抜けたのは、どうやらパーツの接着不良。かぐらの春コブで抜けたのは、伸縮の固定がやや甘くなっていたのかもしれません。

以上で滞在時間は約2時間。
カタログでずっしりと重くなったバッグを肩に、帰路につきました。
いや、ついたつもりだったんですけど....。

自宅最寄駅近くにある最大の障害物、角打ちについフラフラと吸い込まれちまいました(^^;

IMG_5606.JPG

飲み続けること、3時間半。ほろ酔い状態は通り過ぎ、泥酔状態です。
「あれ?揺れるな。酔っぱらったか?」
まぁ確かに充分に酔っぱらってはいるのですが....。
比較的正気なお客さんから
『地震!』
の声。
「ん〜、地震かぁ。うん、結構揺れてるねぇ。」
一緒に飲んでいた常連さんも、全員出来上がっていますので、何事もなかったかのように再び飲み始めました(^^;;

翌朝、ニュースを見てびっくり。
大きな地震だったんですねぇ....。

という話を、日曜日の角打ちでする始末。
あ〜ぁ(>_<)
posted by スキー中毒者 at 17:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | スキー

2015年05月25日

2015最終滑走@かぐら

残り少ない雪を求めて、この土曜日もかぐらへ。

いつものように、7時前にはみつまた駐車場に到着しましたが、車はそれほど多くありません。
この時期、このコンディションで、まだ滑りに来るというのは、相当なモノ好きだけでしょうからねぇ(^^;

今回も乗車したロープウェイは1便。

IMG_5453.JPG

みつまたまで上がると、移動用に確保された雪の廊下は、ますます細くなっています。

そして、かぐら。

IMG_5455.JPG

モーグルバーン上部に、土が大きく露出しています(>_<)

IMG_5512.JPG

先週は地雷を踏む覚悟で滑った人もいたテクニカルは、もう無理です(^^;

IMG_5465.JPG

しかし、メイン上部は比較的良い状態に保たれていました。
もちろん雪はザブザブですから、すぐに荒れますけど。

とりあえず朝一は、メインでお決まりの大回り....ですが、3本が限界。
自主的にコブを掘り始めるボランティアの皆さまを尻目に、ジャイアントに向かいます。

コース入口は、左側に残された数mの通路。
そこを抜けると、こんな風景が広がっていました。

IMG_5474.JPG

見たところ、意外に滑れそうですが、実際には地雷だらけ。
右に左に、途中でラインを変えながら滑るしかありません。

IMG_5481.JPG

何せ、下部はこんな感じですから(^^;

コース自体は空いています。
そりゃ、このコンディションを目の当たりにすれば、普通は二度と近付きませんよねぇ。
ところが酔狂な中毒者は、その後もずっとジャイアント(^^;;

それでも入口の狭い通路は次第に雪が薄くなり、とうとうスタッフによる雪付けが始まりました。
スコップでコース脇の雪を薄くなった部分に付け、均してから硫安を散いて固めます。
これぞ神楽魂!ありがとうございましたm(_ _)m

3ロマ乗場では、突然ブルが動き始めました。
何かと思ったら、メインを滑走したお客さんが乗車しやすいように、リフト下に雪の通路を作っています。
これも神楽魂ですね(^^)

その頃メインでは....。

IMG_5513.JPG

掘ってます、掘ってます(^^)

この日は午後も、ガラガラのジャイアントをのんびりと滑っていました。
コースコンディションは悪化の一途ですから、来週は厳しいだろうなぁと思いながら(>_<)

そして、いつもより早めの14時半、撤収です。
この頃にはメインのコブも、ラインによってはヤバい位に深くなっており、ちと気合を入れて最後の一本。

IMG_5487.JPG

帰路のみつまたファミリー。

IMG_5488.JPG

脇に積まれた硫安の袋が、コース維持の神楽魂(三俣魂?)を物語ります。
ガチガチに固められた雪上を、ゆっくりとターンしながらロープウェイ乗場に滑り込み、滑走終了。

この時点では、まだ次週の滑走に若干の未練があったのですが、翌日かぐらのホームページで、ジャイアントが日曜日でシーズンクローズとなる旨のインフォメーションを見て、断念しました。
残念ですが、今シーズンの滑走はこれにて終了です。
滑走日数を数えてみたら、昨シーズンより1日少ない51日でした。

ここ数年、ますますスキーが楽しくなってきました。
これも、雪に恵まれ、スキー場スタッフや地元の皆様に恵まれ、そしてスキー仲間に恵まれたおかげだと、心より感謝しています。
ありがとうございました!
posted by スキー中毒者 at 17:40 | Comment(3) | TrackBack(0) | スキー

2015年05月18日

ジャイアントが心配@かぐら

この週末もかぐらの予定でしたが、天気予報では土曜が雨のち曇りで、日曜は晴れ。
雨の方が板が滑るというマニアックな方もいらっしゃるとは思いますが、とりあえず今回は晴れを優先しました。
ということで日曜日、4時40分に出発して、6時40分に現着。道路が空いていると、かぐらも近いです(^^)

みつまた駐車場は、1/3以上は埋まっているでしょうか。思ったより混んでいました。
いつものようにWeb販売のチケットを無料休憩所で発券し、ロープウェイ乗場へ。
リフト券の窓口販売開始前なので、こちらはまだ空いています。

ロープウェイ1便に乗車し、みつまたへ上がると、かぐらとの連絡用に確保したコース以外には雪はありません。

IMG_5359.JPG

これを多いと見るか、少ないと見るか....。

そして、かぐら。
晴天ですが、気持ちいい風が吹いており、暑さは感じません。

IMG_5362.JPG

メインゲレンデは、やや雪が汚れている場所もありますが、まだ大丈夫そうです。

IMG_5363.JPG

1高から見たジャイアント下部は、遠目にも幅が狭くなっています。

IMG_5403.JPG

テクニカルは、上部はまだしも、下部はアウトですね。

とりあえず、メインで大回り。
お客さんが多いので、荒れるのも早いです。
1高も、みるみるうちに混雑してきました。
朝一メインは4本で終了し、ジャイアントに移動しましたが、こちらもお客さんは多めです。

IMG_5374.JPG

そのジャイアント、下から見ると結構マトモですが....。

IMG_5380.JPG

上から見ると田代湖がキレイです!
いや、違った(^^;
かなり雪が薄くなっています。
ただ、中間部はコブの谷間にブッシュが出ている部分がある程度ですから、バンクに逃げれば問題ありません。

IMG_5387.JPG

こちらは14時過ぎのメイン。
谷間に土が出ている場所も少なく、比較的良いコンディションでした。

IMG_5389.JPG

そして、個人的には一番心配していたみつまたファミリー。
廊下の幅が広く、厚みもあるので、ちょっと安心しました(^^)

下りのロープウェイから駐車場を見ると、入口の右側にも車が駐まっており、満車になったようです。
この様子だと、月末のクローズまで混雑しそうですが、心配なのは雪の状態です。
特にジャイアント。

今後は天気次第ですが、大雨が降ったりすると、かなりヤバイですね。
まぁ今週末は大丈夫だと思いますが....。
たぶん(^^;;
posted by スキー中毒者 at 12:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | スキー

2015年05月11日

油断した....@かぐら

金曜日。
日本道路交通情報センターの渋滞予測を確認すると、土曜日の関越渋滞はありません。
そりゃ、水曜日まで連休だったんだから、みんな出かけないわなぁ。
ウェザーニューズのスキー&スノボCh.で天気を確認すると、土曜日のかぐらは曇り。
うん、降らなきゃいいや。

ということで、土曜日はかぐらに行ってきました。
道路は一般道も高速もガラガラで、約2時間でみつまた駐車場に到着。天気予報通りの曇り空です。
7時ちょい前にロープウェイ乗場に行くと、先客は約10名でした(^^;
ロープウェイ1便に乗車しようとしたところ、偶然(必然?)スキー大学仲間に遭遇。
選択肢が少なくなりましたから....。

みつまたゲレンデは雪不足のため、かぐらエリアへの連絡専用コースになっています。

IMG_5294.JPG

ファミリーコースの最下部は、ここまで雪が減りました。

8時にかぐらに到着。

IMG_5297.JPG

寒くはないのですが気温はやや低めで、『ぽかぽか春スキー』ではありません(^^)

IMG_5302.JPG

メインゲレンデも土が出始めていますが、いつものように大回りからスタートです。
前日の荒れを圧雪しきれないうえに、雪が柔らかいので、あっという間に起伏が大きくなっていきました。
日差しがないため、雪面が見にくく、やたらと疲れます。

1時間程すると、ゴーグルに小さな水滴が....。
滑走中じゃなくて、リフト乗車中ですから、雨です。
「あれ?今日は曇りのはずだったのに。」
再度スキー&スノボCh.を確認すると、予報が変わってます。
15時台まで、ずっと雨だって(>_<)
....。油断しましたorz
そのまま滑っていると、だんだん雨粒が大きくなってきました。
とりあえず、レストランかぐらに退避です。

時期が時期ですから、念のためレインウェアは持ってきましたが、降らないと思ってましたので、駐車場の車の中です。
取りに戻ろうかとも思いましたが、みつまた駐車場まで往復すると、1時間近くかかります。
思案をしているうちに、本格的な雨になってきました。
途中までゴンドラで下りたとしても、みつまたを滑るうちにびしょ濡れになりそうです。
ということで、レストランでの待機を継続することにしました。
早めのランチ、そしてお昼寝....zZZ。

長〜い休憩を終え、外に出たのは13時頃でしょうか。
雨は大分小降りにはなりましたが、今度はガスが出ました。

IMG_5306.JPG

コース上部は真っ白です(>_<)

とりあえず1高で上がり、ジャイアントに行ってみました。
視界は良くはありませんが、見えない訳じゃありません。
コブのラインは、突然消えたり、隣のラインに合流したり、斜面の途中から始まったりと、やや乱れていますが、コブは極端に深くなく、リズムも比較的整っていますので、大変滑りやすいです。
何だか上手くなったと勘違いしそうですが、斜面のおかげです(^^;;

滑走量が少なくても、撤収はいつものように15時。
かぐらエリアではほとんど止んでいた雨が、みつまたエリアではまた強くなり、ゴンドララインに架かるペアリフトに乗車しているだけで、ウェアはびしょ濡れになりました(>_<)

ファミリーコースは、今のところ下山用としては問題ありません。
しかし今週の台風6号の影響で、また雨になりそうですから、状況は厳しいです。

ちなみに次の土曜日は雨の予報が出ています。
今度こそ、しっかりと雨対策をしたうえで、天気予報の再確認も忘れずに、出撃しようと思います(^^)

え?雨でも行くのかって?
ま、他に行くところもありませんので(^^;
posted by スキー中毒者 at 17:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | スキー

2015年05月07日

GW初日&最終日@かぐら

私の連休はカレンダー通り、5/2〜6の5連休でした。
家にいれば飲んだくれるだけなので、健康のためにも滑りに行こうかと思いましたが、高速道路の渋滞予測は毎日真っ赤。
しかし、初日は上りに渋滞はなく、最終日も大きな渋滞にはならないようなので、とりあえずは5/2の土曜日に、かぐらに行くことにしました。

とは言え、初日の関越道下りは、朝5時から花園渋滞が始まるらしい(^^;;
いつもより少し早めに出発しても、渋滞に捕まるのは覚悟していたのですが....。

目覚めた時刻は、予定の1時間前。歳を取ると、朝が早くなります(^^)
せっかくなので、そのまま準備をして出発。
関越に乗ったのは、朝の4時過ぎでした。
この時間でも車の量は予想を超える多さでしたが、まだ流れています。
そして、そのまま渋滞なしで赤城を通過。
ここまで来れば一安心ですから、休憩のために赤城高原SAに入ったのですが、ここが大渋滞、いや大混雑です(>_<)
私はすぐに駐車できましたが、空きスペースを探して右往左往する車が多数。時刻はまだ6時前(^^;;

みつまた駐車場には7時前の到着です。
ロープウェイの1便に乗車し、8時にはかぐらに上がることができました。

IMG_5187.JPG

雲ひとつない青空で、気温は朝イチから少々高め。

IMG_5191.JPG

メインゲレンデもまずまずのコンディションですが、雪がかなり柔らかいので、少々気を遣います。
混雑する前に、ノンストップで5本(^^)
1高がやや混雑し始めると、すぐに3ロマを動かしてくれましたので、リフト待ちはほとんどありません。

IMG_5193.JPG

そのうちにパノラマもオープン。
まぁワクシングに手を抜いてるのがいけないのですが、板が走りません(>_<)
3本滑って、ジャイアントへ。

IMG_5195.JPG

相変わらず午前中は空いてます。
こちらは5本で、お昼休憩です。

午後もジャイアントをのんびりと滑りました。
3ロマは13時で運転を終了しましたが、1高が混雑していないので、全く問題ありません。
GWの初日って、こんなものなんでしょうか?
コースもリフトも混雑していないので、ストレスは全く感じませんでした。

IMG_5200.JPG

それでも、14時半にかぐらを撤収する頃には、メインは安定の荒地です(^^;

帰路は、まんてん星の湯に立ち寄り、月夜野ICから関越道に乗りましたが、渋滞は皆無。
こんなに順調な関越道は、何か月ぶりでしょうか(^^)

翌日より、いや、正確にはその日の夜より、ひたすら飲んだくれておりましたが、5日間の休みで滑るのが1日だけっていうのも何ですから、最終日の5/6に再度かぐらに行ってきました。

練馬から関越に乗ったのは、5時を過ぎていましたが、初日とは打って変わってガラガラ。
その後、どこまで走ってもガラガラで、みつまたには7時前に到着できました。

ロープウェイ乗場に行くと、先客は20名弱。
こちらもガラガラです(^^;

この日もかぐらはいい天気。
気温は暑くもなく、寒くもなく、快適です。

IMG_5254.JPG

下から見ると、4日前と変わっていないようにも思えますが....。

IMG_5259.JPG

雪は確実に減ってます。

まぁ混むとは思えませんが、条件反射のように大回りでノンストップ5本。

IMG_5260.JPG

9時にパノラマがオープンしましたので、中回りで5本。
気温がやや低いせいか、板の滑りは悪くありません。
田代湖の氷は完全に消えました。

IMG_5263.JPG

そしてジャイアントも5本。
コブの谷間に数か所、土が出始めた場所がありますが、基本的には問題ありません。
下から見て左側が規制されているのは、午後から行われるバッジテストの検定バーンです。

お昼のレストランかぐらは、満席には見えても、大人数でなければ空席を探すことは難しくありません。
リフトも終日混雑することはなく、1高も多い時で乗場の建物の外に少々列ができる程度でした。

IMG_5269.JPG

午後はバッジテストを見学しながら、ジャイアントをノタノタと滑ります。

IMG_5268.JPG

ちなみに、午後のメインの荒れ具合はこんな感じ。
この日もかぐらからの撤収は、15時前でした。

帰路は、この日もまんてん星の湯へ。
受付で料金を支払おうとした際、ふと見た料金表にJAFのマークが付いてます。
「あれ?JAFの会員割引なんてあるんですか?」
『はい。お客様は一番短い3時間券ですから、100円引の550円になります。』
いつものことなんで、料金表なんて見もしませんでしたから、まったく気付きませんでした(^^;

関越道に乗ったのは、17時半頃。
その時点で高坂渋滞が5km・10分でしたが、途中のPAで食事を済ませ、のんびりと走っているうちに解消しました。
結局、練馬出口を含め、この日も渋滞はありません。
期間中どの高速道路も激しく混雑したにもかかわらず、まったく渋滞に遭わなかったという、うれしい誤算のGWでした(^^)

そして、もうひとつの誤算は、最近の異常な暖かさ。
今のところ、かぐらエリアの積雪はそれなりにありますが、みつまたエリアの減りっぷりが心配です。

IMG_5183.JPG

これが5/2の朝で、

IMG_5253.JPG

これが5/6の朝。

最後までバス移動にならないかどうか、今後の天気次第ですが、結構ヤバいかもしれません(>_<)
いや、バス移動ならまだしも、営業期間短縮なんてことにならないことを、切に願っています。

6/1までの営業を予定していたチャオも、最終営業目標日を5/17に変更したとか。それも、5/11以降は積雪の状況次第でクローズする可能性もあるそうです。
月山も例年より雪が少ないということですから、シーズン終了が予定より早まる方も多いかもしれません。

普通の方は、『GWまで滑ればもういいでしょう。』と思うかもしれませんが、スキー・スノーボードの馬さん・鹿さんにとっては、まだまだ大切なシーズンです。
寂しいですねぇ....。
posted by スキー中毒者 at 17:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | スキー

2015年04月27日

風邪の療養@かぐら

先週の野沢からの帰路、喉の調子が悪いなぁと思っていたのですが、月曜日から咳が止まらず、37℃前半の微熱も続いていました。
お酒も飲まずに控え目にしていたのですが、効果なく、金曜日も同様。
久々に休養の土日になる予定だったのですが....。

土曜日、起きるとスッキリ。熱も下がっちゃいました。
仕方ないので、翌日曜日に出撃です。
一応「療養のため」という名目で。
スキーヤーにとっては、滑ることが一番の薬です(^^)
ま、私の場合、「百薬の長」というオプションもあるのですが(^^;;

みつまた駐車場着は7時少し前でしたが、駐車場は半分も埋まってません。
リフト券売場の行列もなし。
う〜ん、どうしたんでしょ(^^;

2便のロープウェイでみつまたまで上がると、まだ雪はたっぷりと残っています。
そして、ゴンドラでかぐらエリアまで上がると、これぞ春スキーという青空が広がっていました。

IMG_5156.JPG

早速1高でトップへ。
リフトから見た、朝イチのメインゲレンデは、こんな感じ(^^;

IMG_5157.JPG

しかし実際に滑ると、雪が柔らかいので、見た目ほど滑りにくくはありません。
朝方に冷え込んで、凍っていたら、とんでもないことになっていたんでしょうけど....。

いつもなら30分もすれば混雑しはじめる1高も、順調そのものです。
そのうち5ロマが動き、4ロマが動き、何故か(?)3ロマまで運転を始めました(さすがに午後には止めちゃったけど)。

空いてるうちに、ということで最初はメインゲレンデで中〜大回り。
思ったよりも滑る雪ですが、それでも疲れます。

ひと休みした後にパノラマにも行ってみましたが、こちらの雪はイマイチ板が走りません。
いや、雪のせいじゃなくて、ワクシングに手を抜いているのがいけないんです(^^;

IMG_5158.JPG

数本滑って、今度はジャイアント。
まだそれほど深いコブにはなっていません。リズムもまずまず。

IMG_5159.JPG

混雑もありませんので、どのようなレベルの方でも安心して滑れる状況でした。

しかし....。疲れる(^^;;
11時過ぎにはレストランでランチ休憩となりました。

IMG_5160.JPG

目の前で、鯉のぼりが気持ちよさそうに泳いでいます(^^)

午後も、まずはジャイアントを数本。

と、メインゲレンデにゼッケンを着けた方が多数、そしてポールや「検定」と書いた旗を持ったスタッフがいらっしゃいます。どうやらバッジテストのようです。
見に行くと、1高がコースを横切るちょい上あたりで始まったのは、横滑り。そしてシュテムターン。

IMG_5161.JPG

求められる斜面設定はナチュラルですから、まぁその通りなんですが、斜度は大したことなくとも既にボコボコになってましたので、受検生の皆さんは結構苦労されていました。
まぁ時期が時期ですから、仕方ないですね。

続いてそのちょい下で行われた小回りを拝見して、検定見学は終了。

IMG_5162.JPG

メインゲレンデをひと滑りして、私の滑走、いや、療養も終了です。

みつまたに戻り、最後に滑るファミリーはこんな感じです。

IMG_5163.JPG

上部はコース幅いっぱいに雪が付いていますが、途中からコース中央からリフト寄りが雪が厚くなっています。反対側の雪はかなり薄いです。
スキー場クローズまで、ロープウェイ乗場までの下山コースを確保するための対策ですね。

駐車場で荷物を片付け、撤収。
と思ったら、出口のゲートにスタッフのおじさんがいます。
あれ?有料だったか....。

帰路はいつものように、猿ヶ京温泉のまんてん星の湯へ立ち寄り、月夜野ICから関越道に乗りました。
渋滞情報を確認すると、相変わらず藤岡JCTから先は真赤。
東北道にも渋滞はありますが、まだマシだろうと、北関東道から東北道、そして首都高と走行し帰宅しました。

考えてみると、今年に入ってから関越道で練馬まで帰ったことって、数えるほどしかありません。
毎週、渋滞予測をはるかに超える、異常なまでの混雑が続いています。
4月の普通の土日ですら、この混雑ですから、これから連休に入ったら、どうなっちゃうんでしょうか。
普通のスキーヤー、スノーボーダーであれば、滑りに行くのを躊躇するような大渋滞になると思います。
しかし、この時期に滑っているということ自体、普通な皆さんじゃありませんからねぇ。

え?私??
そりゃ....、滑りに行くわな(^^;;
posted by スキー中毒者 at 18:26 | Comment(3) | TrackBack(0) | スキー

2015年04月20日

お気楽スキー@野沢温泉

先週の試乗会に続き、今週も野沢温泉へ。
スキー大学仲間のお誘いで、ゲレンデでスキーとバーベキューを楽しむという、お気楽企画に参加しました。
ちなみに、今年で16回目になる恒例行事だそうです。

集合は土曜日の8時。
朝発だとかなり早い時刻の出発になりますので、今回は前泊することにしました。
途中、指導員仲間のご夫妻をピックアップし、石打から峠を越えR117に出るつもりだったのですが....。
前週までは通行できた十二峠が、1年前と同じ場所の土砂崩れで、14日から再び通行止め。
仕方なく大沢山トンネルに迂回し、濃霧のR117を走って、0時半に現着です。
翌日のために前泊したのだから、すぐに寝ればいいものを、結局2時半まで飲んでからの就寝となりました(^^;

そして土曜日。
他の参加者と共に、長坂ゴンドラでやまびこまで上がると、雲ひとつない青空が広がっています。
今回も2日間、来季のオガサカスキーを試乗させていただくことができました。

IMG_5118.JPG

午前中、やまびこを滑りまくり、お昼はバーベキュー。

IMG_5119.JPG

お肉、野菜、ちゃんちゃん焼き、そしてお酒も少々....。

IMG_5120.JPG

美味しく、そして楽しくいただきました(^^)

翌日曜日。
朝、外に出ると、雲は少々かかっていますが、青空も見えるまずまずの天気でした。
『この時期、2日続けて天気がいいなんて、珍しいですね。』
なんて話していたのですが....。

やまびこゲレンデまで上がった頃には、雲が空を覆い始めます。

IMG_5121.JPG

しかし、試乗板の手入れが完璧なことと、気温があまり上がらないため、板は良く滑ります。
この日もやまびこコースを滑りまくって、11時過ぎ。
「あれ?降り出した?」
やまびこフォーリフトに乗っていると、細かい水滴を感じます。

上ノ平ゲレンデに戻り、バーベキューの準備を始めますが、雨粒は少しずつ大きくなってきました。
『雨が降ろうが、槍が降ろうが、やる!』
というのがポリシーとのことで、皆さん、全く動じることなく準備を進めます(^^;
結局、小雨の中、お昼ゴハンも無事終了しました。
道具を片付け、付近を原状復帰して、撤収です。

今回の「お気楽スキー」(iPhoneで入力していたら、手元が狂って「老いらくスキー」って変換しちまったけど....)では、試乗板を持ってきていただいたり、バーベキューの道具を準備していただいたり、下ごしらえした食材を用意していただいたりと、他の参加者の皆さまには大変お世話になりました。
2日間、本当に楽しかったです。
ありがとうございましたm(_ _)m

地元民?
posted by スキー中毒者 at 18:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | スキー

2015年04月13日

2016スキー試乗@野沢温泉

日曜日に日帰りで、野沢温泉スキー場主催の試乗会に参加しました。
ホントは土曜日に行きたかったのですが、天気がイマイチという予報でしたし、他に用事もありましたし....。

現着は8時過ぎ。久々の長坂ゴンドラ待ちは20分程度だったでしょうか。
やまびこまで上がると、大変良い天気です。
小毛無を滑って試乗会会場へ行きましたが、9時半受付開始とのことで暫し待機。
この試乗会は無料なので、受付で身分証明書を預け、自己責任で参加する旨の確認書にサインするだけなので、受付が始まればスムーズです。

IMG_5058.JPG

今回は、ICIの試乗会には出てこない機種を中心に試乗する予定でした。

BLASTRACK FARTHER
L176/R17.5/126-92-114
IMG_5059.JPG
BLASTRACKはOGASAKAのBC系ブランドですが、販売店がかなり絞り込まれており、ICIでの取り扱いがないため、なかなか試乗の機会に恵まれませんでした。今回はこのブランドを試乗したかったから、野沢まで足を運んだようなものです(^^)
整地から新雪まで楽しめるものというリクエストに対して、イチオシがこれでした。
朝イチのやまびこDコースは、きれいに整備されていますが、表面はかなり硬い状態。
滑ってみると、太さは全く感じず、ごく普通に滑れます。センター幅80mm以下のオールラウンドモデルと遜色ない感覚でした。
硬い雪ではトップとテールのグリップにやや甘さを感じますが、この状態では他の板でも同じようなものでしょう。積極的に角付けを強めると、それほど気にはなりません。
ラディウスの数字は大きめですが、小回りも全く問題ありませんでした。
再度、午後の雪が緩んで荒れた状態でも試乗してみましたが、大回りでスピードを出しても安定しています。荒れた斜面での取り回しも、非常に楽です。
私のように、細い板しか乗っていない者でも、違和感なく使えるオールマウンテンモデルだと思います。

Hart C9.2 MT
L168/R16.4/120-75-101
IMG_5060.JPG
思ったより斜面が硬かったので、BC系はひと休み。
HartもICIでは取り扱っていません。何故か4年前の試乗会に出てきて、試してみたものの歯が立たなかった記憶があります(^^;
第一印象は、テールが切れる。
以前試乗したときのように、足許が固められて動かしにくい印象はありません。逆にスキーを動かしてコントロールしやすいと感じました。
エッジグリップはやや強めですが、返りはそこそこ。トップを抑えると素直に回頭してくれますので、小回りも問題なく、浅回りから深回りまでOKです。
やや軽い乗り味で、高速だけでなく、低速にも対応できると感じました。

BLASTRACK ELIXIR
L169/R18.2/122-82-110
IMG_5061.JPG
雪は少しずつ緩み始めました。
細め(あくまでもBLASTRACKの中では、という意味ですが)のモデルを試してみます。
大〜中回りは非常にいいです。何でもできます。
小回りは....、可もなく不可もなくといったところでしょうか。自分でリズムを作ればいいのですが、比較的ゆったり目になります。
素直に動いてくれますので、それほど飛ばさない方で、ゲレンデ使用の比重が高いのであれば、いいのかもしれません。

Hart C7.2 MT Xpress
L170/R17.0/114-70-97
IMG_5062.JPG
エッジホールドは全体的にそれほど強くはありません。バランスとしては、テール側がやや弱めで、荒れた斜面では若干頼りなさを感じました。
柔らかいスキーで、取り回しは非常に楽なのですが、オートマチック感はなく、スキーヤー自身がターン弧やリズムを作るタイプだと思います。
踏んでも動かしても、しっかりとした足場を感じることができませんでした。

BLASTRACK VERSANT
L178/R19.6/135-103-125
IMG_5063.JPG
FARTHERより太いやつ、というリクエストで出てきたのがこれ。
荒れたグサ雪も楽々こなしてくれます。
緩み始めた整地を、大回りで飛ばしてみましたが、非常に安定しています。
センター幅が100mmを超えていますが、切り換えでのもたつきはほとんど感じませんでした。しかし、小回りではさすがにクイックな切り換えは難しいです。
エッジホールドは前から後ろまで強め。決して外せない訳じゃありませんが、ずっと乗っていると疲れそうです。

BLASTRACK STRANGE
L178/R13.7/122-132-106-126-116
IMG_5064.JPG
『面を使って滑る板』
というスタッフの説明の通り、エッジが食うのではなく、ソールで抑える感じです。
グサ雪の中はともかく、整地では普通に動かすと、テールが回りすぎます。斜め前ではなく、真横に動かした方がコントロールしやすく感じました。
中〜大回りでは、どのように滑ってもややキョロつきますので、ちょっと気を遣いますが、小回りは意外なほど滑りやすかったです。
しかし結局最後まで、どう滑ればいいのかよくわかりませんでした(^^;

ReIsm CAT
L176/R23.0/115-86-107
IMG_5065.JPG
時刻は14時過ぎで、滑り手は既にヘロヘロです。
よせばいいのに、ブルーモリスの旗が見えたので、ついフラフラと....。
「この雪の状態でオススメは?」
『いつもはどんな板ですか?』
「細いやつ(^^)」
『まぁREXXAMのブーツ履いてますからねぇ。』
と言って出てきたのがこれ。
アニマルシリーズのCATだそうで、テールにはこんな絵が入っています。
IMG_5066.JPG
確かに周りには、ねこちゃん以外にも動物の絵が入った板が何本か転がってました。
一台でどこでも滑れる、何でもできる、というスキーだそうな。
ではお手並み拝見、と言いたいところですが、そこまで体力が残ってません。が、かえってそれが良かったのかもしれません(^^)
気合を入れて滑らなくても、しなやかに素直に動いてくれます。CATとは、なかなかいいネーミング。
エッジを立てても、外しても、OK。
そんなに飛ばすスキーじゃないとは思いますが、安定性も悪くはありません。
強いて言えば、小回りがやや鈍いでしょうか。
力を抜いて滑れば、結構楽しいスキーです。
コテコテの上級基礎スキーヤーは、見向きもしないかもしれませんけど(^^;;

今回の試乗は、この7機種でした。

中でもBLASTRACKのFARTHERは....、良かった。
ヤバイです。
相当気に入りました。
....、欲しい(^^;;
posted by スキー中毒者 at 17:46 | Comment(2) | TrackBack(0) | スキー

2015年04月06日

2016スキー試乗@菅平

前週の丸沼に引き続き、この土曜日は菅平でICIの試乗会に参加しました。

天気がやや心配でしたが、直前のウェザーニューズによれば午前中が晴れで午後は曇りとのこと。
ま、雨が降らなきゃいいや、と思っていたのですが、関越道の東松山ICの先から雨。上信越道に入っても雨。八風山TNを抜けても、まだ雨。
こりゃレインウェアか?と覚悟したところ、佐久ICの先でやっと雨は止みました。

現着は8時10分。ファミリー下の駐車場は、馬さん鹿さんの車で8割以上埋まってます。
そしてコースにはガス(>_<)

IMG_4913.JPG

しかし、1時間もするとガスは消え、青空も見えてきました。
この日、試乗に使用できるのはファミリー。

IMG_4928.JPG

そして裏太郎。

IMG_4938.JPG

朝イチからかなり柔らかい雪でしたが、気温が上がった昼前には春のグサ雪に変わってました。

SALOMON X-PRO SW+XT12
L169/R14.0/119-72-104
IMG_4914.JPG
サロモンらしからぬ(?)、雪面に吸い付くような感触がありました。
良く走るスキーですが、返りは強くも弱くもないため、扱いやすかったです。
エッジホールドはそれほど強くはありませんが、安定性はあります。
スキーを動かしてコントロールしやすいのですが、良く撓むのでX-MAXのような動かしにくさは感じませんでした。深回りもしやすいです。
大回りから小回りまで、オールラウンドに使えると思います。
個人的には、X-MAXよりこっちの方が好きかもしれません。

Blossom Flere
L170/R14.0/116-69-101
IMG_4919.JPG
エッジホールドはやや強めですが、食い過ぎるほどではありません。
切り換え後、ターンにトップから入る感覚がありますが、スキーを動かすことができ、方向付けがしやすいので、扱いにくさは感じませんでした。
比較的軽い乗り味ですが、やや雪面の荒れを拾いやすいでしょうか。
2年前の試乗で感じた手強さは全くなく、ちょっと驚きました。

BLiZZARD RC TI
L172/R14.5/121-71-104
IMG_4926.JPG
ブリザードらしいどっしり感が感じられませんでした。
ターン前半で、しっかり踏んで撓ませないと、スキーが真っ直ぐ走ります。
返りはそれほど強くありませんので、特に小回りでのオートマチック感はありませんが、トップを抑えると板が内に入ってくれます。
残念ながら、私には全く合わない板でした。

ELAN AMPHIBIO 14 Ti fusion
L172/R15.7/121-72-104
IMG_4933.JPG
相変わらず楽なスキーです。
特に何も考えなくても、何も操作しなくても、自然にターンに入ってしまいます。
ターンインでトップから入る感じはありませんが、捉えは悪くありません。
安定感はまずまず。
ターン弧の調整もしやすく、エッジを立てればキレてくれますし、外せば素直にズレてくれます。
非常に操作性が良いスキーだと思いますが、メリハリが感じられないため、イマイチ面白くありませんでした。

VÖLKL PLATINUM SC
L165/R14.0/122-72-105
IMG_4936.JPG
斜面は荒れ始めており、165cmとやや短めのグラスタイプなので、安定性が心配でしたが、大回りでも全く問題ありませんでした。
しかし、直前に試乗したAMPHIBIOのように、オートマチックに回ってくれるわけではありません。
スキーを操作したときに、テール側にやや強さを感じたのが気になりました。これは硬いということではなく、バランスの問題ではないでしょうか。
トップから回っていこうとするのを、テールが抑える感じですが、雪質も関係しているかもしれません。
ちなみにこの感覚は、操作のスタイルに依ると思いますので、そのようには感じない方もいらっしゃるはずです。

FISCHER RC4 SUPERIOR PRO
L165/R14.0/112-72-104
IMG_4941.JPG
キャンバーらしい捉えの早さで、小回りではトップから内に入ってきます。
張りは弱くはありませんが、安定性は高いです、
全体のバランスが良く、スキーヤーの操作に対して、非常に素直に動いてくれます。
低速での操作性も抜群でした。
FISCHERのエキスパートモデルを試乗される方は、ぜひPROGRESSORとSUPERIORを両方試してみてください。
そしてこのSUPERIOR、シックなカラーリングはシニア向き....、と思ったのですが、最近のシニアはハデな方が多いので、もしかしたら評判が悪いかもしれません(^^;

Blizzard LatiGo
L177/R18.0/115-78-102
IMG_4944.JPG
せっかくだから、トップを揃えた写真も(^^)
IMG_4947.JPG
斜面は完全に春のグサ雪です。
こういう状況では、デモ系のトップモデルなんて、試乗してもよくわかりません。いや、わかる人にはわかるんでしょうが、私にゃ無理です(^^;
ということで、ブリのスタッフお勧めを試すことに....。
グサ雪での大回りでも、驚くほど安定しています。飛ばしても全く怖くありません。
小回りは、18mというラディウスからは想像できないくらい、素直に回ってくれます。
荒れた重い雪でも、引っ掛かったり、動き渋ったりすることがありませんので、ストレスなく操作できました。
また、板の挙動がわかりやすいので、安心感があります。
性能がどーのなんて言うのがバカらしいくらいに、メチャクチャ楽しいスキーでした(^^)

K2 PINNACLE 105
L177/R?/137-105-121
IMG_4951.JPG
結局最後はこういう板になっちゃいます(^^;
グサ雪の荒れた斜面を、まずは大回りで滑ってみましたが、非常に安定しています。スピードを上げても、全く問題ありません。
小回りでは、センター幅の広さによる切り換え時のもっさり感は、少し感じる程度。見た目からは想像できないくらい、取り回しは楽です。ただ、トップがややキョロつき気味に感じました。

NORDICA NRGY 90 EVO
L177/R19.5/128-90-110
IMG_4954.JPG
グサ雪にもかかわらず、板の抜けが良く、走ります。
大回りでも小回りでも、切り換え後の捉えが早く、谷回りでのコントロールがしやすいです。
小回りは、センター幅が広めにもかかわらず、切り換えでのもたつきはありません。トップを抑え気味に操作すると、キレの良いターンができます。
こいつも楽しい板でした(^^)
見た目やスペックからは、やや鈍さすら想像してしまいましたが、実際に乗ってみると全く違います。
やっぱりノルディカだねぇ。

ELAN SPECTRUM 85
L176/R16.3/127-85-110
IMG_4959.JPG
エランにも太目の板が2本置いてありました。
うち1本は、AMPHIBIOのセミファット。面白そうなので、ちょいと試してみることに。
AMPHIBIO効果でターンインは楽、そして太さで安定性もあります。
この板も、小回りの切り換えでもたつきがなく、太さを感じさせません。
切り換え後の雪の捉えはマイルドで、そこからの調整は楽です。
しかし、それ以上にテールでのコントロールのしやすさが印象的でした。

15時までに試乗したのは10機種。
雪が雪だけに、さすがに疲れました。
試乗会終了までには、まだ少し時間がありますが、これでおしまい。撤収です。

大分汗をかいたので、普段は行かない真田温泉に立ち寄ることに。
シーズン中はかなり混雑しているという噂ですが、さすがに空いてました。

IMG_4963.JPG

そして今後の試乗会。きっと雪は朝からザブザブでしょう。
試乗する板も、太目のやつにシフトしていく予感(^^)
posted by スキー中毒者 at 17:55 | Comment(2) | TrackBack(0) | スキー

2015年03月31日

2016スキー試乗@丸沼

28日の土曜日は、丸沼でICIの試乗会でした。

IMG_4805.JPG

駐車場やセンターハウスは、そこそこ混雑していたものの、コースは思ったより空いていました。
天気は薄曇りのち晴れ。
コース状況は、朝一は硬いフラット斜面でしたが、太陽が出た昼前から急速に緩み始め、春のグサ雪に変わりました。

STÖCKLI LASER SC
L170/R14.9/122-72-103
IMG_4806.JPG
私は、現行の前のモデルを昨シーズンまで使用して、大変気に入っていました。
来シーズンは2年ぶりに現行モデルからモデルチェンジします。
捉えはテール側がやや強め。ただし、エッジが噛む感じではなく、ブーツより後ろ側がやや大きな抵抗を受けながら回るという感じでしょうか。
テールに比べ、トップ側が弱めなので、朝イチの硬い斜面では、ややバランスが悪いように感じました。
張りが強い板ではありませんから、良いポジションを保てば撓ませることは難しくありません。しかし、油断して板への荷重が軽くなると、真っ直ぐ走り気味でした。

FISCHER PROGRESSOR F19 Ti
L170/R13〜17/122-75-104
IMG_4810.JPG
硬い斜面では、しっかりと踏んで撓ませないと、ズレやすいです。それでも素直に動いてくれますので、扱いにくいとは感じませんが、ターンインではどうしても雪の捉えが甘くなります。
私の技量では、切り換え後に雪面からの抵抗を捉えながら、スキーを動かしていくことは、やや難しく感じました。
じゃ、雪がもう少し柔らかければいいのかと言えば、エッジが食い過ぎちゃうのが心配。
相変わらず、PROGRESSORとは相性が悪いです。SUPERIORならいいんだけどなぁ。

NORDICA DOBERMANN SPITFIRE EVO EDT
L168/R14.0/126-74-109
IMG_4816.JPG
エッジホールドは強めですが、決して強すぎるとは感じませんでした。
大〜中回りでは、特に何も考えなくても、気持ちよくターンに入り、気持ちよく抜けられます。
小回りでは、外スキーのトップ寄りに荷重してターンに入ると、内に切れ込むようにスキーが回頭してくれますが、逆にトップを抑えられないと、ややコントロールが難しく感じました。
キレとズレを使い分けることができますし、低速でも問題なく扱えると思います。
キャンバーの良さが最大限引き出されたような、私好みのフィーリングです。
コスメのケバさで、ここ数年間は試乗を敬遠していたのですが、久しぶりのDOBERMANNは驚くほど滑りやすいスキーでした(^^)

VÖLKL PLATINUM SW SPEEDWALL
IMG_4818.JPG
「現行モデルから変更されてます?」
『えっと、トップシートの変更だけですね。』
「そ。じゃいいや。」
と立ち去ろうとしたのですが、
『あー、いや、トップシートって言っても、デザインだけじゃなくて材質も変わってるし、それだけでもフィーリングが違うって言う方もいらっしゃるし....。』
あまりに熱心に勧めてくれるので、とりあえず試すことに(^^;
相変わらず良く回るスキーです。
内傾角を意識するだけでも、きれいにターンに入ることができますし、真上から踏んでもズレズレという感じではなく、普通に滑れました。エッジが噛んでくれる雪では、ホントに楽な板です。
基本的には、ターン前半で内傾角をとるだけでなく、しっかりと踏んで板を撓ませた方が、走ってくれますし、楽しいです。スキーを動かしてターンをコントロールしやすいので、扱いにくさは感じないと思います。
個人的にはキャンバー派なのですが、ここまで潔いとロッカーもアリかな、なんて考えちまいます(^^)

VÖLKL PLATINUM CD SPEEDWALL
L171/R16.6/124-76-105
IMG_4821.JPG
SWを返却すると、緑色の板が転がってました。
CDの試乗は久しぶりです。
回りすぎる訳でなし、かと言って動かせば回り渋る訳でもなし。条件を選ばず、滑り手の意思に忠実に応えてくれる、正にオールラウンドモデルです。
スキーを外に動かしたとき、あるところでエッジが噛むというのではなく、徐々に雪面から返る力が強くなっていくのが良く分かり、安心して操作ができました。
大回り〜小回り、高速〜低速、深回り〜浅回り。いずれにも苦も無く対応できる、非常に素直なスキーだと思います。
このスキーもロッカータイプではありますが、かなりマイルドに抑えられた、私好みのロッカー具合(?)です。

BLIZZARD POWER S8
L174/R14.0/120-72-104
IMG_4829.JPG
陽射しが出て、雪は急速に緩み始めましたが、そんなグサ雪の中でも、抜群の安定感です。
中〜大回りを意識したスキーとのことで、返りはそれほど強くありませんが、小回りでも板が足許にスッと戻ってくれます。
エッジを噛ませることも、外すことも自在にできる、コントロールしやすいスキーという印象です。
重厚感を感じる乗り味ながら、操作性は意外なほど軽やかでした。
直前のVÖLKL2台で、
「ロッカーもなかなかやるな。」
なんて思っても、こいつに乗れば
「やっぱりスキーはキャンバーだね!」
となります(^^)
ちなみに、性能とは全く関係ない話ですが、今年までのブランドロゴは"BLiZZARD"って"i"が小文字だったと思うのですが、このモデルでは全て大文字になっているのが、何となく落ち着きませんでした(^^;

ATOMIC BLUESTER SC
L165/R<11/125.5-69-111
IMG_4838.JPG
相変わらず、走らせてナンボのスキーです。
大でも小でも、板をその場で動かそうとしても動かず、常に走らせる中で操作する必要があると思います。
エッジホールドは強く、特にややテール寄りに強さを感じます。
このモデルは特に上級者に人気が高いのですが、上級者ではない私にゃ合いません(>_<)

SALOMON X-MAX+XT12 Ti
L170/R15.0/120-73-101
IMG_4843.JPG
最近のSALOMONは、スキー自体の重量が重いというイメージが強いのですが、板に貼られたラベルに『軽量!!』と書いてある通り、大変軽いスキーです。
滑ってみると、重量だけでなく、乗り味も軽やかです。しかし軽いにもかかわらず、荒れたグサ雪の中での大回りは安定していました。雪を蹴立てて進むというよりも、荒れた雪の抵抗を上手くいなすという感じでしょうか。
基本的には大回りから小回りまで、ターン弧を選びません。
雪の状態にもよると思いますが、スキーを外に動かしていったとき、ある程度のところで動きにくさを感じました。そのため、深回りのショートターンはやや苦手かもしれません。

K2 IKONIC 85TI MXC 12 TCX Q
L170/R16.0/126-85-114
IMG_4845.JPG
最後の一本として、何となく選んだ板です。
それまではローズとバイオレットで試乗していたのですが、最後なのでロープウェイでトップまで上がってみたところ、まだ硬い斜面も残っていました。
基本的には、大〜小まで問題ありませんが、小回りはゆったり目のリズムになります。
またエッジホールドも特別強くはありませんので、硬い場所ではズレ気味です。
グサ雪のローズやバイオレットで試した方が、良いフィーリングが得られたかもしれません。

本日のオマケ
posted by スキー中毒者 at 17:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | スキー

2015年03月23日

2015クラブ行事@白馬五竜

今シーズン3回目のクラブ行事を、3/20〜22に白馬五竜スキー場で開催しました。
先週の技術選観戦に引き続き、平日が絡む日程ですが、私ゃお仕事よりスキー優先です(^^)

自宅出発は木曜日の20時。
関越道三芳PAで晩ゴハンを食べたところまでは順調でしたが、その後、花園ICの手前でガスが出始め、みるみるうちに濃霧になりました。上信越道に入って、途中一時的にガスが消えた場所もありましたが、更埴JCT手前まで濃霧は続きます。
視界不良で、とてもカッ飛ばせる状況じゃありませんでしたので、まぁそれなりのスピードで走行(^^;
長野ICで降り、オリンピック道路で白馬村に入った頃には、再びガスが濃くなり始めます。おかげで、あやうく五竜への曲がり角を通り過ぎるところでした(^^;

お宿に到着したのは23時40分。
このくらいの時間に到着するのは分かっているはずなのですが....。
「あれ?玄関が暗いぞ。」
何だかイヤな予感がします。
車から荷物を下ろし、フロントカウンターを見ると、置いてあるはずの部屋割り表がありません。
仕方なく行事担当者から事前にメールで受け取っていた参加者リストを確認し、割り当てられた5号室に入りま....
「げ、カギ掛かってる。」
今回の私の同室は、本行事の担当者。ダメモトで携帯に繰り返し電話を入れますが、起きる気配はありません。

と、住込みのバイトのおにーちゃんが、たまたま廊下に出てきました。私が電話をしているのを見て、
『どうしました?』
事情を話すと、フロントから合鍵を持ってきて、カギを開けてくれました。
「いや〜、助かりました。ありがとうございました。」
部屋の電気を点けると、あれ?誰もいない。部屋割り、変えたな!
おにーちゃん、今度はどこからか新しい部屋割り表を探してきてくれました。
『お名前は?』
「中毒者です。」
『2号室ですね。』

ドアノブを回すと、今度はカギはかかってません。
電気を点けると、爆睡していた行事担当者が目を覚ましました。
「部屋割り変更したら、連絡してくださいよ!」
『ん?フロントに置いてなかったか?』
勘弁してよ。こっちはラウンジで一夜を明かす覚悟をしていたんだから(>_<)

翌朝、私の顔を見た宿の奥様。
『ごめーん。中毒者さんのことすっかり忘れて、電気バシバシ消しちゃった。』
「....。」(^^;;

朝食後にスキー場まで上がると、ベースから見える上部はガスに覆われています。そしてガスは、みるみるうちにとおみゲレンデまで下りてきました。

IMG_4719.JPG

しかしTwitterのTLには、47や八方の公式アカウントから、上部は晴れとのツイートが流れています。
開講式後にテレキャビンでアルプスまで上がると、見事な雲海が広がっていました\(^o^)/

IMG_4727.JPG

午前中はグランプリコースで練習。午後はガスが消えた47にも行ってみました。
しかし天気がいいのは有難いのですが、とにかく暑いです。ウェアの下は半袖のTシャツ1枚なのに、汗だくになりました。

翌土曜日は、雲ひとつない青空です。

IMG_4742.JPG

テレキャビンが混雑する前に、朝一でアルプス平に上がりましたが、すでに雪は緩んでいました。
少しでも良い条件の斜面を求めて、47に移動しましたが、すぐお隣ですから状況が劇的に変わる訳もありません。
コース幅はやや狭いものの、斜度変化が楽しめますので、そのまま47で練習することにしました。

IMG_4756.JPG

天気も気温も、まさに春スキーという一日でした。

そして最終日。
講習前に一本滑ろうと、テレキャビンに乗車。パトロールさんと一緒だったので、少しお話をしました。
『朝イチで上に上がりましたが、予想以上に気温が高くて、雪は昨日より緩んでましたよ。』
「先週は金曜日から八方に行きましたが、真冬みたいな天気だったんですけどね。」
『その後は黄砂がひどくて、板が止まっちゃうような状態でした。木曜日の雨はかなりひどかったんですが、そのおかげで流されて、大分キレイになりました。』
この時期の雨って、悪い事ばかりじゃないようです(^^)

アルプス平に上がると、うす雲はかかっていますが、まずまずの天気です。

IMG_4762.JPG

早速グランプリコースを滑ってみましたが、パトさんのお話の通り、雪はすでに柔々。

この日は午前中のみですが、前日同様47で講習を行いました。
お昼の12時にエスカルプラザ前で閉講式を行い、今回の行事は終了です。

白馬五竜のクラブ行事は、毎年1日は雨が降ったり、強風だったり、ガスで何も見えなかったりと、天気が崩れるのですが、今年は3日間とも素晴らしい天気に恵まれました。
まぁその分、やたらと暑かったけど(^^;;;

今回でシーズン3回のクラブ行事がすべて終了しました。
ご参加いただいた皆さま、ありがとうございました。
そして準備から当日運営までご尽力いただいたスタッフの皆さま、お疲れ様でした。
また来シーズン、雪上でお会いしましょう!
と言いたいところですが、今シーズンはまだまだ雪がたっぷりと残っています。
ぜひ今シーズン中に、またどこかのスキー場でお会いしましょう!!
posted by スキー中毒者 at 18:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | スキー

2015年03月17日

2015技術選観戦@八方

金曜日から日曜日まで、八方に行ってきました。
毎年恒例の技術選観戦です。

3月とは言え、5日間の期間中は毎年数日は天気が崩れます。
今年も予選の2日間は真冬のような天気だったとか。
木曜日になれば少しは落ち着くかと思ったのですが、オリンピック道路で小川村に入った頃に雪が舞い始め、白馬村の道路は圧雪路。とても3月とは思えない光景です。

9時に現着し、お宿のおじいちゃん、おばあちゃんに、お茶と林檎をご馳走になりながら、ストーブの前でしばしおしゃべり。
その後、部屋で着替えて10時に出撃しました。

スクールでスタートリストを貰いましたが、競技のコート変更もあるようで、どういう状況なんだかよくわかりません。
とりあえずウスバまで上がると、女子のフリーが行われていました。
湿雪が降り続き、コースコンディションはイマイチ。中間から下はスキーが走らず、どの選手も苦労していたようです。

IMG_4666.JPG

女子フリー終了後は、中カベに移動。こちらではソデグロから変更された、小回りが行われています。斜面設定は一応ナチュラルということなんですが....、完全なる不整地でした。

IMG_4669.JPG

注目の皆川賢太郎選手は、最初は調子良かったのですが、中間でバランスを崩して失敗。丸山貴雄選手は観客から溜息が出る素晴らしい滑りです。渡部浩司選手もさすがコブの名手という滑りを見せてくれました。
いやー、しかし寒い、寒い(>_<)
男子3班の山田卓也選手の滑りを見たところで、寒さに耐えかねレストランに退避。

IMG_4670.JPG

生き返りました(^^)

ランチ後は、ウサギ平からウスバに変更された大回りで、この日の種目は終了です。
しかし寒さのため、とてもじゃないけど、その後フリーで滑る気にもならず、そのまま撤収。
乗車したリフトは3本でした(^^;

翌土曜日。雪は止みました。
決勝1日目の最初の種目はウサギ平の小回り。この日から各種目は同時進行ではありませんので、落ち着いて観戦できます。

IMG_4678.JPG

好調柏木義之選手が観客を沸かせる滑りを見せると、ゴールドビブ井山敬介選手も同ポイント。しかし丸山選手が圧巻の滑りでふたりを1ポイント上回ります。

次の種目が始まるまで、ちょい時間がありましたので、黒菱を一本。コブというより、重い新雪が滑り荒らされた不整地でした。

IMG_4680.JPG

続くソデグロの大回り。やや幅の狭い荒れた急斜面を、各選手とも4ターン前後でゴールするという信じられない滑りを見せてくれます。

IMG_4681.JPG

女子ではこのあたりから、ゴールドビブ佐藤麻子選手が他の選手を圧倒し始めます。金子あゆみ選手にいつものような爆発的な滑りが見られなかったことが、ちょっと残念でした。
男子は、トップ丸山選手の得点が伸び悩みましたが、柏木選手が圧巻の滑りで3ポイント差を詰め、丸山選手に並びます。

3種目目はウサギ平でフリー規制。しかしこの種目、良く考えると変な名称です。フリーなの?規制なの?って(^^;
種目としては、短いスキーでフリー滑走ということなんですが、一般の方にとっては意味不明ですね。せめて「フリー(マテリアル規制)」とか....。いや、やっぱり分からんか(^^;;

女子は、この種目も佐藤選手がトップのポイントを叩き出します。春原優衣選手も食い下がりますが、同ポイント止まり。金子選手はやっと元気な滑りを見せてくれましたが、トップとは2ポイント差で、じわじわと後退。
男子では、柏木選手が285ポイントとスーパーな滑りを見せましたが、その頃よりコートにガスがかかり始めました。そして、とうとう視界不良で一時中断。昨年の最終種目のイヤな思い出がよみがえります。

IMG_4682.JPG

その後も何度も中断しながら競技が進みますが、スタートで待機する選手は相当キツかったと思います。そんな中でスタートした丸山選手、観客がどよめく滑りで柏木選手と同ポイント。さすがと言うしかありません。

決勝1日目が終り、女子は佐藤選手が一歩リード。男子は同ポイントで柏木選手と丸山選手がトップ、続く井山選手とは5ポイントの差がありますから、翌日は事実上このふたりの一騎打ちです。

そして最終日。晴れました。雲ひとつないピーカンです。

IMG_4690.JPG

1種目目はウサギの整地で、規制じゃないフリー。
女子は、春原選手が高得点を出すものの、佐藤選手が格の違いを見せつけ圧倒。
男子は、ここでも柏木選手と丸山選手が一歩も引かず、同ポイント。筋書き通りと言わんばかりに、最終種目決戦に持ち込まれました。

IMG_4695.JPG

2種目目の不整地小回りの開始は11時半とのこと。時間もあるし、ちょっと滑ろうかと、まずはリーゼンを下ります。そしてスカイラインから北尾根のコブ。国際〜パノラマを上がり、ウサギ平に戻りますが、その間に競技開始時刻は二度三度と遅くなります。
どうやら雪が柔らかすぎるということらしいのですが、詳しい状況が入らないので、観客もやや苛立ち気味です。
結局、フォアランナーのスタート前に、テストラン〜協議を行うということになり、当初の予定より遅れに遅れて競技が開始されました。

IMG_4701.JPG

女子では、佐藤選手が貫録を見せつける滑りで他の選手を圧倒。見事に3連覇を果たします。

そして男子。と言いたいところですが、ここでまた中断。去年のように視界不良で待機を余儀なくされるのであれば分かりますが、これ以上ないという天気の良さが仇となってスタートができないとは....。
スタートが延び延びになっているうちに、とうとう雲が出始めてしまいました。しかしその結果気温が下がり、雪も少しずつ締まり始めたようです。
再びテストラン、そして協議。フォアランナーでは、現役のモーグルオリンピック代表西選手の滑りが、会場を沸かせました。

競技が始まると、バランスを崩すだけでなく、転倒する選手も続出し、コースの厳しさが分かります。
注目の最終2名。先に滑った丸山選手は、いつもの滑りから考えるとやや抑え気味とも思えます。一瞬の乱れはあったものの、信じられないくらいに安定した滑りで、得点は284ポイント。
そして柏木選手。やはり攻めません、いや、攻められる雪の状態じゃなかったのかもしれません。途中わずかにバランスを崩しましたが、こちらも完璧。得点は....、284ポイント!
予想もしなかった、ふたりの同点優勝でした。

佐藤選手、柏木選手、丸山選手。
おめでとうございます!
そして、すべての選手、スタッフ、観客の皆さん。
お疲れ様でした!!

今年も魅せてくれました(^^)
posted by スキー中毒者 at 17:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | スキー

2015年03月09日

雨中滑走の後の喜び

土曜日。
菅平で一緒に準指検定を応援した仲間と甘楽PAで別れ、藤岡JCTを仲間は東京方面へ、私は新潟方面へ。

そして日曜日。
沼田は雨です。R120を走り、鎌田の交差点を曲がったあたりでやっと上がりました。
到着したのは今シーズン3回目のかたしな(^^)

IMG_4636.JPG

いつものように、センターハウスで申込書に必要事項を記入し、ライセンスと共にチケット売場へ。リフト券を大変お安くしていただき、本当に助かりますm(_ _)m
まずは正面の中斜面(かえでコースって言うのかな?)を一本。柔らかい湿雪で、既に細かく荒れ始めています。
そしてガスも....。

IMG_4638.JPG

ここは一本で切り上げ、上部のコースに行ってみましたが、当然こちらもガスの中。先週の富士パラみたいな状況です。
富士パラは雪でしたが、この日はリフトに乗っているとゴーグルに水滴が付着します。
「あ〜ぁ、また降り出したよ(>_<)」
霧雨のような小雨ですが、ウェアはしっとりと濡れ始めました。
コースの雪はやはり湿雪ですが、こちらの方がやや締まっており、滑りにくくはありません。
ブーツの調子がイマイチで、左右の足に痛みを感じながらも、練習開始。
そのうちトップ付近では雪に変わりましたが、テンションは上がらず、11時過ぎには早くもレストランに退避です。

IMG_4640.JPG

天気が天気ですから、雨を避けるファミリーで混雑しているかと思いきや、意外に空いてます。
雨が降っても、キッズには関係ないんですね(^^)

午後になっても雨は降ったり止んだり。
14時頃に、やっと明るくなってきました。青空も顔を出しますが、私ゃいつものように15時が定時。撤収です。

IMG_4642.JPG

順調に山を下りたのですが、沼田IC手前の高速道路情報によれば、本庄児玉IC〜高崎JCTが事故渋滞8Kmで55分とのことorz
事故処理が終わり、渋滞が短くなるのを期待しながら走りましたが....、ダメでした。
高崎で降りて本庄児玉まで一般道を走ることも考えましたが、東北道経由で帰ることとし、高崎JCTから北関へ。
休憩に立ち寄った出流原PAで、トイレから車に戻るとiPhoneにメールが着信しました。

『合格できました!』
\(^o^)/

ほどなくもう一名からも。
『受かりました』
\(^o^)/\(^o^)/

昨日応援した準指受検生が2名とも、見事合格しました!
いや〜、本当にうれしいです!!
合格のためにはどれだけ努力しなくちゃいけないか、私自身良く分かってますから、ホッとしました。
でも、実際にはこれからなんですよね。
指導の現場に立つと、準指受検とは違った苦労が必ずあります。でも今度は、一生懸命考えて、試行錯誤して、自分で解決しなくちゃいけません。
きっとこの二人なら乗り越えて、素晴らしい指導者になってくれると信じています。

合格、おめでとう!
posted by スキー中毒者 at 17:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | スキー

2015年03月07日

2015準指検定応援@菅平

今シーズンは私の所属クラブから2名の仲間が準指導員検定にチャレンジしています。
この土日が検定本番なので、今日は菅平に応援に行ってきました。
本来なら「サポート」と言いたいところですが、それらしいことは何もできませんので、「応援」ということで....(^^;

サポートじゃないからと気が緩んだか、出発は5時とちょい遅め。都内は小雨が降るイマイチの天気です。
予想通り関越道は渋滞。高坂や花園の自然渋滞に加え、鶴ヶ島の事故渋滞もあり、藤岡JCTまでいつもの倍、1時間半ほどかかりました。しかし、ずっと降り続いていた雨は、八風山トンネルを抜けると青空になり、ひと安心です。
菅平に到着したのは9時前。開会式が終わり、受検生は検定バーンに散り始めています。
クラブ員のローテーションが分かりませんでしたが、ファミリーのリフトを上がったところで一人と遭遇。クラブ員は二人とも同じローテーショングループで、まずは白金の横滑りからとのことでした。

IMG_4626.jpg

私が受検した頃と比べると、受検生の人数は非常に少なくなっています。1グループが70人弱で4グループでのローテーションですから、300人を大きく割り込んでます。当然サポーターの人数も少なく、皆さんビデオ撮影にも苦労しません。

その後は、天狗の基礎パラ大、ファミリーの基礎パラ小、日の出のプルークボーゲンと進み、昼過ぎには1日目の実技が終了しました。う〜ん、早いなぁ(^^;

夕方には学科の試験がありますので、受検生は宿に帰って最後のお勉強。
私は....、同じく、いや私とは違い、「サポート」に来ていた他クラブの正指仲間と合流し、一緒にフリーで滑りました。
最近は菅平で滑るのは、研修会と試乗会くらいですから、コースはかなり限定されています。ということで、二人で太郎エリアをぐるぐる。
私には珍しく、4時まで滑ってしまいました(^^)

明日は実践系の種目です。普段はやらないであろうシュテムターンだけ気を付ければ、あとは普通に滑れば大丈夫でしょう。
ということで、応援は今日でおしまい。(あ、いや、もちろん心の中では明日も応援していますけど。)
一緒に滑った正指仲間と一緒に山を下りました。
上信越道を走り、藤岡JCTを仲間は東京方面へ、私は....。

パトの力作は....
posted by スキー中毒者 at 21:19 | Comment(1) | TrackBack(0) | スキー

2015年03月04日

閑古鳥鳴く富士パラ

土曜日は、諏訪IC近くのホテルに泊まり、翌日曜日は富士パラへ。
天気が崩れるという予報は承知していましたし、降るなら雪じゃなくて雨だろうと覚悟もしいてました。
だから一応レインウェアも用意したのですが....。

7時半にホテルを出発する頃には、小雪が舞い始めました。
いつもなら凍結しているフロントガラスは視界良好です。車載の温度計はプラスの温度を示していますし、やっぱり、この後は雨だよなぁ。

8時ちょい前に現着すると....、あれ?駐車場はガラガラです。
この時間だとほぼ一杯になる第2駐車場は、まだ1/3も埋まってません。
一体どうしたんでしょうか?

気温はそれなりに低く、まだ雨には変わっていませんでしたので、通常のスキーウェアで出撃。
「雨になったら車に戻って、レインウェアを着ればいいや。」
と思っていましたが、車に戻ったらそのまま撤収することは間違いありません(^^;

まずはゴンドラでトップまで上がります。
何にも見えないというほでではありませんが、ガスが濃く、真っ白。

IMG_4579.JPG

しかし雪は意外に良い状態でした。。
とりあえず、ベースまで一気に滑り降ります。
ゴンドラ待ちの列はほとんどありませんが、まぁ朝イチですから。
いつもなら3〜4本程度滑ると、ゴンドラが混雑し始めますので、上部のリフトを回し始めるのですが、このはいつまで経っても混雑せず、ゴンドラがお客さんを待っている状態です。
結局午前中は、ずっとゴンドラ回しでした(^^)

当然レストランもそれほど混まないとは思いましたが、体力の限界を感じ、11時過ぎに山頂レストランに入ります。
予想通り、いや、予想をはるかに超えて、お客さんは疎らでした。
12時近くになっても、空席だらけです。

IMG_4584.JPG

こんなことは初めてです。
TwitterのTLには、それなりに混雑している他のスキー場の状況が流れているのに....。
これだけ空いてると、気兼ねなくノンビリできます。おかげで再出撃は1時近くになってから。

外は、雨どころか雪が強くなり始めました(>_<)
それも、ウェアに張り付くような水分の多い雪ではありません。
う〜ん、予想は完全に外れました。雨を口実に撤収することは叶いません(^^;

午後は上部のゲレンデで滑走することにしましたが、しばらくするとリフトだけではなく、コース上でも閑古鳥が鳴き始めました。

IMG_4589.JPG

滑っているのは、スクールに入っている熱心な生徒さん。元気なジュニア。そして....、馬さん、鹿さん(^^;
2時半に上部ゲレンデでの滑走を切り上げ、ベースまで下りましたが、通常はこの時間でも大混雑する初心者ゲレンデのリフトも、ガラガラです。
駐車場の車の上には、数cmですが雪が積もっていました。富士パラで車の雪下ろしをしたのは、初めてかもしれません。

R20 までの道路にも雪が残っています。
もしかしたら、空いていた原因はこれでしょうか?
富士パラはシーズン中でも、ほとんどの日はノーチェーンでアクセスできることが、一つの売りなのですが、雪の予報で敬遠した方が多かったのかもしれません。

今回往復に使用したのは、事故の代車のLegacyですが、雪上性能は当然のことながら全く問題なし。高速での走行も、まずまずです。
私にとってLegacyでは初めてのCVTも、踏み込んだ時の元気はイマイチですが、普段の走りではそれほど違和感はありませんでした。
エンジンは2.5L NAですが、Outbackの3L 6発のフィーリングが良すぎるので、これはちと残念。まぁ比べちゃ気の毒ですけど....。

ちなみにその後、先方の保険会社からの連絡はありません。
ということは、何とか修理ができると考えていいのかな?
posted by スキー中毒者 at 17:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | スキー

2015年02月28日

2016スキー試乗@白樺高原国際

今日は白樺高原国際スキー場で、OGASAKAを試乗しました。
地元のみどりかわスポーツさんによる小規模な試乗会ですが、一昨年一昨昨年にも参加させていただいてます。

最近の中央道は朝は混みませんので、今日ものんびり5時半の出発。
の予定が、事故で入院しているOutbackの代車、Legacyのセットアップ(?)に手間取り、6時の出発。
それでも相模湖付近で流れが悪くなった以外は順調。高速を降りた後、大門街道がやや混んでいたため、現着は10時ちょい前でした。

いいお天気です。この地域にしては暖かく、風もありません。
斜面は乾いた雪が圧雪されており、試乗には絶好の条件です。

IMG_4563.jpg

試乗したのは午前中にTC-MF。午後からTC-SFとKS-STの計3本でした。

TC-MF+FL585
L165/R17.7/110-69-95
IMG_4559.jpg
現行モデルと比べると、ややマイルドに感じます。
柔らかい板ではありませんが、極端な張りの強さは感じません。
エッジが食い付きすぎることはありませんので、スキーを動かしやすく、大〜中回りではコントロールしやすいです。
返りも比較的ゆったりとしていますから、小回りでは積極的にスキーを動かして、自分でリズムを作る必要がありました。
今シーズンまでのモデルでは、しっかりと踏んで板をたわませないと、真っ直ぐ走ってしまったり、ズレたりしましたが、こいつはそれなりに回ってくれます。まぁ、それがいいかどうかは別にして....。
スキーを動かしたときに返ってくる力は、それなりに強いので、実際にはエッジはかなりガッツリと食っていると思うのですが、それを感じさせない不思議な乗り味でした。

TC-SF+FL585
L165/R12.8/117-67-104
IMG_4573.jpg
まず持ったときの重さにビックリ。
こいつを担いで、宿から遠いゲレンデまで歩きたくありません(^^;
まぁ滑ってしまえば、重さは全く感じないのですが....。
このモデルもMF同様、何となく滑っても、何となく回ってくれます。
しかしTCらしく、しっかり踏まないとたわんでくれません。
たわまないとトップとテールだけが食っているような感覚です。
乗りこなすためには、この板をたわませて、動かすことができる、脚力と技術が必要だと思います。ちなみに私にはどちらもありません(^^;;
また、踏むポイントを外すと、ポンッときれいに返ってくれませんから、イマイチなショートターンになります。
ターン弧を大きくすると、トップがやや内に入りたがりますので、大回りには気を遣いました。
実用的には、小〜中回りでしょうか。

KS-ST+PRD11
L165/R12.8/117-67-104
IMG_4575.jpg
チロのバインディングがセットになってます。
直前がTC-SFだったこともあり、持つとやたらと軽く感じます。
滑っても、やや頼りなさを感じますが、実際には硬い斜面やハイスピードでない限り、問題はないでしょう。
操作性は非常に軽いです。
エッジホールドもそこそこありますが、エッジが食いながらもスキーを動かせますので、大変扱いやすいです。
板が強くない分、トップを逃がしやすいので大回りもそれなりにいけます。
切り換えからフォールラインを向くまでの、谷回りでのコントロール性は抜群でした。

試乗板の待ち時間等もありましたが、3本の試乗が終了して、時刻は2時半。
さすがにこのまま帰るにゃちと早い、ということで3週間ぶりに自分のSTÖCKLIで滑ってみましたが、やっぱり慣れている板が一番です(^^)

IMG_4577.jpg

3時半まで滑って撤収。
今日は諏訪に泊まって、明日は富士パラです。
posted by スキー中毒者 at 19:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | スキー

2015年02月24日

2016スキー試乗@ブランシュたかやま

2/21にブランシュたかやまで開催されたHEAD試乗会に参加しました。
当日の天候は晴れ。気温は低くはありませんが、斜面の状態は終日良好でした。
試乗したのは、INSTINCTが3機種、WORLDCUP REBELSが4機種です。
i.SUPERSHAPEはトップシートのデザイン変更のみとのことでしたので、試乗しませんでした。(必要であれば昨シーズンのインプレをご参照ください。)

POWER INSTINCT Ti PRO
L170/R16.5/124-82-109
IMG_4501.JPG
大変軽い乗り味です。
しかし安定性はまずまず。朝イチの大変良い条件ではありますが、急斜面で大回りをしても全く問題はありませんでした。
内傾角を強めると、エッジは思ったよりしっかりと食ってくれますが、勝手に噛んでしまうということはありません。
のんびり滑っているときは、スキーを動かすとテールにやや強さを感じましたが、ある程度スピードを出すとそれほど感じませんでした。

WORLDCUP REBELS i.SLR
L165/R11.4/121-66-106
IMG_4505.JPG
大変良く走るスキーです。安定性も抜群。
エッジホールドはかなり強いです。内傾角をとりはじめると、早い段階からエッジがしっかりと食い始めますので、ややスキーを動かし辛く感じました。オールラウンドに使うのであれば、もう少しマイルドでもいいと思います。
張りもそこそこありますので、板の返りはそれなりに強く、特に急斜面の小回りでは切り換えでスキーを軽くしないことを意識する必要がありました。
意識的に角付けを強めて滑ると気持ちいいのですが、やや扱いにくいところもあります。

WORLDCUP REBELS i.SL
L165/R11.5/122-66-107
IMG_4506.JPG
エッジホールドは決して弱くはないのですが、スキーを動かしやすいため、i.SLRよりも扱いが楽で、ターンコントロールもしやすく感じました。
内傾角を強めながら、板を踏んで撓ませると、エッジはしっかりと食ってくれます。
スキーを動かす量と踏む強さを調整することで、浅回りから深回りまで容易に対応できました。
安定性が良く、ハイスピードでもコントロールしやすいので、i.SLRよりも失敗が少ないのではないでしょうか。

WORLDCUP REBELS i.GSR
L170/R14.6/116-68-100
IMG_4508.JPG
i.SLR以上にスキーを動かし辛いです。ちょっと極端に言えば、エッジが噛んだら動かない(^^;
エッジに乗って滑る分にはそれなりに楽しいのですが、スキー任せのターンにならないよう、注意が必要です。
それでも、大回りであれば比較的コントロールはしやすいのですが、小回りでは食いつこうとするエッジを外すのに、かなり気を遣いました。
残念ながら、私のスタイルには合わないスキーのようです。

WORLDCUP REBELS i.RACE
L170/R14.4/117-68-101
IMG_4512.JPG
非常にコントロールしやすいスキーです。特に急斜面での大回りが好印象でした。
スキーは素直に動いてくれ、動かした分だけエッジが食ってくれます。
もちろん意識的に内傾角を取ればエッジは食いますが、外脚をしっかり踏まないとすっぽ抜けることがありますから、油断大敵です。
スキーを動かすことで、迎え角と角付け量の調整ができますから、大回りから小回りまでオールラウンドに使えそうです。

RAW INSTINCT Ti PRO
L170/R14.7/124-78-109
IMG_4518.JPG
POWER INSTINCTと比べ、センター幅がやや細くなっています。
直前の試乗がWC REBELSですから、板の薄さやプレートの低さを見ると頼りなさを感じますが、滑ってみると実用的には全く問題ありません。
やや荒れ始めた急斜面の大回りでも、安定しており、特に不安は感じませんでした。
操作性は大変軽く、小回りもしやすいです。
今回の条件では問題ありませんでしたが、硬い斜面ではややバタつくかもしれません。

STRONG INSTINCT Ti
L170/R14.2/130-83-115
IMG_4522.JPG
整地された緩〜中斜面を滑っているうちは、印象はPOWERやRAWと大きくは変わりません。
ただ、踏み込んだ時に少しだけ弱さを感じるでしょうか。
荒れ始めた急斜面では、安定性にやや難があるようにも思えました。
INSTINCT全般に言えることですが、軽快さと安定性を兼ね備え、かつスキーそのものの重量も軽いので、女性やシニアでも充分に扱えるでしょう。
posted by スキー中毒者 at 17:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | スキー

2015年02月23日

ブランシュからの帰路に....(>_<)

22日はマンション住居内の雑排水管高圧洗浄が予定されており、在宅が必要だったため、週末は21日の土曜日に日帰りとなりました。
行先は、毎年恒例のHEAD試乗会が開催されたブランシュたかやまです。

今回のルートは首都高〜中央道なので、いつもより1時間遅い5時半に自宅を出発。
車は多めでしたが、8時過ぎには諏訪南ICを下りることができました。(関越は、高坂での事故渋滞がひどかったようですが....。)
しかしインター前から御射山交差点までがまさかの渋滞15分(^^;
結局現着は9時でした。

IMG_4503.JPG

先週に引き続き、板は車に積みっぱで、ストックだけ持ってゲレンデへ。
すでにi.SUPERSHAPE等の人気モデルは出払っています。
スタッフのおっちゃんに聞いたところ、i.SUPERSHAPEシリーズはトップシートのデザイン変更だけで、中身は今シーズンモデルからの継続だとか。じゃいいや、ということで今回は試乗対象外とします。
見慣れないINSTINCTという板が何本か転がってますが、来シーズンのニューモデルということなので、このあたりから試乗をスタート。結局ランチを挟んで、INSTINCTを3機種、WORLDCUP REBELSを4機種試乗しました。
(後日簡単にレポートする予定です。)

この日のブランシュは晴天。気温は低くないのですが、午後になっても斜面の荒れは気にならない程度で、絶好の試乗日和です。
まずロマンチック〜ファンタジーコースで板の感触を確かめ、続いてスラロームコースで大回り、最後にパノラマコースで小回りと、1本の板につきクワッドリフト3本で試乗を行いました。

IMG_4504.JPG

3時の試乗会終了後は、そのまま駐車場へ撤収。
そもそも自分の板をゲレンデに持って出ていないのですから、滑りようがありません(^^;
3時5分には駐車場を出発していました(^^)

途中、大門街道沿いの信濃路屋さんで野沢菜を購入し、久しぶりに縄文の湯にも立ち寄りました。
この温泉、入浴料金が400円と安いのですが、それほど広くない駐車場がいつも混雑しています。この日も到着時は数台の空きはあったものの、入浴後に戻ると満車。駐車待ちや、路駐の車までいるほどでした。
もっともこれ以上駐車場を広くすると、入浴施設そのものが混雑してしまうかもしれません。

帰路の中央道は順調で、小仏トンネルの渋滞もありません。
しかし残念ながら、調布IC付近で若干の渋滞が発生し、停止。
でもまぁ、これなら帰宅後に角打ちで一杯飲めるなぁ、なんて思いながら動くのを待っていたら....。

バーン!という音と衝撃。

前方不注意の後続車両に追突されました(>_<)

車外に出ると、追突した車両のドライバーは平謝り。
私のOUTBACKは、リアバンパーからテールゲートにかけて、大きく凹んでいます。
左のテールライトは外れ、ケーブルでぶら下がっている状態。
幸い、身体はどこにも痛みはありません。

「あ〜、来週のスキー、どうやって行こう。」
「今日は角打ち、ダメだなぁ。」

などとアホなことを考えているうちに、高速隊八王子分駐所の警察官とNEXCOが到着、事故処理を開始しました。
こちらは被害者なんで、パトカーの中で簡単な事情聴取と書類作成で終わり。
問題は車です。走行自体に問題はないものの、テールライトが外れている状態ではそうもいきません。
高速隊の警官曰く、NEXCOのおっちゃんがガムテを持ってるから、それでライトを固定し、ブレーキランプの点灯が確認できれば修理工場まで自走してもいい。でも万万が一、自走中に再度後ろから突っ込まれた場合は、今度は衝撃をモロに受けることになるから、レッカーを使うか自走するかは自分で判断してね、と。

結局、ディーラーまで自走しましたが、担当営業とフロントが数名、待っていてくれました。
『あ〜、こりゃひどいですねぇ。よく身体が無事で。』
懐中電灯で照らしながら下回りを覗きこみ、
『フレームは大丈夫だと思いますが、修理費かなりかかりますよ。期間も一ヶ月位は。』
「期間はともかく、費用は先方の保険会社持ちだから....。」
『いや、このOUTBACK、もう7年半で距離も結構走ってますよね。場合によっては修理代が車両時価を超えちゃうかも....。』
「え、そうすると....。」
『買い換えの検討も必要かもしれませんね。』
「ま、まぁとりあえずは修理費用を見積もってから」orz

IMG_4524.JPG

自宅までは担当営業が送ってくれるとのこと。テールゲートを開けると、二度と閉まらなくなりますから、リアドアを開け、リアシートを倒して荷物を引っ張り出します。リアシートを戻そうとしましたが、変形した荷室の床に押されて、元には戻りませんでした(^^;

翌日曜日、首の痛みは翌日に出ることが多いと言われてますが、大丈夫でした。
そして今日の午前中、いつも左膝の治療でお世話になっている梅澤先生のところに行ってきました。
レントゲンを何枚か撮り、身体の動きを確認して、スキー談義をして....。
結論としては、まぁとりあえずは大丈夫だろうと(^^)

先方の保険会社、当方の保険会社とも何度かやりとりをし、代車もスタッドレスを履いたレガシィを手配してもらい、水曜の夜には納車予定。
事故後の手続きはひとまず順調(?)です。

問題はOUTBACKの修理。
いや、その前に、今週末どこに滑りに行くかだな(^^;
posted by スキー中毒者 at 18:11 | Comment(6) | TrackBack(0) | スキー

2015年02月17日

2016スキー試乗@タングラム

2/14-15にタングラムで、OGASAKAの来シーズンモデルを試乗する機会に恵まれました。(2/21-22の試乗会とは全くの別物です。)
試したのは2機種だけですが、一応インプレッションを記しておきます。

2/14の天気は晴れ。雪は柔らか目ですが、圧雪された滑りやすい斜面でした。この日は午前中にKEO'S、午後からE-TURNを試乗しました。
2/15は雪で、圧雪後の斜面にも10cm程度の新雪が積もっていました。非圧雪(タングラムでは無圧雪と言ってますが....)の斜面の積雪は脛〜膝程度ですが、片斜面の吹き溜まりでは腿あたりまでの深雪になっていた場所もあります。この日は昼過ぎまでE-TURNで滑りました。

OGASAKA KS-RV+FL585
L165/R15.0/116-68-98
IMG_4452.JPG
今シーズンのKEO'Sは大きく変わりました!
何が?
見た目が(^^)
というのは冗談ではなく、トップシートのデザインが"OGASAKA"から"KEO'S"に変わりました。
ちなみにトップ116mmに対してテールが98mmですが、この18mm差は歴代KEO'Sで一番大きいそうです。
乗った第一印象は、素直に動くスキー。
スキーを動かすと、その分だけ雪面から抵抗を貰います。その際、角付けが強まっていっても、どこかでエッジが噛むことはなく、徐々に捉えが強くなる感覚でした。
張りの強さは、それほど感じません。
返りも強すぎませんので、扱いやすいと思います。
プレートは来シーズンモデルのFL585でしたが、足許の安定感があり、かつ良く撓みます。継続モデルのFMプレートが付いた板もありましたが、試乗はしませんでした。しかし、背伸びをせずにこの板に乗ることができる方であれば、FLプレートで問題ないでしょう。
今までのKEO'Sとは少々イメージが異なるかもしれませんが、大〜小まで何でもできる、扱いやすく失敗の少ないスキーだと思います。大会等を前提とするのではなく、フリースキーを楽しむのであれば、真のオールラウンドモデルと言ってもいいかもしれません。
私はかなり気に入りました。

OGASAKA ET-8.6
L172/R17.0/120--86-106
IMG_4461.JPG
KEO'SやTCと並べると見た目は太いのですが、スリーサイズからわかるように実際にはちょっと太めという程度です。
24日に整地で滑ってみると、スキーを動かしたときに、ややトップが逃げ気味に感じました。逆にテールはやや食い気味です。フロントロッカーの影響でしょうか。
ターンインで角付けを意識してスキーを撓ませるように操作するか、積極的にスキーを斜め前に動かしてあげるとトップから回ってくれます。テール側に少し感じる抵抗は、引っ掛かるほどではありませんので、特に気にならないかもしれません。
翌日の新雪では、さすがに滑りやすかったです。
雪が浅く積もった緩中斜面では、トップが除雪抵抗を受けることができるため、素直にターンに入ることができます。テールもスムーズに抜けてくれます。
深い雪では、板全体が浮いてくるという感じではありませんが、特別な操作をしなくてもトップから浮き上がってきますので、容易に次のターンに入れます。やや重い雪でも、問題はありませんでした。
整地から新雪まで守備範囲は広い板だと思いますが、新雪を楽しむならもう少し太くてもいいかもしれません。
posted by スキー中毒者 at 17:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | スキー

2015年02月16日

タングラムでフカフカ

この週末は再び斑尾へ。
先々週のクラブ行事は斑尾高原でしたが、今回はタングラムです。
毎年、スキー大学で一緒の班になる仲間のクラブ行事に参加させていただきました。
タングラムとは珍しい場所でやるなぁと思ったのですが、この行事は『行ったことのないスキー場に行く』というコンセプトだったようです(^^)

土曜日の朝4時に自宅を出発し、仲間1名をピックアップ。ホテルタングラムに到着したのは8時45分でした。
スキー場で『ホテル』と名の付いた宿に泊まることも多いのですが、明らかに雰囲気が違います。館内に一歩足を踏み入れた瞬間、スキーリゾートの香りが....。
もっとも、中毒者が実際のスキーリゾートなんて知ってる訳ありません。こんな雰囲気なのかなぁという妄想なんですけど(^^;;
ま、それでもゲレンデに出ちまえば、普通のスキー場です。

今回の目玉(?)は、OGASAKAの来シーズンモデルの試乗ができること。
この行事をご紹介いただいた仲間のご厚意で、2日間フルに試せます。
参加者の面子を考慮してご用意いただいたのは、KEO'S、TC、そしてE-TURN。
まずKEO'SのKS-RVをお借りして、滑走開始です。

IMG_4455.JPG

タングラムを滑ったのは、もう10年以上前。
それも、斑尾高原でのクラブ行事の時、共通券を使ってタングラム側に下りて、センターハウス正面のコースを1本滑っただけですから、「滑った」なんて言っちゃいけないのかもしれません。
ということで、参加者の皆さんと一緒にあちらのコース、こちらのコース....。

IMG_4459.JPG

改めて(?)滑ってみると、緩斜面と急斜面しかないスキー場です。
ホテルはともかく、コースはリゾートっぽくないですね。
もっとも、中毒者がスキーリゾートのコースなんて知ってる訳ないんですが(^^;;

天気予報では土曜日は終日雪とのことでしたが、青空が広がる大変良い天気になりました。
お借りしたKEO'Sの性能も素晴らしいです。
そして午後はE-TURNの8.6にチェンジ。
まぁKEO'Sと比べちゃ気の毒かもしれませんが、整地で滑っているとイマイチとらえどころがない印象でした。

日曜日は曇りという予報は外れ、雪になりました。それも夜から降り続いたようで、ゲレンデは全面新雪。どこもフカフカです。

IMG_4469.JPG

この日はTC-SFを試乗するつもりだったのですが、状況を考えたらやっぱりE-TURNです。他にE-TURNの試乗を希望される方もいらっしゃらなかったので、引き続きお借りすることができました。
やや太いという程度(120-86-106)の板ですが、恐る恐る新雪に入ってみたところ、フロントロッカーの効果でトップが浮いてくれますので、大変滑りやすいです。
こうなると深雪にも躊躇なく突っ込んで行けます。急斜面では一番雪が深そうな場所を選んで滑りましたが、いや〜楽しい!!
全身雪まみれになりながら、深雪を滑りまくりました(^^)

ここ数年、春の試乗会で太めのスキーを試すことも多いのですが、悪雪はあっても新雪はまずありません。太めの試乗板で新雪を堪能できたのは、今回が初めてです。
やっぱりセミファットあたりが1本欲しいよなぁ....。
posted by スキー中毒者 at 17:44 | Comment(1) | TrackBack(0) | スキー

2015年02月09日

2015クラブ行事@斑尾

今シーズン2回目のクラブ行事は、いつものように斑尾。
2/6-8の3日間での開催です。
初日が平日だったこともあり、参加者はやや少なめでした。

今回は私が行事担当なので、前日の夜に現地入り。
その日の関東地方の天気予報は雪です。それも大雪の可能性もあるとか....。昨年の行事の時も大雪が降ったことを思い出し、ちといやな予感。
しかし幸いにも予報が外れ、都心は雨になりました。その雨もほとんど止んだ21時過ぎに自宅を出発。関越道は雨による速度規制はありましたが順調、上信越道に入ると大型トラックが多いですが、休日のように追越車線をトロトロと走り続ける普通車はいませんので、スムーズに走行できます。
0時15分前に小布施PAに到着し、ETC割引の時間調整、0時5分過ぎに豊田飯山ICを降りました。
降り出した雪で路面は少しずつ白くなり始めていますが、走行には問題なく0時20分、斑尾高原ホテル到着です。

翌日、天気は曇り。その後も晴れ間が出たり、雪が降ったり。

IMG_4392.JPG

まずは行事開始前に、スキー場事務所にご挨拶。
そして10時の開講式により、クラブ行事が始まりました。

平日なのでコースもリフトも空いているだろうとは思っていましたし、そのとおりでしたが....。コース整備が....、まぁ平日ですからね....、ちょいと行き届いていなかったでしょうか(>_<)

講習は、1級班を競技部長にお願いし、私はいつものように2級班の皆さまを担当。
緩斜面でスキーを動かす基本動作と、その結果できる外向や内傾を確認し、それらを中〜急斜面で実践的な滑りに繋げていきました。

2日目の土曜日はキレイに晴れました。

IMG_4402.JPG

前の晩に降った雪が圧雪され、コンディションは最高です。
休日なのでコースもリフトも混むだろうと思っていましたが、リフトは混みませんでした。コース上は昨年よりスノーボーダーの比率が少し上がったでしょうか。

この日の朝、一日遅れで後輩指導員が到着しましたので、競技部長に代わり1級班の講師を担当してもらいました。
私の班は午前中は急斜面で、基本動作を大事にしながら実践的な大回りのトレーニング。

昼休み、1級班をお願いした後輩指導員の携帯が鳴りました。
通話後、
『仕事のトラブルでこれから帰らなくてはいけなくなりました。私の班、どうすればいですか?』
競技部長は、午後から菅平に移動するので、お願いする訳にはいきません。
「あぁ、私が一緒にやりましょう。」
幸か不幸か人数が多くないので、班を統合しても問題ありません。
『済みません。よろしくお願いします。』
本人はしきりに恐縮していましたが、朝スキー場に来たにもかかわらず、昼過ぎに帰らなくちゃいけないっていうのは、何とも気の毒なことです。

午後の講習は小回り、そして珍しく(?)教程っぽく横滑りの展開なんてやっちまいました(^^;

そして3日目。
夜から早朝にかけて吹いていた強風は止みました。
朝食の頃は青空が出ていましたが、その後は天気予報通り曇り空に。

IMG_4409.JPG

夜間の降雪はありませんが、コースは圧雪整備されています。

最終日は午前中で終了ですが、長野から新幹線で帰宅する参加者は、長野行のバスが出る夕方まで滑るとのこと。
しかしホテルが快くお部屋のオーバーステイ対応をしてくれましたので、安心して楽しめます。
講習は、切り換え動作の再確認、そして総合滑降で締めました。

12時に全員集合して閉講式を行い、会長と一緒にスキー場事務所に行事終了を報告。
その後、今はキッズパーク等の新たな取り組みで活躍されている元パトロール隊長さんとも、暫し歓談できました。

斑尾高原スキー場および斑尾高原ホテルの皆さま。
今回も大変お世話になり、誠にありがとうございました。

当クラブの行事は、あと一回、3/20-22に白馬五竜スキー場で開催します。
皆さま、日程調整のうえ、ぜひご参加ください。
posted by スキー中毒者 at 17:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | スキー

2015年02月03日

村男部屋

週末の八方でお世話になったみちうえ旅館さん。
到着して、奥様に案内されお部屋に入ると、い草の香りがします。
畳の表替えをしたんですね。

IMG_4347.JPG

「あ、村男。」
『よくご存じで(^^)』
「そりゃ、まぁ(^^;」

畳縁に白馬村のゆるキャラ、ヴィクトワール・シュヴァルブラン・村男III世が織り込まれています。

後から到着したスキー廃人と♂マグロも目ざとく見つけ、早速写真を撮っていました。
マニアックな方には受けがいいようです(^^)
posted by スキー中毒者 at 12:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | スキー

2015年02月02日

兎平までの八方

先週、技術選甲信越予選のリザルトを見ていたら、急に八方で滑りたくなりました。
いつもお世話になっているみちうえ旅館さんに連絡すると、お部屋に空きがあるとのこと。
八方大好きのスキー廃人に連絡すると、案の定ホイホイと乗ってきました(^^)
ということで、この週末は八方へ。

土曜日。
高速の交通量はやや多めで、渋滞はしないものの、鶴ヶ島から藤岡までは80〜100km/h程度で流れるような状態でした。
長野ICを下りてオリンピック道路に入ると....、今度は車が走ってません(^^;;
白馬村の手前で、やっと数台の車に追いつき一安心(?)。現着は9時前です。
30分程で、スキー廃人と♂マグロも到着しました。
しかし宿の奥様の話では、上部のリフトが動いていないとのこと。

名木山からリーゼンクワッドで兎平まで上がると。

IMG_4350.JPG

強風(^^;

仕方ないので、まずはリーゼンを滑りましたが、上に行けないため多くの方が集中して、斜面はボコボコです。
横殴りの雪で視界も悪く、テンションは急降下。再度兎平まで上がったところで、すでに気分はランチモードです。再びリーゼンを下り、名木山のワイスホルンへ。

IMG_4355.JPG

白スパ、もつ煮、生ビールです(^^)/□

午後、兎平に上がるとアルペンクワッドが動き始めてます。しかしまだ風は強く、寒くて、とてもじゃないけど黒菱まで上がる気になれません。
ということでパノラマからセントラルに行ってみましたが、やっぱり荒れてます。当然のことながら滑りにくいのですが、原因は斜面の荒れじゃなく、滑り手の技術(^^;
その後は白樺でノタノタ滑り、休憩。そして名木山へ移動。

IMG_4356.JPG

名木パンで有名だった名木山ロッジは解体され、跡形もありません。悲しい....。
名木山を数本滑って、この日は終了です。

翌日曜日。
雪は止み、青空も見えます。

IMG_4360.JPG

しかし兎平まで上がると、安定の強風(^^;

IMG_4362.JPG

この日も兎平から上のリフトは運休中です。
仕方ないのでパノラマから咲花へ下り、北尾根へ。

IMG_4363.JPG

こちらは安定のコブ(^^;;
元々下手くそなうえに、思ったより硬いコブで、ヘロヘロになりました。

次は国際ということで移動したのですが、リフトが大混雑です。
とても待つ気になれず、そのまま白樺へ。
『セントラルのリフトで上がって、サンテラスぱのらまで休憩しましょう。』
という廃人の提案に反対する理由はありません。しかし、リフト終点で.....。
『あれ?そうだ、このリフトだとパノラマには行けないんだ。国際を上がらないと。』
時すでに遅し。他に行くところはありませんので、仕方なくセントラルを下りることに。
ここは昨日自らの技術不足を露呈したコースです。
しかし昨日とは違い、斜面は荒れてません。
「お、ショートターン、上手くなったじゃん♪」
いや、単なる勘違いなんですが....。

朝メシでご飯を3杯も食ったもんだから、それほど腹は減ってないのですが、ちょいと休憩したい気分。
とりあえずは名木山下のトイレで用を足すと、FBのTLにメッセージが入りました。年末の野沢でもご一緒した指導員仲間です。やはり八方に来ているそうで、
『今、名木山のドイツ料理屋(ヒュッテンツァウバー)に来ています。』
ん?すぐそこのお店。電話をすると、中で手を振ってるのが見えます。
早速合流。

軽く昼メシと思ったのですが、メニューを見ても何が何だかわかりません。

IMG_4366.JPG

結局仲間オススメのミートローフランチにしました。

お腹いっぱいで再び兎平へ。相変わらずの強風で、アルペンクワッドは動く気配はありません。
ハイクアップする方もいらっしゃいますが、もちろん我々が滑るのはパノラマ。
そして最後にリーゼン〜名木山と下りて、二日間の滑走終了です。

IMG_4369.JPG

兎平より上に行かなかったのは、初めてかもしれません。でも、楽しかったです。
廃人と一緒に八方を滑ったのは、2年ぶりでしょうか。

黒菱とスカイライン。何とか今シーズン中にリベンジしたいですねー(^^)

今の白馬のイメージ
posted by スキー中毒者 at 17:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | スキー

2015年01月25日

かたしなで復習

土曜日はかたしな高原スキー場へ。
先週の白馬五竜のスキー大学で教えていただいたことを復習しようという目論見です(^^)

道路交通情報センターの渋滞予測では、駒寄で若干の渋滞が予想されていましたが、大したことはなさそうです。しかし念のため、いつものように早めに出発。関越に乗ったのは5時20分頃でしょうか。
どこまで走っても車は多め。幸い高坂、嵐山、花園での渋滞には捕まらず、駒寄も少々流れが悪くなった程度で済みました。しかし休憩に立ち寄った赤城高原SAは大混雑で、駐車スペースを探す車が右往左往する状態です。iPhoneで渋滞状況を確認すると、高坂でも渋滞が始まってました。
早めの出発、正解です(^^)

赤城高原SAでかなりのんびりしていたのですが、8時には現着。天気予報は曇りでしたが、いい天気です。

IMG_4312.jpg

いつものように、駐車場入口では会員カードを提示して無料、センターハウスではライセンスを提示してリフト券\2,000。毎度のことながら、助かります(^^)
ちなみにこのスキー場、リフト代は休日大人1日\4,500というかなり強気な料金設定。しかし、若干の事務手数料が必要なものの会員制度を利用すると、年に1回でも行く方にはお得な特典が用意されています。事実、MMC(ミッフィーマウンテンクラブ)の印字が入ったリフト券を利用されている方が、たくさんいらっしゃいました。特にファミリーには好評のようです。

前日までに雪があまり降らなかったのでしょうか、斜面は硬めで、圧雪してもやや荒れが残っている場所もありました。しかし、コース整備はしっかりと行ってくれるスキー場ですから、どのコースを滑っても快適です。
午前中は主に上部のコースを使って、プルーク、シュテム、横滑りで基本的なスキー操作を確認。そしてパラレルでスキーの動かし方と、その結果できるスキーと身体の位置関係を確認。

レストランの混雑を考え、11時過ぎに休憩に入りましたが、すぐに混雑し始め、11時半を回った頃にはキッズとファミリーで大変賑やかな状況になりました。

ランチ休憩をしてしまうとテンションが下がるのが、最近の悪いクセ(^^;
この日も午後はイマイチ気合いが入りません。上部のコースで何本か滑った後、センターハウス前の中斜面に映ると、ペアリフト沿いでゼッケンを着けた方が滑っています。
翌日曜日に、都連のマスターズサーキットの第一戦が行われるとのことで、その対策講習会でした。

リフトでご一緒させていただいた参加者の方とお話ししたところ、最高齢では80歳以上の方がエントリーしているとか。私の所属クラブの会長も現在86歳で、数年前まで競技の大会にも出場していましたが、高齢スキーヤーの活力には頭が下がります。
スキー大学でも、1班、2班の方々が、講師のデモの後に付いて力強く滑っていました。
こういう姿を拝見すると、自分も何とか70、80になってもスキーを楽しめるようにありたいと思います。

陽が傾き、寒くなってきたので、いつものように3時で滑走終了。撤収です。
所期の目的であったスキー大学の復習、できたんだか、できなかったんだか....(^^;

帰路のR120は、車も少なく順調です。
関越に乗ると、車の量は多いのですが、練馬出口を含め、渋滞に捕まることはありませんでした。
目白通りが予想以上に混んでいたものの、その後は順調で帰宅は18時半。
洗濯して、風呂に入って。
「まだ間に合うな。」
よせばいいのに、今週も近所の酒屋の角打ちへ。

IMG_4323.jpg

睡眠時間が短かったからでしょうか(一生懸命滑ったから....、じゃないよな)、気持ち良く酔いが回ります。
いつもよりちょい少なめで、20時半にはこちらも撤収。

滑走と酩酊で、至福の一日が終わりました(^^)
posted by スキー中毒者 at 20:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | スキー

2015年01月23日

ミッフィーか、ピカチュウか

スキー大学3日目。
講習が終わり、エスカルプラザまで滑り下りる際に、右足首に痛みを感じました。
ちょうどブーツタングが当たる場所です。
同宿の仲間と1本フリーで滑りましたが、痛みが強く耐えられません。
「ブーツの調子が悪いんで上がります。レストランで待ってますから。」
少し前から、ちょっと調子悪いなーと思ってはいたのですが....。

一晩寝ても痛みは消えていません。
ブーツを履くと、タングが当たり、昨日より痛みが強いような気がします。
この状態で滑るのはちと辛いですが、どうにもなりません(>_<)
ふと思いつき、当たる場所にポケットティッシュを詰めてみることに。
ポケットを探すと、ありました。

IMG_4311.jpg

何故かミッフィーちゃんとピカチュウ(^^;
どちらもブーツに突っ込むのは憚られますが、そうも言ってられません。
ミッフィーちゃんは、表情を見たら無理(^^)
クッション役はピカチュウにお願いすることにしました。
詰め込む場所を調整すると....、おぉいい感じ(^^v
無事最終日の講習を乗り切りることができました。

しかし、このままずっとピカチュウを突っ込みっぱなしという訳にもいきません。
火曜日にブーツを担いで会社に行き、帰りにブー研に寄ることにしました。
ところが当日、急遽午後から外出することになり、そのまま外出先へ。
まぁ余程マニアックな方じゃなければ、スキーブーツを担いでるとは思わないでしょうけど。

出先からブー研に電話をすると、
『今日はメチャクチャ混んでます。でもまぁとりあえず持ってきてください。』
とのこと。
用事が済んだ足で、そのまま神保町に向かいます。
ブー研に入ると、調整前後のスキーブーツで足の踏み場も無い状態。
「忙しそうで何よりですねぇ。」
『いや、忙しくはないんです。すごーく忙しいんです。』
それでも作業の手を休めて、すぐに見てくれました。
予想通り、ブーツタングのクッションがへたって、当たりが強くなったようです。

去年は左足が同じ状態になって、ブーツタングを交換してもらいましたが、今回も同じ。
傷んだタングを引っ剥がし、書類やら何やらで山積みになった机の上をゴソゴソと漁ると、不思議なことに新品のタングが出てきます(^^;
そのままだと、今度はタングのエッジ部分が当たりますので、一部をカットしてインナーに取り付け、作業終了。
預けて、後日取りに行くようでも、仕方ないと思ってましたから、その場で対応していただき助かりました。

「パーツ代は?」
『あぁ、結構です。』
何だか数日前にも同じような会話をしたような....(^^;

阿部さん、いつもありがとうございます。
来シーズンはブーツを作る予定だから、その時はよろしくお願いします!
posted by スキー中毒者 at 23:58 | Comment(2) | TrackBack(0) | スキー

2015年01月22日

2015スキー大学@白馬五竜

今シーズンも白馬五竜で開催されたスキー大学に参加してきました。

日程は、1月16日(金)〜19日(月)の4日間。年末年始休み、成人の日の3連休と続いた後に、金曜・月曜を休むという超絶日程にもかかわらず、多くの方が参集されました。
スキー大学、恐るべし(^^;

出発は、前日15日(木)の仕事終了後の19時過ぎ。松戸と練馬で一人ずつピックアップして現地に向かいます。
都内は雨ですが、関東北部〜甲信越地方は雪との予報でしたから、やや心配しましたが、高速は上信越道横川SAから先のチェーン規制区間にも積雪はほとんどありません。長野ICで下りると一般道には融けかかった雪が残っており、オリンピック道路に入ると、それが凍った不規則な轍になっていました。
トロトロ慎重に走る車に引っ掛かりながらも、現着は12時半。とりあえずビールを1缶。....で済む訳がなく、日本酒に突入。就寝は2時(^^;

翌朝、窓から外を見ると、雪は降ってません。曇り空ながら、少しずつ明るくなる気配があります。
スキー場のセンターハウス、エスカルプラザで受付を済ませましたが、中毒者は5班。
「え?去年は4班だったよな....。」
日程(A日程:4日間、B日程:3日間)、グループ(講習のみ、指導員受検、クリニックあり)別に、年齢順に並びますから、本来なら少しずつ上がっていくはずですが....。ベテラン層に補充が入ったのでしょうか?
スキー大学、恐るべし(^^;;

IMG_4207.JPG

同じ班には、お馴染みの仲間が何人もいらっしゃいます。
講師は今シーズンもローテーション制。
初日は、今井優子ナショナルデモンストレーターです。
まずは、いいもりの急斜面下でデモンストレーション。
その後に講習開始。昨シーズンの研修会に参加していない方もいらっしゃいましたので、昨シーズンの研修会テーマのおさらいが中心のレッスンでしたが、1本滑るごとに一人一人に丁寧にコメントしていただきました。

終盤、アルプス平からとおみゲレンデまで下りて講習を受けていると、『あーっ!』という班の女性の声。
何かと思ったら、子供のカモシカがコースを横切ってます。お母さんとはぐれたんでしょうか。コース脇のネットを飛び越え、急斜面を一生懸命登って行きました。ゲレンデを走るカモシカを見たのって、初めて(^^;

夜はエスカルプラザで開会式とウェルカムパーティー。
飲物は年々充実してきましたが、今年も白馬錦は出てきませんでした。まぁそんなことだろうと、日本酒は自前で用意しましたが....(^^;
恒例の子供たちによる太鼓の演奏は、今年も迫力満点。

IMG_4221.JPG

そして昨年お世話になった芳川愛実デモが、お酒を求めて(?)5班のテーブルにいらっしゃいました。相変わらずハイテンションです。技術選、今年も応援に行くから、背中で滑らないでね〜(^^)/

2日目、起きて窓の外を見ると雪が降ってます。車の上にもかなり積もってますから、夜から降り続いたようです。

IMG_4223.JPG

この日の講師は八重樫圭一SAJデモンストレーター。
フカフカの雪の中、朝一は新雪滑走。その後、プルークボーゲン〜シュテムターン。最後には踏まれた雪で横滑りまで、しっかりとトレーニングを行いました。
実技講習終了後は、理論講習でしたが....、私を含め睡眠学習の方も多かったようです。講師の太田具英コーチ、ごめんなさいm(_ _)m

3日目は前日とは一転、快晴です。

IMG_4237.JPG

講師は竹田征吾ナショナルデモンストレーターでした。
講習も前日までとは変わり、実践的なものが中心になります。
午前中はいいもりの急斜面で小回り、中回り。午後はアルプス平に上がり、グランプリの急斜面で大回りから小回りまで。

3時を過ぎると、陽が陰り寒さを感じるようになります。アルプス平から急斜面を下りたところで一旦ストップ。
『コブ、行きたい人!』
『コブ、行ける人!』
『コブ、行ってもいい人!』
竹田デモの問いかけは、少しずつハードルが下がっていきます。最後の質問に、パラパラと手が挙がり、
『じゃあ行きましょう!!』

IMG_4280.JPG

思ったほど硬いコブではありませんでしたが、思ったより脚に疲れがきていました。
ボロボロになりながら、何とか滑り下りる頃には、先程までの寒さはどこへやら。
竹田デモがFBで、『受講生の方々の明日の体調が心配』とコメントするほど良く滑った一日でした。

そして最終日。またまた雪です。

IMG_4282.JPG

講師は鈴木雄介SAJデモンストレーター。
いいもりの急斜面、中斜面を使って、脚の動かし方を様々なバリエーションで丁寧に教えていただきました。
基礎練習と実践を繋げるレッスンで4日間の締めくくりです。

雪が降り続いていましたので、閉会式もエスカルプラザ内に変更。
いつものように、修了証にお世話になったデモのサインをいただいて、楽しい4日間が終了しました。

5班は皆さん明るく、笑いが絶えませんでしたが、そんな中で自分自身の滑りにも、指導の現場に立つ際にも、参考になるヒントを沢山いただきました。
5班の皆さま、そして講師のデモンストレーターの皆さま、ありがとうございました。
また来シーズン、白馬五竜で(?)お会いしましょう!

震災の影響
posted by スキー中毒者 at 23:59 | Comment(2) | TrackBack(0) | スキー

2015年01月14日

富士パラでは早仕舞い

日曜日は、前日のブランシュから富士パラに移動しました。

宿泊した諏訪IC近くのホテルを7時半に出発し、8時には富士パラに到着したのですが、誘導されたのは第2駐車場の一番奥。相変わらずお客さんの出足が早いスキー場です。
第3以降の駐車場は、一段ずつ下がりますから、何とか階段や坂道を登らずに済む場所に駐められました。ちなみに帰りに見たところ、かなり下の第12駐車場まで車が駐まっています。下部の駐車場とゲートハウスの間には巡回バスが走っているようではありますが、それでも大変だよな。

ゲレンデに出ると、ベースエリアのリフトは既に稼働中。
しかし、ちょうどゴンドラが動き始めましたので、そのままトップに上がりました。

IMG_4163.JPG

天気はいいのですが、やや風が強いです。
大会やポール練習でクローズしていることもあるラーチゲレンデも、この日はオープンしていましたので、そのまま一気にベースまで滑走。
再びトップに上がり、今度はアルパインを通ってベースまで。

IMG_4168.JPG

しかしまぁ、朝一の上部ゲレンデは空いてます。
おかげでカッ飛ばす方が多いこと。私ゃもうそんな歳じゃありませんので、のんびりと滑りますが(^^;

富士パラ唯一の急斜面リンデンも、写真では普通の中斜面に見えます。

IMG_4169.JPG

この斜面、午後になると様々なレベル・志向の方が突入され、途中で滞留を余儀なくされる方も多いため、楽しむのならこの時間帯です。

トップからベースまで3本滑ったあたりで、ゴンドラが混雑し始めました。
三連休の中日ですから、やはりお客さんは多いんですね。
ということで、その後は上部のアルパインとラーチを滑ることにします。
どちらのコースも、硬い下地の上に乾いた雪が乗った、大変滑りやすいコンディション。前日に引き続き、勘違いモードで気持ちよく滑ることができました。

レストランは混雑が予想されますから、11時過ぎにはランチ休憩にします。
案の定、山頂レストランは12時前には満員御礼状態になりました。
1時間ちょいの休憩の後、午後の滑走を始めましたが、再び風が出始め、寒さも感じるようにました。
こうなると年寄りの身体は正直で、やたらとトイレが近くなります(^^;
2時過ぎには再びレストハウスへ。
空席が出始めたレストランで一息つきながら外を見ると、雪も降り始めました。それも真横に降ってます(^^;
こうなるとテンションは急降下。
「もういいや。帰ろ。」
いつにも増して早仕舞いです。

下部は、風はありませんが雪はちらついています。
そしてベースエリアのゲレンデは、ファミリーで大盛況。
リフトにも列ができています。(とは言え、リフト待ちはそれほどではないと思いますが。)
お昼のレストラン、大変な状況だったんだろうなぁ。
お父さん、お母さんのご苦労、お察しいたします(^^;;

結局3時過ぎには富士パラを出発しましたので、帰路は小仏トンネルでやや渋滞はあったものの、中央道、首都高とも順調でした。
予想以上に早く帰れたため、風呂に入った後、近所の酒屋の角打ちへ。

IMG_4178.JPG

こんなのを飲みながら、まったりした時間を過ごしました(^^)

抜けた(^^;;
posted by スキー中毒者 at 12:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | スキー

2015年01月11日

ブランシュで勘違い

土曜日の滑走はブランシュたかやまにて。

金曜日に渋滞情報を確認すると、中央道での渋滞は予測されていせん。
3連休なのに....。お正月直後だから、皆さん出かけないんでしょうか。
それならと、今週も出発はのんびりと朝の6時過ぎ。確かに渋滞はなく、道路も大門峠の先に凍結や積雪が残っている程度で、9時過ぎには現着しました。

ゲレンデは....、相変わらず空いてます。
気温は....、一応-12℃なんですが、風がなく、それほど寒くは感じませんでした。
滑り出すと、「お、調子いいじゃん♪」
これは単なる勘違い。雪が良かっただけです。
歳を取ると、自分に都合良く解釈します(^^;

IMG_4144.jpg

10時過ぎになると、陽が射してきました。
「お、暖かいじゃん♪」
これも単なる勘違い。この時点でも-9℃です。
歳を取ると、感覚が鈍ってきます(^^;;

IMG_4147.jpg

空いていたゲレンデも、ジュニアのレッスンが始まり、賑やかになってきました。
ちなみにこのスキー場、先日お邪魔した片品高原と同様、スキー専用です。
そのためファミリー客が多く、ちょっとまったりした雰囲気が私のお気に入り。
向上心を持ち合わせていない中毒者には、車山や尾瀬岩鞍は似合いません。

柄にもなく練習っぽいこともしてみようかと思いつつも、11時を過ぎると既に心はランチモード。
レストハウス・バウムに入り、いつものように角煮定食をいただこうと、湖北さんへ。
と、おばちゃんが
『あら〜、久しぶり!』
何故か私の顔を覚えていたようです。去年、何か悪いことしたっけ....?
コーヒーをサービスしてくれました。
おばちゃん、ありがとう!また来るね(^^)/

IMG_4152.jpg

午後になっても、雪の状態はまずまず。
中毒者の勘違いモードも継続し、珍しく3時を過ぎても滑り続けてます。
しかし、太陽が低くなり、急激に寒さが増してくると、テンションは急下降。
3時40分、滑走終了です。

駐車場に戻ると、車は思ったほど減ってません。
子供は最後の最後まで滑りたいだろうなぁ(^^)
お父さん、お母さんは大変だろうなぁ(^^;

スキー場で滑らない(^^)
posted by スキー中毒者 at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | スキー

2015年01月07日

2015クラブ行事@池の平

私の所属クラブでは、シーズン3回の行事(スキースクール)を実施していますが、今シーズンの第1回行事を12/31〜1/2に妙高高原池の平温泉スキー場で開催しました。
私はいつものように前乗りで前日の12/30に現地入りしますが、昼頃現着すればいいので、のんびりと7時過ぎの出発。それでも高速の渋滞は短く、チェーン規制も無かったため、11時半には妙高高原ICを降りることができました。

それにしても雪が多いです。
スキー場事務所にご挨拶に伺った際には、支配人さんが
『たくさん降ってくれたのはありがたいんですが、一気に降って下地ができなかったため、圧雪車のキャタピラが空回りしてしまい、オペレータが苦労してました。』
なんてお話もされてました。
なるほど、いろいろあるもんです(^^)

とりあえずこの日は、下見がてら全コースを滑ってみました。
豊富な雪で地形のうねりがかなり消えており、整備も行き届いているので、滑りやすいです。
ツリーランコースにも入ってみましたが、思ったより軽い雪で楽しかったです(^^)

IMG_4091.JPG

31日からクラブ行事がスタート。
今回は主任講師を、行事を担当してくれた後輩指導員にお願いしました。
とは言え、ジュニア班を含めて5班ありますから、講習担当から逃れられるはずもなく....。
私はいつものように2級班を担当。
午前中は緩斜面で基礎練習を、午後からは中斜面で実践的な練習を行いました。

IMG_4098.JPG

宿に戻っても、駐車場の車に積雪は無し。
でも、そのまま済む訳がありませんね。

翌朝の駐車場は、こんな状態。

IMG_4100.JPG

池の平、本気出しました(^^;

ゲレンデも整備はしてくれたものの、その後の降雪で一面フカフカ。
上部はガスってますので、カヤバゲレンデで新雪滑走です(^^)
午前中はお客さんが少なく、コース脇に圧雪車1台幅の脛パウが残ってましたので、ここを使って練習しました。
生徒さんは、普段は圧雪しか滑らない方ばかりでしたので、最初は苦労されてましたが、何本か滑るうちに新雪を楽しんでいただけたようです。

最終日、天気予報は雪、宿のオヤジの予報は晴れ....。
起きて窓から外を眺めると、青空が見えました。
はい、オヤジさんの勝ちです(^^)

とりあえず出撃前に、駐車場で車の雪下ろし、というより掘り出し。

IMG_4110.JPG

アホみたいに積もってますが、まずは運転席ドアとフロントガラスの雪を取り除き、エンジン始動。そのまま車を強引に通路まで出し、ルーフの雪を落とせば、おしまい。後は宿のオヤジが、除雪車で通路の雪を片付けてくれます。

行事は最終日の午前中で終了ですから、2時間の講習を行い、その後に1時間程フリーで滑りました。ツリーランコースは、雪が多すぎて残念ながらクローズしてました(^^;

IMG_4117.JPG

本行事には、総勢30名の皆様にご参加いただきましたが、3日間、けが人もなく(発熱で期間中ずっと寝てた方はいらっしゃいましたが....)無事終了することができました。

IMG_4118.JPG

ご参加の皆様、ありがとうございました。
次回、2月の斑尾行事でまたお会いしましょう(^^)/
posted by スキー中毒者 at 12:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | スキー

2014年12月29日

たまにはライセンスも役に立つ

一般的には金曜日が仕事納めで、皆さん年末年始の9連休に突入しているところですが、私の勤務先は29日までお仕事です。
年末でやらなくちゃいけないことが残っているんだし、30日からはクラブ行事で妙高に行くのですから、土日は大人しくしてりゃいいのですが、家にいるのも何となく落ち着きません。
ということで、土曜日に日帰りで滑りに行くことに。

前日に、日本道路交通情報センターの渋滞予測をチェックすると、関越道下りに渋滞予測は出ていません。みんな大人しくしてるんだなぁ(^^;
安心して、いつもより遅めの出発で、練馬から関越に乗ったのは6時ちょい前。予測通り、高坂も花園も渋滞していません。
しかし伏兵が....。
赤城から先がチェーン規制です。
渋滞3kmにもかかわらず、ナビのVICS情報では赤城まで140分とか(^^;

沼田ICまで走るつもりでしたが、とてもじゃないけどこの渋滞に突っ込む気になれません。
「ASAMAにするかなぁ。どうせなら菅平まで行っちまうか。」
しかし、ハイウェイラジオでは3km、30分なんて放送してます。
VICS情報もコロコロ変わり、最後には沼田ICまで60分という情報も....。

こうなったら突っ込んじゃえ!
赤城の3kmちょい手前まで走ったところで渋滞に捕まりました。
ま、これは情報通り。
そして次のVICS情報は....。赤城ICまで100分(だったかな?)。
牛歩のような進み具合に覚悟は決めたのですが、幸い赤城の手前2kmあたりから流れ始め、結局40〜50分で渋滞を抜けることができました。

予定通り沼田ICを降りると、R120も真っ白。
こうなると椎坂トンネルの存在は有難いです。
9時半、無事現着。
ミッフィーちゃんのスキー場、かたしなです。

駐車場は土日は1,000円ですが、メンバーズカードを持っているので無料。
そしてセンターハウスのリフト券売り場で指導員ライセンスを提示すると、リフト券が2,000円(平日は何と1,000円)。

IMG_4033.JPG

登録料やら、研修会やらで、金がかかるばかりのライセンスですが、たまには役に立つこともあります(^^)

ゲレンデに出ると、ミッフィー像は製作中。スタッフが目ん玉を入れてました。

IMG_4036.JPG

子供の前でやらなくてもいいのになぁ(^^;

天気は雪が降ったり止んだりです。
相変わらず子供は多いですが、混雑はありません。
広々としたかえでコースを一本滑った後、一番奥のもくせいコースへ。

IMG_4043.JPG

コース整備が入ったようですが、新雪が残ってます。
端っこには1〜2m幅ですが、膝パウも(^^)
午前中はここで遊ぶことにしました。

午後になると晴れてきました。

IMG_4052.JPG

ミッフィーちゃんも無事完成。

IMG_4049.JPG

新雪も荒れてしまいましたので、ちと練習です。
しかし....、寒い(^^;;
気温は-6〜7℃程度だろうと思いますが、歳を取るごとに寒さに弱くなってます。
それもあって、いつものように3時には撤収。

帰路は渋滞もなく、順調に帰宅できました。
時間が早かったので、風呂に入った後、近所の酒屋の角打ちへ。

IMG_4054.JPG

土曜日なのにお客さんは数名。
「あれ?空いてますねー。」
と、店長曰く。
『この時期、皆さん忙しいんですよ。ところで、スキー場は混んでました?』
「いや、空いてました。この時期、皆さん忙しいんですよ。」
posted by スキー中毒者 at 12:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | スキー

2014年12月22日

2015高齢企画@野沢温泉

この土日は、毎年恒例、正指受検仲間と野沢温泉に行ってきました。
この仲間達と受検したのはもう10年以上前ですが、高齢(?)となった今でも、たびたび一緒に滑っています。
仲がいいと言うか、腐れ縁と言うか....(^^;

土曜日は、上信越道経由で9時に現着。雪、めちゃくちゃ多いです。
毎年この時期に野沢に行くのですが、行く直前にドカン、滞在中にドカンと雪が降ります。
しかし今年は直前のドカンが桁違いだったようで、温泉街でも除雪が間に合わない場所が散見されました。

そしてスキー場はこの日がグランドオープンのため、長坂ゴンドラ山頂駅前で、樽酒とバイアスロン鍋が振舞われるとのこと。
一昨年は場所が分からず右往左往しているうちに振舞い酒が終了してしまい、そりゃ悔しい想いをしましたので、今年は気合を入れて(?)日影ゴンドラ〜上の平リフトを乗り継ぎます。

会場付近に到着すると人だかり。あれだな!ということで、スキーを外して参戦です。しかし、どの列が鍋で、どの列が酒だか、よくわかりません。
と、隣のおじさん。
『ここは鍋。酒はあっちだよ。』
ひと言もしゃべったわけじゃありませんが、何故分かったのか、親切に教えてくれました(^^)
おかげで、無事地酒の水尾の振舞いを受け、満足。
同行の仲間もいただいてましたが、ひと口、ふた口で満足したようで、
『中毒者さん。はい、あげる。』
と私のカップに残りを注いでくれます。
仲間のお下がりをいただき、また満足。
後ろからはスタッフの声。
『振舞い酒のお代わりどうぞ〜!』
せっかく声を掛けていただいたのですから、お応えするのが礼儀です。
前方では、リフト券やらナスキーグッズやらが当たるじゃんけん大会が始まりましたが、そちらには目もくれず、至福の時間が続きます。
『お酒、まだありますよ〜!』
え、そうなの?じゃ、遠慮なく....。
ということで、一昨年の分まで取り戻させていただきました(^^v

その後は、やまびこA〜Eコースで滑り、ランチは日影にて。午後はそのまま日影ゲレンデでした。

IMG_3967.JPG

天気は曇りですが、寒くはありません。
雪が柔らかいため、プレチューン直後の新板はエッジがかなり食い付きます。
もうちょい滑り込んで、雪のコンディションに応じたエッジングの調整に慣れた方が良さそうです。

日曜日も午前中はやまびこ。
ランチは前日同様、日影のレストランなので、スカイラインで下りることにしました。
いつもは狭いコースに様々なスキーヤー、スノーボーダーが混在して、滑りにくく感じることもありますが、ちょうど滑走者が少ないタイミングで、気持ちよく滑ることができました。疲れることに変わりはないけど....(^^;

IMG_3982.JPG

午後になると、上越のようなぼたん雪が降り始めましたが、しばらくするとそれも止み、青空が顔を出しました。

IMG_3985.JPG

でも帰らなくちゃいけません。3時で撤収です。

毎年滞在中にドカンと雪が降るため、駐車場の車を掘り出すのに苦労するのですが、今年はその苦労はありませんでした。

IMG_3976.JPG

5時、お世話になったHaus St.Antonの奥様、逸子さんに見送られて、野沢温泉を出発。
帰路は、十二峠を越えて、湯沢に出ることにしました。
通過するのは、先週の寒波で大雪が降った栄村、津南町。
暗い中でも雪の多さは分かります。しかし道路の除雪は完璧。千曲川沿いのR117はもちろん、石打に抜けるR353も、峠にさしかかっても道幅は2車線が充分に確保されており、見事と言うほかありません。長野、新潟の除雪隊、流石です!
大雪の報道をするなら、この完璧な除雪についても伝えていただきたいものです。

湯沢でお買物&晩ゴハンを済ませ、関越に乗りましたが、渋滞は皆無。同乗の仲間を松戸まで送り届けましたが、全くストレスのないドライブでした。
あちこちでのんびりしていたこともあり、帰宅は11時半になりました。一息ついて一杯やりたいところですが、大人ですから、そこはガマンです。
ちなみに、名古屋に帰ったスキー廃人のFBには、早速にごり酒と馬刺しの燻製の写真がアップされたようにも見えましたが、たぶん気のせいだと思います(^^)/□

菅平での研修会が終り、野沢で滑ると、ようやく本格的なシーズンインという気持ちになります。
次は年末年始のクラブ行事....。
いや、土曜日、どこかに滑りに行こうかなぁ。
posted by スキー中毒者 at 17:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | スキー

2014年12月16日

2015研修会@菅平

この土日は、菅平で開催された指導員研修会に参加しました。

金曜日は出先から直接帰宅したため、いつもより早い18時に自宅を出発。
練馬までの一般道は混雑気味でしたが、関越道に乗ってからは順調そのもので、21時半、毎年お世話になっているホテルニューダボスさんに到着しました。
部屋に入ると、同室の指導員はテレビを点けたまま爆睡中。起きてたら一緒に飲もうと思っていたのですが、仕方なし。
風呂に入った後、ロビーでビールを飲んで、この日は就寝です。

翌朝、部屋の窓から見える裏太郎ゲレンデは、全面白くなってはいますが、良く見るとブッシュのようなものも....。

IMG_3928.JPG

こりゃまだ無理ですね。
しかしこの日からは前日までのファミリーに加え、日の出、裏ダボス迂回、白金迂回、そして何とシュナイダーも滑走可能になったとのこと。菅平、頑張ってくれました(^^)

私の班は、初日の講習はファミリーにて。

IMG_3932.JPG

ターンの制御を、実際の指導の中で、生徒さんのレベルに応じて、どのように伝えるのか。プルークやシュテム(純粋な横滑りは少なかったけど....、)で、いろいろな練習を続けました。

天気は、晴れたり、曇ったり、雪が降ったりと目まぐるしく変わりますが、いつもの菅平のような極端な寒さではありません。
混雑したゲレンデでの講習は、自分達が原因ですから仕方ないですね。むしろ一般のお客さんに申し訳なくて....。

翌朝、駐車場の車にはかなりの雪が積もってます。「かなり」とは言っても、菅平基準ですから。いいとこ20cm程度でしょうか(^^;
講習に出る前に、とりあえず車の雪下ろし。軽いふわふわの雪です。これも菅平らしいですね(^^)

2日目の講習は裏ダボスを使いました。ちなみに朝イチのファミリーは、ガスっててな〜んにも見えなかったそうです。

IMG_3935.JPG

裏ダボスも、リフト沿いを真っ直ぐ降りる中斜面は雪不足のため、オープンしているのは迂回コースのみ。こちらは緩やかな斜面ですから、必然的に開きモノの練習になります。
制動要素の強いプルークボーゲンから、滑走性の高いプルークボーゲン、そしてプルークターン、基礎パラレルターンへの展開を、確認しました。

しばらくすると、クローズしている中斜面をスノーボーダーが滑り始めます。ひとりが滑り出すと、次から次へと....。迂回コースとの合流地点でも、スピードを緩めず、そのまま飛び出していく方も多数....。
まぁそれだけが原因じゃないんでしょうが、残念なことに衝突事故も発生してしまいました。
目の前に、適度な斜度に深すぎないパウダーがあって....、気持ちは分からない訳じゃないけど、やっぱりルールは守らないと。もちろんスキーヤーも、スノーボーダーもね。

最後にファミリーで一本講習を行い、お昼で研修会は終了です。
ウェアと一緒に洗濯してボロボロになったライセンスは、再発行していただきましたので、ピカピカのライセンスに修了シールを貼って、返却していただきました。
何だかちょっと新鮮な気分です(^^)

シールをもう一枚
posted by スキー中毒者 at 17:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | スキー

2014年12月08日

かぐら、本気出したな

先週後半に寒気が入り、各地のスキー場に待望の降雪がありましたが....。私ゃ、土曜日はお仕事orz
毎年この時期恒例の会社のイベントのため、出勤でした。

仕事が終わって、かぐらのHPをチェックすると、みつまたが滑走可能になり、バス移動がなくなったと。
じゃ、行くか。
あれ?確か去年もこのパターン....。

ということで、翌日のためにお酒は控え目に、就寝。
翌朝、4時半に自宅を出発しました。
5時に練馬から関越道に乗りましたが、さすがにこの時間だと順調です。
しかし、月夜野ICの先、下牧PAからチェーン規制がかかってます。全車PAに誘導し、出口でタイヤチェックもしてますから、それなりの道路状況なんだろうなと思ってましたが、案の定、トンネルの先は全面圧雪路です。
いつもより30分程余計に時間がかかり、7時20分にみつまたステーションに到着。
相当降ったんですねぇ。駐車場には雪の壁ができており、除雪作業の真っ最中でした。
かぐらが本気出すと、こうなっちゃうよな。

板を担いでチケット売場に向かったのは7時40分頃ですが、あれ?列はありません。ロープウェイ乗場、あれ?列はありません。車はそこそこ駐まっているのに....。

オープンしたみつまたファミリーコースには、思ったより雪がしっかり付いてます。

IMG_3879.JPG

かぐらに上がると....。まっちろ(^^;;

IMG_3880.JPG

当然雪は柔らかく、あっという間に荒れ始めます。
そして雪混じりの強風で、寒い、寒い(>_<)
一高の混雑は、10時過ぎがピークだったでしょうか。それでもこんなもの。

IMG_3881.JPG

強風のため減速運転でしたが、混雑らしい混雑は終日ありませんでした。

それに対してレストランは大混雑。
11時前には、ほぼ席が埋まっていました。
ランチ後のうたた寝から目覚めて外に出ると、少し明るくなってます。

IMG_3882.JPG

しかし斜面はボコボコ。コースがそれほど混雑していないのが救いですが、やたらと疲れる雪です。
ふとリフトからジャイアントを見ると、結構滑っている方がいます。
「あれ?開いてるのか?」
いつの間にか(それとも朝から?)ジャイアントがオープンしていました。
早速入ってみましたが、同じスキー場ですからねぇ、ボコボコで疲れることに変わりなし(^^;

IMG_3883.JPG

疲労困憊で3時前には撤収しました。

下りはゴンドラの利用も考えましたが、せっかく開けてくれたので、ゴンドラコースで下山することにします。
初心者の方はこのコースを楽しんでいるようで、所々混雑もありますが、雪はしっかり付いてました。
最後に滑ったみつまたのファミリーコースも、見た限りではブッシュが出ている所はありません。下山者以外にも滑走者は多く、こちらもかなり混雑しています。

IMG_3886.JPG

みつまた駐車場まで下りると、雪は止んで空も明るくなっていました。
国道の雪もすっかり消えていますので、三国峠を越えてまんてん星の湯に立ち寄って帰ります。
月夜野ICから乗った関越道は、高坂渋滞もなく、練馬出口でちょっと詰まっただけ。
予想以上に順調に帰宅できました。

来週は、菅平で指導員研修会。
今はファミリーしか滑れない菅平も、今週末はほとんどのコースがオープンするという噂もあります。
ほとんどじゃなくてもいいから、たまには裏太郎が滑りたいなぁ(^^)
posted by スキー中毒者 at 17:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | スキー

2014年11月24日

わくわく滑走5日目@かぐら

22日(土)、かぐらのオープン日です。
もちろん今年も行ってきました。他にやることないもんで....(^^)

IMG_3799.JPG

いつもよりやや早めに出発したため、現着は6時40分。
みつまた駐車場は、拍子抜けするくらいに空いています。

ロープウェイ待ちの列も、この時点では去年ほどじゃありません。
同じくこの日にオープンしたのは、丸沼、アサマ、湯の丸、鹿沢....。
分散したんでしょうか、それとも初日は休んで連休の中日狙い?

8時にロープウェイが運行開始。
今年は無事1便に乗車できました。
この時期は、みつまたエリアがバスでの移動になりますから、ロープウェイの乗車人数もバスのキャパ次第です。
去年のオープン時は、バス1台分の人数しか乗車できなかったので、ロープウェイ待ちが長蛇の列になり、なかなか解消されなかったのですが....。
「定員乗車になりま〜す。」
というスタッフの声。今年はバス2台ずつでの移動です(^^)

ちなみにロープウェイから見た駐車場は、こんな感じ。

IMG_3800.JPG

めちゃくちゃ空いてます(^^;;

ロープウェイを降り、乗車したバスは1台目。
そしてバスを降り、乗車したゴンドラも先頭。

到着したかぐらエリアは青空です。
いつものように「わくわく初滑り」の横断幕が微笑ましいのですが、FBに写真をアップしたとたん『初滑りじゃないだろ』と突っ込まれました。はい、5日目です(^^ゞ

IMG_3803.JPG

そしてコースコンディションは....、遠目にもビミョー(^^;

リフトから見ると、右半分はこんな感じ。

IMG_3804.JPG

左側には圧雪車を入れないエリアも残してくれました。

IMG_3805.JPG

滑ってみると、圧雪コースはジャガイモ畑です。正直、快適とは言い難いのですが、それでも楽しいです♪
左側の雪は、もっと重いかと思ってましたが、意外に軽く滑りやすいので、しばらくはこちらを滑ることに。
1ロマの降場付近から下は、イモは少なくなりますが、雪は硬く、地形のうねりも残っているため、油断できません。

運行リフトは1高と1ロマ。
どちらもそれほど混雑しませんでしたが、10時過ぎには3ロマも動かしてくれました。
おかげでリフト待ちは、ほとんどありません。
効率はいいのですが、イエティとは脚にかかる負荷が違いますので、疲れます。

途中の休憩を挟み、11時ちょい前にランチにしようとレストランかぐらに入ると、まだ空席多数。やっぱり空いてます。
超久しぶりのプリンスのチキンカレーの後は、暖かさに誘われて、しばしの午睡...zzz
目覚めると13時前です。
トイレに行って、席に戻ろうとすると、
『こんにちは。』
と声を掛けられました。
私の左膝の主治医、梅澤先生です。診察室でのスキー談義はいつものことですが、スキー場でお会いしたのは初めてでした。

再度ゲレンデに出撃すると、ジャガイモ畑はかなり収穫が進んでいました。
新雪(?)エリアは不規則なコブが並ぶ荒地に変わってます。

IMG_3815.JPG

14時を過ぎる頃には、ところどころで地肌も出始めました。
やっぱりまだ雪は薄いんですね〜。

IMG_3816.JPG

スクールやキャンプで熱心に練習されている方も多数いらっしゃいますが、私ゃヘタレなので、いつものように15時でおしまい。

ゴンドラでみつまたエリアまで下山します。
途中、下に見えるゴンドラコースは白くなっているものの、まだとても圧雪車を入れられる状態じゃありません。
みつまた山頂から下るゴンドララインは、こんな感じ。

IMG_3817.JPG

これじゃ、今週末もバス移動ですね(>_<)

帰路は、R17で月夜野方面へ。
苗場のゲレンデは、まだ斑模様です。
三国トンネルの両側では大きな工事をしていましたが、新三国トンネルの工事が始まったのでしょうか。
そして、相変わらず空いているまんてん星の湯で汗を流し、関越道へ。
お約束の高坂と練馬の渋滞はあったものの、19時半には帰宅しました。

荷物を片付けた後、今週も近所の酒屋の角打ちに顔を出すと、店長が
『あ、お帰りなさい。』
奥で飲んでいた顔馴染の常連さんも、
『あれ〜?さっきまで温泉に入っていたんじゃ....。』
行動は筒抜けです(^^;;

隣のラーメン屋で夕食を済ませ、家のソファでくつろいでいると、iPhoneからアラーム音が。
そしてすぐにゆらゆら。
「あれ、地震?酔っぱらってるからじゃないよな。」
長野県北部が震源とのことで、翌日には白馬村の被害が大きいとのニュースが入ってきました。
オリンピック道路も通行止めの個所が出ているとか。
とりあえず、五竜と八方の定宿は無事でしたが、被害に遭われた皆様には心よりお見舞い申し上げます。
今のところスキー場にも被害はないようで、ウィンターシーズンを目前に、風評被害が拡がらないことを切に願っています。

日曜日は状況が一転
posted by スキー中毒者 at 17:44 | Comment(4) | TrackBack(0) | スキー

2014年11月18日

今シーズン最後の....

先週の半ば過ぎには、各地から雪の便りが届き始めましたが、近場ではまだ天然雪やスノーマシンの雪で滑れるゲレンデはありません。
となると、選択肢はイエティ、狭山、軽プリあたりですが、混雑等を考えるとやっぱり....、ね。

土曜日の8時過ぎ、イエティのトップに立つと、コース幅がやや拡がっているように見えます。

IMG_3777.JPG

しかしそれもコース中間まで。下部は相変わらず狭いままでした。
それでも、朝イチはもちろん、コースオープン後2時間程度が経過しても、お客さんはそれほど多くなく、リフト、コースとも混雑はありません。
同じ頃、軽プリや鷲ヶ岳は、すごいことになっていたようです。TwitterやFBのTLに流れていたのは、行列嫌いの私にとって卒倒しそうなリフト待ちの様子。これを見たら、例えコースが狭くても、緩斜面でも、イエティは貴重です(^^;;

午後になると少しずつ混雑してきましたが、それでもリフト待ちは最大でも5分程度。
広くなった中間部の緩斜面では、プルークボーゲンの練習もできます。さすがに斜行系の練習はアブナイですが。
15時過ぎには気温が下がり、寒さを感じるようになってきましたので、撤収。

....しようかと思ったのですが、結局しつこく16時まで滑ってしまいました。
これが今シーズン最後の滑走です。
イエティでは、ね(^^)
次に訪れるのは、来年の10月下旬でしょうか。

そして今週末は、かぐらの予定。
ライブカメラを見る限りでは、かぐらエリアのオープンは期待できそうです。
さすがにみつまたエリアのバス移動は避けられないでしょうけど。
いよいよ待望の天然(とスノーマシンのブレンド)雪での滑走です!

こっちは大混雑(^^;
posted by スキー中毒者 at 17:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | スキー

2014年11月10日

またまたイエティ

この週末も天気はイマイチの予報。と思ったら、土曜日なら何とか午後まで持ちそうです。
「雨が降ったら撤収すればいいや。」
ということで、とりあえず滑りに行くことに。
行先は....、またまたイエティです(^^)

近いというのは有難いことで、出発が6時過ぎでも、8時前には現着できます。
駐車場に駐まっている車も、静岡・神奈川・東京あたりのナンバーが多くなってきました。
狭山や軽プリ、鷲ヶ岳にウイングヒルズとオープンし始めたため、皆さん近場に行ってるんでしょうね。

コースに出ると、残念ながら雪の幅、厚さともほとんど変わっていないように感じます。

IMG_3740.jpg

去年までは、少しずつですがコース幅を拡げてくれていたと思うんですけど。
天気は思ったほど悪くなく、陽が差すこともありますが、気温が高くないので板の滑りはマズマズです。

9時を過ぎても混雑はなし。
TwitterのTLには、鷲ヶ岳のリフト待ちの大行列の様子が流れてきます。
「イエティは空いてま〜す。」
なんて、余裕のリプを飛ばしていたら、こっちも混んできました(^^;
クワッドに加えペアリフトも動きましたので、リフト待ちはそれほどでもありませんが、コースが混雑気味。
そんな中では、ご自身の滑りに陶酔されている方のすぐ後ろを滑ったりすると、結構コワイものがあります(^^;;

そしてそのまま、午後になってもコースの混雑は解消せず。
かと言って、期待していた(?)雨も降り出さず。
結局撤収のタイミングを逸し、いつものように4時のコース整備による一時クローズまで滑り続けちまいました。

まだ3日しか滑っていませんが、すでにICSの雪も食傷気味。
そろそろ、天然とまでは言いませんが、せめてスノーマシンの雪で滑りたくなってきました。
まだ雪の「ゆ」の字もないかぐらですが、2週間後にはどのようなコンディションで迎えてくれるのでしょうか。
今から楽しみです(^^)
posted by スキー中毒者 at 23:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | スキー

2014年10月27日

昼飲みか、滑走か。

特にイエティが好きな訳じゃないんですけど、土曜日に家にいてもやることないんで、ほぼ確実に近所の酒屋の角打ちで真っ昼間から飲んだくれる予感がします。
今はイエティが、オープニングキャンペーン中で入場滑走料が1,000円安くなってるうえに、ポイントカードのハンコふたつ目でさらに半額になるし....。と考えると、こっちの方が酒代よりも安そうです。ま、交通費やら駐車場代やらを無視した、乱暴な計算ではありますが(^^;

ということで、この土曜日もイエティに行ってきました(^^)
先週よりちょっとだけゆっくり家を出て、先週よりちょっとだけアクセルを踏み込んで....、現着は7時40分。
駐車場はやっぱり空いてます。

IMG_3617.JPG

コースに出ると、コース幅はほぼ先週と同様。
大変いい天気で、気温が高めなので風が吹いても寒さは全く感じません。

IMG_3623.JPG

先週はすぐに雲に隠れてしまった富士山も、終日大変キレイでした。

IMG_3619.JPG

リフトでは、プチ紅葉も楽しめます(^^)

しかし1時間も経つと、だんだん混雑してきました。
リフト降り場付近のフィッティングエリアはそうでもないのですが、コース上の滑走者は先週より明らかに多いです。
日差しと暖かさで雪も融け、中盤の緩斜面では板がやや滑り渋ります。今週は、チューンナップから戻ってきたSTÖCKLIを使ってるんですが、ワックスをイエティに合わせてる訳もなし、仕方ないですね(^^;
ペアリフトも動かし始めましたが、板を外す必要があるためか、午前中は人気はイマイチでした。

午後になると、ほぼ例年通りの混雑具合に。

IMG_3625.JPG

この写真では、それほどでもないようにも見えますが、実際にはタイミングが悪いと、コース上で行く手を阻まれたり、身の危険を感じたり(^^;;
午前中は閑古鳥が鳴いていたペアリフトも、それなりに繁盛しています。

3時過ぎになると、滑走者が少しずつ減り始め、雪もやや締まって滑りやすくなりました。
この日のリフト待ちは、最大で5分程度だったでしょうか。
文句を言いながらも、4時のコース整備による一時クローズまで滑って撤収しました。

帰路、渋滞の車中からディーラーに(ハンズフリーで)電話して、預けているスタッドレスタイヤへの交換を予約。
本格的なシーズンが近付きつつあることを実感します(^^)

悩ましい選択
posted by スキー中毒者 at 17:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | スキー

2014年10月20日

2015初滑り@イエティ

ちょっとした手違いで、チューンナップに出したスキーの仕上がりが予定が、11月中旬になっていました。
ショップにお願いして1ヶ月前倒ししてもらったのですが、イエティのオープンには間に合いません。加えて、何の準備もしてなけりゃ、給油もしてないし。
ということで、週末のイエティは見送り。

のつもりだったんですが....。

17日の金曜日、さすがにシーズン最初のスキー場オープンだけあって、FBやTwitterのTLには“イエティ”の文字が乱れ飛んでます。
「目の毒だな....。」

会社から帰宅後、
「まぁいずれは必要だから、ガソリンだけは入れておくか。」

ガソリンスタンドから帰宅後、
「そーいや、Keo'sのEXってどうなってるんだ?」
よせばいいのに、3年間使っていない板を引っ張り出したところ、滑走面は思ったほど悪い状態じゃありません。
「しゃーない、行くか(^^)」
バッグにウェア他を放り込めば、準備完了です。

翌朝。
首都高〜東名は順調そのもの。
御殿場ICで下りて、某国防軍演習場脇を抜け、山を登り始めると,,,,。
いました。スキー・スノーボードの馬さん、鹿さんたちに対し、ここは自分たちの縄張りだと言わんばかりに、本物の鹿さんが2匹、道路を堂々と闊歩しています。
「同じ鹿同士、仲良くしましょーね。」
と心で挨拶して、先を急ぎます。

イエティ目前に現れる有料道路のゲートが、好意的な評価は聞いたことがない、南富士エバーグリーンラインの料金所です。
イエティまで、ほんの数百m走るだけなのですが、お代は500円。
と思ったら、増税分がきっちりと転嫁されており、510円。
いつものように500円玉を1枚放り込み、上がらないゲートに『開け、ゴマ!』と叫んだ方や、1,000円札でお釣りを受け取ろうとして、出てきた硬貨の数に唖然とした方も多いのではないでしょうか(^^;

現着は7時20分過ぎ。
思ったより車は少ないのですが、ナンバーは多彩です。
首都圏ナンバーはもとより、豊橋や名古屋なんて中京圏も多かったです。もうちょい待てば、もっと近場がオープンするのに、我慢できなかったんですねぇ。
ま、他人のこと言えないんですが(^^;;

開場は8時ですが、今年からシー券ホルダーは30分早く入場できます。
私がコースに出たのは、8時20分頃でしょうか。
空には雲がかかり、意外に涼しいです。
コース幅は例年通りですが、雪はやや厚め。そして朝っぱらから荒れてます(^^;

IMG_3520.JPG

シーズン初日は、気持ちが先行して身体がターン内側に入りがちですので、まずはプルークスタンスで前後左右のポジション確認。

なんてする訳ありません。
コースが空いてるうちに、快楽優先です(^^)
どうせ1時間もすれば、大混雑になるのですから....。

例年ならそうなるのですが、今年はちと様子が違います。
もちろん馬も鹿も増殖しているのですが、身の危険を感じるような混雑にはなりません。
午後になってもこの傾向は変わらず、隣のペアリフトを動かすこともなく、リフト待ちも最大でも5分もかかりませんでした。
う〜ん、どうしたんだろ?
混んでいれば文句の一つも言いたくなりますが、空いていれば空いていたで心配になります。

そんな状態ですから、コース状況も極端に悪化することはありませんでした。
ただコース最下部は、斜度がやや急のままでリフト乗り場に滑り込むようなレイアウトになっており、板を横にして減速する方が多いため、下のプラマットが露出したり、水が溜まったりする場所があります。
これは毎年のことですから、安全のためにも、この部分の雪をもう少し厚めにする等、スキー場に対処をお願いしたいところです。

結局ナイター営業に備えた、16時のコース整備のためのクローズまで滑って、撤収。
滑った本数は数えきれず(^^;;
ちょっと滑りすぎました。

きっと『もう歳なんだから。』って、仲間からツッコまれるんだろうなぁ。
posted by スキー中毒者 at 17:45 | Comment(3) | TrackBack(0) | スキー

2014年10月17日

2014フィジカルトレーニングセミナー#3

本日イエティがオープンし、いよいよ雪上滑走ができるようになりましたが、先日の指導員研修会をはじめとして、まだこの時期は座学もボチボチと続きます。

大瀧徹也さんと飯島庸一さんのコラボ企画であるフィジカルトレーニングセミナーも、そのひとつ。
このセミナーは、座学半分、実技(?)半分といった内容が多いのですが、10/7に行われた第3回は、珍しく座学100%のセミナーでした。

テーマは「スキーヤーの為のスポーツニュートリジョンとシーズン中のコンディショニングテクニック」。
何だか難しそうなタイトルですが....(^^;

IMG_3433.JPG

まず最初はニュートリジョン。
冬季シーズン中の水分や栄養の摂取のポイント、そしてアミノ酸、プロテインの効果等について、詳しく解説していただきました。
サプリメントをいろいろと試す方もいらっしゃるそうですが、大瀧さんに現役時代の体験を聞いたところ、
『いや〜、そういうのはあまり気にしなかったですね〜。』

続いてシーズン中のトレーニングについて。
これは雪上トレーニングではなく、普段のトレーニングの話です。
飯島さんが、自体重を負荷としたトレーニングプログラムを6つほど、考えてきてくれました。
いつもなら、大瀧さんが実演して、
『さあ、皆さんでやってみましょう!』
というところですが、今回は
『PDFで配信しますから、各自で試してみてください。』
スキーを意識した筋トレのポイントについて、お話しいただきました。

そして最後はコンディショニング。
内容は、ストレッチをする際の注意や、体調管理、怪我からの回復等についてでした。
パフォーマンスを向上させるためには、睡眠も重要だそうです。
夜中まで延々と飲み続けるなんていうのは、言うまでもなく最悪なこと。
しかし、あくまでもパフォーマンスを発揮しやすくなるということで、発揮する技術や体力を持っていないんじゃ、たっぷり寝たからといって、どうなるもんでもないわなぁ(^^;
大会当日や、スタート前のウォームアップのお話は、大会には縁の無い私にも、いろいろと参考になるものでした。

IMG_3449.JPG

大瀧さんは、ちょっと手持無沙汰なセミナーでしたが、たまにはこういう内容もいいものです。
posted by スキー中毒者 at 18:15 | Comment(2) | TrackBack(0) | スキー

2014年10月16日

2015クリニック&研修会

三連休の初日、10/11に今シーズンの検定員クリニック&指導者研修会に出席してきました。

実施要項には、クリニックの開始が10:00で、受付が9:30〜と書いてありましたが、9:15頃に会場の「なかのZERO・大ホール」に到着すると、すでに2階のホール入口から建物外まで長蛇の列でした。
相変わらず年寄、いや、先輩方の出足は早いです。

午前中は、公認検定員クリニック。講師は毎度おなじみの桜本教育本部専門員です。
検定制度は昨年度より改定されていますので、その内容は1年前のクリニックで解説済。ということで、詳しい内容はこちらから(^^;
とは言え、昨年出席していない方もいらっしゃいますから、検定制度の体系や、実施要領、評価の観点等について、おさらい。昨年のクリニック時にはまだ不明だった1級の横滑りも、今年はちゃんとビデオで確認できました。

IMG_3486.JPG

その後は模擬検定。
菅平のスクールで実際に行われた検定のビデオを見ながら、2級のシュテムと基礎パラ小、1級のパラ大、横滑り、パラ小の採点をします。
なかなか悩ましい滑りを採点対象に選んでくれましたので、時々会場から溜息が漏れますが、私の結果はマズマズでした。

昼食から戻ると、午後の研修会から出席するクラブ員も集まり始めました。
今年から、オフィシャルブックの配布を廃止した代わりに、受講料が昨年より\1,000安い\4,000になってますが、当クラブは7月の総会時に、指導員から研修会費用として\5,000を集金済。
「今年からオフィシャルブックが配布されない分、受講料が安くなりましたんで、お返しします。」
と、\1,000ずつ返金して回ります。

しかし前方のステージ上では、予約販売分のオフィシャルブックや教程を配布中。
『オフィシャルブック、配ってるよ。』
いつもは要らないなんて言ってる面々も、貰えないとなると何となく気になるようです。
「あれはね、事前に予約して代金支払済の方が受け取ってるんです。」
でも、やっぱり不満そう。
『お前、貰ってるじゃん。』
「貰ってるんじゃなくて、ちゃんと事前に予約して、お代を振込みましたから。」

IMG_3490.JPG

そうこうしているうちに、研修会開始の時刻。役員が登壇して、開会式です。
猪谷会長のご挨拶は、毎度のことながら形だけのものではない、素晴らしい内容でした。

そして今年の講師は、佐藤久哉さん。
出席者にとっては、元ナショナルデモンストレータで、全日本技術選チャンピオンというイメージが強いと思いますが、今は全日本のアルペン部チルドレン小委員会副委員長で、チルドレン専任コーチだそうです。
お話は、ご自身の経歴から始まり、スキー産業、アルペンレース、ジュニアの指導・育成と、多岐に亘りました。特にアルペンレースについては、普段なかなか聞けない内容もあり、大変興味深かったです。

IMG_3494.JPG

16時前に、研修会は終了しました。
『オフィシャルブックをまだ受け取っていない方は、忘れずに....。』
と、最後の事務連絡。

『ほら、オフィシャルブック。受け取れって。』
まだ言ってます(^^;;

特別価格
posted by スキー中毒者 at 17:38 | Comment(3) | TrackBack(0) | スキー

2014年09月29日

2014フィジカルトレーニングセミナー#2

大瀧徹也さんと飯島庸一さんのコラボセミナー。
金曜日に開催された第2回のテーマは、『スキーヤーのためのアクティブストレッチの理論と実践』でした。

まずは「カラダが固い」理由について。
・筋肉が固い
・筋膜の動きが悪い
・関節の動きが悪い
・物理的に可動性が低い
の4つに分類していただきましたが、人によっては理由がひとつだけとは限らないんだそうな。
男性や中高年は複数当てはまることが多いって....、そうですか、そうですか(^^;;

IMG_3349.JPG

で、これらが「後傾」「X脚」「内倒」の原因ともなり得るそうで、その解消につながるトレーニングを、今回は筋肉と筋膜に着目して、ご紹介いただきました。
通常のストレッチと、それに関節や筋肉の動きを加えたもの(これがアクティブストレッチということでいいのかな?)ですが、予想以上にキツかったです。
飯島さんの解説の後、大瀧さんはいとも簡単にお手本を見せてくれるのですが、いざ試してみると、「イテテ....」(>_<)
日常生活の中では、可動域ギリギリまで動かすことは少ないため、あまり感じませんが、つくづく自分のカラダの固さを実感します。
滑走中には、これが原因で自分のイメージ通りにスキーが動いてくれなかったり、場合によっては怪我に繋がることもあるんでしょうね。

ストレッチ実践中の姿は、マニアックな参加者同士ならまだしも、とても一般の方にはお見せできません。
『新興宗教みたい。』
って声が出るほど、怪しさ満載です(^^
でも大丈夫。怪しいトレーニング以外にも、ジムでのトレーニングやジョギング中、そしてオフィスでもできそうなエクササイズも、教えてくれました。

紹介していただいた数多くのストレッチのうち、自分に合ったものを実践すればいいんでしょうけど、どれも当てはまりそうで....、どーしよ(^^;
動きがややこしいものもありますので、まずはiPhoneで撮った動画を整理して、それを見ながらひとつずつ復習してみます。
posted by スキー中毒者 at 17:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | スキー

2014年09月01日

悪夢再び

今日(1日)は、デジエントリーによる指導員研修会の申込開始日です。
平日に申込開始というのは初めてで、土曜日の事務担では疑問の意見も出ましたが、それに対する都連の説明は何を言いたいのかイマイチよくわかりませんでした。
日曜日だとデジエントリーの運営会社(デジサーフ社)の対応ができない、というようにも聞こえたのですが....。(まさかこれに助けられることになろうとは。)

自分ひとりの分であれば、会社のPCからこっそりと申し込むこともできますが、私ゃクラブの研修会参加者17名分の申し込みをしなくちゃいけませんので、そうもいきません。で、今日は半休(^^;
念のため参加者と申込研修会の一覧表を作成し、準備万端。10時ジャストに申込開始です。

2014-09-01.jpg

が、予想以上に反応が鈍い。1人目、2人目とも、エントリー完了までに5分程かかります。
そして3人目。5分経っても10分経っても、一向に完了しません。TwitterのTLにも同様のツイが流れてますので、皆さん同じ状況のようです。デジエントリー初年度の悪夢(その1)が頭をよぎります(^^;
20分、30分....。当然、デジサーフ社に電話は繋がらず。メールで問い合わせも入れましたが、電話応対に忙殺されている中、メールにまで手が回る訳もありません。悪夢(その2)(その3)が思い出されます(^^;;
仕方がないので再度電話でリダイヤルしまくったところ、何十回目でしょうか、奇跡的に繋がりました。

対応したおねーさんに状況を説明したところ、当方の窮状を理解し、ローカルの端末から代理入力をしてくれるとのこと。
いや〜、助かった\(^o^)/
図らずも一覧表が役に立ちました。
参加者氏名、在京理論日程、クリニック有無、雪上実技会場をひとりずつ順番に確認し、入力を続けていただきます。

と、10名程の入力が終ったところで、思わぬトラブル発生。
使っていた固定電話の子機のバッテリーが切れました。当然通話も切断(>_<)
「もう一回電話しても、繋がらないよなぁ。」
と思っているところに着信。デジサーフのおねーさんが、着信履歴からかけ直してくれました。
そして11時半。無事全員の申込完了です!
おねーさん、ありがとうございましたm(_ _)m

考えてみりゃ、日曜日だったら確かにこうは行かなかったよな。
だからと言って、平日の申込開始がいいのかどうか?
日曜日にお仕事をされている方もいらっしゃる訳だし....、難しいところですね。

しかし、このシステム。もうちょい何とかならんのか?>デジサーフ
posted by スキー中毒者 at 17:38 | Comment(2) | TrackBack(0) | スキー

2014年08月31日

2015事務連絡担当者会議

30日(土)、今シーズンの東京都スキー連盟事務連絡担当者会議が開催されました。

IMG_3114.jpg

諸行事の日程は、指導者研修会、指導者養成講習会および準指導員検定会については、事前に公表されていましたが、それ以外の行事についてはこの会議で判明します。
行事参加の手続きや諸注意についても同時に伝えられますが、昨シーズンと比べて、それほど大きな変更はありません。主な変更点(教育本部関係)は以下の通りです。

・研修会実技会場での理論補講実施
・研修会でオフィシャルブックの配布なし
・研修会に単位制を導入
・都技選の決勝種目に制限滑降(GS)を導入

ここで説明されるのは、基本的に都連行事のみですが、配布されるAlmanacには全日本行事の日程案も掲載されています。
私が関心のある行事としては、

・スキー大学(第1会場) 1/9-12 朝里川
・スキー大学(第2会場) 1/16-19 白馬五竜
・スキー大学(第3会場) 2/13-16 猪苗代
・全日本技術選 3/10-15 八方

といったところ。
スキー大学の日程は予想通りです。私は今シーズンも第2会場の白馬五竜に参加する予定。
技術選は、志賀という噂もありましたが、やはり八方に落ち着いたようです。

冬のスケジュールが、また少し埋まりました(^^
posted by スキー中毒者 at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | スキー

2014年08月28日

2014フィジカルトレーニングセミナー#1

スキーヤーの大瀧徹也さんと、トレーナーの飯島庸一さんのおふたりによる、コラボレーション企画「フィジカルトレーニングセミナー」が今年も始まりました。
昨日(8/27)、いつものように神田のICIアースプラザで行われた、第1回のセミナーに参加してきました。

今回のテーマは、「シーズンまでに最低限習得しておきたい滑走ポジションに必要な基本動作」。

IMG_3086.JPG

最初に、トップスキーヤーのゲートトレーニングの動画を見ながら、注目すべきポイントを、大瀧さんがアスリートとして、飯島さんがトレーナーとして、それぞれの観点から解説します。
その後、「スクワッティング」「片脚で立つ」というふたつの動作を、スキーと関連付けて飯島さんが解説し、大瀧さんが実演。続いて参加者が、これらの動作を実際にその場で行うことで、必要とされる滑走ポジションの理解と習得につなげるという内容でした。

IMG_3092.JPG

ふたつとも単純な動作ではありますが、おふたりにチェックしていただきながらやってみると、自分の癖や関節の可動域が良く理解できます。
また、人間の骨格や筋肉の特性により、エラーとなりやすい動作があり、そのエラーが滑走時にはどのような失敗につながるか、という解説もあり、大変参考になりました。
日常生活の中でも行えるエクササイズも紹介していただけるので、自分の部屋でもちょっとした時間に実践できます。
ジムでの筋力トレーニングとは違い、シンプルな動作をスキーをイメージしながら行いますので、気分も盛り上がる....、かもしれません(^^

今シーズンのセミナーは、今回を含め11月までに5回開催されるとのこと。
テーマは毎回変わりますが、レース系、デモ系、どちらにも共通する内容です。
開催要項は、こちらに「大瀧徹也×飯島庸一@ICIセミナー」としてアップされます。
平日夕方の開催が多いのですが、お近くの方は参加してみてはいかがでしょうか。
posted by スキー中毒者 at 17:39 | Comment(5) | TrackBack(0) | スキー

2014年08月22日

オフィシャルブック代?

毎年、夏のクソ暑い中で(エアコンをガンガンに効かせた中で?)やらなくちゃいけないのが、全日本と某都連への会員・資格登録。
今年も8月初旬に書類が届きましたが、手続きには大きな変更もなく、こいつは夏休み中に無事完了(登録料はまだ払ってないけど)しています(^^

そして、もうひとつが研修会の申し込みです。
同じく8月初旬に発表された、某都連の指導員研修会の実施要項を見ると、こちらはいくつかの変更がありました。

まず研修会の実施回数がやや少なくなっています。
それはいいとして、問題は申込期日。
今年の事務担は8月30日の土曜日。いつもならその翌日の日曜日10時から、デジエントリーでの申込が開始され、先着順に受け付けられます。ということで、
「今年は31日の日曜日は、朝から研修会申し込みだな。」
と勝手に妄想していたのですが....。

要項には
【申込期日】平成26年9月1日(月)10時〜
と記載されてます。
「え?9月1日って、平日??」
別件で某都連の事務局に電話したついでに、聞いてみたところ、
『日曜日って、(デジエントリーの)オペレータ対応ができないじゃないですか。パソコンでの申し込みが難しい方のことも考えると....。』
数年前から研修会の申し込みがデジエントリーに一本化され、原則としてパソコンまたは携帯からの入力が必要となりました。それが苦手な方は、オペレータによる電話受付もありますが、土日の対応はありません。

そりゃ分かります。分かりますけど、平日は仕事がある現役世代は、どうすりゃいいんでしょう。
昼休みに申し込む?
仕事中にコッソリ申し込む
まぁ自分ひとり分くらいなら何とでもなるのですが、中毒者は雑用係ですから、クラブの指導員20名近くの分を受託しており、仕事中に堂々と申し込まないと、どうにもなりません。場合によっては、自宅で申し込みを終えてから出勤するか。
悩ましいところです。

他にも変更点がありました。
研修会に単位制が導入されるそうです。
従来の研修会に出席すれば、もちろん修了に必要なポイントは獲得できるのですが、サマーゲレンデのオフシーズントレーニングや某都連の技術選への参加でもポイントが獲得できるんだとか。
とりあえず当クラブには関係なさそうですけど。

そして、良くわからなかったのが研修会参加料の値下げ。
昨シーズンまでは5,000円だったのが、今シーズンは4,000円だって。当クラブは一括して申し込む関係上、既に集金済。例年通りだと思って5,000円で(^^;

で、値下げの理由なんですが。
昨シーズンまでは研修会に参加すると、無条件でオフィシャルブックが“配布”されていました。所謂、抱き合わせ販売ってやつですね(^^;
それが今年からは希望者への販売に変わるとのことで、どうやらその代金分かと推察されます。

「ふ〜ん、なるほど。」
と一瞬納得しかかったのですが、
「そもそもオフィシャルブックって、いくらなんだ?」
との疑問が頭をよぎりました。
確認のために熱帯密林を訪れたところ、
『DVD付 教育本部オフィシャルブック 2014年度 : 2,808円』

書店の仕入原価率は、一般的な書籍で80%弱らしいです。
まぁ特殊な書籍であることは確かですけど、それにしてもねぇ....。

計算合わねーぞ。>某都連
posted by スキー中毒者 at 17:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | スキー

2014年08月04日

2014クラブ総会

土曜日に、所属クラブの2014年度総会が開催されました。

中毒者はクラブの雑用係ですから、郵便物を発送したり、登録事務を行ったりはいいのですが、当クラブの場合、会計も雑用らしい。
私に会計を任せるとは、何と無謀な....、と思うのですが(^^;

そのため総会前には、出納表を基に決算書を作って、それを領収書と一緒に監事に送って監査を受けて、それとは別に次年度の予算書も作って。
クラブの出納なんて、大した量じゃないのですが、日頃の手抜きが災いして総会直前に慌てるのは毎度のことです。でもまぁ、今年も何とか資料をでっち上げ、いや、まとめ上げ、無事総会に臨むことができました。

総会当日、クラブ員の皆さんは言いたいことも数々あったでしょうが、グッとこらえて何も言わずに承認してくれました。
感謝ですm(_ _)m

そして今回は、当クラブへの入会希望者が、総会に出席してくれました。
お話をすると、大変礼儀正しい、中毒者とは正反対の方のようです。
総会後の飲み会にも出席してくれました。
2軒目の飲み会にも出席してくれました。
かなりの酒飲みです。その意味では中毒者と同類の方のようです。
うん、いいヤツだ(^^
posted by スキー中毒者 at 12:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | スキー

2014年07月22日

14/15 ICIカスタムフェア@新宿

先月の有明のカスタムフェアは偵察のみ。
1ヶ月の冷却期間を経て、新宿のカスタムフェア・ファイナルで発注することにしていました。

出撃は土曜日の予定でしたが、たまたま金曜日の夕方、仕事ですぐ近くに行ったので、用件終了後、会場へ。
まだ6時前でしたが、思ったよりお客さんが入っていました。皆さん物好き、いや、熱心ですねぇ。

IMG_2991.JPG

しかし翌日以降の混雑は目に見えていますので、今のうち、ということで。

まずはLEKIのポール。
物色していると、早速uvexのおっちゃんが寄ってきます。
「伸縮式のやつは....」
『これが最高!』
値段も最高のやつを勧めてきました(^^;
伸縮部分を引っこ抜き、機構についても詳しく説明してくれます。
「足癖が悪いんで、よく蹴っ飛ばすんだけど、カーボンポール部分だけの交換ってできます?」
『対応するよ。伸縮ロック部分だけのリペアも大丈夫。』
ということで、1枚目の伝票を記入(^^

お次はGIROのメット。
声をかけてきたおにーちゃんに相談します。
「一番通気性がいいメットはどれ?」(って、どんな選び方だ....。)
『ん〜。通気性はどれも同じかなぁ。以前はあったんですけどね。』
あれ?有明じゃ、一番高いやつがいいって言われたぞ....。
『来シーズンのモデルは、どれも変わりませんけど、もしかしたらその翌シーズンに通気性が改善されたモデルが出るかもしれません。今のところ決まっている訳じゃありませんけど。』
結局お勧めはと同じSEAM。だったら、耐久性に若干の懸念があるにしても、今のやつをもう1年使ってもいいかな。食い物だって、多少の賞味期限切れは気にしないし(^^;
ということで、伝票はお預け。

続いてSWANSへ。
使用中のC2N用偏光レンズを再チェック。スペアレンズとして携行し、天気がいい日は宿でレンズを交換してから出撃することも考えていましたが....。
「これって、簡単に交換できそうだけど、今シーズン、レンズ交換したときは、結構苦労したんだよね。」
と言うと、対応してくれたスタッフのおっちゃんが実演してくれました。
『大丈夫ですよ。ノーズ部分がちょっと嵌めにくいですけど。こうして、あれ?よっと、あれ??....、あはは(^^;』
レンズ交換構想、断念しました。

そしてSTÖCKLI。
たまたまだとは思いますが、スタッフの姿はなし。やる気あるのかい?>VIST JAPAN
来シーズンのスキーは、KZ12付のLASER CXに決定しています。プライスカードを確認しますが、1ヶ月で価格が下がっている訳もなし。溜息がでるような数字が並んでます。
でも諸般の事情により、ここでの発注は見送りです。

そして翌土曜日。
この日は仲間との飲み会が予定されてます。マテリアルの予約は前日に完了しましたから、会場に行く必要はないんですが....。ま、他にやることないし(^^
仲間と合流し、一緒に各メーカーのメットを試してみました。私の頭って、収納物が少ないのに器だけが大きいようで、どれもイマイチしっくりきません。そんな空虚な頭でも、GIROだけは優しく包み込んでくれましたが....、やっぱり来シーズンは見送り(^^;

夕方、新宿駅前で宴会開始です。
いやぁ、良く飲みました。いや、いつも良く飲んでるんですけど、輪をかけて良く飲みました(^^

翌日も近所の酒屋の角打ちで、良く飲みました(^^;
う〜ん、オフシーズンにこんなに飲んだくれてて、いいんだろうか....。
posted by スキー中毒者 at 23:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | スキー

2014年06月27日

14/15 ICIカスタムフェア@有明

先週の土曜日は、シーズンオフの恒例行事(?)ICIカスタムフェアに行ってきました。
今年の会場は汐留から有明に変更されています。6年前5年前にも有明で行われましたが、自転車で行ったら、川やら運河やら道路やらに架かる橋で、予想以上のアップダウンがあり、かなり苦労しました。今年はその後にシーズンの『忘年会』を予定していましたので、自転車という訳にもいかず、ゆりかもめにて(^^)

最寄駅周辺は人が少なかったのですが、会場に入るといつものように盛況です。
しかし、雰囲気はいつもとは少し違います。受付からすぐの小さめの部屋には、GOLDWIN他のウェア、隣の部屋にはONYONE、DESCENT、PHENIX、MIZUNO。そしてその隣にはアクセサリ....と、いくつかのスペースが順に連結されたような構成になってました。

IMG_2949.JPG

一番奥で板を見た後にウェアが気になると、必然的にアクセサリーコーナーを通過することになります。脇見に注意しないと、本題に辿りつく前に思いがけない伝票を記入することに....(^^;

会場をひと回りした後、この日のために飛行機で名古屋から上京したスキー廃人と合流して、各メーカーを見て回りました。

CEP
若いおねーちゃんに声を掛けられて、コンプレッションソックスを試着しました。
サイズはふくらはぎの太さで合わせます。足のサイズが小さい男性は、女性用を選んでもいいとのこと。
値段は高い(\5,000)のですが、心地よい締め付け感で耐久性もあるとのこと。しかしCW-X等との併用はできれば避けた方がいいって。う〜む....。

LEKI
今度は伸縮式にしようと思ってますが、固定方法によりお値段がかなり違います。どっちがいいんだろ?
またLEKIと言えば、一定の力がかかるとストラップがグリップから外れるトリガーシステムが魅力なのですが、その分(?)価格はちょい高め。まぁ安全への投資だと思えば....、ね。

SWANS
現在使用中のC2Nに、来シーズンから偏光レンズが追加されますので、試してみました。が、屋内じゃごく普通のレンズです。以前は偏光レンズの効果が確認できるような小道具を用意していましたが、今年は見当たりません。そして、スペアレンズだけのオーダーだと割引はないらしい(>_<)

OAKLEY
スタッフのおにーちゃんが熱心に説明してくれました。
Airbrakeのレンズ交換の容易さは特筆ものです。しかし、ベルトがバックル式じゃないとか、フォームが交換できないとか....、なかなか製品に反映されない日本からのリクエストも多いようです。安全を最優先するという本国のポリシーだそうな。でも、こういうポリシーを持ったメーカーって、嫌いじゃないです(^^)

GIRO
Asian Fitってどうなのよと思ってたのですが、ごく限られたモデルで採用されているだけでした。試してみてもいまひとつピンときません。スタッフのおねーちゃんは、今使っているSEAMのサイズが合っているのなら、Asian Fitにこだわらなくていいと言ってました。
耐久性について聞いてみたら、目安は3〜5年とのこと。
「まだ3年だから、大丈夫かな。」
『シーズン数回しか使わない方なら、ぶつけていなければ5年でも....。シーズンの滑走日数は?』
「50日前後(^^;」
『買い換えた方がよろしいかと(^^)』

STÖCKLI
VIST JAPANの取扱いだから?アクセサリーコーナーに置いてありました。
覚悟はしてましたが、大変お高いです(^^;;
話を聞いてどうなるものでもありませんから、価格だけ確認して離脱。もっともスタッフが少ないので、話を聞くのもままなりませんが。

と言うことで、とりあえず今回は見ただけ。
オーダーは、新宿のファイナルで入れようと思ってます。

会場に2時間程滞在して退場。
その後、ゆりかもめで新橋に戻り、別の指導員仲間のご夫妻と合流して今シーズンの忘年会です。
有明は、カスタム会場でスキー用品に囲まれている間はともかく、一歩外に出ると何とも居心地が悪い街。この歳になると、新橋が何とも落ち着きます(^^)
posted by スキー中毒者 at 17:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | スキー

2014年06月16日

ライセンスの洗濯

この週末は、シーズンの後始末でした。

まず土曜日は所属クラブの理事会。
当クラブは6月決算(?)なので、7月末〜8月初めに総会を開催するのですが、それに先立ち、総会付議事項を理事会で審議します。

こういうときの資料作りは雑用係である中毒者のお仕事。
6月初旬までの収支により暫定版の決算書(案)を作成し、本年度とほぼ同様の内容にて次年度の予算書(案)も作成しました。行事報告は都連に提出したスキー学校実施報告書をひっくり返して作成、次年度の行事予定は例年に倣った場所・日程にて。
当日の説明に対しても特に異論は出ず、いくつかの質問に答えて無事乗り切りました。

最後に総会の日程も決まりましたので、今度は総会案内(&集金案内)を作成してクラブ員に送るお仕事です。決算書の確定版を作って、監査も受けなくちゃいけないし。
でも1か月半も先のことだし、まぁそのうちに....。
って、毎年このパターンで後悔してるのに、全く懲りてません(^^)

そして日曜日。やたらと天気がいいので、シーズン中にお世話になったウェアを洗濯することにしました。
NIKWAXの洗剤&撥水剤は、すでにAmazonで購入済みです。普通のスキーヤーよりちょっとだけウェアの数が多いので、今回は1Lタイプを(^^;

IMG_2929.jpg

数回に分けて洗濯&撥水処理を行ったのは、スキーウェアが3セットにレインウェアが1セット、それに春スキー用のウィンドブレーカーが1着。
ベランダの物干し竿にズラリと並んだウェアを見たら、知らない人は標準家庭の洗濯だと思うかもしれません。少なくとも1人分だとは思わんよなぁ(^^;

と、干したクラブウェアのアームポケットに手応えが。
「!」
ポケットはぜ〜んぶチェックしたつもりだったのですが、ここだけ忘れてました。
中に入っていたのは....。
あ〜ぁ、指導員ライセンスまで、洗濯しちまいました(>_<)
撥水処理も入念に行ったんですが....、酒を弾くようになったら、どーしよ(^^;

なんて冗談言ってる場合じゃありません。再発行の手続きしなくちゃ。
posted by スキー中毒者 at 17:45 | Comment(2) | TrackBack(0) | スキー

2014年06月01日

SKI FORUM 2014

土曜日、夏のような暑さの中、新宿で開催されたSKI FORUM 2014に行ってきました。
昨年の会場は六本木だったため、駅から会場までの道中、そりゃ居心地の悪い思いをしましたが、今年は大丈夫です(^^

現着すると、受付には人がまばら。ICIのカスタムフェアとは大違いです。
私は事前登録をしておきましたので、メールで届いた登録番号を提示して受付完了。入場証を受け取り、入口から中へ。

IMG_2896.jpg

会場の中は、スキーの馬さん鹿さんたちで、なかなかの盛況です(^^
まずは一回りしてみましたが、去年よりもやや広いでしょうか。

最初に覗いたのは、OGASAKA、の隣のBLASTRACK(^^;
野沢のICI試乗会でBC系スキーの楽しさを知りましたが、BLASTRACKは出ておらず、結局その後も試乗することはできませんでした。まぁ現物くらいは見ておこうと、板を眺めているとスタッフが声を掛けてくれました。
いろいろとお話を伺いましたが、野沢温泉のスキースクールにはBLASTRACKが一通り揃っており、場合によっては試乗もさせていただけるとのこと。来シーズンも年末に野沢に行くようであれば、相談してみようかと思います。

続いてSWANS。
『呼吸するゴーグル』というフレーズに惹かれました。
スタッフのおっちゃんが実演してくれましたが、フレーム下のレバーを操作することで、レンズがフレームから浮き上がり、その隙間から換気ができるというシロモノです。
「ほぉ〜!」
と感心はしたものの、開いた隙間から、雪が融けた水がレンズ内側に垂れてこないか、ちと心配。
個人的には、C2Nモデルに追加された偏光レンズの方が気になります。でも、今シーズン、レンズ交換しちまったんだよなぁ。
ちなみに、今使っているC2Nのフレームフォームが傷んでるって話をしたら、\1,500-で張り替えができるそうです。こいつはオフシーズンのうちにやってもらおうと思います。

そしてLEKIでポールの情報収集。
今シーズンの安対で、私の主治医の梅澤香貴先生による講習のなかで、スキーサムへの対策のひとつとして、
『これですべて防げるわけじゃありませんが。』
という留保付きでご紹介いただいたのがLEKIのポールでした。
私も過去に何度か痛い思いをしておりますし、今使っているKANDAHARさんオリジナルポールが、何度も蹴っ飛ばした結果、傷だらけになっていることもあり、来シーズンは伸縮式のポールを検討しています。
が、値段を見てビックリ。意外に高いです。最近はポールの値段なんてチェックしたことなかったのですが、こんなものなんでしょうか。

ついでにGIRO。
今のヘルメットは丸3年使用しましたので、そろそろ賞味期限切れかな、と。
しかしまぁ、種類が沢山あること....。あまりの多さに話を聞く気にもなれず、カタログだけ貰ってブースを出ちまいました(^^;

特設コーナーでは、お決まりのトークショーも行われていました。

IMG_2895.jpg

佐藤麻子さん、金子あゆみさん、丸山貴雄さん、柏木義之さんです。
私は、その後もあちこちのブースをフラフラと回りながら、1時間程で会場を後にしました。

購入予定のマテリアルは、スキーとポール、できればヘルメットとゴーグルの替えレンズ。とりあえずは、こんなところでしょうか。
しかしマテリアル以外に、8月にLegacy Outbackの車検という大物が控えてますので、夏のボーナスは軽く吹っ飛びます。
吹っ飛ぶだけならいいけど....、足りるんかいな(^^;;
posted by スキー中毒者 at 20:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | スキー

2014年05月25日

2014最終滑走@かぐら

土曜日は、今シーズンの滑り納めでした。
最後はやっぱりかぐらです。

7時少し前にみつまた駐車場に到着しましたが、駐めたのは売店の横あたりでした。後続の車もそれほど多くはありません。
そして、いつものようにWeb販売のQRコードで無料休憩所内の発券機にてリフト券を入手し、ロープウェイ待ちの列へ。2便のロープウェイから駐車場を見ると、まだ半分程度しか埋まっていませんでした。

みつまたファミリー、ゴンドララインとも(移動用としては)まだ充分なコース幅が確保されています。この週末でクローズするのが、もったいないくらい(^^

かぐらエリア着は8時。
先々週、先週と天気はいまひとつでしたが、昨日は晴天。気温も朝イチは寒くも暑くもなく、快適です。

IMG_2848.jpg

前夜は冷え込んだのでしょうか。メインゲレンデはザブザブというほどには柔らかくありません。圧雪車で潰しきれなかった前日の凹みが残っている場所もありますので、油断はできませんが、気持ち良く大回りができました。
が、それもリフト3本がいいところ。皆さん、取り憑かれたように大回りで滑るものだから、あっという間に荒れ始めます。

IMG_2856.jpg

そのうちに、スクールのイントラが、コース端をショートのトレーンで滑り、コブの下書き。愛好家の皆様がそれをトレースして、ラインを彫り始めました。
私はリフト7本を大回りで滑って、最初の休憩です。まだ1時間ちょいですが、この時期にガツガツと滑っても仕方ありません。シーズン最後の滑走は、雪の感触を楽しみながら滑ることにしました。

休憩後はジャイアント。
先週は、上部ではコブの溝に土が出ているところが一部にあった程度ですが、この一週間で急に雪が少なくなりました。

IMG_2862.jpg

中間部でも、コブのラインの途中で、突然溝の底にブッシュが出てきたりしますので、油断できません。
しかし、かなり多くの方がジャイアントを滑っていましたが、コース状況はほとんど悪化しなかったように思います。

ちなみに1高から見たテクニカルは、こんな感じ。

IMG_2859.jpg

下部は完全にアウト。
と思ったのですが、それでも滑ってくる方がいらっしゃいます。好きですね〜(^^

リフトは午前の速い時間帯に1高が混雑しましたが、すぐに3ロマを動かしてくれたため、その後は長時間のリフト待ちにはなりませんでした。
私はその3ロマを使い、午後もずっとジャイアント。
そして3時。名残惜しいのですが、最後はメインで今シーズンの滑り納めです。

IMG_2870.jpg

妖怪板掴みも遠慮したのか、この日はゴンドラコースにも出てきません。
下山専用となっているみつまたファミリーも、先週は直滑降で下るだけでしたが、昨日はゆっくりとターンをしながら。ロープウェイ駅舎に滑り込む最後の斜面では、思った以上のコース幅に、しっかりと雪を付けてくれていましたので、ちょっとスピードを上げて、大きめの中回り。
最後の最後に気持ち良く滑って、バインディングからブーツを外しました。

IMG_2872.jpg

10月末のイエティから始まった私のシーズンは、52日の滑走で終了です。
昨シーズンも充実感に満ちあふれていましたが、今シーズンはそれに劣らず、楽しく充実していました。
ま、決して上手くなった訳じゃないんですけどね(^^;;

再び雪上に立つまでの5ヶ月間は、クラブの年度締めや都連・全日本登録等の事務作業と、次期のマテリアルに散財するオフシーズンになります。
posted by スキー中毒者 at 16:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | スキー

2014年05月20日

私は普通?それとも....

この時期のかぐらには、それなりの馬さん鹿さんが数多く集結されます。
もちろん私も“中毒者”を名乗る程度には自覚しているつもりだったのですが....。

日曜日の朝、みつまたのロープウェイ待ちをしていると、月山の話題は当たり前のように飛び交ってます。
中には既に乗鞍の相談をしている強者まで(^^)
そんな中にいると、かぐらのクローズでシーズンを終了しようとしている自分が、ごく普通のスキーヤーのように感じてしまいました。

そしてその日の帰宅時。
板と荷物を車から下ろし、機械式駐車場の操作をしていると、同じマンションに入居されている方の車が帰ってきました。
私の後に、旦那様が車を駐めている時、板とブーツを担いでいる私を見た奥様に声を掛けられました。

『まだスキーってできるんですか?』
「あはは、まぁ(^^;」
『今日はどちらに?』
「あ、かぐらです。」
『えー、かぐらって、まだ滑れるんですね。』
「はい、来週までは大丈夫です。」
『お好きなんですね〜。いつも行ってらっしゃいますよね。』
「あはは、ま、まぁ(^^::」

別に悪い事してる訳じゃありませんが、目立たないように行ってるつもりでも、やっぱりバレてました。
それも「よく行ってる」じゃなくて、「いつも行ってる」っていうのがね(^^;
かろうじて
「いや、行かなかった週も2回あります!」
という墓穴を掘るような言葉は飲み込みましたが....。

やっぱり私ゃ、普通じゃないんだろうか?
posted by スキー中毒者 at 12:26 | Comment(3) | TrackBack(0) | スキー

2014年05月19日

延長、しない?

この週末もかぐら日帰りでした。
雪が多く、営業期間を延長したスキー場もあるようですが、さすがにチャオまでは足を延ばせないし(^^;

最初は土曜日に行くつもりでしたが、天気予報で午前中は雨で、風が強いという情報もありましたので、日曜日に変更しました。
4時半には自宅を出る予定が、直前にドタバタした結果、15分遅れで出発。
それでも下道、高速とも空いてましたので、2時間弱でみつまた駐車場に到着しました。
....、あれ?かぐら、少し近くなったのか(^^;;

空には雲がかかっており、結構寒いです。しかし土曜日は、予報通り午前中は雨で、朝一は1高が止まっていたそうですから、まぁ正解だったのではないでしょうか。
思ったほどの混雑ではなく、ロープウェイの2便に乗車。かぐらまで上がると青空も見えてきました。

IMG_2816.JPG

雪は当然ザブザブ。メインゲレンデは圧雪されてますし、まだそれほど多くの方が滑ったわけでもないのですが、すでに荒れ始めていました(^^;
大回りで飛ばせるのは5本が限界でした。お客さんが増えてきたことに加え、雪が重く、起伏もだんだん大きくなりますので、やたらと疲れます。まだ1時間ちょいですが、ひと休み(^^;

休憩後はジャイアントに行ってみることにしました。
ちなみに、テクニカルはリフトから見るとこんな感じ。雪が剥げているところもありますが、まだ行けます。

IMG_2818.JPG

ジャイアントも結構マトモそうに見えますが、所々コブの谷間に土が出始めていますので、油断大敵です。

IMG_2822.JPG

極端に深いコブではありませんが、昨シーズンの方が滑りやすかったかな〜、と思うのは、きっと私が去年よりヘタクソになったということなんでしょうなぁ(^^;;

リフトは1高が大混雑。3ロマも動かしてくれましたが、こちらも....。
春のかぐら名物は健在です。

IMG_2823.JPG

ドタバタとジャイアントを滑っているうちに11時。早めのランチと思ったのですが、レストランかぐらはいつものように既に大混雑でした。そして12時を過ぎると空席が出始めるのも、いつものパターンです。

午後もジャイアントを滑りましたが、メインもこんな状態ですから、どっちもどっちですね(^^

IMG_2826.JPG

私の定時、15時まで滑って撤収。
ゴンドラコースにも、まだかなり雪が残っています。滑りは悪いのですが、妖怪さんはあまり出てきませんでした。
下山専用となったみつまたファミリーも、コース幅は充分に確保されています。滑りが悪いので、直滑降でOKです(^^v

IMG_2827.JPG

これなら来週のクローズまで、バス移動にはならないと思います。
頑張ればもう一週間くらい延長できそうですが....。しないよなぁ。

いつもの?本日の?
posted by スキー中毒者 at 12:45 | Comment(2) | TrackBack(0) | スキー

2014年05月11日

風ニモマケズ

今週は土曜日にかぐら日帰りでした。
この時期になると高速渋滞はあまり心配しなくていいのですが、みつまたのロープウェイ渋滞が心配です。
ということで4時半に自宅を出発、現着は7時少し前でした。
車を駐めたのは売店の横あたり。車外に出ると風があり、寒いです。
天気予報は晴れで暖かいということでしたので、半袖のTシャツと薄手のジャケットでいいかと思っていましたが、前日の夜、念のため長袖のTシャツと薄いながらも綿入りのジャケットをバッグに放り込んでおいて良かったです(^^;

リフト券売場も混雑していませんが、私はいつものようにWeb販売なので、無料休憩所内の発券機でチケットを入手し、ロープウェイ乗り場へ。前方に並べましたので、第2便に乗車できました。
ロープウェイが動き始めると、車内放送。
『本日かぐらエリア強風のため、第1ロマンスリフトまでの営業となっております。』
おいおい、ここで言うかい(>_<)
ゴンドラでかぐらまで上がると、青空も見えますが雲がやや多めで、冷たい風が吹いています。

IMG_2772.jpg

1高は搬器すら出ていません。1ロマが営業運転を開始したところでしたが、この輸送能力じゃすぐに大混雑でしょう。お客さんはゴンドラで次々に上がってくるのですから....。
1ロマを2本ほど滑ると、予想通りこんな感じ。

IMG_2778.jpg

おじさんが数人、1高・3ロマ方面に歩いて行きましたが、どちらのリフトも一向に動く気配はありません。1ロマ終点からハイクアップする強者もいらっしゃいますが、当然私はそんな体力も根性もありません。その代わり、早々とレストランへ(^^;;
朝が早かったので居眠りモードに突入しましたが、しばらくしていい香りで目が覚めました。周りは既にお食事モードです。時刻はまだ11時前ですが、ま、いいか。ということで、私もランチ。
食べながら外を見ると、1高の搬器が回り始めました。が、また停止。結構揺れてますから、まだ風は強そうです。
しかし、そのうちにまた動き始め、今度はお客さんが乗っています。減速で運転を開始しました。

IMG_2781.jpg

食事を終えて1高乗り場に行くと....、今度はこっちが大混雑。
まぁ皆さん待ち構えていたでしょうから、仕方ないですね。
メインを1本滑って乗り場に戻ると、シングルレーンの列はますます長くなってます。
さすがにこれじゃマズイと思ったのか、すぐに3ロマも動かしてくれました。ちょうどお昼休憩の時間帯になったこともあり、これにて渋滞解消。
午後は、3ロマを利用してジャイアントを滑りました。

IMG_2788.jpg

雪はまだまだたっぷりあります。前日降ったからか、意外にきれいな雪です。コブの溝にも土は出ていませんので、安心。
と思ったら、最後の落ち込みの辺りで、雪が剥げているところがありました。ま、その程度は仕方ないですね(^^

いつものように、15時過ぎまで滑って撤収。ゴンドラコース、みつまたファミリーコースとも、板の滑りは悪いですが、妖怪板掴み大活躍というほどではありませんでした。

IMG_2794.jpg

みつまたファミリーはこんな感じ。下部は(上から見て)左側の雪がやや薄くなってます。ロープウェイ駅舎に滑り込む斜面も、剥げているところはありますが、特に問題ありません。
この調子なら、今年もクローズまでバス移動なしと期待しますが、こればっかりは今後の天気次第ですね。

16時にみつまた駐車場を出発し、立ち寄ったまんてん星の湯はいつも以上にガラガラ。月夜野から乗った関越もガラガラで、19時半に帰宅できました。

予想外に早かったので、近所の酒屋の角打ちで一杯。のつもりが5杯(^^)
ついでに、お隣のラーメン屋にも酔って、いや、寄ってしまいましたので、昼間消費したカロリー以上に補給したことは間違いないようです。
ま、このカロリーは、週末のかぐらまでのキャリーオーバーということで(^^)

やっぱりいたか
posted by スキー中毒者 at 23:17 | Comment(2) | TrackBack(0) | スキー

2014年05月08日

2015スキー試乗@奥志賀

GW後半の奥志賀でOGASAKAスキーを試乗する機会がありました。
試乗会ではありませんので、乗ったのは2モデルのみです。

UNITY AS-1
L165/R15.9/118-75-102
IMG_2736.JPG
5/4午前中の試乗。典型的な春のグサ雪で、エキスパートは荒れて大きな起伏ができていましたが、ダウンヒルはまずまずでした。
非常にコントロールしやすいスキーです。
板自体が個性を主張することはなく、滑り手の動きに素直に、忠実に反応してくれるという感じでしょうか。
特筆すべきは、谷回りでの操作性。板全体をターン外側に押し動かしていくことも、テールを大きく動かすことも、ブーツを中心とした所謂回旋動作も、苦もなくこなしてくれます。
エッジホールドは強くはありませんが、このスキーに乗る方であれば、実用的に問題になることはないと思います。ターンを引っ張って面白い板ではありませんので、早めに仕上げて谷回りで遊ぶのがいいのではないでしょうか。
復刻されたトップシートのデザインについては、昔を知っていて、なおかつそれにシンパシーを感じる方にとっては感涙モノでしょうが、若者には、例えAS-2/3のようなカラバリがあったとしてもピンと来ないかもしれません。ま、OGASAKAはデザイン云々で選ぶ板じゃないんでしょうけど。
板の性能自体は素晴らしいので、全く新しい名前を与えて、UNITYの呪縛から解き放ってあげたいなんて、勝手に妄想しちまいました(^^;

E-TURN 9.0
L173/R19.0/126-90-116
IMG_2749.JPG
5/4の午後はどこも荒れ荒れ、第4のコブも柔らかかったです。5/5午前は気温が低く小雨の影響もあってか、コブは前日より少しだけ締まってました。
センター幅が90mmと、やや太めのスキーです。『太〜い!』と驚く方もいらっしゃいましたが、私自身は先週の野沢でセンター100mmオーバーのBC系を何本も試乗したおかげで、特に太いとは感じません(^^;
全般的には、ズレの大きな滑りから、エッジを立てたキレの良い滑りまで、対応できます。センター幅はありますが、切り換えでのもたつきは、ほとんど感じませんでした。
しかし、ラディウスが大きく、返りも強い板ではありません。ターンインが楽なのでその後も期待しちゃうのですが、大〜中回りではポジションが内に入りすぎると、外脚を外します。小回りでは、踏んでも足許に返ってくる感じではありませんので、ゆったり目のターンになります。コブも基本的に問題ありませんが、雪が少し硬くなると、やや安定しないかもしれません。
当たり前の話でしょうが、柔らかい雪の方が得意です。コース脇の荒れた湿雪に突っ込んで行っても、軽々とターンをしてくれますし、表面が汚れた雪で板が滑り渋ることも少ないです。
春のグサ雪を滑るのであれば、幅の狭いキャンバースキーよりも、こちらの方が格段に滑りやすいと思います。
問題があるとすればデザインですが、シールを貼るなり、いたずら書きをするなりして、自分色に染めてやってください(^^
万人にお勧めする板ではありませんが、個人的にはかなり気に入りました。デザイン以外は....。
posted by スキー中毒者 at 12:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | スキー

2014年05月07日

GW春スキー@奥志賀

GW後半の5/3〜5は奥志賀。
昨シーズン今シーズンのスキー大学でお世話になった方の、クラブ行事に参加させていただきました。

今回も指導員仲間のご夫妻と一緒でしたが、ご両名は都合により1日早く帰りますので、車は2台です。
事前に5/3の高速道路の渋滞予測をチェックすると、まぁスゴイことになってました。いつもなら渋滞しない上信越道下りも断続渋滞、関越道に至っては花園渋滞が前日の夜から早朝3時まで続き、5時には再び渋滞が始まるとのこと(^^;
その間隙を縫うように、関越道寄居PAで5時に待ち合わせ。私は4時過ぎに練馬から乗りましたが、車の量が多かったこと。何とか渋滞には捕まらず寄居に辿りつきましたが、1件でも事故が起きていたら大渋滞必至でした。

その後は上信越道は利用せず、前橋ICで降りて草津を抜け、一週間前に開通したばかりの志賀草津道路を利用するルートを選択しました。時間が早かったこともあるのでしょうが、下道はガラガラ(^^
志賀草津道路は、草津から白根山までの景観も素晴らしいのですが、この時期は渋峠手前の雪の回廊も必見です。

IMG_2722.JPG

予定通り9時前に現着。

IMG_2728.JPG

天気が良く暖かいため、エキスパートコースはすでに荒れ始めています。
クラブ行事は翌4日からですが、前日入りしたクラブ員の方がいらっしゃいましたので、ご一緒させていただきました。
午後からは他のコースにも行ってみました。ゴンドラを利用するダウンヒルは、エキスパートほど荒れていません。そして第4ゲレンデは、適度な斜度に何本ものコブが刻まれています。

IMG_2729-2.JPG

コブ道場の総本部だそうですが、第3ゲレンデには支部も開設されてます。

IMG_2730-2.JPG

総本部だけあって、直線的なラインも用意されていますが、私は性格がねじ曲がっていますので、遠慮させていただきました(^^;

翌日よりクラブ行事開始。
今回の行事のお誘いをいただいたスキー大学仲間のご厚意で、OGASAKAスキーの試乗もさせていただきました。まずはUNITYのAS-1から。

IMG_2740.JPG

この日は午前中はフリーですが、午後はコブ道場の総本部に集合とのこと。
道場で何をするのかと思ったら、コブのトレイン(^^;
約30名での滑りは壮観です。
トレインを2本滑って道場から撤収しようとしたところ、パトに声を掛けられました。てっきり
『他のお客様のご迷惑になりますので、コブでのトレインはご遠慮ください。』
と怒られるのかと思ったら、
『いや〜、すごいですね〜。ビデオを撮らせていただきたいんですが、もう1本お願いできませんか?奥志賀のFacebookにアップしますから。』
とのこと(^^;;
急遽トレイン3本目です。

そして最終日。残念ながら天気はイマイチです。
アーリーモーニングを滑った方のお話では、上部は小雪がちらついていたそうですが、私が滑り始めたころには小雨が降り始めました。

IMG_2753.JPG

試乗スキーは、前日の午後からE-TURNの9.0です。

前日までとは違い、冷たい風が吹いて寒さを感じるほどです。強風のため、ゴンドラも運行を停止しています。
テンションは全く上がらないため(とは言っても、結構滑りましたが....)、午前中で撤収することにしました。

奥志賀出発は13時過ぎ。往路同様、草津経由のルートです。
渋峠から草津までの下りは小雨でガスがかかっていましたが、18時以降は積雪と凍結のため一時通行止めになったそうです。さすが志賀高原、恐るべし....。これがあるから、志賀に行くときはGWでもスタッドレスは外せません(^^;
草津の温泉街付近がやや混雑したものの、八ッ場バイパスを抜け、高崎方面に右折すると後は順調。って言うか、車がほとんど走っていません(^^

しかし高崎ICから関越に乗ると、藤岡JCTから高坂SA先まで、ず〜っと渋滞。鶴ヶ島まで2時間以上との表示です。さすがにこいつに突っ込む気にはなれず、北関から東北道に逃げることに。東北道も羽生PAまで渋滞していましたが、その後は首都高を含め順調で、18時過ぎには帰宅できるという予想外の展開でした。

今回は、滋賀県スキー連盟BAYAクラブの皆様に、大変お世話になりました。
楽しい3日間を過ごさせていただいたこと、心より御礼申し上げます。
いろいろと無理を申し上げ、またご迷惑もおかけいたしましたが、何卒ご容赦ください。
機会がありましたら是非またご一緒させていただきたく、今後ともよろしくお願いいたしますm(_ _)m

ホンモノを?
posted by スキー中毒者 at 17:47 | Comment(2) | TrackBack(0) | スキー

2014年05月02日

2015スキー試乗@野沢温泉(2/2)

続いて4/27(日)分のインプレッションです。

朝から雪はザブザブ。だからという訳ではありませんが、この日は終日、BC系のスキーを試乗しました。
普段乗らない板なので、何とコメントしていいやら....。見当違いのことを書いてるかもしれませんが、何卒ご容赦くださいm(_ _)m

VÖLKL BRIDGE
L179/R20.7/128-95-115
IMG_2688.JPG
雪面はあまり荒れてませんが、雪はかなり柔らかい状態です。
角付けをするだけでもズレながら素直に回ってくれますが、内傾角をとってソール面を内から押すように荷重すると、綺麗なターンが描けます。エッジングや荷重の量を調整することで、ターン弧のコントロールが可能です。
小回りもまずまず。

MOMENT UNDERWORLD
L181/R25.0/132-106-123
IMG_2690.JPG
板の硬さは感じません。撓ませやすいスキーです。
VÖLKLのBRIDGE同様、内傾角をとって踏み込むと、綺麗に撓んでターンに入ってくれますが、よりカービング的な感覚です。
切り換え時にも太さを感じない、大変操作性の良いスキーだと思います。
ちなみにこのスキー、通常のキャンバーに加え、センターにもうひとつ小さなキャンバーが入っています。結果、大きなキャンバーが小さなキャンバーで分断され、キャンバーが3つ。トリプルキャンバーって言うんだそうです。残念ながら効果の程は実感できませんでしたが(^^;

MOMENT DEATHWISH
L184/R25.0/136-112-129
IMG_2694.JPG
UNDERWORLDと比べると、スキーの張りは強め。板自体がしっかりと受け止めてくれますので、かなり深い内傾角をとることができ、カービング要素の強い滑りが可能です。
切り換え時にもたつきがありませんので、小回りもゆったりしたリズムであれば大丈夫でした。
個人的には、ここまで張りが強くない方が好みです。
UNDERWORLD同様、こいつもトリプルキャンバーです。しかし、どちらのスキーも構造よりも気になるのはトップシートのデザイン。この顔に見つめられながら滑って、リフトに乗ったときに目が合うっていうのもねぇ....。

MOMENT BELAFONTE
L178/R23.5/133-106-122
IMG_2696.JPG
整備されたゲレンデを滑走する普通の(?)スキーに良く似た感覚です。
エッジングを強めればカービング的な滑りになりますし、ズレをコントロールした滑りも問題なくできます。ただし、常に板をしっかりと踏んでいることが必要だと感じました。
でも、楽しさではUNDERWORLDやDEATHWISHの方が上かな。

SKILOGIK ROCK STAR
L178/R14.0/142-117-141
IMG_2700.JPG
良く回るスキーです。
回りすぎて、荒れた斜面ではちょっとキョロつき気味ですが、ターン内側からしっかりと踏んであげれば落ち着きます。しかし、荒地からコブ斜面に育ちつつあるような状況では、やや扱いにくさを感じました。
素材がウッドなので、滑走中に両スキーがぶつかると、足許からカチカチと拍子木を打つような音がします(^^;

4FRNT HOJI
L179/R30.0/129-112-120
IMG_2702.JPG
MOMENTやSKILOGIKから一転、さわやかなデザインです(^^
しかしコースはすでにかなりボコボコ。残念ながらこういう状況では、本領を発揮できないようです。
細かいコブのピッチに合わせられないと、トップにやや不安定さを感じました。コース内を滑るときは、しっかりと踏む必要があるのでしょうか。
コース外の林に入ると、柔らかく荒れた湿雪に板を取られることがありませんし、妖怪板掴みに捕まることも少ないので、滑りやすいです。

VECTOR GLIDE AVENTURA
L178/R18.2/135-100-120
IMG_2704.JPG
メタルが入っているやつもあるそうですが、これはグラスタイプ。軽さと柔らかさを感じるスキーです。斜面はボコボコ、滑り手はヘロヘロという状況には、ピッタリの板でした(ま、一番いいのは滑らないことなんですが....)。
コブに当たっても柔らかいトップが吸収してくれますし、板が軽いのでエイヤッと振り回すこともできます。また意識的に内傾角を強めると、思ったよりしっかりとエッジがグリップしてくれました。
突破力はイマイチかもしれませんが、この板にそんなもの求めちゃいけないでしょう。大変操作しやすく、脚力のない方でも十分に扱えるスキーだと思います。
posted by スキー中毒者 at 12:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | スキー

2014年05月01日

2015スキー試乗@野沢温泉(1/2)

野沢温泉スキー場で開催されたICI石井スポーツグループ試乗会の、4/26(土)分の試乗インプレッションです。

朝イチはともかく、午後になると斜面の荒れがひどくなり、試乗どころじゃないような状況でしたから、参考になるかどうかはわかりませんが、一応簡単にまとめてみました。

VÖLKL PLARINUM CD SPEEDWALL
L171/R16.6/105-76-124
IMG_2668.JPG
グサ雪でも安定性があります。
ターン弧は大〜小までオールラウンドに使えると思います。
フロントロッカー効果で、切り換え後の捉えは急ではありませんので、扱いやすいです。捉えた後も、谷回りでエッジが噛むという感じではなく、スキーを動かすことができるため、ターン弧の調整も容易です。
板自体は重いのですが、滑れば気になりません。

KEI-SKI ARX15
L168/R15/115-70-105
IMG_2672.JPG
操作性は非常に良いと感じました。
オートマチック感には乏しいのですが、操作した分だけ素直に動いてくれます。
全体的な印象としては、しなやかに撓むと言うより、柔らかいという感じでしょうか。状況によっては板自体に弱さを感じる方がいらっしゃるかもしれません。
雪の状態によるのかもしれませんが、トップの捉えにやや甘さを感じました。

K2 AMP 80XTi
L170/R15.0/125-80-109
IMG_2675.JPG
整備されたゲレンデ中心のオールラウンドモデルだと、センター幅が70mm前後でしょうか。それと比べると、やや太め(とは言え、K2の他の板と一緒に並んでいると細く感じます)ですが、滑ってみると切り換えでのもたつきがなく、太さを感じません。
見た目とは違い(?)驚くほど軽やかな乗り味で、ターンの抜けもいいです。
大〜小までオールラウンドに使えそうです。

K2 AMP RICTOR 90 XTi
L170/R16.0/132-90-116
IMG_2678.JPG
普段乗っているSTÖCKLIのLASER SCはセンター幅が72mm。いくら私が鈍くても、90mmの板を見れば太めだとは分かります。実際に滑ってみても、さすがにやや太さは感じるものの、実用的に問題になることはありませんでした。
ターン弧は、大〜中はもちろん、小も意外にいけます。
エッジホールドはそれほど強くなく、操作性もまずまずです。
グサ雪に潜らない(浮いてくるという感じではありません)ので、滑りやすかったです。

K2 ANNEX 98
L177/R21.0/131-98-119
IMG_2681.JPG
いつも細い板に乗っていますので、100mm近いセンター幅の板に乗るときは、最初はちょっとドキドキします(^^;
でも心配御無用。午後になって、コースの状況はますます悪化していますが、悪雪に入っても全く不安感がありません。大〜中まで、普通に滑ることができます。切り換えでのもっさり感も感じません。
やまびこ第2フォーリフト下の林に入ると、自分の板だとコブしか滑りませんが、こいつならどこでも滑る気になれます(^^

K2 ANNEX 108
L177/R23.0/139-108-127
IMG_2683.JPG
調子に乗って、センター幅108mmも試してみました。
雪面は柔らかいのですが、雪自体は重いため、荒れた斜面で抵抗をまともに受けると、力を貰い過ぎて、やや手強く感じました。このような状況では、エッジングの調整が必要です。
太いにもかかわらず、切り換え時のもっさり感はそれほど感じません。
コース脇のグサ雪にも全く不安なく入れる安心感があります。
posted by スキー中毒者 at 17:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | スキー

2014年04月30日

BC系に進路を取れ?

ゴールデンウィーク前半(?)と言えばいいんでしょうか、26-27日は野沢温泉に行ってきました。

26日は、朝6時に関越道寄居PAで仲間と合流し、塩沢石打ICで降ります。
いつもであれば、石丸の脇を通る国道353で十二峠を越えて十日町に抜けるのですが、この道路は4月初めに融雪による土砂崩れが発生し、今も通行止です。
ということで、今回はちょっと遠回りですが、上国の下を潜る大沢山トンネルを利用して、県道76〜334〜国道117と抜けました。
この道、いいですねぇ。急なアップダウンやワインディングが無く、走りやすいです。トンネルを抜けてから県道334に入らず、左折して県道76を走った方が距離は短いようですが、ほんの一部ながら狭い急坂区間がありますので、途中にある上国の当間ゲレンデに行くのでなければ、まっすぐ進んで県道334を利用した方がいいでしょう。

現着は9時。今回のお宿ロッヂゆきやまさんは、長坂ゴンドラのすぐ近くという、大変便利なロケーションです(^^
すぐにお部屋に入れていただけましたので、着替えて出撃。
ゴンドラから見る長坂ゲレンデは、すでに農作業中です(^^;

IMG_2667.JPG

今回の目的は、ICI石井スポーツグループさんの試乗会なんですが....、メーカー、試乗板ともやや少なめです。試乗受付に列もありませんし、スキー置き場の板の数を見ても、参加者は例年より少ないようです。

IMG_2674.JPG

早速VÖLKLのCDから試乗開始。
使用したコースは、やまびこCとE。天気が良く、大変暖かいので、荒れるのは時間の問題です。

IMG_2670.JPG

その後、KEI-SKIのARX15、K2のAMP 80XTiと続いたのですが、次のK2 RICTOR AMP 90XTiあたりから、微妙に方向性が変わってきました。
ランチを挟んで試乗したのは、K2 ANNEX98、そしてANNEX108....。

翌日になると、この流れは加速します。
初っ端に試乗したのは前日同様VÖLKLですが、モデルはBRIDGE。そしてその次はMOMENT、SKILOGIK、4FRNTへと(^^
雪がザブザブだったということもありますが、完全にBC系の試乗になっちまいました。試乗コースも、やまびこCと....、第2フォーリフト下の林の中(^^;

今までもセミファットを何本か試乗したことはありましたが、時間つぶしみたいなものでした。
しかし、今回同行した指導員仲間のご夫妻が、いつも太い板で楽しそうに滑っているのを見て、ちょっと影響されたのかもしれません。
今回は10本近く、スタッフのおにーちゃんのアドバイスを受けながら、結構真面目に(?)試しました。もちろん新雪に入れた訳じゃありませんが、なるほど、こういう板も楽しいですね。
これ一本とはいきませんが、サブで持っていてもいいかもしれません。
ま、おサイフが許しませんけど(^^;
posted by スキー中毒者 at 17:45 | Comment(5) | TrackBack(0) | スキー

2014年04月21日

消費税実感@丸沼

前週がかぐらだったので、この土曜日は丸沼にしました。

高速も下道も順調だったので、所要時間は3時間。8時前に現着しました。
天気は曇りを予想していましたが、青空です。

8時15分にリフトの営業運転開始。 
まずはゴンドラでトップに上がりました。
終点から、さらに奥に進む方もいらっしゃいます。

IMG_2635.JPG

もちろん私はこっち(^^

IMG_2636.JPG

春とは言え、そこは丸沼。夜の冷え込みで、雪面は硬くなってますので油断大敵です(^^;
エッジを立て過ぎないように注意しながら、ベースまで滑走。

IMG_2637.JPG

空いているうちは、ゴンドラを使うことにしたのですが、シングルレーンは何時まで経っても混雑しません。ゴンドラを6本ほど回したところで、ゴールドを滑ってみました。

IMG_2640.JPG

時刻は10時半を少し回った頃でしょうか。他のコースは、雪が少しずつ緩み始めましたが、こちらはまだ締まっており、真っ平です。リフトはシングルだし、滑る人が少ないこともあるのでしょう。

ローズは端にコブのラインが1本。リフト側にはポールが張られており、やや狭いので、バイオレットを何本か滑ってお昼ゴハンにしました。

IMG_2645.JPG

今回購入したリフト券は、4,700円で一日券に1,000円のランチ券と200円のドリンク券が付いたセットです。選んだスタミナ丼は1,030円。
「ん?消費税分か?」
レジでしっかりと30円を徴収されました(^^

お昼ゴハン&お昼寝の後は、シルバーへ。

IMG_2648.JPG

雪はまだ充分残っており、谷間にも土は出ていません。
最上部はややリズムが崩れていますが、斜度が緩やかになり始めるあたりから、きれいなラインが数本並んでいます。適度に緩んだ滑りやすいコブのはずなのですが、問題は滑り手。気合、根性、技術、向上心、全てが欠如している中毒者ですから....(^^;;

この日も3時まで滑ると、もうお腹いっぱい。撤収です。

帰路も順調で、往路同様約3時間で帰着。いつもこうならいいのですが....。
野沢に行く今週末はそれほどでもありませんが、奥志賀に行く予定の来週末のGW後半4連休は、渋滞予測がスゴイことになってます。今年はお休みの並びがイマイチなので、みんな後半の連休に集中しちゃうんでしょうか。
まぁ、自分も出かけるわけだし....、仕方ないか(^^;

この時期には
posted by スキー中毒者 at 12:45 | Comment(7) | TrackBack(0) | スキー

2014年04月14日

ぽかぽか春スキー@かぐら

土曜日は、かぐらか丸沼か迷った末に、かぐらへ。
指導員仲間のご夫妻をピックアップし、関越に乗ったのは5時過ぎ。前週に菅平に行った時よりも交通量は少なく、朝食のために立ち寄った赤城高原SAも空いてます。

しかし7時過ぎにみつまた駐車場に到着すると、こちらは思ったよりも混んでました。駐めた場所は売店のやや手前、ロープウェイから見た時には、すでに入口近くまで車が埋まっていました。(その後、満車になり、田代に誘導されたようです。)

4か月ぶりのかぐらは、大変いい天気です。
『ぼかぼか春スキー』の横断幕がいいですね。オープン時は確か『わくわく初滑り』だったはず(^^

IMG_2622.jpg

まずはメインゲレンデ。
雪は朝イチで硬いですが、ガチガチのアイスバーンではなく、快適に滑ることができます。

続いてジャイアント。
真ん中にコブのラインが一本掘られていますが、あとは荒地。相変わらず午前中は空いてます。

IMG_2623.jpg

そうこうしているうちに、パノラマもオープンしました。
斜面の向きによるのかもしれませんが、こちらの雪はかなり柔らかいです。

IMG_2624.jpg

コースの混雑はそれほどでもありませんが、利用者が集中する1高が混み始めました。同行のお二人は、かぐらが久しぶりということでしたので、田代にも行ってみることにしました。
とは言え、私も田代は詳しい訳じゃありません。“田代ゴンドラ”の看板を頼りに、緩斜面を滑り、リフトに乗り....。

標高が低いからか、雪はかなり緩んでいます。田代唯一(?)の急斜面、チャレンジにも行ってみましたが、コブというより単なる荒地でした。
コースはどこも空いてます。しかし11時過ぎ、ちょっと早いけどと入ったレストラン・アリエスカは大混雑でした。

ランチ後は、のんびりとかぐらに戻ります。
5ロマを上がってみましたが、コースはボコボコ。新雪狙いじゃなくても、コース外を滑りたくなります(^^;

午後のメインゲレンデは、こんな感じ。

IMG_2625.jpg

上部は雪が硬くほとんど荒れることはありませんでしたが、下部は雪が緩んで荒れが目立ちました。
3時半過ぎまで滑って撤収。ゴンドラコースの雪は柔らかかったのですが、まだ妖怪板掴みは出てきません。

みつまたのファミリーコースの荒れも、それほどではありませんでした。

IMG_2626.jpg

この日は下山コースがオープンしていましたので、ロープウェイは使わずに駐車場まで下りることができました。前回このコースを滑ったのがいつだったか記憶にないほど、久しぶりです。

5時前にみつまた駐車場を出発し、いつものようにまんてん星の湯に立ち寄った後、月夜野ICから関越道へ。渋滞は全く無く、順調に帰宅できました。

道路交通情報センターの渋滞予測によれば、今週末の渋滞も大したことなさそうです。
天気次第ですが、今度は丸沼にするかなぁ(^^
posted by スキー中毒者 at 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | スキー

2014年04月10日

2015スキー試乗@菅平

4月5日(土)に菅平で開催されたICI石井スポーツグループさんの試乗会に参加しました。
当日の天候は晴れ。寒さも暑さも感じない快適な気温でした。
試乗コースはファミリー、かもしか、裏太郎(シーハイル)。朝一番はきれいに圧雪された硬めのバーンでしたが、昼頃にはファミリー、裏太郎とも荒れが目立つようになりましたが、かもしかは滑る人が少ないため、それほど荒れることはありませんでした。

STÖCKLI LASER SX
L170/R15.6/120-70-99
IMG_2586.JPG
適度な張りがあるスキーです。板の硬さは感じませんが、朝の締まった雪をしっかりとグリップしてくれました。荷重すると板がキレイにたわむのを感じることができます。
エッジが急に噛むことはありませんし、グリップも強すぎませんから、ターン中に動かし辛かったり、ミスカービング等の失敗は少ないと思います。
大回りでは、足許が安定しており、安心感があります。板の走りもまずまずです。
小回りでは、返りが強すぎないため、コントロールしやすいと感じました。深回りから浅回りまで、ターン弧の調整も容易。
ズレを意識しても素直に動いてくれますし、大〜小までオールラウンドに使えるスキーだと感じました。
CXとどちらを選ぶか、悩ましいところですが、
適度な張りのSX
しなやかなたわみのCX
といったところでしょうか。

ATOMIC BLUESTER DOUBLEDECK3.0 SC+X12TL
L165/R10-11-12?/125.5-69-111
IMG_2589.JPG
私はATOMICとの相性はイマイチなのですが、小回り用のセカンドモデルが転がってましたので、試してみました。
前後のポジションにやや敏感でしょうか。前に乗りすぎると、テールがズレやすいように感じました。
どっしり感はありません。言葉は悪いかもしれませんが、薄っぺらい板に乗っているような感覚です。だからと言って、安定感がないという意味ではありません。
このスキーでは、ズレを意識して滑るとき、エッジングを緩めるような意識で操作しない方がいいかもしれません。ある程度の内傾角でエッジを立てていた方が安定しますし、スキーを動かすこともできます。エッジホールドはそれほど強くありませんから、コントロールしやすいです。
小回りはもちろん、現実的な(?)大回りまで、十分に対応できると思います。

K2 VELOCITY
L172/R13.0/121-72-111
IMG_2594.JPG
まだ硬さが残る斜面での試乗だったからでしょうか、
安定性はホドホド、
走りもホドホド、
操作性はマズマズ。
低〜中速で滑っても、もう少し張りが欲しいと感じました。
大回りでは、たわみが解放されても板が走りません。だったらメタルが入っているやつに乗れよ、と言われりゃそれまでなんですが....。
小回りでも、踏んでも思ったより返りが弱いです。だったら自分で動かせよ、と言われりゃそれまでなんですが....。
スピードを上げると、外力の助けを借りることができるのですが、安定性がイマイチ。
昨年の野沢で試乗した今シーズンモデルのような満足感はありませんでした。

VÖLKL PLATINUM SW SPEEDWALL
L166/R15.0/122-74-104
IMG_2596.JPG
最近の試乗は手抜きで、事前の情報収集は全く行っていません。
VÖLKLでオレンジ色のやつが転がってましたので、
「これって、中〜小回りベースのオールラウンドモデル?」
とスタッフのおっちゃんに尋ねたところ、
『そうですけど、このもうひとつ上があるんですよ。』
上位モデルじゃない方がいいのは目に見えてますので、
「いいよ、これで。」
と言おうと思ったその時、試乗を終えた方が帰ってきました。
『あ、これこれ。』
私ゃその気じゃないのに、おっちゃんは完全にその気になってます(^^;
まぁせっかくですから試すことに。見るとSW。
「SWって、フルロッカーのやつ?」
『そうです。』
去年ASAMAで試乗したときは、内傾角だけで簡単に回ってくれるような印象だったような....。
履いた瞬間はスキー自体の重さを感じましたが、滑ると気になりませんし、しっかりとした安定感があります。
そしてこいつは、たわませてナンボのスキーですね。板の上に乗ったズレズレの滑りでも、そこそこいけますが、内傾角をとって板をたわませると、抜けが良く、走ります。エッジホールドが強すぎることもなく、操作性は悪くありません。
小回りでは、油断してポジションが後ろになると、板に置いて行かれちゃいそうです。
大回りも、まずまず。急斜面で目一杯大きく回るのは、さすがにやや苦手かもしれませんが。

SALOMON X-DRIVE 8.0 FS+XT12
L168/R15.0/124-80-108
IMG_2598.JPG
サロモンを物色しに行くと、大瀧徹也さんがいらっしゃいました。
ショート系オールラウンドモデルのお勧めを聞くと、
『今ちょっと出払っちゃってます。戻ってくるまで、これに乗ってみませんか?』
センター幅はやや太めですが、最近の板は、だからと言って小回りが苦手とは限りません。
やや荒れ始めた斜面を滑ってみると、軽やかながら、驚くほど安定しています。
サロモンは荷重ポイントがそれほどシビアではないという印象ですが、こいつはやや狭いかもしれません。小回りでは荷重ポイントを外すと、思ったように返ってきません。しかし自分で動かせば素直に反応してくれますので、それほど滑りにくいとは思いませんでした。
大回りは....、普通です(^^

SALOMON X-RACE+RACE PLATE XX
L165/R12.6/120.2-70.2-104.2
IMG_2600.JPG
昨年も試乗していますが、ほぼ同じ印象ですから継続モデルでしょうか。
斜面は荒れて、ボソボソの雪が溜まっている所もあります。
そんな中で大回りで滑ってみましたが、良く走りますし、安定性もいいです。スペック上のラディウスの小ささは、全く感じません。
小回りでは、雪が柔らかいこともあるかもしれませんが、急激に返ってこないので扱いやすいです。急斜面でも足許に戻ってくれますので、余裕を持ってコントロールができました。
試乗を終えて返却。
『脱ぎっぱでいいですよ〜。』
と言われましたが、ラックに戻そうと手に持ったところ、
「お、重っ!」
滑っている時は全く感じませんでしたが、滅茶苦茶重量があります。ゲレンデまで長い距離を歩かなくちゃいけないスキー場では、ちと疲れるかもしれません(^^;

OGASAKA KS-RS+RC600FL
L165/R15.1/116-70-101
IMG_2602.JPG
時刻は12時半。皆さんランチの真っ最中のようで、ゲレンデも空いてます。私もお昼ご飯にしよと思ったのですが、オガサカを覗くと、こいつが転がってました。65はいつも出払ってたのですが....。
ということで、ランチ前最後の試乗。
非の打ちどころがないとは、こういうことなんでしょうか。
大回りから小回りまで、高速から低速まで、滑り手のリクエストに涼しい顔で応えてくれます。それも完璧に。
特に印象的だったのは切り換えのスムーズさ。山回りから切り換え、そして谷回りへと、シームレスにターンがつながります。
アラも見つからず、
「こんなに回っちゃうのかい。」
と難癖をつけるのが精一杯。
しかし....。
スゴイなぁと感心はしたのですが、不思議なことに心からの満足感はありませんでした。
私の勝手なイメージなんですが、Keo'sって、一見乗りやすいんだけど、どこか尖がっているところがあって、ちょっとだけ元気なスキー。尖がったところに文句も言ったけど、それでも楽しかった。
でもだんだん尖ったところが削られちゃって、ちょっとだけ元気なUNITYみたいになっちゃった。
いや、あくまでも私の個人的な勝手な感想です(^^;
性能には文句のつけようがないんです(^^;;

午前中に試したのは、これ以外に
OGASAKA TC-SZ(165)
STÖCKLI LASER CX(170)
の2台。
来シーズンの新板候補のため、再試乗です。

TC-SZは、私にとってはやや強いでしょうか。
LASER CXのしなやかさには、正直ヤラれてます。
が....、LASER SXも、なかなか魅力的(^^;
やっぱり最終決定は、GWの野沢試乗会かぁ。

STÖCKLIの弱点
posted by スキー中毒者 at 17:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | スキー

2014年04月08日

穏やかな菅平試乗会

土曜日は菅平。
前の週に丸沼で右手親指を骨折したにもかかわらず、懲りずに試乗会への参加です(^^

関越に乗ったのは、いつものように5時過ぎ。明らかに車の量が少なくなっています。PAでゆっくりと朝食を済ませても、現着は8時前でした。
ファミリー下の駐車場は、まだ半分も埋まってません。試乗会受付も待ち無しで、8時過ぎには完了。
試乗とリフト運行の開始時刻は8時半ですが、一部のメーカーは既に貸出を開始しています。ICIスタッフの
『リフトが混雑しますので、貸出はもうしばらくお待ちくださ〜い。』
という声もどこ吹く風(^^;

各メーカーの試乗スキーは、昨年はファミリー下に並んでましたが、今年は裏太郎下です。

IMG_2584.jpg

試乗コースはファミリーの左側と裏太郎がフリー、ファミリー右側には試乗ポールが張ってあります。

IMG_2588.jpg

朝イチの斜面はかなり硬いので、スリップしないように慎重に(^^;
裏太郎もキレイにパックされており、気持ちいいです。コブのラインもできてますけど、今回はやめておいた方がいいかな....。

IMG_2593.jpg

天気予報は曇りでしたが、いい天気で、気温も寒からず暑からず。試乗会参加者も思ったほど多くはありませんが、昼前には斜面が少しずつ荒れ始めました。とは言っても、この程度。

IMG_2604.jpg

試乗スキーが並ぶ裏太郎下も、参加者が歩き回るのでザブザブです。たまらずコンペ館のおにーちゃんが硫安を撒き始めました(^^;

今回は『エキスパート試乗会』と銘打ってます。どういうコンセプトか、よくわからないのですが、各メーカーとも試乗スキーの種類、本数を絞り込んでいるようです。そのため人気モデルはいつも出払っていて、返却待ちをしないとなかなか乗れません。
私ゃ待つのがキライな人間なんで、基本的に転がっているスキーを試乗するのですが、今回は1台だけ待ちました(^^

ランチ前に試乗したスキーは9台。うち2台は丸沼で試したスキーの再試乗でした。(イマイチ気合が入ってませんが、インプレは別途レポートします。)

13時、偶然(?)遭遇した指導員仲間のご夫妻と一緒にランチ。
その後もなかなか腰を上げず、おしゃべりを続けていたら....。
「あれ?4時だ。」
試乗終了の時刻になっちまいました(^^;;

結局午後は試乗せず。
もちろん自分の板で滑る訳もなし。そもそも板を車から下ろしてないし。

ここ数年、菅平の試乗会は荒天続きでした。
昨年はゲレンデコンディション悪化のため、スキー場の営業が土曜日で終了。
一昨年は雪はあったものの、強風のためリフトが動かず、試乗会が中止になってます。
今年は好天に恵まれ、久しぶりに穏やかな菅平試乗会でした。
posted by スキー中毒者 at 18:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | スキー

2014年04月04日

2015スキー試乗@丸沼

丸沼高原スキー場で開催された、ICI石井スポーツグループさんの試乗会に参加しました。
試乗日時は3月29日(土)の8時30分〜15時30分。終日快晴でした。
試乗コースはローズとグリーン(一部ゴールドとバイオレットも使用)で、朝一番はきれいに整備され、硬くしまった雪でしたが、時間と共に気温が上がり、午後になると荒れが目立つようになりました。

OGASAKA TC-SZ+RC600FL
L165/R12.8/117-67-104
IMG_2523.JPG
『技術選小回り』というラベルが貼ってあるため、一瞬怯みますが、頑張れば私程度でも何とか乗ることができます(^^;
当然のことながら小回りは素晴らしいです。朝イチの硬い斜面で、中速(私にとっては充分に高速ですが....)の小回りで滑ってみましたが、返った板がすっぽ抜けることなく、大変コントロールしやすいです。
中〜大回りでも、トップからグイグイと内に入ってくることはありません。エッジホールドはしっかりしていますが、決して強すぎるとは感じませんでした。
低速でズレを意識して滑ったときに、やや板の張りを感じますが、慣れれば問題ない範囲でしょう。
強さとしなやかさを兼ね備えたスキーで、一見難しさを感じないかもしれませんが、板をしっかりとたわませないと失敗することがありますので、注意が必要です。
このスキーは、15時過ぎにもう一度試してみました。
雪が緩み、荒れた斜面でしたが、安定性は素晴らしく、スピードに乗った中〜大回りでも全く不安は感じません。小回りでは、急激な荷重やエッジングを行うと、やや強い反応が返ってきます。
小回りでも大回りでも、スキーは軽くしない方がいいようです。

BLiZZARD RACING SRC TITANIUM
L165/R13.0/121-70-106
IMG_2531.JPG
小回りでの切り換えは、非常にスムーズです。切り換え後の雪面の捉えはマイルドですが、その後のエッジホールドは決して弱くありません。ただコントロールはしやすいので、難しさは感じません。
大回りで滑っても、トップから内に入りたがるスキーではありませんから、基本的に問題はないのですが、常にスキーを軽くしないように心掛けた方がいいと思います。
低速では、やや強さが出てきます。スキーを動かそうとすると、動きに重さを感じますが、このスキーの性格を考えれば、やむを得ないでしょうし、特に不自由するほどでもありません。
全体的には、スキーに荷重をしていれば素直に動いてくれますし、エッジホールドも強すぎませんので、扱いやすいと思います。

STÖCKLI LASER CX
L170/R14.1/122-68-100
IMG_2534.JPG
小回りベースのオールラウンドモデルで、大変しっとりとした乗り味です。
小回りベースとは言え、大回りでも全く問題はありません。板の柔らかさを感じますが、エッジホールドはしっかりしていますので、安心できます。エッジングの調整も容易です。
小回りでは、切り換えのしやすさが印象的でした。オートマチック感には乏しいものの、舵取りではスキーを動かした分だけ素直に回ってくれます。
走りは普通ですが、特に不満は感じませんでした。フレックスは柔らかいのですが、硬い斜面にも負けません。きれいにたわませることができ、それを感じ取りやすいので、どのような状況でも失敗が少ないスキーだと思います。

STÖCKLI LASER AX
L175/R15.8/123-78-110
IMG_2537.JPG
大回りは非常に良いと感じました。ロッカーだけにターンインはスムーズです。谷回りでの捉えが強すぎず、調整がしやすいです。走りもまずまず。
小回りの切り換えで、ややもっさり感があるのは、直前にCXを試したからでしょうか。谷回りでは思ったよりテールが回ってきませんので、自分で動かす必要がありました。そのときも、やや鈍さを感じます。

ATOMIC BLUESTER Ti ARC
L164/R13.6/123.5-76-103.5
IMG_2541.JPG
大回りでのターンインは楽です。操作性も悪くはないのですが、安定性はイマイチでした。トップが雪面をしっかりと押さえつけていないような感覚です。
小回りで普通に滑ったときは、テールがやや食い気味に感じました。ターン後半に荷重ポイントをややテール寄りにすると、抜けが良くなるような気がします。

FISCHER RC4 SUPERIOR PRO
L165/R14.0/122-72-104
IMG_2545.JPG
斜面は荒れが目立つようになってきましたが、大回りで滑っても素晴らしく安定しており、操作性も非常に良いと感じました。エッジホールドは極端に強い訳ではありませんが、エッジが食い付いて、スキーが外に動かなくなることがありませんし、調整も容易です。
雪が柔らかくなってきたこともあり、小回りではやや鈍さを感じました。ターン後半の抜けもいまひとつでしたが、荷重ポイントを変えることで、ある程度は対応できると思います。

K2 CHARGER
L172/R16.0/122-74-106
IMG_2550.JPG
今シーズンまでは見た目で損をしているところもあったと思いますが、来シーズンからは白をベースにした軽やかなイメージに変身します。
スキーの性能は、相変わらず素晴らしいの一言。直前のFISCHERも良かったのですが、荒れた斜面の大回りでの安定性は特筆すべきものがあります。そして、とにかく良く走ります。
小回りでもきれいに回ってくれますし、板が抜け渋ることもありません。悪雪に詰まることを警戒して、おっかなびっくり滑ってると、スキーに置いて行かれそう(^^;
滑り手の操作に俊敏に反応してくれるため、乗っていて気持ちいいです。
今シーズンまでのCHARGERは、やや重さを感じる(重量も、操作性も、....見た目も、)ことがありましたが、来シーズンのモデルは軽快さすら感じます。
操作性が良く、安定していて、走る。悪いところは見当たらないのですが....、しっとり感を求める方にはどうでしょうか。もうこうなると、性能の話じゃなくて、相性みたいのものかもしれません。

ELAN SLX FUSION
L165/R12.5/123-69-107
IMG_2553.JPG
AMPHIBIOのスキーっていうのは、極端なことを言えば、板が勝手に回ってくれるような印象だったのですが、こいつは違いました。
メタルが2枚入っていることもあるのでしょうが、しっかりと荷重してやらないと、イメージ通りのターンになりません。いい加減な操作で小回りをすると、内スキーが真っ直ぐ走り、両スキーが交差しそうになります。大回りでも安定性はイマイチ。そして走らない。
昨年試乗したSL FUSIONと比べて、印象が違い過ぎます。恐らくは、スキーの性能ではなく、この時点の滑り手の性能に問題があったのでしょう。
お互いの名誉(?)のためにも、機会があれば、もう一度試してみたいと思います。

来シーズンは、小回りベースのオールラウンドモデルを狙っています。
現時点での候補は、OGASAKA TC-SZとSTÖCKLI LASER CX。K2のCHARGERもすごくいいんですが、数日間楽しむならともかく、1シーズン乗り続けるのはちょっと違う気が....。

今週末の菅平の試乗会で、もうひと悩みしてきます(^^;
posted by スキー中毒者 at 18:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | スキー

2014年03月27日

2014クラブ行事@白馬五竜

21〜23日の3連休は、今シーズン最後のクラブ行事を白馬五竜スキー場で実施しました。

私は前日の木曜夜から現地入りする予定でしたので、19時過ぎに自宅を出発。普通の時間じゃありませんので、関越練馬ICまでの下道は、普段なら40分かからないところ、1時間程かかりました。(まぁ私の「普通の時間」ってのは、土曜の朝5時前なんですが....。)
関越に乗っても交通量は多め。夕食のために立ち寄った三芳PAも、ファミリーで混雑してます。3連休前ですからね(^^

その後も、追い越し車線をのんびり走る車がいたり、八風山トンネルを抜けると濃霧だったりと、あまり条件は良くありませんでしたが、23時半過ぎに無事五竜のお宿に到着。
部屋に入ると既に先輩指導員がベッドで爆睡してますが、構わず缶ビールを2本だけいただきます。かろうじて日本酒に手を伸ばすことなく、就寝しました。

翌朝、起きてビックリ。辺りは真っ白です。スキー場の上部ならともかく、ペンション街にまで雪が降るとは....。
初日ですから、10時にエスカルプラザ前で開講式を行い、クラブ行事開始です。1級班は私の師匠にお願いし、私は今回も2級班を担当させていただきました。

まずは、とおみゲレンデで足慣らし。その後、テレキャビンでアルプス平に上りましたが、視界がイマイチです。何より風が強く、降る雪が顔に当たって痛いくらいです。

IMG_2488.JPG

上部での講習は断念し、そのままグランプリ〜チャンピオンコースを下り、いいもりゲレンデに移動して基本的な練習をすることにしました。
ウェアは湿った雪でびしょ濡れ。でも雨じゃなくて良かった(^^;

2日目は、前日と打って変わって快晴です。

IMG_2491.JPG

9時から講習開始の予定でしたが、その前に生徒さんが集まったので、テレキャビンが空いているうちにアルプス平へ。
昨日は視界不良だったグランプリコースも、雪質が良く、整備が行き届いているので、気持ちよく滑れます。

IMG_2495.JPG

ビデオ撮影をしながら練習を始めましたが、みんな考えることは同じで、次々と上がってくるスキーヤー、スノーボーダーで混雑してきました。コース幅は広いものの、様々なレベルや滑走スピードの方々がばら撒かれましたので、衝突の危険性もあります。

ということで、お隣の47に移動。昨年は47では滑ってませんので、2年ぶりです。

IMG_2497.JPG

こちらは、コース幅はやや狭いものの、適度な斜度変化を伴った中斜面が続きますので、昨日はできなかった実践的な練習を行うことができました。

ランチの後は、五竜に戻り、アルプス平で外脚を意識した基礎練習。そしてグランプリコースで実践。最後にとおみゲレンデを数本滑って、講習終了です。
翌日の天候を宿のご主人に確認したところ、予報では曇りとのこと。

最終日。予報が外れて、2日続けていい天気になりました。
この日も、9時前にテレキャビンで上がり、グランプリコースを滑走。

IMG_2507.JPG

その後、47に移動しました。

IMG_2508.JPG

上部の雪質はまずまずですが、最下部はグサグサの春雪。雪質の変化も良い練習と、前日までは行わなかった小回りも入れて、まとめを行います。

この日はお昼で行事終了なので、11時過ぎに五竜に戻り、グランプリコースを1本滑って講習を終了しました。
生徒さんと別れた私は、そのままチャンピオンコースを下り....、よせばいいのにエキスパートのコブへ(^^;

IMG_2515.JPG

何故か滑ってる人はほとんどいません。と、上から五竜のスクールの先生と思しきスキーヤーが滑ってきました。
さすがに上手いなぁと、同じラインを滑ってみましたが、ま、結果は推して知るべし(^^;
コブはヘタクソであるということを確認した後、とおみゲレンデを2〜3本滑って、私も滑走終了です。

12時にエスカルプラザ前で閉講式を行い、宿に戻り着替えたら、すぐに出発。
この時間なら高速も混まないだろうと思ってたのですが、上信越道を走っていると、関越道本庄児玉ICの先で事故渋滞との情報。その渋滞もみるみる伸びて、通過に80分とか90分とか恐ろしいことになり始めましたので、北関東道から東北道、首都高と抜け、帰りました。

これにて今シーズンのクラブ行事は全て終了です。
と言いたいところですが、都連にスキー学校の実施報告書を提出しなくちゃいけません。今シーズンは、こいつをいつも忘れてて、提出期限ギリギリになってますから、今度こそは(^^
posted by スキー中毒者 at 18:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | スキー

2014年03月18日

2014技術選観戦@八方

金曜日から日曜日まで、技術選の観戦のために、八方に行ってきました。
予選は水曜日から始まるのですが、いくら不良社員の中毒者でもそれは無理(^^;
ということで、ここ数年は金曜の本選からの観戦です(それでも充分に不良社員だとは思いますが....)。

初日は平日ですから、関越の高坂渋滞の心配はいりません。いつもよりちょい遅めの5時過ぎに出発。目白通りで「上信越道上田菅平〜坂城事故通行止」の表示も、そのうち事故処理が終了するだろうと高を括っていました。
しかし、上里でのんびり朝食を済ませても、まだ通行止。八風山トンネルを抜けて長野に入ると、「重大事故通行止」との表示に変わりました。夜中の3時過ぎの事故だったようですが、8時の時点ではまだ通行止が続いており、上田菅平ICから一般道へ。
「坂城までならすぐだよな。」
と思ったのですが、通勤渋滞の時間帯だったためか、R18が大混雑。結局坂城ICまで1時間以上かかりました。これなら菅平方面に回った方が良かったかもしれません(^^;
再び乗った上信越道を長野ICで下りR19に入ると、今度は小田切発電所付近のトンネル内で人身事故のため、片側通行渋滞(>_<)
往路は散々な目にあい、現着は11時過ぎでした。

IMG_2440.JPG

第3駐車場に車を入れた瞬間、メールが入りました。いつも現地で合流する♀マグロです。早速餌食になったイワシの気分(^^;
兎平で予定されていた種目がキャンセルされたらしいのですが、詳しい状況もわかりませんので、合流してランチと情報収集をします。
ゲレンデ上部がガスによる視界不良のため、兎平で行われる予定だった大回り規制がウスバに、ソデグロの小回りナチュラルの男子(女子はソデグロ での競技が成立したらしい)が名木山中カベに、それぞれコース変更(ウスバのフリーはキャンセル)されました。

IMG_2446.JPG

まずはウスバの大回り、続いて中カベの小回り、そして再びウスバの大回りと観戦。

IMG_2447.JPG

応援している丸山貴雄選手は大回りで痛恨のミスがありましたが、小回りは圧巻の滑りでした。
今年のスキー大学でお世話になった渡部浩司選手、芳川愛実選手も、まずまずの結果です。

観戦終了後、♀・♂マグロと一緒にセントラルを一本回遊。金曜日はこれでおしまい。

土曜日は見事な晴天。この日から決勝です。

IMG_2450.JPG

名木山トリプルからリーゼンクワッド、アルペンクワッドと上がり、あまりにも天気が良かったのでグラートクワッドでトップまで(^^

IMG_2459.JPG

そのまま兎平まで下り、競技コース脇で整地フリー規制を観戦。続いてソデグロ下でナチュラル大回りへ。

IMG_2463.JPG

最後に兎平下で整地小回りを観戦しました。

IMG_2466.JPG

丸山貴雄選手は、ソデグロで神がかり的な滑りを見せ、他の2種目もトップと1ポイント差と、猛追。
渡部浩司選手は、ソデグロで攻め過ぎ(?)ゴール前でバランスを崩して360°くるりと一回転。ご本人はブログで転んだとおっしゃってますが、転んでません!(と思ったのですが、これを見ると手は付いているのかなぁ。)スーパーパフォーマンスで拍手喝采。残念ながらポイントは....、ね。
芳川愛実選手は、得点がやや伸び悩んだ感じでした。

♀・♂マグロと合流し、黒菱で休憩後、スカイラインを1本回遊。
♀マグロはまだ回遊を続けたいようでしたが、リフト終了時刻が迫っていたので、兎平からボコボコのリーゼンを下りて、おしまい。

そして最終日。朝イチはやや雲がかかっているものの、まずまずの天気。

IMG_2468.JPG

この日は何を間違えたのか、8時前にすでにリフトに乗ってました(^^
リーゼンのコースが、あまりに気持ち良さそうだったので、1本。

その後、兎平テラスでトイレに立ち寄り、アルペンクワッドに乗ろうと、ヨボヨボと歩いていると、
『中毒者さ〜ん!』
ん?聞いたことある声(そりゃ名前を呼ばれてるんだから、聞いたことはあるわなぁ)。
昨日はお会いできなかったスキー大学仲間です。ギャラリーエリアに場所を確保しているということでしたので、お邪魔することにしました。

まずは整地フリー。

IMG_2471.JPG

芳川愛実選手、「行け〜!」と声援を送ったら、ホントに行っちゃいました。コース中盤で転倒、そのままゴール前まで背中で滑走(>_<)落ち込んでるだろうなぁと思いましたが、笑顔でギャラリーエリア脇を通過していきました。滑りはもちろんですが、この明るさが彼女の魅力です。
丸山貴雄選手、スーパーな滑りでしたが、後半にほんのちょっとだけミス。
渡部浩司選手は素晴らしい滑りで追撃開始です。

続いて不整地小回り。

IMG_2472.JPG

しかし上部からだんだんガスが下りてきて、競技コートを覆うのも時間の問題。雪と風もだんだん強くなっていきます。

そんな中、芳川愛実選手、今度は魅せてくれました。ガッツポーズが出る高ポイントです。
そして女子のトップ3、金子あゆみ選手が滑り出した瞬間、一気にガスがコースを覆い、ギャラリー席からはな〜んにも見えない状態に。ゴールしても、なかなかポイントが出ません。ジャッジ席からも見えなかったようで、採点不能。再スタートとなりました。
ガスはなかなか晴れず、女子最後の3選手はスタートで待機、ギャラリーも待機、....なんですが、中毒者は我慢できずにトイレへ。戻ってきたら女子の競技は終わってました(^^;
結局順位はそのままです。

続いて男子ですが、ガスはまた濃くなり、競技ができる状態ではありません。いくら待ってもガスは晴れませんが、男子選手は待機、ギャラリーも待機。正直、私は「もうダメだな。」と思ってました。

しかし、森TDを始め、運営スタッフの皆さんはあきらめません。情報収集とともに、競技再開に向けできる限りの努力をされていました。男子のスタートを女子の位置まで下げたり、ジャッジ席をフィニッシュライン近くまで上げたり。
選手の待機が限界と判断し、30分の解放を宣言した頃から、ガスが薄くなる時間帯が出始めました。競技続行です。

渡部浩司選手、さすがにコブの名手、素晴らしい滑りでした。
最終種目は、前日までの総合成績をリバースしてスタートしますので、男子最後の3名は丸山貴雄選手、井山敬介選手、柏木義之選手の順です。
まずは丸山貴雄選手、素晴らしい滑りで287ポイント。
続く井山選手、安定してます。287ポイント。
最後の柏木選手、攻めます。287ポイント。
結局総合成績は、井山敬介選手が優勝、2位が柏木義之選手、丸山貴雄選手は3位でした。

今年も天候に翻弄された技術選でしたが、選手の皆さんは素晴らしい滑りを見せてくれました。
そして、多くのスタッフに支えられた大会運営も最高!
天気が良くても、悪くても、大きな声援を送り続けたギャラリーも最高です!
すべての皆様、お疲れ様でした!!
posted by スキー中毒者 at 18:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | スキー

2014年03月09日

菅平からかたしなへ

昨日は菅平での滑走を15時半で終了しました。
山を下りて、上田菅平ICから上信越道に乗り、藤岡JCTを....、左へ(^^;

沼田に宿泊して、今日はかたしな高原に行きました。

IMG_2427.jpg

現着は8時過ぎですが、前日の菅平とは違い、駐車場には車がそこそこ入ってます。
天気は快晴で、暖かいとは言えませんが決して寒くはなく、菅平同様、絶好のコンディションになりました。

センターハウス前の中斜面にはリーゼンのポールが張られており、大会のようですから、そのままトップに上がり、上部の林間コースを滑ることにしました。
綺麗に整備された斜面は、適度な斜度変化も相俟って、快適に滑れます。

IMG_2430.jpg

時間が経つにつれ、場所によってはファミリーで混雑し始めますが、かたしなにしては混んでいるということで、普通のスキー場を基準に考えると、やっぱり空いてます。
午後になると雪がやや緩んで、斜面は荒れ始めますが、これもかたしなにしては荒れているということで、お隣の大型スキー場なんかと比べたら、真っ平らみたいなものです(^^)

IMG_2435.jpg

さすがに真っ平らばかりじゃ飽きますので、かたしな唯一のコブコースにも入ってみましたが....、リズムが悪いこと(^^;

IMG_2436.jpg

その後15時半まで滑って撤収。

帰路は下道も混雑気味でしたが、関越道が大混雑。沼田IC先の渋滞はすぐに通過しましたが、赤城高原手前から本格的な(?)渋滞が始まりました。高崎IC付近で流れ始めたものの、その先は断続的な渋滞が続いています。渋滞80Kmなんて恐ろしい情報もあったため、高崎JCTから北関東道に入り、東北道を抜けることに。
北関東道の一部に、やや流れが悪いところがありましたが、あとは順調だったため、20時には帰宅。結局、所要時間は4時間ちょい。高速に乗ったときは、どうなることかと心配しましたが(^^;

来週末は、八方の技術選の観戦です。
今週のように好天に恵まれることを願うのみです。

指導員はオトク
posted by スキー中毒者 at 23:59 | Comment(2) | TrackBack(0) | スキー

2014年03月08日

フルバージョンの菅平

今日は菅平に行きました。
この土日で、某都連の準指導員検定会が開催されており、私の所属クラブからも1名受検しているため、その応援です。

現着は8時半。ファミリー下の駐車場に入りましたが、まだ半分位しか駐まってません。リフト券売場も空いてます。
裏太郎下に行くと、ちょうど開会式が始まったところでした。

IMG_2396.jpg

快晴ですが、それほど寒くもなく、雪質は最高。素晴らしいコンディションの準指検定本番です。
当クラブの受検生、ゼッケン番号も知らなかったのですが....、いました。クラブのウェアを着ていましたので、すぐに見つかりました(^^
検定会は土日の2日間ですが、今日は何の種目をどこでやるのかもわかりませんので、受検生本人に聞きました。
『最初は白銀で横滑りです。』

IMG_2397.jpg

当クラブの受検生は、ローテーションの関係でスタート順は後ろの方でしたが、直前にサポートが全員でデラ掛けしましたので、かなり良い条件で1種目目をスタートできました。
リラックスして、まずまずの滑りでした。まぁ気になるところが無い訳じゃありませんが、それを言い出したら誰も受からなくなっちまいます(^^;

2種目目は天狗で基礎パラ大。3種目目はファミリーで基礎パラ小。大きなミスは無く、ポイントは押さえた滑りだったと思います。
天狗からファミリーへの移動途中、時間があったんで裏太郎を2本滑ってみました。このエリアのメインバーンと言ってもいいコースですが、ここ数年、研修会の時にはまだ雪が付いていないので、久しく滑っていませんでした。

IMG_2405.jpg

本日の最終種目は日の出でプルークボーゲン。
上から見ると右下で検定を行っていますが、受検生もサポートも少なくて、ちと寂しいです。私の頃はもっともっと賑やかだったんだけどなぁ。

IMG_2413.jpg

本日の実技はこれで終了ですが、夜には学科があります。
「これからどうする?滑る?それともお勉強?」
『宿に戻って詰め込みます。』
考えることは皆同じようで、実技終了後はゲレンデから受検生の姿は消えました(^^;

私も昼メシ食って、ちょいとお昼寝して....。せっかくですから、他のコースも滑ってみることにしました。
最近の研修会で滑れる場所と言えば、ファミリーと白銀の迂回コースくらい。

ということで、表太郎の急斜面。久しぶりです。

IMG_2416.jpg

明日の不整地小回りの検定バーンという話もありますが、コブはどこにも見当たりません(^^;


天狗。相変わらず上部はすぐに荒れてしまいます。

IMG_2417.jpg

よせばいいのに左太郎のコブへ。思ったより硬く、ピッチもやや短めでした。

IMG_2418.jpg

俗に言う「準指コブ」。ここが不整地小回りの検定バーンになるときは、リズムが悪い間延びしたピッチのコブで、正に「不整地」となるのですが、今日は気持ち良く滑れる1本のラインでした(^^

IMG_2420.jpg

こんなにコース幅一杯に雪が付いた白銀を見るのは、何年ぶりでしょうか。

IMG_2421.jpg

ダボスエリアまではとても滑れませんでしたが、太郎エリアはフルバージョンで楽しむことができました。しかも、寒くない菅平の最高の雪質で。

ま、私の楽しみはさておき....。
受検生の皆さん、明日もご健闘をお祈りいたします。
頑張れ〜!

今年のパトの力作
posted by スキー中毒者 at 20:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | スキー

2014年03月04日

ガスの八方

この週末は八方でした。
日曜日からは、またまた大雪なんて予報もあって、ちょっと心配していたのですが、雪は大丈夫でした。その代わり....。

往路は渋滞を避けるため、やや早めに出発した結果、8時半に現着。所用時間は約4時間でした。
お宿はいつものみちうえ旅館さんです。
荷物を下ろして早速出撃。スキー場に向かう道から仰ぎ見ると、上部はガスってます。

IMG_2343.JPG

しかし、リフト券を購入し、名木山トリプル〜リーゼンクワッドと上がるうちに、少しずつ晴れてきました。アルペンクワッドを降りると視界は良好です。そして思ったより空いてます(^^;

IMG_2346.JPG

ここ数シーズン、八方に来るのは技術選の週だけ。観戦が中心で、いろいろなコースを滑ることはありませんでした。
ということで、今回は久しぶりに....。

兎平と黒菱を数本滑った後、スカイラインから北尾根、咲花へ。
行こうと思ったんですが、ついスカイラインのペアリフト乗り場まで下りちまいました。迂回コースを滑るのも何なんで、もう一本。
そして北尾根のコブを数本。ここも久しぶりです。

IMG_2352.JPG

コブはヘタクソであるということを確認して、黒菱に戻り、整地で小回りの練習。
よせばいいのに、兎平のコブ。

IMG_2354.JPG

コブはヘタクソであるということを再確認して、パノラマへ。大、中、小の練習。
13時半にサンテラスぱのらまで遅いランチ、そして長〜い休憩。
外に出ると....。ありゃ、ガスってるよ(^^;

パノラマを数本滑った後、視界の悪さに辟易して黒菱へ移動しましたが、こちらも視界不良。って言うか、な〜んにも見えません(^^;
黒菱に下りたら迷子になりそうなんで、そのまま兎平の整地を下りましたが、うさぎ平テラスの前でも真っ白です。他にやることないんで、もう一本。コブに入っても、下が見えないんで恐怖心はありません。だからと言って上手く滑れる訳もなし(^^;;

うさぎ平テラスで待機するも、状況は好転しませんので、あきらめて撤収することにしました。
リーゼンスラロームを下りると、ガスはだんだん薄くなってきましたが、すでにテンションが下がりきってます。名木山を数本滑って、この日の滑走は終了です。

そして日曜日。
スキー場の上部は真っ白。

IMG_2358.JPG

そして名木山トリプルを上がると、ウスバから上は真っ白。

IMG_2359.JPG

しかしリーゼンクワッドで上がるうちにガスを抜けました。上部は視界良好です(^^
久しぶりにグラートクワッドで最上部まで上がってみました。

IMG_2366.JPG

コースはお世辞にも滑りやすくはありませんので、一本でおしまい。
兎平や黒菱の整地を滑った後、まぁせっかくですから黒菱のコブへ。

IMG_2371.JPG

コブはヘタクソであるということを再々確認して、兎平新コースを抜け、パノラマへ移動。
しばらく練習した後、サンテラスパノラマで早めのランチ、そして長〜い休憩。
外に出ると....。ありゃ、ガスってるよ(^^;

前日と同じパターンです。
パノラマを滑り、黒菱を滑り、兎平を滑り。
一瞬ガスが晴れかけたこともあるのですが、その後は濃くなる一方。身の危険を感じて、うさぎ平テラスに退避しましたが、前日同様いつまで待っても外は真っ白です。
あきらめて撤収することにしました。

ウスバまで下りれば視界良好ですが、

IMG_2375.JPG

上を見ると真っ白(^^;

IMG_2376.JPG

最後にしつこく名木山を3本滑って、ガスに恵まれた八方の滑走を終了しました。

2日共、ランチを終えるとガスってるというパターンで、やや残念でしたが、天気だけは仕方ないこと。
次の八方は、技術選の観戦。この時ばかりはガスが出るとどうにもならないので、何とか良い天気になって欲しいものです。

臨時クリニック
posted by スキー中毒者 at 17:46 | Comment(2) | TrackBack(0) | スキー

2014年02月24日

2015スキー試乗@ブランシュたかやま

今シーズンの試乗会は、ブランシュたかやまでのHEADからスタートです。

IMG_2310.jpg

試乗したのは2/22(土)で、天候は晴れ。ブランシュにしては暖かかったのですが、雪が緩むほどではありません。コースの雪はやや柔らか目ながら、大きく荒れることもなく、良好なコンディションで試乗ができました。

まずはPERFORMANCEラインのi.SUPERSHAPEシリーズから。
来シーズンのモデルは、ラディウスやスリーサイズは今シーズンと同様ですが、トップシートが硬くなったのと、プレート(8点のビス止めのうち、ヒールピース下が固定、残りは半固定)が変わったことの2点が、主な変更点だそうです。

i.SUPERSHAPE SPEED
L170/R14.3/119-66-98
IMG_2309.jpg
今シーズンのモデルと比べると、全体的な印象として、しなやかさより、しっかり感があります。テールがやや強いでしょうか。
10%のトップロッカーは変わってませんので、ニュートラルから谷回りに入るところで、ニュルッと雪を捉えてターンインするところは相変わらずですが、低〜中速では舵取りでやや張りを感じます。スピードを上げると、気持ちよく走ってくれました。
エッジホールドはやや強めですが、がっちりと食ったら離さないという感じではありません。エッジングの調整は容易ですから、扱いやすいです。
ターン外側へのズレを意識した滑りでも、特に問題はありません。
大〜小までターン弧を選びませんが、ある程度スピードを出す方に向いていると思います。
また特に難しいスキーではありませんが、今シーズンのモデルを基準に考えたときには、難しさを感じる方がいらっしゃるかもしれません。
あくまでも個人的な好みですが、もう少しだけしなやかさがあってもいいかなと思います。ま、ハイパフォーマンスモデルという位置付けなんでしょうけど。

i.SUPERSHAPE MAGNUM
L170/R13.1/128-72-106
IMG_2312.jpg
第一印象は、扱いやすいスキー。SPEEDのような張りの強さは感じません。低速でも安心して操作ができます。高速になっても不安定になることはありませんが、走りはイマイチです。
一昨年までのモデルのような、切り換え時のもっさり感はありませんので、大〜小まで難しさを感じることはないでしょう。また、板のたわみが感じやすいので、雪面との力のやりとりもしやすいと思います。
技術レベルや志向にもよりますが、よっぽどマニアックな方でない限り、オールラウンド性が高いのはSPEEDよりMAGNUMだと思います。しかし、楽しさを感じるかどうかと言えば....、これは滑り手次第ですね。

i.SUPERSHAPE RALLY
L170/R13.6/131-76-109
IMG_2314.jpg
最初のターンで感じたのは、切り換え時の自分の感覚とのタイムラグ。ニュートラルから谷回りに入るところで、スキーがちょっとだけ真っ直ぐ走るような感覚がありました。センター幅の広さとフレックス、トーションのバランスによるものでしょうか。今シーズンのモデルでも同様の印象があったように記憶しています。
全体的には、内傾角をとってカービング系で滑ったときは、極端な強さを感じることもなく扱いやすいのですが、大きめのズレを意識したときに、少しテール側の強さを感じました。
高速の大回りでは、トップがやや食い気味ですが、内に入りたがるほどではありません。逃がすことも容易ですから問題にはならないでしょう。
小回りも、自分でスキーを動かすことができる方なら大丈夫だと思います。

i.SUPERSHAPE TITAN
L170/R14.3/133-80-111
IMG_2316.jpg
i.SUPERSHAPE最後の1本ですが、一番とらえどころのなかった板です(^^;
もちろん、ごく普通に滑ることができ、決して滑りにくい板ではありません。
強いて言えば、センター付近が食いながら滑走する感じでしょうか。ズレを意識して滑ったときにも、センター〜テールがやや強く雪を捉えますので、少し気を遣いました。
高速の大回りでは、RALLYで感じたようなトップの食いつきは感じません。
試しに前後の荷重ポイントを動かしながら滑ってみたところ、ちょっとだけ前寄り(イメージとしては拇指球の下あたり)に荷重すると、比較的良いフィーリングが得られました。板の抜けが良くなり、走りが出ます。

i.SUPERSHAPEの試乗が終り、次の板を物色していると、白い板が転がってます。
「これは?」
『一応レーシングとなってますが、基礎でも十分使えます。』
「キャンバー?」
『そ。』

WC REBELS i.GSX
L170/R14.6/116-68-100
IMG_2319.jpg
滑り出した瞬間、思わず笑っちゃいました。いやぁ、いいですよ〜、これ!
切り換え後の雪の捉えは、“ニュルッ”じゃなくて“ピシッ”って感じ。もちろん、そのまま食いっぱなしなんてことはなく、エッジングを強めていくことも、少し緩めてコントロールされたズレを引き出すことも、自在です。
キャンバー時代のi.SUPERSHAPE SPEEDの進化版みたいなフィーリングです。
いつでもスキーのレングスをいっぱいに使っているという安心感も、私のような古いスキーヤーには嬉しいところ。
安定性も申し分ありませんし、今回は試せなかったものの硬い斜面でも力を発揮しそうです。
大回りから小回りまで、またカービングからスキッディングまで、これぞ真のオールラウンドモデルと言ってもいいかもしれません。
ただし対象レベルは最低でも1級以上でしょうか。
2級レベルの方はMAGNUMからステップアップしてね。
そして色気のないデザインは....。まぁHEADですから。いいんじゃないでしょうか(^^;

WC REBELS i.SLX
L165/R11.4/121-66-106
IMG_2321.jpg
「i.GSXがあるんなら、i.SLXってのもあるの?」
『あります。』
「え、ホントにあるんだ。」
『以前、i.SUPERSHAPEだけの名前の赤いやつあったでしょ。あんな感じです。』
乗ってみると、確かにおっしゃる通り。
ラディウスの数字は小さいのですが、それを感じさせません。ターン弧は大〜小までOK。もちろん内傾角を深くとると、トップから内に入ってきますが、普通に滑っていれば、勝手にグイグイと入ってくることはありません。エッジングの調整は難しくありませんので、ほとんどの状況に対応できるのではないでしょうか。ハイスピードの大回りだけは、ちょっと気を遣いますが....、できない訳じゃありません。
素晴らしいショート系のオールラウンドモデルです。

やっぱりHEADはキャンバーだね!

遅いランチを終えて戻ったのが14時半。時間的に最後の試乗です。
i.SUPERSAPEの中に、ポツンと見慣れないデザインの板が。
「これって、何?」
『あ、レディース。でも、シニアにも売っていこうかと思ってます。』
“シニア”と言われると反応する歳になってきました(^^;
「試していい?」
『レディースのつもりだったんで、短いのしか持ってきてませんけど。』
「いくつ?」
『53。一応設定は70まであるんですけどねぇ。』
「まぁ、物は試しで。」

SUPER JOY
L153/R10.9/127-74-107
IMG_2324.jpg
持った時の重さも、乗り味も大変軽いのですが、エッジホールドは意外なほどしっかりとしています。
板の挙動が分かりやすいので、扱いやすいですが、硬い雪だと、ややキョロつくところもあります。しかし、あの長さじゃ仕方ないでしょう。
そこそこのスピードを出しても安定していますし、操作性も大変良いので、メーカーの意図通り、女性やシニアにはピッタリの板だと思います。
デザインも落ち着いていていいのですが、洗剤みたいなネーミングは、何とかならんかったのかねぇ。

以上7本の試乗でした。
今回特に印象的だったのが、i.GSXとi.SLX。それぞれ、ミドル〜ロング系、ショート系の素晴らしいオールラウンド性能を、キャンバースキーで実現してくれました。

キャンバースキーは古いスキー?
posted by スキー中毒者 at 17:52 | Comment(3) | TrackBack(0) | スキー

2014年02月23日

諏訪から富士パラへ

昨晩は諏訪に宿泊して、今日は富士見パノラマでした。

ホテルからはR20で30分程ですが、沿道には先週末の大雪の跡がまだまだ残っています。
道路脇には除雪した雪が、多いところでは1m以上積み上げられており、家の屋根にも数十cmの雪が。普段は雪は少ない地域ですから、大変だったと思います。

スキー場には8時に到着しましたが、誘導されたのは第2駐車場の奥の方。相変わらずファミリーで繁盛しています(^^)

ゲレンデに出ても、まだゴンドラは動いていませんので、まずはセンターゲレンデを2本。前回このコースを滑ったのって....、いつだっただろ?覚えてません(^^;

IMG_2326.jpg

最初はゴンドラを使いトップからベースまで滑り、ゴンドラ待ちの列が長くなってからは、上部のコースを使いました。しかしラーチゲレンデは検定のため、13時までクローズです。仕方なく隣のアルパインゲレンデを滑りましたが、雪が柔らかいため、午前中から荒れ始めました。

IMG_2329.jpg

ちなみに両コースの間に架かっているリフトに乗ると、こんな状態。

IMG_2334.jpg

先週の大雪で、リフト下を除雪しないと引っかかっちゃうくらい、雪が積もったんですね(^^

午後は、解放されたラーチゲレンデで小回り。
いつもは午後になるとカリカリになるコースも、大変滑りやすい状態で、良い練習ができました(^^

IMG_2336.jpg

そして、今日も定時の15時に撤収。
中央道の車線規制による渋滞を心配していたのですが、諏訪南ICから乗った時点では渋滞情報なし。
「ラッキー!」
と思ったんですが、そうは行かないですね。笹子トンネル手前の車線規制の影響で勝沼IC付近から渋滞に捕まりました。
その後、走行車線の規制は大月JCTまで続きましたが、笹子トンネルを抜けてからは車の流れは良く、首都高も空いていたため、結局3時間で自宅に帰着できました。

高速の通行止が全線で解除されたとは言うものの、車線規制は思った以上に影響があります。来週は車線規制のない高速を走って、スキーに行きたいものです。

富士パラの努力
posted by スキー中毒者 at 23:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | スキー

2014年02月22日

ルーフボックスが!

今週末は、ブランシュでHEADの試乗会が予定されていました。
この試乗会には毎年参加しており、今年ももちろん参加です。

先週は大雪で高速、一般道ともほぼ全滅状態でしたが、さすがに今週は大丈夫。しかし高速では、除雪が不十分で車線が規制されている場所もあるとのことでしたので、念のため、早めに出発することにしました。
板とポール、ブーツは、先週から車に積みっぱですから、荷物を放り込めば準備完了。5時ちょい過ぎに自宅を出ました。数百m走ったところで、何気なくコンソールの小物入れに手を伸ばすと....。
「!」
ルーフボックスのキーが、ありません。
慌てて路肩に停車し、もう一度探しますが、やっぱりいつもの場所にはありません。

先週、八王子から引き返し、練馬で仲間の板とポールをルーフボックスから下ろし....。
「げ、もしかしてキーを抜き忘れた?」
車を降りて確認するも、当然ルーフボックスの鍵穴にキーは差し込まれていません。
「帰りはメチャクチャな悪路だったから、振動で抜けちまったか....。」
とりあえず自宅に戻り、スペアキーを探しますが、スペアも見当たりません。
ちなみに、ルーフボックスの中には板とポールが入ってます。
「今日は試乗会だからいいけど、明日は富士パラでフリーだからなぁ。」
仕方なく、3年前まで使っていたKeo'sと、もう何年使っていないか見当もつかないGOODEのポールを引っ張りだし、リヤシートを倒した荷室に放り込みました。無いよりはマシだろうと、NotWaxも一緒に(^^

結局、再出発は5時40分。
首都高から中央道に入っても、順調に流れていますが、ナビの広域情報では渋滞の赤帯が出始めました。八王子JCTの先から渋滞のようです。
そして八王子JCTの手前。渋滞でピタリと止まり、動きません。
「ま、先週末に一般道を走っていた方から比べりゃマシだよな。」
と自らを慰めつつも、なかなか先に進みません。
小仏トンネルの手前まで走ると、走行車線が規制されています。どうやらこいつが原因、その先は60km前後で流れるようになりました。しかし規制されている車線に雪は無し。なぜ規制しているのか意味不明です。
と、上野原ICの手前から、また渋滞です。先程まで雪が無かった走行車線は....。

IMG_2305.jpg

これじゃ規制されても仕方ありません。結局この先も、走行車線は断続的にこの状態が続きます。釈迦堂PAの先あたりで、やっと走行車線が除雪されてました。一宮御坂ICの先からは、車線規制も解除され、普通に走ることができるようになりました。

途中のSA、PAはかなり混雑していましたので立ち寄りませんでしたから、境川PAでトイレ休憩とします。普段より空いている駐車スペースに車を駐め、念のためもう一度、明るい中でルーフボックスのキーを探索します。

小物入れ、グローブボックス、コンソールボックス....、ありません。
助手席の下、ありません。
運転席の下、ありません。
助手席とセンターコンソールの隙間、ありません。
運転席とセンターコンソールの隙間、「!?」
ありました〜\(^o^)/

トイレでスッキリ。気分もスッキリ。ブランシュへ向かいます(^^

諏訪南ICを下りたのは9時50分。
一般道の車線上に雪は残っていますが、心配していたエコーラインはしっかりと除雪をしてくれていました。
逆に大門街道に入ると、白樺湖までは雪はありません。快調に走行して、スキー場に10時半に到着しました。第2駐車場は上下ともほぼ一杯。なかなか盛況のようです。
発見したキーでルーフボックスを開け、ポールを下ろし....。板は下ろさずポールだけ持ってゲレンデへ。今日は試乗以外やる気なし(^^;

IMG_2307.jpg

試乗開始は11時頃でしょうか。遅れを取り戻すように、狂ったように試乗を続け、SUPERSHAPEシリーズ4本、WC RREBELSシリーズ2本を試すと、時刻は既に13時半。さすがに腹が減りました。ランチです。

1時間後、再びゲレンデに出て、もう1本試乗。時刻は14時50分。試乗スキーは既に撤収が始まってます。
「もう終わり?」
『3時までですから。』
続けて滑ろうにも、自分の板をゲレンデに持ってこなかったのですから、滑りようがありません。こちらも撤収です(^^

今日は諏訪IC近くのホテルに泊まり、明日は富士パラに出撃します。
(試乗のインプレは、別途アップします。)

ロードコーンの在庫
posted by スキー中毒者 at 23:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | スキー

2014年02月15日

東京から出られず

今週末はよませの予定でした。

先週に引き続き大雪の予報が出てましたから、高速の状況が心配。仕事中に日本道路交通情報センターのサイトをチェックしていると、夕方には各高速道路が次々と通行止となりました。
よませまでのルートも、関越〜上信越は当然アウト。東北道〜北関経由で関越に入り、大沢山トンネルを抜けようかとも思いましたが、東北道もアウト。超大回りの常磐道〜北関すら検討しましたが....(^^;

最後まで生き残っていた中央道で須玉まで行き、野辺山越えて、菅平越えて、と考え。
とりあえず同行の指導員仲間のご夫妻をピックアップするために練馬へ。状況を確認すると、大月から先がアウトです。
「まぁ、行けるとこまで中央道で行きますか。」
この時点では、状況の深刻さを全く把握できてませんでした。

中央道の調布ICに辿り着いた頃には、八王子から先が通行止になってます。
高速に乗っても当然車はほとんど走っておらず、順調に(?)八王子着。手前の第1出口が渋滞してましたので、第2出口から降りましたが、一般道に出たところで身動きがとれなくなりました。
そもそも八王子で降りることなんてないんで、どちらに向かっているのかもよくわからない状態。助手席の指導員仲間のナビと、交通整理の警官の案内で何とかR20に出ると、あとは順調です。車がほとんど走ってないんですから(^^;

八王子の商店街を走ってると、歩行者がみんな車道を歩いてます。歩道には屋根もあるのに....。よく見ると、歩道は入口がテープで規制され、入れないようになってます。
『雪で屋根が落ちちゃったとか?』
「まさか。」
いや、まさかじゃありませんでした。雪の重みでアーケードの屋根が歩道に落ちてます。雪のことなんて考えて作ってないでしょうからねぇ。

道路は除雪されてませんから、ボコボコです。走り続けると道路情報の表示板に『通行止』という気になる文字が....。「ん?」と思いつつ先に進みましたが、大垂水峠が雪のため通行止になったようです。引き返すタイミングを逸し、そのまま走り続けましたが結局圏央道高尾山ICの先が封鎖されており、ここでUターンです。

あとは来た道を戻るだけ。幸い、まだ中央道の八王子〜高井戸が生きてましたので、調布まで高速を走ることができました。
調布から練馬までは....、いやぁ、すごかったです。
雪国であれば、一般道の除雪もされますが、東京じゃ除雪車なんて、そうは用意されてません。ですから、ある意味で雪国以上にひどい状況です。
歩行者は道の真ん中の轍を歩いてます。それを避けようとする車がスタックしてます。そんな中でも自転車に乗って走る強者まで(^^;;
走ってる車はほとんどがタクシー。運転はプロですが、車が四駆じゃないんで、相当苦労をされてます。私の車、Legacy Outbackの走破性につくづく感心、感謝しました。

仲間を無事ご自宅まで送り届け、私は目白通りから環八経由で帰宅しました。その環八が走りにくかったこと。降る雪がみぞれに変わり、滑りやすい状況だったのは確かですが、何度かVDC(SUBARUの横滑り防止装置)が作動しました。SUBARU車の場合、よっぼどヤバイ状態でないとVDCが介入してくることはないので、雪の山道でもほとんど作動したことはないのですが(^^;
自宅マンションの機械式駐車場も、ターンテーブルを動かすどころじゃありません。積もった雪がみぞれで締まりかけた状態でしたが、バックで強引に進入し、何とか駐車完了。
板とブーツは積みっぱで、荷物だけ持って部屋に帰りました。

本日TwitterのTLには、各地の状況が生々しく流れてきましたが、長野、群馬、山梨。各地の道路上で身動きができなくなった方も多かったようです。
それらを見るたびに、引き返すことができて良かったと痛感しました。

この状態では明日もスキーどころじゃありませんから、今週末は久々の完全オフになります。
何すりゃいいんだろ?
posted by スキー中毒者 at 23:58 | Comment(2) | TrackBack(0) | スキー

2014年02月12日

2014クラブ行事@斑尾

今シーズン2回目のクラブ行事を、2/9〜11に斑尾高原スキー場で実施しました。
真ん中に平日が入るという日程設定だったため、参加予定者も少なかったのですが....。

私は行事担当のため前日の土曜日の現地入りですが、スキー場への挨拶とコースの下見さえできればいいので、それほど急ぐ必要はありません。関越の渋滞予想を見ながら出発時刻を検討していたのですが、どうやら天気がヤバそうです。未明から雪が降り始め、20年に一度の大雪になるとか。イヤな予感がしたので、早めに出ることにしました。

自宅出発は4時40分。すでに雪は降り始めていますが、まだ道路が白くなるほどではありません。
関越に乗ったのは5時15分頃でしょうか。道路はうっすらと白くなり、轍が見え始めてます。チェーン規制はかなり先の横川からですが、しばらく走ると、全線チェーン規制をかけてもいいんじゃないかと思えるような状態になってきました。
上信越道に入り、トイレ休憩に立ち寄った甘楽PAは一面真っ白。長靴に履き替えて車外に出るような状態です(^^;
そして松井田妙義を過ぎると渋滞。全車が横川SAに誘導された影響のようですが、すでにノーマルタイヤで走れる状態ではなく、意味不明の規制でした。
雪は降り続いていますが、気温が低く、乾いた雪ですから走りにくくはありません。しかし油断大敵。峠を越え、佐久まで下りたあたりから事故が頻発します。まず小諸の先で1件目。続いて上田菅平の手前で2件目。そして坂城で3件目。その先も、対向車線の事故も含めると数えきれないくらいです。
結局、豊田飯山ICを降り、お宿の斑尾高原ホテルに着いたのは10時。私と同じく、急遽早朝に出発した指導員が先着して、ロビーで待ってました。
部屋に入りひと息ついたところに、クラブの会長が乗る車から電話が入ります。上信越道が閉鎖となり下道に降ろされたため、軽井沢を走行中とのこと。先は長いですが、頑張ってもらうしかありません(>_<)

仕方なく、私一人でスキー場事務所にご挨拶。そして永年お世話になった元パトロール隊長さんが、定年を迎え今年はキッズパークの責任者で頑張っていらっしゃるということでしたので、こちらにも顔を出したところ、大変喜んでいただきました。
その後、各コースを滑り状況を確認しましたが、非圧雪コースの一部にやや状態の悪い場所があったものの、ここ数日の降雪によりまずまずのコンディションになっていました。しかし雪が柔らかいので、午後になると圧雪コースも荒れてしまい、疲れること、疲れること....。

IMG_2262.JPG

ひととおり下見をして、頂上の新雪で少し遊んで、宿に帰り、風呂から上がると、一般道を走って来た会長達がようやく到着しました。所要時間は10時間だったそうです(^^;
それでも来られただけマシかもしれません。この頃には関東甲信越の高速道路はほぼ全滅です。そのため行事参加を断念したり、高速の開通まで自宅で待機する参加者も出てしまいました。
朝早く出発して、本当に良かった....(^^

翌日、行事の初日です。
今回は私は講習を担当せず、サポートに回る予定でしたが、そうも言っていられません。雪の中、講習開始です。

IMG_2269.JPG

土曜日ですが、スキー場自体はそれほど混雑していません。去年まで無料だった小学生のリフト代が有料(それでも1,000円ですが)となったからでしょうか?それとも高速が閉鎖されてスキー場に辿り着けない方が多いから?
しかし、頂上に向かうシングルリフトだけは大混雑。パウダー狙いのスノーボーダーや、ファットを履いたスキーヤーで長蛇の列です。せっかくだから私達も新雪を楽しもうかとも思ったのですが、生徒さんにやんわりと断られたので、終日真面目に(?)レッスンを行いました(^^

行事2日目は晴天になりました。
私にとって斑尾の印象は毎日「吹雪」ですから、嬉しい誤算です。

IMG_2277.JPG

この日から、講習は1日遅れで到着した指導員に任せ、私はビデオ撮影でサポート....するつもりだったのですが、朝イチで先輩指導員から声がかかります。
「おい、ちょっと滑りを見てくれや。会長、一緒にやろうよ。」
ということで、午前中は大先輩と一緒に滑ることになりました(^^;
会長の滑りを拝見すると、特に急斜面ではエッジングを強めてコントロールしようとしています。若い時ならともかく、85歳という年齢を考えると、ちと無理な話。しっかりと荷重した横滑りをつなげるようなイメージのパラレルターンで滑るよう、一緒に練習をしました。それでも、すぐに対応できるところは、さすがです。
イイ感じの滑りになったことを確認して、午後はビデオ撮影に。ついでに自分の滑りも何本か撮ってもらいましたが、夜、確認すると....、何と無様なこと(>_<)

そして行事3日目。祝日ですが、ゲレンデは空いてます。
この日も大変天気が良かったのですが、斑尾で2日続けて晴天なんて、記憶にありません。

IMG_2283.JPG

行事はこの日のお昼まで。
前日同様、朝イチから2時間程は会長たちと一緒に滑りました。会長の滑りは絶好調で、とても85歳の爺さんの滑りとは思えません。ビデオで撮っておけば良かったなぁ(^^
その後、1時間程フリーで滑走。

IMG_2286.JPG

そして12時に閉講式を行い、無事(?)斑尾行事が終了しました。

今年も斑尾高原スキー場、そして斑尾高原ホテルの皆様には大変お世話になりました。ありがとうございました。
そして人数が少ないながらも何とか行事を実施できたのも、大雪の中、斑尾まで集まってくれた参加者の皆様のおかげです。大変お疲れ様でした。

次回のクラブ行事は、3/21〜23の白馬五竜です。多くの皆様のご参加をお待ちしております(^^)/
posted by スキー中毒者 at 22:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | スキー

2014年02月03日

寒くないサンメ

1日の土曜日は、サンメドウズ清里でした。
ここは近くて便利なのですが、寒いうえに、コースがやや単調というイメージがあり、あまり足が向かないスキー場です。前回の訪問は、ちょうど2年前、前々回は....その5年前でした(^^;

ルートは中央道経由ですから、朝の渋滞はそれほど心配ありません。だったらゆっくり出発すればいいものを、5時半に自宅を出たら、飛ばしたつもりはなくとも、8時前には到着しちまいました。駐車場からセンターハウスに通じる入口は、まだシャッターが閉まってます(^^;
朝イチはそれなりに冷え込むかと思ってましたが、車から外に出ても寒さは感じません。ということで、アウタージャケットの下は、薄手のインナー一枚という、普段のサンメでは考えられない恰好で出撃することにしました。

この時期はまだスキー専用の期間ですし、ファミリーも多く、ほのぼのとした雰囲気です。
雪の状態は、夜の冷え込みで硬いかと思いましたが、予想に反して柔らか目。エッジが適度に食い付く大変滑りやすい状態でした。

IMG_2243.JPG

しかしこの日は小回りの調子が悪かった(いや、正確には「この日も」か....)。
大回りの調子もイマイチだった(まぁ、これもよくあることで....)。
Aコースをブンブン滑り、Dコースをノタノタ滑り、間にプルークや横滑りでポジションの確認。
と書くと、マジメに練習しているようにも見えますが、かたしなほど一生懸命じゃありませんでした。ミッフィーちゃんがいなかったから、気合が入らなかったのでしょうか(^^

レストランの混雑を避けるための早めのランチを終え、12時半にコースに戻ると、Aコース上部の荒れが目立ち始めました。斜面自体はそれほど滑りにくい状態ではないのですが、様々なスピード、様々なターン弧のスキーヤーがコース全体にばら撒かれていますので、油断できません。
新教程の基本に則り、コントロールした滑りを心掛けて(^^

IMG_2251.JPG

午後もAコースとDコースを行ったり来たりして滑ってましたが、定時の15時になると気合が一気にしぼみました。はい、撤収です。
駐車場に戻ると、車はほとんど減ってません。皆さん熱心です。親御さんは上がりたいけど、お子様が頑張ってるのかもしれません。

帰路も順調で、中央道では小仏トンネルの渋滞も始まってませんでした。首都高に入ると、さすがに都環は渋滞してましたが、往路と同じく2時間半で帰着。もちろん、帰りも飛ばしたつもりはありません(^^

今度の週末は、クラブ行事で斑尾高原です。9〜11日と平日の月曜を挟む変則的な日程を設定したら、み〜んな参加できなくなっちまいました。過去にも記憶がないくらい、少人数での行事になりそうです(^^;
私ゃ、前のりで土曜日に現地入りしますが、ルートは関越道。悪名高い高坂渋滞は、最近では6時前から始まるみたいです。いったい何時に家を出りゃいいんだよ(>_<)
posted by スキー中毒者 at 17:46 | Comment(2) | TrackBack(0) | スキー

2014年01月27日

ミッフィーちゃんに見守られ

先週半ばにひいた風邪がなかなか治らず、体調はイマイチ。
綾瀬はるかがCMやってる風邪薬は飲んてるし、夜更かしもしてないのに,,,,。やっぱ滑りにいかないとダメかな?

ということで、土曜日は日帰りでかたしな高原に行ってきました(^^
ご存じミッフィーちゃんのスキー場です。
すぐお隣にはもっと滑り応えのあるスキー場もあるのですが、この時期は技術選の予選が開催されていることも多く、結構ピリピリした雰囲気。
それに対し、こちらはスキー専用でファミリー客も多く、まったりとしています。コブも急斜面もないけど、スキー大学の復習にはちょうどいいんじゃないでしょうか。

関越に乗ったのは5時20分。この時間でも車の量はかなり多いです。鶴ヶ島での2件の事故渋滞の影響もあり、沼田ICを降りたのは7時過ぎ。R120も混雑しており、現着は8時頃でした。
予想通りファミリーが多いです。そして空いてます(^^

IMG_2223.jpg

看板や雪像はもちろん、スタッフのジャケットやポールのフラッグにまで、あらゆるところにミッフィーちゃんがいらっしゃいます。ファミリーは事故無く楽しく滑れるように見守り、飲んだくれの中毒者は復習をサボらないように監視して(^^;

IMG_2225.jpg

この地域にしてはかなり暖かいのですが、朝イチのパックされたバーンは快適です。
お隣も気持ちよさそうだけど....、さ、復習。

IMG_2226.jpg

こんなところで横滑りなんてやってると、奇異な目で見られますけど、気にしない、気にしない。
いくら中毒者でも、さすがに一日中横滑りっていうのも何ですから、たまには大回り、小回り。そのうち、たまにはが少しずつ頻繁になり、結局午後は実践系の練習に(^^;
それでも、大回りで身体が内に入りすぎる癖は、すこしずつ直ってきました。小回りは相変わらず下手っぴぃだけど(>_<)

午後は雪が緩んできましたが、お隣のようにボコボコに荒れることもなく、良い条件で練習ができました。
珍しく3時半過ぎまで滑走して練習終了。最後に小回りと大回りのフリーで締めようと思ったのですが、ちょっと気を抜くと滑りはボロボロ。まだまだ修行が足りません(^^;

今週末は日曜日に用事があるので、滑りに行けるのは土曜日だけ。
ん〜、どこにすっかなぁ。

シニア?マスターズ?
posted by スキー中毒者 at 17:47 | Comment(4) | TrackBack(0) | スキー

2014年01月22日

2014スキー大学@白馬五竜

今年もスキー大学に参加してきました。
17日(金)から20日(月)まで、昨年同様、第2会場の白馬五竜スキー場です。

一般の方にとって、「スキー大学」って名称自体かなり怪しげな印象だと思いますが、年末年始が9連休、翌週は3連休だったにもかかわらず、直後にまた金曜と月曜を休んで4日間スキーに行くっていうのは....、理解不能だわな(^^;
それでも会社や家庭で、どこをどう誤魔化したのか、300名近くの馬さん・鹿さんが集結するんですから、スキー大学、恐るべし。

中毒者も、
「今回は遊びに行くんじゃなくて、お勉強をしてきます。」
と、よく分からないことを言って、16日は定時に会社を飛び出し、19時には自宅を出発。練馬で指導員仲間1名をピックアップして関越道に乗り、白馬に向かいます。
道路はどこまで行っても順調。長野ICを降りてオリンピック道路を走り、白馬村に入ったあたりから道路に少し雪が残っていましたが、12時前に宿に到着。荷物を降ろして、軽く缶ビールを飲んで....、就寝。

翌朝、宿の車でスキー場まで送っていただき、エスカルプラザで受付。中毒者は4班です。16名中半分が昨年も同じ班の仲間でした(^^
講師は渡部浩司SAJデモンストレーターです。
が、今年は講師が毎日ローテーションするらしい。第1会場の朝里川はこのスタイルですが、第2会場では期間中は同じ講師が担当していました。そのため、講師がローテーションするかしないかで会場を選んだ方も多く、不満の声も聞かれましたが、仕方ありません。ただ、今年は諸事情によりこのような形になりましたが、来年以降はまた戻る可能性もありそうです。

講習が始まると、4班は和気藹々、渡部浩司デモのキャラクターも相俟って、リラックスした雰囲気です。新教程に従い、基本的な運動を緩斜面で確認しますが、急斜面での応用も取り混ぜ、楽しくあっという間に初日の講習が終了しました。

IMG_2133.JPG

初日の夜は、エスカルプラザで懇親会(と開会式)。去年はお酒の量が少なく不完全燃焼だったため、今年は自前で用意する班もありました(少なくとも某班はそうでした)が、前年の反省を生かしビールをたっぷりと用意してくれてました。
来年は、白馬錦と大雪渓もよろしくね(^^

2日目、ローテーションした講師は芳川愛実SAJデモンストレーターでした。前日の渡部浩司デモに輪をかけた明るい性格で、ちょいと(かなり?)天然の入ったヤンチャ娘みたいに元気一杯のおねーちゃんです(^^
前日はスキー場上部はガスってましたが、この日は快晴。早速ゴンドラでアルプス平まで上がり、グランプリの急斜面で練習開始。

『えっと、あそこに見える班の下で止まりますから!』
が、滑りだすと....。
「お〜い、どこの班のことだよ〜(^^ 」
本人はにこやかに、
『すみませ〜ん。気持ち良かったんで行き過ぎちゃいました〜♪』

『次こそちゃんと止まりますから〜♪あの木の前で、ん〜、杉?ん〜〜、松?ん〜〜〜....。』
「いや....、木の種類は何でもいいから(^^;」

そしてグランプリコース下部では
『この先は急斜面でだんだん狭くなりますから、そこで小回りしましょう!移動しま〜す♪』
えらくキレのいい小回りで移動を始めたのですが....、途中で止まる気配もなく、そのままノンストップで迂回コースから、とおみゲレンデへ。
『ちょっと混んでたから、状況判断ってことでっ♪』
(^^;;

その後は、いいもりゲレンデの中斜面、急斜面で小回りを中心に講習。
笑いっぱなしで腹筋が鍛えられた一日でした。あ、もちろん技術もね....(^^

IMG_2177.JPG

3日目はデモンストレーションからスタートです。
いいもりの中斜面をセパレートし、太田具英SAJ教育本部技術強化委員の解説で、新教程のデモンストレーション。そして最後にデモのフォーメーションで終了しました。
この日の4班の講師は戸谷イグザミナーです。
緩斜面、中斜面を使用して、新教程の内容に沿って基本的な動きを確認し、実践の滑りにつなげていきました。解説が理論的で大変わかりやすく、前2日とは雰囲気は違いますが、新教程の理解が進んだ気がします(気のせいかもしれませんけど....)。

IMG_2184.JPG

夜は班の有志6名で飲み会。神城駅ちょい上のピザカヤってお店です。20時に入店しましたが、すでに全員ハイテンション。しばらくカウンターで待機し、その後空いた席に移動。
お店のおねーさんに
「うるさかったら、うるさいって言ってくださいね〜!」
と声をかけたところ、即座に
『うるさい♪』
瞬殺でした(^^;;
トイレに入っても、我々の笑い声しか聞こえなかったとか。
来年、出禁になってなきゃいいけどなぁ。
お店の皆様、居合わせたお客様、大変ご迷惑をおかけして申し訳ありませんでしたm(_ _)m

そして最終日。9時半にエスカルプラザ前集合。
「おはようございま〜す。」
『昨日はお疲れ様でした〜。』
飲み会に参加された皆さんの声が嗄れてます。
どうやら前の晩、騒ぎ過ぎた影響らしい(^^;

講師は、西村斉ナショナルデモンストレーターですが、この日は講習はお昼まで。
新教程の理論面では、前日戸谷イグザミナーに完璧に説明されたはずということで、小回りを基礎から実践まで、2つのパターンで教えていただきました。身体の使い方や、筋肉の動かし方等についての、具体的で分かりやすい講習でした。

そして閉会式。
教育本部長の挨拶。主任講師の講評。地元の観光協会副会長の挨拶では『ぜひ来年も....』と、すでに営業モード全開です。
ということは来年も第2会場は五竜だな(^^

IMG_2209.JPG

修了証には、まず最終日の西村斉デモのサイン。ボールペンだったんでちょっと細くなっちゃったけど。
続いて2日目の講師、芳川愛実デモのサイン。
『こんなにたくさんサインするのって初めて〜♪』
そして、ドサクサまぎれに昨年4日間お世話になった丸山貴雄デモにもいただきました(^^

IMG_2211.JPG

本当に、本当に楽しい4日間でした。
講師の皆さん、素晴らしい技術をありがとうございました。
そして、素敵な4班の皆さん、たくさんの笑いをありがとうございました。
また来年お会いしましょう!!

今年の名言
posted by スキー中毒者 at 17:48 | Comment(4) | TrackBack(0) | スキー

2014年01月13日

富士パラ大繁盛

昨日は富士見パノラマへ。
現着は8時20分でしたが、誘導されたのは第2駐車場の一番奥です。チケット売場にも列ができており、すでにかなり多くの方が来場されている様子。ゲレンデも混雑が予想されます。

早速ゴンドラに乗車してトップに上がりましたが、青空の下、八ヶ岳が大変きれいです。

IMG_2111.jpg

前日はほとんど降雪がなかったはずですが、雪面は硬すぎることもなく、大変滑りやすい状態に整備されていました。
大会やポール練習等でクローズしていることも多いラーチゲレンデもオープンしています。

IMG_2115.jpg

リンデンの急斜面も、まだ空いてますので大回りも大丈夫。

IMG_2116.jpg

とりあえずトップからベースまでを3本滑りましたが、ゴンドラ乗車待ちの列が駅舎の外まで伸び始めましたので、以後は上部のコースを滑ることにします。
ゴンドラ乗車中に下を見ると、第3駐車場も一杯になってました。
お客さんはファミリーも多く、またゼッケンを着けたジュニアの団体も入っていましたが、上部のアルパインとラーチは極端に混雑はしませんでした。ふたつのコースに分散したからでしょうか。普段はリフト待ちゼロのペアリフトにも、若干の列ができることもありましたので、やっぱりお客さんは多いということですね。

2時間程滑って、レストランでひと休み。まだ10時半ですからガラガラかと思ったら、意外に人がいます。その後も次々とお客さんが入ってきて、11時頃には2/3程度の席が埋まっていました。レストランが混雑することを見越して、早めに昼食休憩とした方が多かったのでしょうか。
私は遅めのランチを13時頃にとるつもりで、ふたたびゲレンデに出ました。

その後、12時頃に再びトイレへ。
まぁ一杯だろうと思いつつ、念のためレストランをチェックしようと2階に上がると、レストランの入口外までの長蛇の列です。料理の注文待ちでした(^^;
しかし、席は少しずつ空き始めてます。それではということで、窓際の席を確保。料理待ちの列が短くなるのを待ちます。しばらくすると、料理待ちがレジ待ちに。そして列がなくなったところで、私もお昼ゴハンです(^^

かぐらも同じような傾向ですが、来場者が多いときは、レストランの混雑は早めに始まり、11時には満席でも12時には空席が出ることもあります。こういうときは遅めの時間帯を狙うのもいいかもしれません。

午後も上部のコースで滑りましたが、14時を過ぎた頃には陽が陰り、ラーチゲレンデの雪が硬くなってきました。やや混雑していましたが、せっかくですから硬い斜面で練習。
それでも距離が短く、やや単調ですから、だんだん飽きてきます。15時になったところで、そのままベースまで下りて、滑走終了としました。
この時間でも下部のゲレンデは、まだまだ混雑しています。やはりファミリーにはこちらが人気のようです。

15時半、駐車場を出て道路を下ると、第3どころかずっと下の第9駐車場まで車が駐まってました。センターハウスと下部駐車場の間の送迎バスも出ていましたが、こんなことは初めてです。本当に沢山のお客さんが来場されていたようです。

帰路は、予想されていた中央道の小仏トンネル渋滞も大したことなく、首都高に入っても都環がガラガラ。18時には帰宅することができました。
マンションの機械式駐車場の操作をしていると、続いて入居者の車が入ってきました。
『結構スキーに行ってるみたいですね。朝も時々見ますし。』
出発は早いし、帰ったときは他の入居者の方にはあまり会わないしので、見つかってないかと思ってましたが、バレてました....。
別に悪いことしてるわけじゃないんですけど、何となくバツが悪いです(^^;

本日は
posted by スキー中毒者 at 16:52 | Comment(2) | TrackBack(0) | スキー

2014年01月11日

スタンプ5個でブランシュ

年末年始の9連休の直後だからか、3連休に出かける人は少ないのでしょうか。
日本道路交通情報センターの渋滞予想によれば、中央道は下りの渋滞はないということでしたので、今週末は白樺湖方面に出撃することにしました。この方面であれば、余程のことがない限り、行き先はブランシュたかやまです。
出発は、のんびりと6時ちょい前。予想通り高速の渋滞は皆無。諏訪南ICを降りてからも、スキー場へ向かうと思われる車は少ないです。このまま順調にスキー場まで走行できるかと思ったのですが、大門峠に近付くと道路に雪が残っていました。白樺湖を過ぎ、峠の信号の手前で車が詰まってます。交差点にさしかかると、左折してすぐの所に、車山方面に上ろうとするものの、タイヤが滑って身動きが取れない車が一台。これをパスするのに、ちょっと手間取ったのかもしれません。
そして交差点を直進し、ブランシュ方面に下っていくと、道路は見事に凍結してます。カンカンに凍った大門峠の下りも久しぶりです(^^;

結局現着は9時少し前。
今回はスタンプカードにハンコが5個たまったので、リフト券は無料です(^^v

IMG_2097.jpg

5回でリフト無料っていうのは、結構太っ腹ですよね。
かぐらでも、このくらいサービスしてくれたら助かるんだけどなぁ。

ゲレンデに出ると、冷え込んでますが、いい天気です。

IMG_2102.jpg

コースは前日の降雪が圧雪され、大変滑りやすい状態。そして毎度のことながら、空いてます(^^
ジュニアの団体が入っていましたが、ほとんどが初心者なので、急斜面に来ることはありません。
朝イチのスラロームコースはガラガラ。

IMG_2104.jpg

パノラマコースに至っては、当然のことながら(?)誰もいません(^^;

IMG_2106.jpg

これだけ空いてりゃ、滑り放題なんですが、一点問題が....。寒い(>_<)
「冷え込んでます」なんて余裕をかましていたのも最初だけ。気温は-12℃ということですから、菅平に比べれば暖かい(?)のですが、久しく本気を出した菅平は滑ってないもので(^^;

11時過ぎまで頑張ったものの、耐えきれずにレストハウスへ入り、そのままランチ休憩。
外に出たくないなぁ、と思いつつ、ゆっくり、ぬくぬくと過ごし、観念して再出撃したのは13時前。-10℃と、2℃程暖かくなってました(^^

今日の課題は、スキーにしっかりと荷重をしながらズラせるポジションの確認。普段は、どうしても内傾角を強くとりすぎてしまいますので、エッジが咬むか、ズレちゃうか。スキーのたわみを感じながら、ズレをコントロールできるよう、緩斜面と中急斜面で繰り返し練習しました。

私には珍しく、3時半過ぎまで頑張っていたのですが、最後は寒さに負けて撤収です。

IMG_2110.jpg

一昨年あたりまでは、寒さには滅法強く、仲間からはオカシイとまで言われていたのですが、寄る年波でフツーの人間に近付いてきたのでしょうか?

子供のイメージ、大人のイメージ
posted by スキー中毒者 at 19:42 | Comment(4) | TrackBack(0) | スキー

2014年01月07日

リフトからの救出@尾瀬岩鞍

今月中旬に白馬五竜で開催されるスキー大学に同行する仲間とメールで打ち合わせているうちに、5日の日曜日に滑りに行こうという話になりました。行先は、椎坂トンネル開通を祝して(?)尾瀬岩鞍(^^
道路交通情報センターのWebサイトを見ると、5日の関越道は下りの渋滞予測はありません。そりゃ、わざわざ9連休の最終日に出かける奴は少ないわなぁ(^^;

いつもなら6時前には高坂を抜けるよう早めに出発しますが、ちょっとゆっくり、5時半に仲間のご夫妻をピックアップし、関越道に乗ります。交通量は少なく、どこまで行っても渋滞はなし。朝食のために立ち寄った赤城高原SAも空いてます。
沼田ICを出て、いよいよ期待の椎坂トンネルです。沼田土木事務所の発表では、距離で3.5Km、標高で87m、時間にすると平常9分,積雪時18分の短縮なんだとか。実際に走ってみると、あっさりとトンネルを抜けます。
「え?これだけ?」
と思ったら、もう一本あった(^^
二本のトンネルで峠の下を抜けますが、かなり早く感じます。峠を越える際には、どうしてもスピードが遅くなる車もありますが、トンネルではそういうこともないでしょう。気分的にも、時間的にも、非常に楽です!(峠を攻めるのが好きな方は別にして。)

R120を走る車も少なく、8時過ぎには尾瀬岩鞍の駐車場に到着しました。
駐車場ゲートで、
『3人ですか?』
と係員。
「それがどーした。」
と思ったのですが、4人乗ってると駐車料金が無料になるそうな。ぬいぐるみでも積んどきゃ良かったかな(^^

第二駐車場からシャトルバスでゲレンデ前まで送ってもらい、ゴンドラへ。駅舎に入って、乗り場までの坂を上っていくと、あれ、待ちなしで乗れちゃった(^^
ゴンドラを降り外に出ると、う〜ん、いい雪!硬い雪の上に積もった新雪が圧雪された、大変滑りやすいコンディションです。
早速、ななかまどコースで大回り。
続いて....、ぶなの木コースのコブへ(^^;

IMG_2084.JPG

今シーズンはこのコース脇のリフトも動かしてくれますので、コブは滑りたいけど、リーゼンはちょっと....、という方にはお勧めでしょうか。
その後、国体女子、国体男子、チャンピオンと、仲間の道案内で滑ります。
天気はいいし、コースは空いてるし、最高です。

IMG_2086.JPG

中腹のレストランでの休憩を挟み、あと1〜2本で遅めの昼食かなぁ、と思いつつ乗車した西山2ロマ。あと100m程で降り場というところで、突然停止しました。乗り場で誰か転んだのかとも思ったのですが、一向に動く気配がありません。10分程経った頃でしょうか、
『リフトの安全装置が作動して停止しております。しばらくお待ちください。』
との放送が入りました。待てと言われなくても、待つしかありません(^^;
小雪が舞っている程度で風も弱いのですが、とにかく寒い。ヒマつぶしでiPhoneをいじるためにグローブを外している右手が凍えます(>_<)
再び10分以上経過。
『復旧の見込みがありませんので、救助いたします。しばらくお待ちください。』
待てと言われなくても、待つしかありません(^^;;
5分程でパトのおにーさんが、スノモで駆けつけてくれました。

IMG_2091.JPG

リフトからの救出って、竹竿を使うのかと思ってたんですが、それは昔の話?
フック付の伸縮式ポールをリフトのワイヤーに固定し、先端の滑車に掛けたロープで吊り下げて降ろしてくれました。

iwakura-20140105.jpg

パトのおにーさんは平身低頭、
『大変なご迷惑をおかけして本当に申し訳ありません!』
「いえいえ、いい経験をさせていただきました(^^ 」
『下でコーヒー券をお配りしていますので。』
遠慮なくコーヒー券をいただくと、仲間(旦那様)はレストハウスに一目散。続いて私もレストハウスに入ると、テーブルの上にメットとグローブが。置いたと言うより、投げ出したという様子で....。よっぽどガマンしていたんだなぁ(^^;;

遅いランチをとりながら身体を暖めた後、再びゲレンデに戻り、あちこちのコース(復旧した西山2ロマ沿いを除く)を滑ります。
結局リフト終了時刻までゲレンデに滞在し、撤収しました。

帰路に立ち寄った花咲の湯も、いつものような大混雑はありません。
『どっちの道で帰ります?』
「あのトンネル、早かったから、R120に戻りましょうか。川場に下りると凍った山道が続きますからねぇ。」
沼田ICから乗った関越も、練馬出口を含め渋滞は皆無。仲間のご夫妻をご自宅に送り届け、10時半に帰宅できました。
ハプニングはあったし、ちょっと滑りすぎたけど、楽しかったです(^^

新たに開通した椎坂トンネルのおかげで、山道らしい山道を走らずに、より短時間で片品方面にアクセスが可能となりました。
これから、武尊、片品、丸沼方面に行く機会が増えるかもしれません。
posted by スキー中毒者 at 12:53 | Comment(2) | TrackBack(0) | スキー

2014年01月06日

2014クラブ行事@池の平

年末年始は今シーズンも、妙高高原池の平温泉スキー場でのクラブ行事に参加しました。

現地入りは行事開始前日の30日。関越道の事故渋滞も三芳PAで時間調整をしているうちに処理が終わり、プチ渋滞はあったものの妙高高原ICまではほぼ順調でした。高速を降りても道路はドライ。道端に除雪された雪も少ないです。

宿で荷物を下ろした後、行事開催のご挨拶のためスキー場事務所へ。支配人さんも『このあたりは、まだあまり降らなくて。』と嘆いていらっしゃいました。
その後、下見のために各コースを滑ってみましたが、地肌やブッシュが出ている場所はほとんど無いものの、地形のうねりが残っている所も多く、視界が悪いときには注意が必要です。しかし整備はしっかりとしておりましたので、一安心。天気が良かったため、昨年のようにずぶ濡れになることもなく、前日の任務を終了しました。

IMG_2062.jpg

翌31日、行事初日です。まずは開講式、そして班ごとに分かれて講習開始。班分けは、1級班、2級班、ジュニア班としましたが、ジュニアの脚前が不明だったため、午前中はとりあえず講師を2名付け、必要に応じて班を分けるように依頼しました。
私の担当は2級班。今回は2級のバッジテスト受検希望者がいらっしゃいましたので、新教程での検定種目を意識しつつの講習です。私の場合、普段は教程通りの講習はほとんど行わない(あ、こんなこと言っちゃマズイか....?)のですが(^^;
午前中はポジションの確認、午後はスキーを動かす練習。拙い講習ながら、皆さん良いポジションでスキーのズレをコントロールしたターンができるようになりました(^^

年が明けた元旦。湿った雪が降り続く天気です。この日は午前中に大回り・小回りの運動のタイミングについて講習を行い、午後の2級の検定種目の確認に繋げます。
種目では特にシュテムターンに戸惑いがありましたが、最後にはご理解をいただけたようです。翌日の検定本番まで忘れなけりゃいいんだけど(^^;
予定では、翌日9時に検定員・受検生・サポーターが集合し、まずはフリーで一本。その頃には「整地」が少しだけ「ナチュラル」っぽくなってるでしょうから、検定開始。ってことだったんですが....。

最終日の朝、起床して外を見ると、雪がかなり積もってます。降雪も続いており、ゲレンデの状態がちと心配。
8時半のリフト営業開始と同時にトップまで上がってみましたが、どのコースも新雪でフカフカ状態です。パウダーとは言えない、やや重めの新雪。

IMG_2072.jpg

検定に使用する予定だったコースは、深いところで膝下、浅いところでも脛下程度の積雪があり、とてもじゃないけど検定向きの状況じゃありません。
「う〜ん。困った。」
と思いつつ、とりあえずゲレンデ最下部の集合場所へ。
受検生も一本滑ったようですが、改めて私から状況を説明。全員でフリーを滑りながら、様子を見ることにしました。
ペアリフトとクワッドリフトを乗り継ぎ、ゲレンデのトップに上がると、寄ってたかって新雪に突っ込むスノーボーダーさん達のおかげで、斜面は踏み荒らされつつあります。検定予定バーンで滑ってみると、この時点ではまだ不適と言わざるを得ませんが、次に上がってきたときには使えそうな予感。引き続きスノーボーダー様各位の華麗な滑りを期待しつつ、クワッドリフト乗り場まで滑り降りました。
ふとリフトを見ると、超減速運転中。そのうち一時乗車を中止したようで、空の搬器が上がっていきます。
「げ、上がれない?」
幸いしばらく待機すると、不具合が解消したようで通常運転に戻りました。再度トップに上がると....。期待通り(?)、一面新雪崩れのナチュラルバーンです(^^;;
これなら大丈夫と判断し、検定を実施することにしました。もちろん雪の状況は考慮のうえ、採点します。
受検生は、雪の状態が悪い中の検定で緊張もしていたでしょうが、安定した見事な滑りを見せていただきました。

検定結果は閉講式で発表することとし、ひとまず解散。私は結果発表の準備や、スキー場への行事終了報告がありますので、一足先に宿に戻りました。まずは駐車場で車を掘り出してから(^^;
12時に宿の食堂をお借りして閉講式。そしてバッジテストの結果発表。私から各種目の得点を発表し、合格証とバッジを手渡ししました。次は1級を目指して、頑張ってください!

これにて、年末年始行事も無事終了。
次回の2月の斑尾行事は、私が担当です。皆様、ぜひご参加くださいm(_ _)m

スタッドレスでも油断大敵
posted by スキー中毒者 at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | スキー

2013年12月24日

3連休は野沢へ

クリスマス前の3連休は、毎年高齢、いや、恒例となっている指導員仲間との野沢温泉でした。
往路の中毒者の予定は、3名の仲間をピックアップ。6時に関越道寄居PAでもう一台の車両と合流して、上信越道豊田飯山IC経由で、野沢温泉に向かうというものです。

朝3時前。自宅マンションの機械式駐車場から車を出そうとしたところ、リモコンキーに反応せず、ドアロックが解除されません。
「こんなときに、リモコンキーのバッテリー切れかよ。」
急いで部屋に戻り、スペアキーを持って再び駐車場へ。
しかし、
「げ、こっちも!」
車泥棒状態になった3年前と同様の状況です。いや、同様じゃないか。前回は昼間だった(^^
覚悟を決め、ハードキーを鍵穴に突っ込み開錠。ドアを開け、セキュリティアラームのクラクションが夜の静寂に鳴り響く中、素早くリモコンキーをスタートボタンに近付けると....。
「おぉ、認識してくれた(^^ 」
何とかエンジンは始動できました。とりあえずこれで走ることはできますが、一応セキュリティアラームは解除。

ルーフボックスにスキーを放り込み、カーゴルームに荷物を放り込....。
「あれ、テールゲートが開かない。」
リモコンキーで解除できないのは仕方ないとしても、何故か集中ドアロックも機能しません。
リアシート側から4人分の荷物を出し入れできるか?と考えているうちにも、時間は経過する一方です。考えるのは後にして、自分の荷物をリアシートに放り込み、仲間のピックアップのために、柏に向かいます。予定より遅れてますので、いつもよりほんの少しだけアクセルを踏み込んで(^^:

予定より5分程遅れて、仲間のマンション前に到着。
荷物の積み込み、どうすっかなぁ、と考えながら到着の電話を入れました。
コール5回。留守電に繋がります。
ん?イヤな予感。でも、ま、取込中だったのかもしれないし。
再度電話。
コール5回。留守電に繋がります。(以後、延々と繰り返し。)

不思議と腹は立たなかったのですが、困りました。
時間が時間ですから、マンションの前に、男が乗った県外ナンバーの車が長時間停まっていれば、不審者以外の何物でもありません。ストーカーと間違えられても文句は言えないところ。通報されでもしたら、面倒なことになります。不幸なことに、車の状態が状態ですから(^^;
20分程の努力(?)も空しく覚醒を促すこと能わず、やむなく現場を離脱することに。深くお眠りの姫には、爽やかな朝を迎えた後に、自力で移動願うこととしました。

あと2人をピックアップするため、常磐道〜外環をアクセルやや踏み込み気味で走行しながら電話(もちろんハンズフリーですよ)。
「おはようございます。中毒者です。姫、電話に出ません。今そちらに向かってます。」
『ありゃ〜!』
「ところで話は変わりますが、車、出せますか?」
『構いませんけど、どうしたんですか?』
「いや、実は.....。」
リモコンキーが瀕死、テールゲートも開かない状態で長距離を走るのは、さすがの中毒者でも躊躇します。
結局、仲間のオデッセイに荷物を積み替え、野沢温泉に向かうこととなりました。
ちなみにストーキング現場から離脱して50分程経過した頃、姫からお目覚めの電話が入りましたが、
『道、分かるよね。』
と冷たく言い放つことしかできません(^^;

その後は順調。寄居で合流したもう一台と共に、9時半にお宿のホテルハウスサンアントンさんに到着しました。

IMG_2006.jpg

転勤のため名古屋に引っ越したスキー廃人は、すでに到着しています。
『廃人さんと中毒者さんは、203ね〜♪』
と、宿の奥様逸子さんに案内していただいた部屋のドアを開けると。
ダブルベッドに枕がふたつ並んでます。
『....。』「....。」
『冗談〜!103♪』

気を取り直して出撃準備。野沢温泉は土曜日がグランドオープンで、ほぼ全面滑走可になってます。
板とブーツを担ぎ、まずは遊ロードで日影ゲレンデ下のサンアントン山の店へ。
レストランのテーブルが並んでいた1階が、ファット&上級スキーのレンタルコーナーに改装され、地下1階は子供用&初級スキー、スノーボード&ブーツレンタルになってました。これで少しは地下フロアの混雑が緩和されるでしょうか。

我々も地下でブーツに履き替え、ゲレンデに出撃です。まずは日影で足慣らし。その後はやまびこに移動して滑りまくりました。
そしてお昼は日影まで下り、サンアントン山の店でゲレ食のレベルを超えたゲレ食をいただきます。あ、もちろんお酒も少々。ちなみに今週の日本酒は水尾でした(^^

初日の滑走を終え宿に帰ると、東京スバルの担当営業に頼んでおいたファックスが入っていました。リモコンキーのバッテリー交換方法です。
そして何と、交換用のボタン電池まで用意されてます。ファックスに電池の種類が書いてあったのを見て、買っておいてくれました。それも、コンビニに無かったからと、山を下りてくれたそうで、もう感謝、感謝です!

3日間で滑ったコースは、日影、やまびこ、上ノ平、パラダイス、チャレンジ、ユートピア、牛首、スカイライン。緩斜面から急斜面、ロングコース、コブと、選り取り見取りです。天候も、ほとんどは雪か曇りでしたが、最終日には青空の下で滑ることもできました。

IMG_2037.jpg

しかし、最終日の最後の1本。疲れ切った脚にスカイラインはきつかったなぁ(^^:

IMG_2043.jpg

お宿では、ご主人の幹雄さん、奥様の逸子さん、ご子息の健策シェフ、そしてスタッフの皆さんの最高のホスピタリティに囲まれ、美味しい料理をいただいた、至福の3日間でした。
サンアントンの皆様、お世話になりました!4月のICI試乗会の時に、またお邪魔します(^^)/

帰路は順調
posted by スキー中毒者 at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | スキー

2013年12月16日

2014指導者研修会@菅平

この土日は菅平で開催された指導者研修会に参加しました。

所属クラブの参加者は老若男女(いや、『若』はいないか....)11名です。夏に宿を予約した際は18名だったのですが、諸般の事情で一人減り、二人減り。それでも部屋数はそのまま使わせていただきましたので、ゆったりと過ごすことができました。いつもありがとうございますm(_ _)m>ホテルニューダボスさん

私は前泊なので、金曜の夜9時50分に自宅を出発し、0時40分に現着しました。途中、菅平口から上は圧雪路でしたが、さすがに新品のBLIZZAK VRXは快調です。

しかしゲレンデにはまだ充分に雪が付いていません。土曜日にオープンしたのは、ファミリーと裏ダボス、そして白金の迂回コースです。
また今シーズンよりリフトのICパスが変更され、昨シーズンまでの四角いチップがカード型に変わりました。今までは、研修会参加者は宿で優待パスを直接購入できたのですが、今年は宿で優待料金を支払って引換券を受け取り、それをリフト券売り場に持参してカードを発行してもらわなくてはいけません。
集合場所近くのリフト券売り場は大混雑でしょうから、私は宿の目の前にある裏ダボスのリフト券売り場へ。窓口で引換券を出すと、中でおばちゃんが戸惑ってます。どうやら、こいつの存在を知らないみたい(^^;
電話で発券機の操作を聞きながら、
『はい、押しました。はい、押して....、出ません。』
5分程かかって、やっと発券完了(^^
ちなみにこのシステム、ゲートの反応が滅茶苦茶良く、センサーにカードを近付けようとするだけで、ゲートが開いてくれます。おかげでゲート通過は順調そのものでした。

IMG_1978.JPG

さて、開講式の集合場所に向かい、いつものように専門員から書類を貰うと、あれ?A4一枚?
表面は実施要項。裏面は誕生日による班分けと講師名が記載されていますが、参加者の名簿はなし。
「え?これだけ?」
『はい、誕生日で班が決まります。サバ読まないでくださいね。』
年齢順の班編成で、22班中、私は11班。相変わらずど真ん中です。講師は、技術選等での輝かしい経歴を持ち、一昨年まで長らくノルン水上でスキースクール校長を務めていた、山崎操さんです。
本来であれば、誕生日が2か月違いのスキー廃人も同じ班だったのですが、諸般の事情(研修会の優先順位が低かったため?)で今回はお休みでした(^^;

開講式後、今シーズンより改定された教程に従い、横滑りの展開、滑走プルーク、シュテム動作、それぞれからパラレルターンに導くためのトレーニングを行いました。その中で常に意識させられたのが、スキーに荷重し、スキーを撓ませることができるポジション。そしてターン前半からスキーを動かし、滑走をコントロールすること。
某都連では、各講師に研修テーマは示されるものの、具体的な内容は各講師に任されているため、担当講師の実力がモロに出てきます。今回はさすがの山崎操さん、大当たりでした\(^o^)/

翌日、起床すると小雪が降っており、視界はイマイチ。

IMG_1988.JPG

夜間の降雪は5cm程度でしょうか。まだまだスノーマシンの助けが必要です。

IMG_1985.JPG

前日よりも冷え込んだ中で、9時から11時半まで2日目の研修を行いました。コース上には、初心者のスノーボーダー、かっ飛ばすスキーヤー、そして低速でトロトロと滑る研修会参加者と、様々なスピードやターン弧が乱れ飛んでますので、安全第一で。

そして12時に閉講式。ライセンスと検定員証を返却してもらいます。台紙にシールを貼る形のライセンスは廃止されるって話はどうなったんだろうなぁと思いつつ。

スキーを担いで宿の前まで戻ると、先輩指導員から声がかかります。
『おい、どっちに歩いてるんだよ。ゲレンデはあっちだぞ!』
『板を変えに来たんでしょ?』
(^^;;

12時半に宿を出発。いつものように、山を下り始めたら青空が出てきました(^^
途中で食事をとったものの、高速はすこぶる順調で、練馬出口の渋滞もなし。4時帰着です。
帰りの一般道は、いつも暗くなってからしか走りませんので、明るいうちの運転はちょっと新鮮でした(^^

今週末の3連休は、指導員仲間と野沢温泉です。
今のところ滑ることができるのは上ノ平までですが、週末には日影まで下りられることを期待しています。
posted by スキー中毒者 at 17:44 | Comment(1) | TrackBack(0) | スキー

2013年12月09日

みつまたもオープン

週末は今週もかぐらでした。
と言いたいところですが、土曜日はお仕事。この時期恒例の会社のイベントにスタッフとして参加するため、休日出勤でした。
終了後に軽くビール(缶ビール3本ですから、大したことありません)。帰宅途中に軽く日本酒(角打ちで3杯ですから、大したことありません)。

帰宅してTwitterのTLをチェックすると、かぐらにも待望の降雪があり、みつまたのバス移動が終了したとか。せっかくみつまたのリフトを動かしてくれるというのですから、行かなくちゃ失礼です。
ということで、日曜日にかぐらに行くことにしたのですが、ここで急激に眠くなり、そのまま就寝。翌朝、ウェアをバッグに放り込み、インナーブーツをシェルに押し込み....、ドタバタと準備をして出発です。

前の週と同様、土樽からチェーン規制ということでしたが、タイヤチェックはなし。しかし路面には雪が残っています。前を低速の作業車が走っていましたので、湯沢ICまでノロノロ運転でした。そんな状況でしたので、小雪が舞うみつまた駐車場に着いたのは7時半。

今回はオープン日にいただいた\1,000割引の優待券を使用しましたので、チケット売り場に並ばなくちゃいけません。リフト券を購入した頃には、ロープウェイ待ちの行列は駐車場中央の売店付近まで延びてます。みつまたがバス移動だったらとんでもないことになっていたのでしょうが、幸い(?)1時間も待たずに乗車することができました。

みつまたのクワッドリフトを降りて、ゴンドラ乗場に滑り込むゴンドララインは、何とも形容しがたい妙な荒れ方。ま、滑れれば文句は言いませんけど(^^;
結局かぐらエリアへの到着は9時半でした。

IMG_1963.JPG

曇ってますが、ガスはかかっていません。そして結構寒いです。
早速メインゲレンデを滑走。雪が柔らかいためか、すでに荒れ始めています。何故かいまいちテンションが上がりませんが、5〜6本滑走。と、ここで4ロマが動いていることに気付きます。
「そか、パノラマもオープンしてたんだ。」
行ってみると、いつものように空いてます。中回りをかまそうと勢いよくスタートしたのはいいのですが、こちらも予想外に荒れてました。油断大敵(^^;
「うわっ!」「おっ!」「とりゃ!」「んべ!」
ってな感じで1本だけ滑走。
時刻が11時になりましたので、ランチです。

大混雑のレストランかぐらで、ゆっくりと休憩した後、やはりテンションが上がらぬまま午後の滑走開始。再びパノラマへ向かいます。

IMG_1967.JPG

午前中の反省を生かして(?)、大人しく小回りの練習をすることにしました。
1時間程滑った後、トイレに行こうとメインゲレンデを滑りましたが、ますます油断できない状況になってました。調子よく小回りで降りる途中、見にくいギャップに思いっきり詰まって....、腰にきました(>_<)

その後は、目を背けていたジャイアントに行ってみることに。

IMG_1969.JPG

ここは予想通りと言うか、期待通りと言うか、いつものようにボコボコ。そしてガラガラ。雪が柔らかいので、決して滑りにくくはありません。疲れますけどね(^^;
痛む腰をさすりながら、2〜3本。

帰りのバス移動の混雑を心配する必要はないのですが、いつものように3時前には撤収しました。
ゴンドラコースは、妖怪板掴みが屯す5月のイメージが強いのですが、この時期は意外と滑りやすいです。コース幅は広いし、雪は白いし(^^

そして最後はやっと雪が付いた、みつまたのファミリーコース。

IMG_1972.JPG

ちょっと見にはマトモですが、まだあちこちにブッシュが顔を出してます。しかし土が出ているところはほとんどありませんので、ご安心ください。
雪不足のため、一応『下山専用』となっていますが、ここで滑走を楽しんでいる方も、結構いらっしゃいました(^^

車に戻ると、雪はルーフボックスの上にうっすらと残る程度。道路の雪も完全に消えてましたので、三国峠を越えて猿ヶ京温泉のまんてん星の湯へ。
月夜野ICから乗った関越道も、練馬出口でちょっと詰まっただけで、順調そのものでした。

白馬方面は調子よく降ってますが、他の地域は意外に雪が少なく、オープンを延期したスキー場もあるようです。しかし今週末からは、各スキー場が続々とオープンする予定。そうなると、私はかぐらからは一時的に遠ざかります。
次のかぐら(&まんてん星)は、4か月後かなぁ。

イマイチの原因は(^^;
posted by スキー中毒者 at 17:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | スキー

2013年12月02日

下山はお早目に?@かぐら

この土曜日もかぐらでした。
前日夜の道路情報では、土樽〜湯沢がチェーン規制。朝、関越に乗っても、情報表示板によればチェーン規制が続いています。関越トンネルを出ると、全車土樽PAに誘導されましたが、タイヤチェックは行っていませんでしたし、本線にも雪は全く残っていませんでした。
しかし、みつまたまでの一般道には所々シャーベット状の雪が残っており、直前まで雪が降っていたようです。

そんな状態でしたから、バス移動がなくなっていることを願っていましたが....。残念ながら、みつまたの状況はオープン時とあまり変わっていませんでした。

みつまた駐車場着は7時10分。車の台数も、チケット売り場に並んでいるお客さんの人数も、前の週よりも少なめです。
私は今回もリフト券はWeb販売を利用しましたので、並ぶことなくロープウェイ乗り場へ。
8時に運行が開始されると、『定員乗車となりま〜す。』という係員の言葉が聞こえます。ロープウェイ〜ゴンドラ間のシャトルバスを、一度に2台ずつ走らせるようにしたため、少しだけ効率が良くなったようです(^^

かぐらに到着したのは8時40分頃。雲が切れて、青空が見えてきました。

IMG_1951.JPG

メインゲレンデを滑ると、硬めの雪の上に新雪が数センチ積もっています。風が強いため、新雪が飛ばされてしまった場所もありますが、大変滑りやすい状態でした。
ということで、混雑する前に、メインゲレンデで大回り、大回り(^^

メインゲレンデを1時間程滑って、ジャイアントに移動。予想通りボコボコです。

IMG_1955.JPG

しかし雪が軽いので、見た目ほど滑りにくくはありません。
とは言え、私ゃマグロじゃありませんので、ここをノンストップで何本も滑るほど、気力も、体力も、そして本能も持ち合わせていません。1高が混み始めましたので、ひとまず休憩(^^

コースに戻りジャイアントを1本滑ると、3ロマが動き始めました。リフト待ちがあっても1高を使った方が上に着くのは早いでしょうが、この歳になるとリフトの上での休息も重要です。リフト待ちもありませんので、その後はずっと3ロマ利用。

午前中はネックウォーマーが必要なくらいに寒かったのですが、午後になると急に暖かくなりました。

IMG_1959.JPG

メインゲレンデはそれほど混んでいませんが、表面の柔らかい雪が削られ、下の硬い雪が出始めます。日影になるのも早いので、油断できない状況になりました。
下山の混雑も考え、少々早いのですが2時半過ぎに撤収。
ゴンドラコースもオープンしてくれましたが、疲れるだけです。せっかくですが、下りのゴンドラを利用させていただきました。

ゴンドラを降りると、ちょうど2台のバスが出発したところ。積み残したお客さんもかなり待ってます。
それでも次に来たバスに乗車し、順調にロープウェイで駐車場まで下りることができました。
しかしその後、TwitterのTLに流れてきた写真を見てビックリ。4時頃にはバス待ちが長蛇の列になり、1時間近く待った方もいらっしゃったようです。寒かっただろうなぁ....。

私はいつものように、まんてん星の湯に立ち寄り、月夜野ICから関越道に乗りました。途中、三芳PAで酒のツマミに鳥麻の焼き鳥をお買い上げ。新座の料金所と練馬の出口で渋滞があったものの、ほぼ順調でした。
高速の混雑が、いつもこの程度なら有難いんですが、そうはいきません。しかし、来年度にETC割引が縮小されると、少しは渋滞が少なくなるんでしょうか。混雑が変わらなかったら、つまらんよなぁ。
posted by スキー中毒者 at 17:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | スキー

2013年11月24日

天然雪での初滑り

昨日はかぐらのオープン日でした。
先週前半にかなりの雪が降りましたが、後半の降雪は長野地方が中心。それでもオープンには充分ということで、メインゲレンデとテクニカルコースで営業を開始しました。
残念ながら、みつまたエリアの積雪が少ないため、ロープウェイ〜ゴンドラ間はバス移動です。

バス移動の場合、ロープウェイの乗車人数はバスの定員である50名となりますので、ロープウェイ待ちが長蛇の列になります。ちなみに去年は1時間待ち(^^;
ということで、今年は早めに出発することにしました。自宅発は4時35分。これが吉と出ました。
5時10分には関越に乗り、湯沢ICを目指します。途中、上り車線は何ヶ所かで事故があり、渋滞しているところもありましたが、下り車線は順調。と、昭和IC手前の表示板に『通行止 ここで出よ』の文字が。しかし封鎖されてはいませんでしたので、そのまま走行を続けると、そのすぐ先で大きな事故が発生していました。後部が滅茶苦茶に壊れた車が追越車線に、走行車線にかかるようにして横向きになっています。周囲には破片も散乱しており、通行車両はそれを避けるように路肩を通って先に進みました。
直前の赤城高原SAに立ち寄りましたから、時刻は6時30分頃でしょうか。後で知ったのですが、6時40分から渋川伊香保〜沼田が通行止めになったそうです。解除は11時10分ですから、かぐらや丸沼に向かった方は、到着が大幅に遅れたり、目的地を変更したりと、大変だったのではないでしょうか。

そんなことも知らず、私は無事7時10分にみつまたステーションに到着。チケット販売は7時30分に開始されますが、売場には既に長い列ができています。
私は今回はリフト券のWeb販売を利用しましたので、無料休憩所内の無人発券機でチケットを入手し、ロープウェイ乗り場に向かいました。こちらもシーズン券を持っている皆さんで一杯ですが、私が並んだのは駅舎への階段を上ったあたり。その後、駅舎のシャッターが開くと、何やら先頭が盛り上がってます。こんな写真を撮ってたんですね(^^

8時にロープウェイの運行が開始され、幸いにも2台目に乗車することができました。しかし後ろの方だと、どのくらい並んだんでしょうねぇ....。
バス〜ゴンドラと乗り継ぎ、かぐらエリアに到着したのは8時30分ちょい過ぎ。今年も真っ青な空と真っ白なコースが迎えてくれました。

IMG_1910.jpg

1高に乗ると、テクニカルを最初のお客さんが滑り降りてきました。

IMG_1911.jpg

そしてメインゲレンデは、左側1/4程度を非圧雪で残してくれてます。

IMG_1915.jpg

とりあえずメインゲレンデを数本滑走。やや硬めですが、滑りやすい雪です。イエティを悪く言うつもりはありませんが、やっぱり天然雪は気持ちいい!空いているうちに、大回り、大回り(^^
非圧雪にも入ってみましたが、思ったほど軽くはありませんでした。一旦立ち止まり、再び滑ろうと不用意に脚を動かし....、今シーズン初コケ(^^;

しばらくしてテクニカルに入ってみると、既にボソボソ。

IMG_1920.jpg

10時過ぎ、クローズしていたジャイアントへの入口のネットを、パトのおねーさんが片付けています。
「コースオープンですか?」
『は〜い、どうぞ〜!』

IMG_1924.jpg

コースオープン直後なのに、何故こんなに荒れているのかは別にして....(^^
パウダーと言えるほど軽くはありませんが、テクニカルより楽しく滑れます。ということで、ランチまでジャイアントを何本か滑りました。

11時前にレストランに入りましたが、それほど混雑はしていません。
いつものように『本日のパスタ』を注文。このパスタ、『本日の』と言っても毎日、いや毎年ず〜っと同じ『ツナトマトスパゲティ』です。お腹が空いてたので、大盛りで(^^

ゆっくりと休憩して外に出ると、大分お客さんが増えました。
それでも混雑という印象はありません

IMG_1929.jpg

リフト待ちも、一番混雑していたときでも数分といったところでしょうか。3ロマも動かしてくれましたが、こちらは常にリフト待ちなし(^^
マグロのように滑ったつもりはありませんが、距離も長けりゃ、斜度もある。朝8時30分から滑ってますので、無理は禁物です。15時前に撤収しました。

下りのゴンドラを降りると、正面がみつまたからの連絡コース、ゴンドララインです。

IMG_1936.jpg

これじゃまだ滑れませんね。
今シーズンもサイトオープンしたスキー&スノボCh.によれば、今週の降雪もありそうですが、次の週末はバス移動でなくなることを祈っています。

今日のかぐらでは....、
posted by スキー中毒者 at 17:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | スキー

2013年11月18日

最後の(?)イエティ

先週半ばの寒波で、各地に降雪がありました。
スキー場でも、ゲレンデがうっすらと白くなったところや、このままオープンできるんじゃないの?と思うほど降ったところもあります。
特にかぐらは、かぐらエリアの積雪が約100cmということでしたので、23日のオープン予定を前に、プレオープンしないかなぁと期待していたのですが....、しませんでした(^^;
まぁ雪さえあればオープンできる訳じゃなし。諸々の資材やらスタッフやら、23日をターゲットに手配してるでしょうしね。
熊の湯は16日に予定通りオープンとのことでしたが、さすがに遠い。

ということで、この土曜日もイエティに行くことに(^^

IMG_1881.JPG

コース幅はまた少し拡がりました。ついでに斜度も増してくれるといいんですけど、そりゃ無理な話ですね(^^;
コース中間部はこんな感じ。この程度の幅があると、十分に注意すれば衝突の危険はそれほど感じません。

IMG_1890.JPG

普通のゲレンデであれば、朝一のコースオープン直後が一番滑りやすいのですが、イエティは普通じゃありません。いや、普通の雪じゃありません。
ICSで造った雪は乾いたザラメ状態なので、圧雪をしても固まらず、エッジを立て過ぎると表面の柔らかい雪に潜ってしまいます。もっとも、お世辞にも滑走性が良い雪じゃありませんから、エッジを立てようが立てまいが、滑りにくいことに変わりはありません。
と雪のせいにしていますが、一番の原因は滑走性の悪い滑り手でしょうか(^^;;
これが昼頃になると、少しずつ融け始めた雪を多くのスキーヤー・スノーボーダーが踏み固め、だんだん滑走性が良くなってきます。

「じゃ、昼前から滑り始めればいいんだな。」
とも思いますが....、今週末からは天然雪やスノーマシンの雪でゲレンデが開き始めますので、さすがにもうイエティには行かないよなぁ(^^;

16時になるといつものように、ナイター営業の準備のため、コース整備が始まりました。

IMG_1896.JPG

せっかく滑走性が良くなった雪の上に、新たにザラメ雪をばら撒いて圧雪車で均します。見た目は平らになりますが、滑ればきっとズブズブ状態。
なので、私はナイター前に撤収です。

今週末は、かぐらのオープンに出撃予定。
みつまたエリアの雪がまだ少なく、バス移動の可能性も....、なんて噂もありますが、今週中のもうひと降りに期待したいものです。

富士山も雪化粧
posted by スキー中毒者 at 17:48 | Comment(2) | TrackBack(0) | スキー

2013年11月11日

滑走2日目@イエティ

11月に入って早々にタイヤをスタッドレスに交換したのですが、こいつはまだピカピカの新品。ご存じのように、新品のタイヤは一皮むけるまで本来の性能を発揮できず、やや滑りやすい状態です。
「しゃーない、安全運転のためだしなぁ。」
土曜日、タイヤの皮むきのために、イエティに行ってきました(^^

現着は7時半過ぎでしたが、相変わらず駐車場は空いています。
そして営業開始の8時直前にならないと、チケット売り場がオープンしないのも今年のパターン。
ちなみにメルマガ会員なので、1回目の入場時にスタンプカードをいただきました。スタンプ2個目の欄には、滑走料金半額と書いてあります。念のため、窓口のおねーさんに確認しました。
「これって、今回スタンプ貰って、次回半額?」
『いーえ、今回2回目のご来場で半額で〜す。』
なかなか太っ腹です(^^

コースに出ると、前回より幅がやや拡がってました。

IMG_1863.jpg

最下部の短〜い中斜面は、こんな感じ。

IMG_1868.jpg

混雑しても何とか逃げられるかな、というコース幅に成長してました。

雪は非常に柔らかいです。コースオープン直後に滑ったスノーボーダーさんのシュプールでしょうか、深い溝が何本も刻まれています。緩斜面も相俟って、お世辞にも滑りやすくはありません。

それでも1時間程経つと、雪が踏み固められ、少しずつ滑りやすくなっていきました。
10月の下旬に滑ったときは、この時間になると混雑が激しくなり、衝突の危険すら感じるほどでしたが、今回はそれほど混雑はしませんでした。

お隣ではゴルフ場が営業中。カートに乗ったゴルファーの皆さんは、呆れたようにこちらを見ています。
私ゃゴルフはやりませんけど、テレビで見ると静けさの中でプレーするというイメージが強いんですが....。隣でガンガン音楽を流し、アナウンスの音声も聞こえるような状態で、大丈夫なんでしょうか?

そして時折遠方から、ドンガラドンガラという音が。これも毎度お馴染み、某国の国防軍が富士の裾野で演習中です。

午後になると、ペアリフトも動かしましたが、コースは大混雑と言う程にはなりませんでした。
この程度の混雑なら低速での練習もできるかなっと。でもやらなかったけど(^^;

午前中は大変天気が良かったのですが、午後になると少しずつ雲が出てきました。3時前には太陽が隠れて曇り空に。こうなると結構冷えます。薄手のウェアなので、寒い、寒い(>_<)
16時に一時コースクローズし、整備後17時に営業が再開されますが、とてもじゃないけどその気になりません。まぁ寒くなくても、その気にはならないんですけどね。

今回も良く滑ったけど、ちょい練習した方がいいかなぁ(^^;;

鹿出没注意
posted by スキー中毒者 at 12:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | スキー

2013年11月04日

2014安全対策講習会

11/3(日)、なかのZERO小ホールで、某都連の安全対策講習会が開催されました。
この講習会は、各クラブの安全管理者が、スキーに関する怪我や事故、用具等について研修し、クラブ内外での活動に役立てるよう行われるものです。
私のような危険人物でも、所属クラブでは「安全対策担当」。講習会には最低3年に1回の参加が義務付けられていますが、私は毎年参加しています。
この講習会、例年であれば午後だけなのですが、今年は午前中から行なわれました。

IMG_1848.jpg

まずは猪谷会長が講師となり『オリンピックの今昔』。
猪谷会長と言えば、ご存じのように日本人初の冬季オリンピックメダリストであり、元IOC副会長です。このような立場から、ご自身の履歴を含め、主にIOCの活動について興味深いお話をいただきました。

続いての講義は、『薬剤師によるアンチ・ドーピング活動』。
アンチ・ドーピングについては、猪谷会長が力を入れており、昨年の安対でもテーマとして取り上げられています。今年は東京都薬剤師会の鈴木幹男副会長が薬剤の専門家の立場から、意図的なドーピングではない「うっかりドーピング」の防止について、詳しい説明をしてくださいました。

IMG_1853.jpg

市販の風邪薬等にもドーピング成分が含まれている製品が数多くあるそうです。また同じような名前の市販薬でも、含まれていたり、含まれていなかったり。私の立場は、アンチ・ドーピングに直接かかわることはありませんが、大変興味深いお話でした。
最近では国体でもドーピング検査が行われるとのこと。選手本人はもとより、監督やコーチ等選手を支えるすべての人がドーピングに対する正しい知識を持ち、常に留意しないといけないことが、よくわかりました。

ドーピングの防止については、東京都薬剤師会のドーピング防止対策ページをご参照ください。
またドーピング防止について相談できる薬局はt-薬局いんふぉから検索できます。
配布された資料「薬剤師のためのドーピング防止ガイドブック」のPDFダウンロードはこちらから。

さて昼メシだ!と思ったら、ここで事務連絡。
今まで全日本が行っていたパトロール研修会が、都道府県連の主管で実施できるようになったそうです。
パトの研修会って、会場によっては月〜水なんて日程が設定されてて、「カタギの人間はどうやって参加するんだよ?」と疑問に思ってましたが、某都連の研修会は2/22-23と土日で、白馬五竜を会場に実施されるそうです。ま、私ゃパトは持ってないんで、関係ないんですけど....。

午後の講義は『医療現場から見たけがの現状と予防』。
講師は私の左膝の主治医、梅澤香貴先生です。
8年前の梅澤先生の講義(当時はまだ『安全対策担当者会議』って名称だったかな?)では、スキー傷害の話の中で次々と写真を出したら、気分が悪くなっちゃった受講者がいたりして....。今年は怪我の写真は少なめでした(^^

IMG_1854.jpg

まずはスキーに伴う傷害や疾病について。定番のACL損傷の話だけじゃなく、親指やら、頭部やら、心臓やらと、多岐に亘りましたが、その防止方法を含めて大変分かりやすい説明でした。
そして後半では、「現場でのスポーツ医学の実践と誤解」と題し、FAQのような形式で、セルフコンディショニングについて解説をしていただきました。

最後はお決まりのAED実習。三角巾の実習と並行で、なんて話もありましたが、結局はAEDだけでした。

IMG_1857.jpg

救命救急の要領については、毎年細かく変わっているようですが、基本は同じですね。そして大事なのは、イザというときには迷わず「やる」こと。そのためにも、こういう体験は貴重です。

うん、来年も参加しよう!
posted by スキー中毒者 at 23:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | スキー

2013年11月02日

GZからVRXへ

昨シーズンでスタッドレスタイヤが3年経過。
ということで、今シーズンは買い換えです。
ちなみに、履いていたのはBLIZZAKのREVO GZ。

先日のイエティからの帰り路、ディーラーに電話。(あ、ちゃんとハンズフリーです。)
「スタッドレスの見積、お願いします。」
『ありがとうございます。何にしましょう?』
「ん〜、VRXにしようかと。」
『BLIZZAKの新しいやつですね。サイズは?』
「215/55 17だったかなぁ。調べてもらえます?」
『わかりました。確認して折り返します。』

すぐに電話が返ってきましたが、値段は....、アホみたいな金額(^^;
継続販売のREVO GZなら、もうちょい安くなりますが、大したことありません。
『BLIZZAKはブランド力がありますし、BSも強気ですよねぇ。』
MICHELINも考えたのですが、こっちはもっと強気なのは分かってます。
「しゃーない、VRXでお願いします。」

昨日の夕方、タイヤの用意ができた旨連絡をいただきましたので、今日早速交換に行ってきました。

IMG_1846.jpg

以前はBLIZZAKの柔らかさが気になり、敬遠していたのですが、最近はそんなに飛ばす訳じゃなし。REVO GZでもあまり気になりませんでしたから、VRXでも大丈夫でしょうか。
しかし、タイヤの性能もさることながら、乾燥路でも雪路でも無理をせず、安全運転第一と心掛けたいものです。

LEGACY 25周年
posted by スキー中毒者 at 20:02 | Comment(2) | TrackBack(0) | スキー

2013年10月28日

2014初滑り@イエティ

金曜日のEyes上映会でスイッチが入っちまいました。
土曜日は夕方近くまで雨でしたが、夜、何気なく翌日の天候を確認すると『晴れ』。
「ん?滑れるじゃん。」
高速道路も渋滞予想は出ていません。
はい、イエティ決定です(^^

日曜日。自宅を5時40分に出発して、現着は7時20分。
特に急いだつもりはないのですが、ずいぶん早く着きました。土日祝日の営業開始は8時ですが、駐車場の車はまばらです。
7時40分頃にチケット売り場に行くと、窓口が開いておらず、列ができています。チケットの販売開始は、7時50分頃だったでしょうか。まだオペレーションが安定していないのか、私の並んだ窓口では、何人かのお客さんでやや手間取り、入場したのは8時ちょい過ぎ。
当然コースにはほとんど人がいません。

IMG_1959.JPG

まずはストレッチ。そして今シーズンの一本目。
コース幅は例年よりやや狭めでしょうか。前日の雨の影響か、朝イチでも雪面の状況はあまり良くありません。表面が硬い場所もあるのですが、既に深いエッジングの跡があったり、凹凸が残っていたり。
でも気分は最高です!

天気も良く、富士山もキレイ....だったのですが、すぐに曇り空になってしまいました。

IMG_1962.JPG

ちなみに手前に見えるのが、イエティの雪を造っているICS(アイスクラッシュシステム)です。

シーズンインの時点では、まだまだ自分のイメージと身体の動きのズレが大きいです。
特にイエティのような緩斜面ではボロが出やすいので、右ターンで重心が内側に入りすぎる癖と、前後のポジションに注意しながら滑走しました。本当はプルークスタンスで何本か滑り、ポジションの確認をした方がいいんですが、やっぱり快楽優先です。空いているうちに、基礎パラレルターン中回り(^^

しかしそれも長くは続かず、1時間もすると人を避けながら滑るようになります。
10時過ぎにはリフト待ちの列が伸び始めたため、隣のペアリフトも運転を開始しましたが、コース上の混雑は激しくなる一方。
そりゃリフトが2本動いたからと言って、コースも2本になる訳じゃありませんからねぇ(^^;
ただ、これにはやむを得ない事情もあります。コースレイアウト上、滑走コースの終わりとクワッドリフト乗り場が近いため、乗車待ちの列が長くなりすぎ、滑走コースの真下にまで伸びてしまうと、止まりきれない方が列に突っ込む危険性があるためです。

私はと言えば、この頃になると脚が疲れてきました。精神的なスイッチは入ったようですが、肉体的なスイッチはまだ短時間で切れてしまいます(^^;
ということで、ひと休み。

コースへの復帰は11時半頃でしたが、この時間帯が混雑のピークだったかもしれません。午後になると、やや人数が減ったようにも思えました。
しかしコース状況は急激に悪化。茶色い部分が所々出始めると、すぐに下の土やマットが顔を出します。それをものともせず、果敢に滑るスノーボーダーさんもいらっしゃいますが、私ゃご遠慮申し上げたいところ。人を避け、土を避け、身の危険を感じながらの滑走になりました。

14時頃でこんな感じ。

IMG_1966.JPG

これでもかなり空きました。
シーズンイン直後のイエティは、やっぱり平日に限ります(^^;;

こんな状況にもかかわらず、午後も1回の休憩をはさんで滑りまくったため、30本以上は滑ったでしょう。
16時からはナイター営業前の整備のために、1時間コースがクローズされます。16時前に乗車したリフトから降りたのが、ジャスト16時。目の前でコースクローズのロープが張られましたが、その時の気持ちは、
「良かった〜。さ、帰ろ♪」

これからしばらくは天候も安定しそうですから、コースも少しずつ拡幅するでしょう。
次回の滑走は、指導員仲間のスキー廃人と一緒に、平日イエティかなぁ(^^
posted by スキー中毒者 at 17:44 | Comment(8) | TrackBack(0) | スキー

2013年10月26日

Eyes上映会

金曜日、台風27号が東寄りにコースを変え、都内は午後には一時的に雨が止んだものの、夜にはまた雨。そんな中、めぐろパーシモンホールに行ってきました。
Art of The Moment「Eyes」の上映会です。

6時半ちょい過ぎに現着すると、受付は始まってましたが、まだホールへの入場はできず、沢山の方がホールでお待ちでした。
ホールの入口脇にはDVDの販売コーナー。

IMG_1826.jpg

そしてその隣には5名の出演者、丸山貴雄さん、松沢寿さん、松沢聖佳さん、児玉毅さん、井山敬介さんが座ってます。

IMG_1825.jpg

DVDを購入すると、その場で生サインをしていただけました(^^

そうこうしているうちにホールへの入場が始まり、あっという間に2/3程の席が埋まります。中央付近に空席もありますが、ここは関係者用の予約席でした(^^;

そして上映開始。
内容は....、素晴らしいの一言。
ぜひ見ていただきたいです。
ちなみに出演スキーヤーは上記の5名となってますが、渡辺一樹さんと岡部哲也さんの滑りも少しだけ出てきます。

最後は出演スキーヤー5名のご挨拶で上映会は終了しました。

IMG_1821.jpg

その後は
posted by スキー中毒者 at 23:15 | Comment(2) | TrackBack(0) | スキー

2013年10月16日

2014検定員クリニック

3連休中日の13日(日)、なかのZEROで指導員研修会と検定員クリニックが開催されました。
私の所属クラブでは、研修会は毎年、クリニックは1年おきに出席することになっていますが、私は研修会、クリニックとも毎年出席しています。特に今シーズンは指導の展開が大きく変わり、それに伴い検定の内容も変更されますので、聞き逃すわけにはいきません。

10時、まずは検定員クリニックから開始。
講師は、毎年担当していただいている教育本部の桜本専門員です。

IMG_1901.JPG

最初に今シーズンからの検定制度の概要を、昨シーズンまでと比較しながら紹介していただきました。

IMG_1910.JPG

以下、主な変更点を列挙します。
・ジュニアテストについて、実施要領や基準は加盟団体(都道府県連)で決めることになりました。ちなみに私が加盟する某都連は、今シーズンは昨シーズンと変更ありません。
・級別テストでの年齢制限が廃止されました。
・2級のテストが実技テストに戻り(?)ました。3〜5級は講習内テストで、変更ありません。
・認定スキー指導者制度は廃止されました。これは新規取得はできないということで、取得済の方が取り消されるということはありません。
・指導者制度の名称で使用されていた『ステージ』という表現は廃止されました。
・準指導員、正指導員検定における単位制が廃止されました。
まとめると、こんな感じです。(デジカメを忘れたためiPhoneで撮ったので、少々見にくいです。済みません。)

IMG_1913.JPG

ここで検定員資格の有効期限について確認。

IMG_1914.JPG

クリニックを修了すると、2年先の末まで有効になります。ここで言う『2年先』とは、8月から開始するSAJ年度を基準にしますので、今回のクリニックで2016年7月31日まで有効になるということですね。
ちなみにクリニックを2年未修了で資格停止となりますが、その後の資格喪失はなくなりました(体面を汚した場合はもちろん喪失となります)。クリニックを修了することにより停止が解除されます。ただし、停止した資格が有効になるのは翌年度からです。例えば、現在検定員資格が停止状態にある方が、今クリニックを受講しても、資格の復活は今シーズン(2014シーズン)ではなく、来シーズン(2015シーズン)からとなりますので、ご注意ください。

続いて、検定における評価の観点について。

IMG_1917.JPG

まずは、指導員系とプライズ・級別テストとの違いを確認します。
前者は師範力を、後者は技能を見るということ。特に後者においては、技術は多様ですから、教程の内容に縛られるわけではありません。つまり今の教程の滑りじゃなくても、上手けりゃOKということですね。あ、指導員系はダメですよ、指導員系は(^^;

IMG_1919.JPG

実技種目の変更は、すでにジャーナルやグラフィックでも紹介されていますが、基礎課程としてプルークボーゲン、基礎パラ大、基礎パラ小、横滑りの展開の4種目、実践課程としてシュテムターン、パラ大、パラ小、総滑(リズム変化)の4種目になります。

IMG_1921.JPG

基礎課程、実践課程とも4種目中3種目の合格(指80ポイント、準75ポイント)、かつ8種目の合計ポイントが指導員は640ポイント以上、準指導員は600ポイント以上で、実技合格です(理論は200点満点で60%以上)。
つまり、不得意種目を落とした場合、得意種目で加点して挽回しなくちゃいけませんから、種目の合否だけでなく、ポイントも意識する必要があるということです。

次にプライズ・級別テストについて。

IMG_1922.JPG

まず、ジュニアテストですが、上記のように実施要領は加盟団体で決めますが、年齢制限は決められており、12歳(小学生)以下です。
級別テストでは、年齢制限はなくなりました。ただし、1級と2級については『13歳未満、高齢者については安全面に十分配慮する』とされています。これは各検定員の判断によりますが、例えば距離が長い場合にはスタートを下げるとか、滑走順を先にして斜面が荒れる前に滑らせるとか、ということのようです。

そして種目について。

IMG_1925.JPG

5級は、緩斜面で(旧)大回りターンができる→(新)プルークボーゲンができる。
4級は、緩中斜面で(旧)大回りターンの連続ができる→(新)プルークボーゲンによるリズム変化ができる。
3級は、緩〜中斜面で(旧)大回りターン、小回りターンの連続ができる→(新)パラレルターン、シュテムターンができる。
にそれぞれ変更されています。ちなみにここまでは講習内検定。

IMG_1927.JPG

2級と1級からは、フリーがなくなり、代わって基礎的なことができているかを見るために、2級にシュテムターンが、1級に横滑りが入りました。
DVDで紹介されているシュテムターンは、今のスキーの性能を生かしたシュテムターンになっていますが、別に昔のシュテムターンがダメという訳ではありません。
また1級の横滑りですが、指導員系の検定種目の『横滑りの展開』で示された要領のうち、斜め前方向へのスペースを使うものか、使わずに真下に滑るものか....。まだSAJから下りてきていないので、今の段階ではわからないとのことでした(^^;
パラレルターンについては、2級は『基礎』パラレルターンですが、1級は『基礎』が外れている種目があります。これは、少しスキッディング要素が強いか、滑走性が高いかの違いということのようです。

最後にプライズテストの種目です。
多くの受検生にとって朗報かもしれませんが、不整地大回りがなくなりました(^^

IMG_1928.JPG

理由としては、ひとつは安全性への配慮から。もうひとつは、スキー場によっては大回りに適した不整地ができないこともあるということから、ということです。

まだ残ってました。ジュニアテストの種目は、上記の通り、某都連は去年と同じです。

IMG_1929.JPG

IMG_1930.JPG

以上で講義は修了し、いつものように模擬検定でクリニックを終了します。
実際に、あるクラブが菅平で実施した検定のビデオを見ながら、採点を行いました。
種目は1級大回りナチュラル、1級小回り不整地、ジュニア1級小回り整地です。ほとんど正解とはいうものの、ジュニアテストで一人だけ外しちまいました。慣れないジュニアテストとは言え、もっと目を鍛えないといけませんね....。

約1時間半でしたが、充実したクリニックでした。
研修会については、気が向いたら(?)別途アップします(^^
posted by スキー中毒者 at 12:26 | Comment(4) | TrackBack(0) | スキー

2013年08月20日

夏休みの宿題?

今月初旬、南米密林に迷い込み、こんなモノを見つけました。
で、ついポチッと....。

IMG_1674.jpg

先週の夏休み。外は35℃を越える猛暑日に、コブの基本をおさらいしました(^^)
普通の人にとっては完全に季節外れなんでしょうが、見ている本人には何の違和感もありません。奥只見スノーアカデミーの4人のスキーヤーが、それぞれの感覚を各自の言葉で表現し、低速でデモンストレーションしてくれますので、大変参考になりました。対象としては中級者を想定しているようですが、もっと幅広いレベルの方に対応できそうな気がします。
この中で一番印象に残ったのは、金子あゆみNデモが語るコブの秘訣
『コブは気合いと根性』
これがDVDの締めの言葉だもんなぁ(^^;;

スキーの後はビールを片手に
posted by スキー中毒者 at 01:01 | Comment(5) | TrackBack(0) | スキー

2013年08月18日

怠惰な夏休み

今年は、この月曜日〜金曜日が夏休みでした。土日を含めると9連休なので、溜った用事を片っ端から片付けられるかと思っていたのですが....。今日、最終日になってみると、飲んだくれていた記憶しかない(^^;;

とは言え、どうしてもやっておかなくちゃいけなかったのが、全日本の会員登録。10月中旬の指導員研修会(在京理論)の時に、クラブ員に全日本の会員証を配布するためには、この時期に手続きを完了する必要があります。
「毎度お馴染みの」と言いたいところでしたが、昨年までは別途行っていた競技者登録が、今年から会員登録の中で行うように変更された関係で、登録用紙の様式も若干変更されてました。そして手続マニュアルの説明がわかりにくいこと(^^;

IMG_1660.jpg

私ゃ毎年やってるから何とかなりますが、始めての担当者は結構戸惑ったかもしれません。
作成した書類を都連に送付して、作業は終了。次のスキー関係のお仕事は、8月31日の事務連絡担当者会議と、翌日の指導員研修会申込です。

おっと、その前に各指導員に、研修会日程確認の連絡をしなくちゃいけなかったわ。こいつは今日中にやっといた方がいいなぁ(>_<)

他にやったことと言えば、お盆に実家に顔を出したことと、Outbackの12ヶ月点検を済ませたことくらいしか思い付きません。
ホント、自分でも呆れるほどの、怠惰な夏休みが終了しました。
これで明日から通常の生活にもどれるのだろうか....。

ブラックスワン参上?
posted by スキー中毒者 at 19:23 | Comment(2) | TrackBack(0) | スキー

2013年07月29日

2013年度終了

27日(土)の夜、所属するスキークラブの総会が開催されました。
総会会場の立川に向かうため、夕方の銀座線に乗車すると、駅には浴衣姿のおねーちゃんがいっぱい。そうです、隅田川の花火大会でした。
そして立川の駅も同様。昭和記念公園でも花火大会があるんだとか。都内は6時過ぎから雨という予報が出てましたから、他人事ながら、天気は大丈夫かなぁ、と心配していたのですが....。

さて、当クラブの総会は、今回はご都合が悪い方が多く、出席者は少なめ。とは言っても、やるべきことはやらなくちゃいけません。
中毒者は、クラブ内での年齢が「相対的に」若いというだけで、能力が「絶対的に」低いことは無視して、いくつかのお役目を仰せつかっております。(無謀にも)会計担当だとか、(悪い冗談としか思えないけど)教育担当だとか、(雑用係としての)総務・事務連絡担当だとか....。
まぁ、教育ナントカは名ばかりナントカってやつですから、大したことはないのですが、総会前に大変なのが会計。決算報告のために、年間の収支を取りまとめて、決算書を作る必要があります。収支が発生した都度こまめに処理をしとけば全く問題はないのですが、もちろんそんなマメな性格じゃありません。結果、総会直前まで領収書やら入出金のメモやらと格闘することに。毎年のことながら、全く懲りてません(^^;

そして何とか用意した書類は、会費等の集金名簿と領収書、過年度の決算書、新年度の予算書と行事案内。書類の記載はシンプルに、そして報告もシンプルに(^^)
ツッコミどころはいろいろとあったのでしょうが、クラブ員の哀れを誘ったのか、面倒な質問はなし。その後、新規入会者のご挨拶と、準指受検者の決意表明で総会は無事終了しました。

やれやれ、次の総会は一年後。
なんですが、すぐに全日本や東京都への登録事務が始まります。
都連から登録書類が届くまでの間、つかの間の休息ってところでしょうか(^^;

ゲリラの襲撃
posted by スキー中毒者 at 12:40 | Comment(2) | TrackBack(0) | スキー

2013年07月21日

カスタムフェアファイナル

土曜日、ベルサール新宿セントラルパークで開催された、ICIカスタムフェアファイナルに行ってきました。
私自身は、今回は特に購入予定はないのですが、シーズン中に一緒に滑る指導員仲間がブーツや板、ウェアを新調する予定とのことでしたので、背中を押しに行くことに(^^

会場に入ると、なかなか盛況です。
顔見知りのコンペカンのおにーちゃんも嬉しそうでした。

IMG_1633.jpg

マテリアル購入予定の指導員仲間とその奥様、そして既にブーツ購入済のスキー廃人と合流。指導員仲間がブーツを試している間に会場を一回りしてみました。
各メーカーのブースは、例年と比べ、やや小さめでしょうか。以前なら各メーカーともスキーをずらりと並べていましたので、ちょっと寂しさも感じます。それでもBC系の太〜いスキーは、かなりの本数が並んでいます。残念ながら私の守備範囲外なんで、何が何やらわかりませんが(^^;

ブーツコーナーに戻ると、試し履きはTECNICAからSALOMONに移動してます。どうやらお気に入りが見つかったご様子で、SALOMON購入決定(^^
予約手続きをしていると、今度はその奥様がすぐ横のKEI-SKIへ。
IMG_1634.jpg
野沢の試乗会で、好印象だったとのことですが、まだ迷ってるようです。候補はARX15とEZO83。我満さんを含めフィーリングを話しているうちに、EZO74が候補に加わりました。我満さんには、スキーの形状や構造、開発の意図等を熱心に説明していただき、最終的にEZO74に決定。奥様は、トップシートのカラーリングの変更を希望しましたが、細かい変更も可とのことで、今後メールで相談しながら決めることになりました。
今シーズンのKEI-SKIは、私も好印象でしたから、私からもかなり強くオススメしました。と、最後に我満さん、『サポート、ありがとうございました。』
(^^;;

最後はウェア。
phenixのモデルに決めていたようですが、あとはカラー。
IMG_1636.jpg
本人がブーツのインソール調整をしているうちに、奥様、スキー廃人、私の3名で勝手にコーディネートを始めます。ジャケットはブルー。パンツは....。去年の廃人のウェアと同様、派手なヤツを選んだのですが、やはり本人は無難な色を選びたがります。結構強く背中を押したのですが、結局無難な線に落ち着き、スタッフが予約伝票を記入。
と、突然奥様が同じモデルを色違いで購入を即断しました。ジャケットの色は違うものの、パンツの色が旦那様とカブります。
『じゃ、パンツの色は....。』
旦那様、パンツのカラー変更です。派手なヤツに(^^
思ってもいなかった結果に、本人は戸惑い気味でした。

会場を出て、新宿駅前へ。
カスタムフェア後の恒例、忘年会です(^^)/□
posted by スキー中毒者 at 23:59 | Comment(2) | TrackBack(0) | スキー

2013年06月29日

ウェアの洗濯は自宅で

今日は意外に天気が良さそうなので、ウェアの洗濯をすることにしました。

最近はウェアはドライクリーニングに出さず、自宅の洗濯機で、NIKWAXのLoftテックウォッシュとTX.ダイレクトWASH-INを使用し、洗濯〜撥水まで行っています。

IMG_1602.jpg

汚れはちゃんと落ちますし、撥水性能もまずまず。仕上がりは気に入っているのですが、如何せん時間がかかる....。ま、洗濯するのが、ウェア(上下)3セット、レインウェア(上下)、ミドラー2着。一人分なのに、量が多すぎるんですね(^^;
当然1回で終わる訳ありません。ウェアの洗濯は終了しましたが、今、洗濯機はゴアテックスのレインウェアの乾燥中です。

来年はNIKWAX、1リットルタイプを買った方がいいかなぁ(^^;
posted by スキー中毒者 at 14:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | スキー

2013年06月16日

カスタムフェア&野沢PRイベント

今年もICI石井スポーツさんのカスタムフェアが始まりました。
今週の会場は汐留。いつもなら土曜日に行って、会場で仲間と合流、その後飲み屋へ....というパターンなのですが、今週の土曜日は飲み仲間スキー仲間の都合が悪いため、金曜日の仕事後に行ってきました。

毎年土日は大混雑。平日だから少しは空いているかと思っていたのですが、意外にお客さんが入ってます。

IMG_1580.jpg

スタッフがやや手持ち無沙汰なメーカーもありましたので、ゆっくりと相談したい方は平日の夜は狙い目かもしれません。
特にウェアメーカーのブースはそれほど混雑していませんでした。試着室も空いてますので、ゆっくりと選べると思います。
アクセサリー関係では、ヘルメットのバリエーションがかなり増えたように感じました。ゲレンデでもヘルメットの着用率が少しずつ上がっていますので、使っていない方はぜひチェックしてみてください。お気に入りが見つかるかもしれません。

相変わらずゲストによるトークショーも行われていましたが、立ち止まって聞いている人はまばら。そろそろ考え直してもいいんじゃないかなぁ。
SKI FORUMでやっていた、各メーカーのブースを回り、オススメを紹介するっていうのは、なかなかいいと思うんですが。

そして土曜日は、都庁第一庁舎の全国観光PRコーナーで行われている、野沢温泉のPRイベントに行ってきました。

IMG_1584.jpg

野沢にスキーに行ったときにお世話になっているホテルハウスサンアントンさんが、ジャムやジュース、スイーツ等を販売しています。
しかし、お客さんはまばら。顔なじみの販売スタッフも、
『今日はみんな汐留かなぁ。』

それでも、展望室から降りてきた方(?)がPRコーナーを覗いてジャムを試食すると、皆さん
『美味し〜い!』
と驚いています。
私もジャムを3種類お買い上げ(^^

IMG_1587.jpg

白桃と紅玉リンゴは、パンにもヨーグルトにも良く合います。
巨峰はチーズと合わせると、ワインのお伴に最高。

って、結局は酒の話になるのか....(^^;
posted by スキー中毒者 at 14:58 | Comment(2) | TrackBack(0) | スキー

2013年06月02日

SKI FORUM 2013

この週末に開催されているSKI FORUM 2013に、昨日行ってきました。
主催は、日本スキー産業振興協会(JSP)です。JSPと言えば、安全対策関係で、ヘルメットの着用促進ポスターや、S-B-Bシステムのセミナー等ではお馴染みでしたが、SKI FORUMを主催しているとは知りませんでした。
今年の会場は六本木の泉ガーデンギャラリー。去年は開催されなかったようですが、その前は池袋のサンシャインシティ文化会館が会場だったと記憶しています。

日比谷線の神谷町駅を降りて会場に向かうと、回りには高級住宅が建ち並び、歩いている方もちょっとキレイ目です。居心地の悪さの中で、道に迷いそうになりながら、何とか会場に到着。入口付近には、明らかに六本木とは無縁の雰囲気の方々がたむろしており、ホッとしました。

中に入ると、それほど広くはありませんが、多くの馬さん鹿さんの熱気で暑いくらいです。
各メーカーのブースもコンパクトですが、ウェア関係の方がやや広めだったでしょうか。

IMG_1679.jpg

マイクでしゃべる声が聞こえましたので、いつものスキーヤーのトークショーかと思いましたが....、違いました。
MCが各ブースを回り、メーカーのスタッフがイチオシ商品の紹介をしています。これはイイですね。人気メーカーだと、すべてのスタッフが接客中で、なかなか話を聞くことができないこともありますし、特にチェックしていなかったメーカーやマテリアルにも、興味を持つことができるかもしれません。

私は特に目的があったわけではありませんが、SWANSとapplerindで情報収集。その他のメーカーはブラブラと見て回ります。DESCENTEでは、スキー大学でお世話になった丸山貴雄さんにご挨拶できました。

再来週は汐留でICIのカスタムフェアです。
その後は今シーズンの忘年会かな(^^
posted by スキー中毒者 at 14:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | スキー