2007年07月12日

余命あとわずか....

スキー場への「足」となっているレガシィ、登録は1997年7月です。つまりちょうど10年。先日、馴染みの自動車修理工場に定期点検に出しました。
「ブレーキ踏むと、振動が出ます。あとエンジンが暖まるまで、回転数が不安定です。」
『....。ま、まぁ見ておきます。』
預けた翌日、携帯が鳴りました。
『いやぁ、まだ乗るなら、ブレーキは相当手を入れないと。エギゾーストパイプもボロボロだし....。かなりかかるよ。で、それだけやっても、来年はまた別のところに手を入れないといけないだろうし....。雪道の影響だよね。それにもう14万kmも走ってるでしょ。』
「あ、やっぱり(^^;しゃーない、あきらめましょう。」

ということで、とうとう買い換えることに相成りました。え、何に?もちろん、別名”スキー場のカローラ”、レガシィです。
次は3リッターの6発エンジン!と思ってましたので、ネットで調べたら....。高っけぇなぁ(^^;
ツテを頼って販売店を紹介してもらい、カタログも送ってもらいました。今度の休みに、現物を見てきます。

やれやれ、とんだ物入りだわ。
posted by スキー中毒者 at 23:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/4684390

この記事へのトラックバック