2011年07月17日

再びブー研へ

先月フォーミングしたREXXAMのDATA-110Mですが、履いてみると(って、部屋で何やってんだか....)特に右足の甲に当たりが感じられます。シェルではなく、タングのエッジ部分が、足の甲に食い込むように当たっているようです。
ブー研に電話をすると、ちょうどお客さんの対応が終わったところということで、早速見ていただくことにしました。クソ暑い中、サービスで貰ったブーツバッグを背負って、自転車でノンビリと神田に向かいます。

お店に着くと、新しいタングが用意されてました。
『タングだけ取ってるわけじゃないんで、他のインナーから外しときました。』
今年のREXXAMは、去年に比べてタングの甲の部分が若干広めになっているのに加え、中には若干Rがきついものもあるようで、このような症状が出ることがあるとか。私のブーツから外したタングと用意されていたものを比べると、確かに甲の部分のRが違います。取り替えてから履いてみると、大分改善されました。
『これで雪上で試していただいて、それでもダメなら当たる部分を数mmカットしますから。』

『あとは大丈夫ですか?』
と聞かれましたので、パワーベルトのフィーリングがイマイチと言うと、こいつも交換してくれるとのこと。
『あ、それともダブルのベルトにしましょうか?』
去年のモデルに使用されていた、シェルとインナーを別々に締めることができるパワーベルトです。ちょっと迷ったのですが、今までずっとベルクロタイプのパワーベルトを使ってきて、新しいパワーベルトに違和感があったこともあり、お言葉に甘えてダブルのベルトに交換していただきました。
DSC00904.jpg

今シーズンまで履いていたFORTE-110も、左右の第2バックルを交換した結果、オリジナル仕様になっていましたが、今度のDATA-110Mは、履く前からオリジナル仕様になっちまいました(^^
posted by スキー中毒者 at 18:06 | Comment(3) | TrackBack(0) | スキー
この記事へのコメント
初めまして。
私もインナーの同じような症状で悩んでいます。


交換して貰えたのは、やはりチューンアップを受けているからでしょうか。
それともメーカー対応でしょうか。

お返事もらえると幸いです。
Posted by はまじ at 2011年12月07日 22:28
はまじさん、こんにちは。
ブーツのフィーリングは、ちょっとしたことでも気になりますよね。

ブー研のオヤジの話では、個々の製品で若干のバラツキがあるようです。だから少々乱暴ですが、交換したタングも、他のブーツから引っ剥がしてきたモノ(^^;
私の場合、今回はブー研としての対応ですが、不具合を指摘されたタングを、そのまま別のお客さんに販売するショップじゃありませんから、最終的にはメーカーに戻されると思います。メーカー側も問題を認識するのですから、同様の症状に対しては、何らかのメーカー対応はしてもらえるのではないでしょうか。
はまじさんが購入したショップが対応に難色を示しても、「他でも同じような症状がでているらしいから、メーカーに問い合わせて欲しい。」と言ってみてはいかがですか?そもそも、レグザム自体が、かなり面倒見の良いメーカーですから。

またご存じのように、ブーツは雪上で使用すると、かなり馴染んできます。
私も、ブー研でタングを交換してもらった後も、若干の違和感が残っており、初滑りのYeti(10/29)では正直「まだ当たるなぁ」という印象でした。しかし、次の滑走時(11/7)には、ほとんど当たりを感じないようになりましたので、1〜2日、我慢して履いてみてもいいかもしれません。

いずれにしても、タングの当たりが解消して、快適な滑走ができるようになることを、お祈りいたします。
何か不明な点がありましたら、またコメントしてください。
Posted by 中毒者 at 2011年12月07日 23:17
こんにちは。
お返事ありがとうございます。

まずは、購入店に相談してみます。
国内メーカーですから、購入後の対応に期待したいです。

ブーツの調子は上がっているとのことで、良かったですね。
快適に滑れるってとても重要です。

良いシーズンになりますように。
Posted by はまじ at 2011年12月08日 20:20
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/46807623

この記事へのトラックバック