2007年06月15日

題名のないスキーセミナー第2回

今日の講師は、柏木義之さん。技術選参戦10年間で、優勝争いに絡まなかったのは、初出場の年と直前に大怪我をした先々シーズンのみという、これまたすごい人です。

DSCN2810.JPG

滑っている姿から受ける印象とは違い、小柄な方です。身長が163cmで、体重は50kg台だとか。もう少し体重を増やしたい、なんておっしゃってました。

今回も、前回の嶺村聖佳さんと同様、ご自身の10年間の戦いを振り返りながら、大回りと小回りに分け、それぞれの年の滑りの動画を見ながら、何を考えて滑っていたのかを解説してくださいました。

まずは1999年から2002年まで。
『何も考えていませんでした。』
だそうです(^^;
それでも勝てちまうんだから、大したもんです。
ちなみに、話す内容を原稿に書いてきたらしいのですが、全く役には立っていませんでした。
しかし、単なる技術の解説ではなく、感覚的なところまで話していただけたのは、プレイヤーならでは。こういう話は、市販の技術選のビデオじゃ、なかなか聞けません。

最後は例によって、増田千春さんのフォロー。柏木さんの「感覚的な表現」を、見事に解説してくれました。これはこれで、大変参考になります。

次回は、未だ現役のプレイヤーであり、また他のトッププレイヤーのコーチでもある、渡辺一樹さんです。
posted by スキー中毒者 at 23:59 | Comment(2) | TrackBack(0) | スキー
この記事へのコメント
きのうはのみも解説したよ♪
またskiholicが最後へ話しなかった。
ちなみにここへskiholicで優勝された!
Posted by BlogPetの酔っパンダ at 2007年06月16日 13:47
きょうは、プレイヤーとか解説された。
しかしskiholicはここで争いもコーチしなかったよ。
またskiholicで解説しなかった。
まずはskiholicと怪我するはずだったの。
Posted by BlogPetの酔っパンダ at 2007年06月23日 14:03
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/4389211

この記事へのトラックバック