2010年09月09日

郵便局で登録料払込

全日本と東京都の登録料を、郵便局で払い込みました。

今回は「郵送受付」分。これは全日本への登録会員について、申請書類を都連に「郵送」して行った分です。
都連での最初の締切が8月20日となっており、私の所属クラブも既に完了しております。先日の事務担会議のときに、登録料の合計金額が記載されたゆうちょ銀行の払込用紙が配布されましたので、これを使用して9月17日までに振込が必要です。
せっかく先日、ネットバンキングによる普通銀行からゆうちょ銀行への振込をマスターしたのですが、今回は払込票の摘要欄に都連の必要事項がゴチャゴチャと書かれてますので、この用紙を使わないとダメです。もっとも、クラブ名義の銀行口座は年寄りが開設しましたので、ネットバンキングの申込なんてされてませんが(^^;

さて本日の昼休み、まずは銀行でクラブの口座から振込金額を引き出しました。
続いて郵便局でATMに払込票を食わせて、表示される振込先を確認、払込金額を入力すると....、ATMでの取扱限度額オーバーになっちまいました(^^;10万円を超える払込は、ATMじゃできないみたいです。
少しでも手数料を安くしようと思ったのですが、しゃーないですね。窓口に行って払込票を提示します。すると担当のおにーさんが困惑顔。10万円を超える金額を窓口から払い込む場合、本人確認書類の提示が必要だそうな。ところが払込票に私が記入した「依頼人」は、“ほげほげスキークラブ”。

『お客様が払い込むんじゃないんですか?』
「いーえ。払うのは私個人じゃなくて、クラブです。」
『う゛〜。任意団体ですよねぇ。その場合必要となるのは、団体の規約と代表者の本人確認書類と....』
「え゛?振込に団体規約が必要なの?」
『済みません、規則でそうなってまして....。お客様は団体の代表者様ですか?』
「いーえ。単なる使いっぱです。」
『う゛〜〜。』

ってな感じ。
ま、粘っても『じゃ、今回はこれで受け付けちゃいましょう。』とは絶対にならないのは分かってます(^^
仕方なく「依頼人」を“ほげほげスキークラブ”から“中毒者”に変更し、免許証を提示して、手続をしてもらいました。

やれやれ(^^;
posted by スキー中毒者 at 14:37 | Comment(0) | TrackBack(1) | スキー
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/40613925

この記事へのトラックバック

911 アメリカ 同時多発テロ事件の真実
Excerpt: 2749人が死亡したアメリカ 同時多発テロ事件、今明かされる衝撃の真実
Weblog: 【写真】 911 アメリカ 同時多発テロ事件の真実 【動画】
Tracked: 2010-09-09 17:43