2021年02月15日

ブランシュでスイッチオン

土曜日はかたしなに行くつもりでしたが、この日からブランシュでHEADの試乗会が開催されるとか。
確か去年も同じようなパターンだったよなー(^^;
ということで、今年も行先はブランシュに変更です。

9時前に現着。
融けた雪が凍って、駐車場はスケートリンク状態です。
しかし寒さはまったく感じません。

ウェアに着替え、ブーツを履いて、ポールだけ持ってゲレンデへ。
いや、一応STÖCKLIも車に積んではあるんですけど、どうせ使わないだろうし....。

IMG_2906.JPG

受付を済ませて、板を物色。
スタッフに確認したところ、新しいモデルが1機種あるものの、あとは継続だとか。
まぁ最近はどこもこんなもんですよね。
某国産O社のように、毎年モデルチェンジするメーカーなんて、珍しくなっちゃいました。

毎年この試乗会では、ミニカタログが配布されるのですが、今年はそれもありません。
『そもそも変わってませんからねー、今年は作らなかったんですよ。』

IMG_2908.jpg

目ぼしいオールラウンドモデルは出払ってますから、レーシング系から試乗開始。
先週の富士パラ同様、ピーカンで気持ちいいです。

IMG_2920.jpg

そしてブランシュは先々週に引き続き、そこそこ繁盛しています。
子供たちが楽しそうに滑っているのを見ると、何だかこっちまで嬉しくなっちゃいます。

午後になって、暖かさで雪は緩み始めましたが、思ったほどには荒れません。
ただ、場所によっては妖怪板掴みが出没しますので、油断大敵です。

IMG_2951.jpg

ポールバーンから解放されたパノラマ。
あまり混むコースじゃありませんが、幅が狭いだけにタイミングが悪いとちょっと気を遣うこともあります。

IMG_2950.JPG

そういう意味ではジャイアントの方がストレスフリーですが、やや荒れやすいでしょうか。
それはそれで楽しいのですが、少しでも平らな方が良ければ、スキーヤーズレフト(エキスパートコース側)の日影がいいと思います。

こちらのやや荒れたコースに、最後の試乗板、SUPERSHAPE e-RALLYが見事にハマりました。
試乗テントに戻ると、貸出終了時刻の2時半を回ったところで、撤収が始まってます。
「もう一本だけ行ってきていいですか?」
『同じ板なら。3時までに戻ってきてくださいね。』
「はーい、一本だけですから。」

トップモデルやセカンドモデルばかりがイイんじゃなくて、こういう楽しい板にも出会えるところが試乗会の魅力です。
なかなか購入には結び付きませんが、楽しいヤツを全部買う訳にもいかないしね(^^;

昨シーズンは試乗会が悉く中止になっちゃいましたが、今シーズンは今回のブランシュで、試乗会モードのスイッチが入ったようです。
次の試乗会はいつかなー♪
posted by スキー中毒者 at 17:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | スキー
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/188405229

この記事へのトラックバック