2020年06月04日

クリーニングはウェットで

今シーズンから使い始めたGoldwinのスキーウェア
これまでのウェア同様、NIKWAXを使って自宅で洗濯しようと思ったのですが、選択表示タグを確認すると....。

IMG_0658.JPG

んぁ?家庭での洗濯不可かよ....。
で、ドライクリーニングもNGで、ウェットクリーニング指定だそうな。
ウェットクリーニングと、洗濯機でじゃぶじゃぶ洗いの違いが良く分かりませんが、要するにプロに任せろということなんでしょう。

ウチのマンションでは、洗濯物を宅配ボックスに放り込んでおけば、集荷〜クリーニングして、終わったらまた宅配ボックスに届けてくれます。
ただ、たまたまクリーニングの委託業者さんが変わったところだったんで、集配について問い合わせるついでに、ウェットクリーニングの件も聞いてみました。
モノを見て最良の方法で洗うが、仕上がりは一般衣料(3〜4日)より少し長めに、10日程度欲しいとのこと。
月山に行く予定もありませんしね、「結構です、お願いします」。

と、集荷日の夕方に先方から電話。
コーティングやシールでかなりデリケートな素材を使っているので、工場でも思案しているそうです。
『どうしてもダメージを避けられないと判断した場合は、手を付けずにお返しすることもあり得ます。できると判断しても、様子を見ながらじっくりと洗わないといけないので、先日お話ししたよりも、もう少しお時間をいただくかもしれません。』
あらら、何だかやっかいなモノをお願いしちゃったようです。
てか、洗濯屋が困るウェア作るなよ > Goldwin

その後数日たっても、汚れたままのウェアが返品されることはなく、頑張ってくれてるようです。

そして昨日、マンションエントランスのオートロックを解除したところ、着荷のランプが点灯しました。
あれ?荷物が届く予定、あったっけ。
宅配ボックスを開けると....、ウェアでした。

IMG_0722.jpg

キレイになって、お帰りなさい(^^)/

以前の委託業者さんは少々心許ないところがありましたが、今度の業者さんは大丈夫かな。
株式会社エンパイアーさん、お世話になりましたm(_ _)m
posted by スキー中毒者 at 11:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | スキー
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187561450

この記事へのトラックバック