2020年03月16日

ブランシュに恵みの雪

先週月曜からの暖かさで、クローズするスキー場が出始めました。
湯沢方面は厳しい状況が続いていましたが、岩原だのNASPAだのが息絶えたとか。
かぐらは今のところ元気そうですが、こうなるとお客さんが集中しそうです。
中毒者は混雑が滅法苦手(^^;
この状況でも、雪があって空いてるところ....。
はい、ブランシュたかやま、一択ですね。

世間では、新型コロナウイルスに感染しないよう、不要不急の外出は控えることになってるようですが、スキー場なんてどう考えても都心の満員電車より安全です。
それに、身体に抵抗力を付けるには、適度な運動も必要だしな。

現着は9時半。
中央道走行中は雨でしたが、現地は雪です。
ゲレンデの状況は....。

IMG_0350.jpg

まずまずの繁盛ぶり(^^)

しかしコースコンディションは厳しくなりつつあります。
やっぱり暖かさが影響してるんでしょうねぇ。
日中に融けて、それが夜、凍る。
まだ夜間にスノーマシンが稼働できるとは言え、朝はカリンカリンのアイスバーンの上に、薄く新雪が乗ってる状態でした。
その新雪で偽装されてますが、コースの端っこは、アイスバーンすら付いてないところもありますから、近寄らない方が無難です。

IMG_0351.jpg

ジャイアントコースは、スキーヤーズライトのコンディションがイマイチでした。
氷の土台が削れて、黒い地肌が見えかかっているところもあります。
とは言え、雪は降り続いてますので、コースをどんどん覆っていきます。
自然降雪は強いですねぇ....。

IMG_0356.JPG

スラロームもこんな感じ。

IMG_0363.JPG

しかし、人少ねぇな....。
てか、誰もいないじゃん(^^;

お昼に入ったレストハウスも空いてました。
新コロの心配はしなくても良さそうです(^^)

午後、ポール練習で貸切だったパノラマが開きました。
しかしみんなコース入口を素通り....。
???

IMG_0373.JPG

ナチュラルバーン?
荒地?
不整地?
自分の下手を棚に上げて言わせていただければ、積もった新雪が荒れ放題で滑りにくいこと....。
一本滑ってお腹一杯です。

仕方なく、スラロームとジャイアントを交互に滑りますが、どうも小回りの調子が悪い。
やっぱり雪の所為かなー?
いや、アナタの脚前の所為です!

IMG_0375.jpg

3時半まで滑って駐車場に戻ると、車に積もった雪はこの程度。
熱の影響を受けない棺桶の上で、約15pでした。
それでもブランシュにとっては、天からの恵みですね。
翌日は朝の圧雪直後は最高のコンディションじゃないでしょうか。

今シーズンの営業は、4月5日までを予定しているようです。
あと3週間。
厳しい状況が続くとは思いますが、なんとか頑張っていただきたいものです。
posted by スキー中毒者 at 12:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | スキー
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187278221

この記事へのトラックバック