2020年02月12日

2020クラブ行事@斑尾

所属クラブの斑尾行事は、今シーズンは飛び石連休となりました。
そのためフル日程で参加できる方は少なく、特に初日はちょっと寂しい状態....。

IMG_9931.JPG

しかし、心配していた雪は週末の寒波で斑尾にも降ってくれました(^^)
前乗りで土曜の昼過ぎに現着し、スキー場事務所他に挨拶した後、主なコースを滑ってみましたが、どこも全く問題ありません。
ただ、リフト乗場までが上り坂になっていたり、雪の少なさは痛感します。

日曜。
行事初日ですが、午前中はフリーになりました。
風は強いですが、前夜から降り続いた雪は落ち着きましたので、出撃です。

IMG_9950.jpg

BLASTRACKのFARTHERを相棒に(^^;
スーパークワッドリフトからお手軽にアクセスできる、ワールドカップコースはやや重い新雪でしたが、第13シングルで上がると....。

IMG_9958.jpg

MADAPOW!
森を抜けると広がるパウダーラインコースも、ツリーランのパウダーウェーブ2も、フカフカ・サラサラの新雪です。
もう笑いしか出てきません。
トイレも我慢して、第13リフトを5本。

ちなみにこの第13シングル、3人乗せるとひとつ空けます。
おっちゃんに聞いてみたら、
『あぁ、このリフト古いから。』
納得の答えでした(^^;

いつまでもパウダーと戯れていたいところですが、そうもいきません。
午後はSTÖCKLIに履き替え、本来の任務に戻り、真面目に講習を行いました。

月曜日。
多少雲はありますが、いい天気になりました。
この日は、前夜に到着した準指受検性と1級受験生を担当します。

IMG_9969.jpg

斑尾は初めてという方がいらっしゃったので、まずは主な斜面を滑り、スキー場をご紹介。
その後、クリスタル下部の緩斜面で基本的な練習を行い、午後はジャイアントやチャンピオンの整地中急斜面で、実践に繋げました。

講習終了後、フリーで1本滑りましたが、気合が入らず、斜面の荒れに手こずります。
ケガをする前に撤収(^^;

火曜日。
天気はまずまずで、風はなく、寒さは感じません。
前夜に降雪があったため、ゲレンデは圧雪した上に10cm程度の新雪が乗っているコンディション。

この日は1級のバッジテストを行いました。
まずは検定バーンの確認と、足慣らしのため、リフト2本滑走。
そして検定本番です。
雪は降ってないし、風もないし、寒くないし、検定員としては本当に助かりました。
終了後、レストランで検定員3人で合否会議。

合否発表を兼ねた閉校式は12時ですから、まだ時間があります。
第2クワッド〜第3ペアを乗り継いで、トップまで上がってみました。

IMG_9973.jpg

非圧雪の斜面は当然荒れ放題ですが、入ってみると意外に軽い雪で、楽しい1本でした。
最後にタングラムとの境の尾根に出て、妙高山を見てから、スカイラブコースを気持ちよく滑り、4日間を締めようと、クリスタルコース方面に向かいます。

IMG_9974.jpg

残念ながら妙高山は雲の中。
そのまま下ってスカイラブコースに入ると....、荒地です。
いつもはキレイに整地されているのですが、圧雪が間に合わなかったのでしょうか。
コース脇には、転んだり立ち尽くしたりのスキーヤー、スノーボーダーが多数。
とにかく滑りにくく、メチャクチャ疲れた、気持ちよさとは正反対の1本で4日間が終了しました(^^;;

ホテルに戻る前に、スキー場事務所へ行き、土曜・日曜には不在だった支配人さんにご挨拶。
『今まではお客様に、雪が少なくて申し訳ないと謝ってたんですが、この週末は、急にこんなに降っちゃって申し訳ないと謝ってるんですよ。』
と言いつつも、ホッとした顔をされていました。

雪不足のシーズンでもMADAPOWを楽しんだ4日間。
最後に駐車場でもMADAPOWを楽ませていただきました(^^;

IMG_9978.JPG
posted by スキー中毒者 at 17:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | スキー
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187151930

この記事へのトラックバック