2019年03月06日

2020スキー試乗@鹿沢

3/2(土)に鹿沢スノーエリアで、VIST JAPANによるSTÖCKLI試乗会が開催されました。
雪面は、凍った下地の上に乾いた雪が硬くパックされた状態で、大変滑りやすいコンディションです。
当日の天気は晴れで、気温は極端に低くはありませんでしたが、お客さんが少なかったからか、コースは最後までほとんど荒れませんでした。

STÖCKLI LASER GS
L175/R17.1/118-68-97
AOBI1402[1].JPG
GSの名前は付いていますが、大回り系オールラウンド。
とは言え、ほどほどの脚力と、ほどほどの技術は必要です。
(まぁ私が扱えるのですから、大したことありませんが....。)
スキーを外に動かしていくと、角付けとともにグリップも強くなっていきますが、エッジが雪に喰い付くのではなく、力強く雪を削る感じを受けました。
もちろん内傾角を大きくとれば、しっかりと喰ってくれますので、心配御無用。
働きかけに対して素直に反応し、回頭してくれますので、操作性は大変良いです。
ターン弧は小回りでも全く問題ありません。
強めのオールラウンドモデルとして、170cmに試乗してみたくなりました。

STÖCKLI LASER SC
L170/R14.9/123-72-104
VWWF9813[1].JPG
現在私が使用している板の、来季モデルチェンジ版です。
LASER GSほど力強くはないものの、硬い斜面でも安定しており、不安感はありません。
逆に、グリップが強すぎない分、低速でも操作しやすく感じました。
中から大回りでは、ターンコントロールが自在。
適度な返りで小回りには軽快感があります。
現行のSCは、荷重ポジションにやや敏感で、ポイントを外すとイマイチですが、来季のSCはいい意味でルーズです。
個人的には現行のSCよりも扱いやすく、結構気に入りました。

STÖCKLI LASER SL
L165/R13.6/120-66-97
GPLD7974[1].JPG
小回り系オールラウンドモデルと言うか、小回り専用モデルと言うか....。
グリップは強いのですが、雪を噛む強さではないので、強すぎるとは感じません。
さすがに小回りは最高。
よく走りますが、板に置いて行かれるようなことはありません。
ただ、ターン弧を大きくすると、トップから内に入りたがります。
実用的には中回りまで?
大回りでは相当に気を遣うでしょう。
PGYQ9888[1].JPG
SLはもう1台、少しだけ性格が違うモデルが出ていました。
内部のプレートを調整して、可動域を少し小さくしたタイプですが、見た目では全く分かりません。
まず小回りで滑ると、軽快さではノーマルに分があります。
次にターン弧を大きくしてみると、あれ?できちゃう。
もちろんGSのような大回りにはなりませんが、ノーマルのように気を遣うことはありません。
ノーマルは純粋な小回りモデル、こちらが小回り系オールラウンドモデルという印象でした。

STÖCKLI LASER AR
L175/R16.5/130-83-112
KIMM9320[1].JPG
板の基本構造はSCと同じですが、センター幅がやや広めで、プレート・ビンディングが変更されているとのこと。
全体的にやや鈍さがあり、小回りで特に感じます。
センター幅の関係か、私の脚前の関係か(こっちだな)、切り換えで若干のもたつきがありました。
走らない訳じゃないんですが、大回りや中回りでも印象は薄いです。
この板を選ぶ積極的な理由が見つかりませんでした。

STÖCKLI LASER WRT ST
L162/R13.0/118-66-100
YFZF2900[1].JPG
基本は小回りモデル。
グリップは意外に強く、スキーを動かしていくと、もっと動くかと思ったところでエッジが喰います。
喰ったエッジはやや外しにくく感じました。
板の返りが速いので、テンポの良い小回りが可能ですが、失敗のリスクもあります。
エッジを適度に逃がしてやればいいのでしょうが、それではこの板を選ぶ必要はないかもしれません。

STÖCKLI LASER MX
L156/R11.4/119-65-100
WISB5580[1].JPG
レディースモデルです。
なので、短いのは承知のうえ。
STÖCKLI特有のしなやかさはありますが、普通に滑るにはちょっと柔らかすぎます。
ただ、滑走スピードを落としたり、積極的に踏み込んだりしなければ、素直に反応してくれますから、体重が軽い方や脚力の弱い方にとっては扱いやすさを感じるのではないでしょうか。
女性はもちろん、年齢の高い方(レーサー崩れを除く)にも向いているモデルだと思います。

STÖCKLI STORMRIDER 95
L175/R17.2/131-95-123
IRGZ1787[1].JPG
硬めの整地ではズレます。
大回りではズレに乗ってターンをする感触。
小回りもできない訳じゃありませんが、回旋しても板が回り込んでくれませんので、縦長のターン弧になります。
ということで、整地で使う板じゃないと思います。
整地でも使えるSTORMRIDERだったら、85 motionが最強じゃないでしょうか。

そーいや、STÖCKLIのロゴ、変わったんですね♪
posted by スキー中毒者 at 17:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | スキー
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185667250

この記事へのトラックバック