2019年01月07日

2019クラブ行事@池の平

年末年始は、12/31〜1/2の日程で所属クラブ行事が開催されました。
会場は例年どおり、妙高高原池の平温泉スキー場です。

いつものように前乗りで現地入りするために、12/30の8時過ぎに自宅を出発。
関越道に乗ったのは9時前ですが、渋滞はありません。
上信越道のチェーン規制に伴うタイヤチェックの渋滞には捕まりましたが、約4時間で現着できました。
最近は直前まで雪の心配をすることが多いのですが、今年は年末寒波でかなりの降雪がありましたから、安心です。

今回の行事は参加人数がやや少なく、また主任講師を行事担当の後輩指導員に任せましたので、もしかしたら私はフリー?と期待していたのですが....。
主任講師からビデオ撮影担当を拝命しました(^^;

主任講師の後輩指導員は、下見のためにゲレンデへ。
私も半日だけでもフリーで滑ろうと、準備をして出撃です。

TDFG8000[1].JPG

上部はガスってます。
雪が降り続いてますので、BLASTRACKのELIXIRを相棒に(^^)

各コースをひととおり滑ってみましたが、池の平特有の起伏のある地形は、積雪によりかなり平らになっていました。
斜面は新雪に覆われているものの、その下は荒れ気味のため、エラく疲れます(^^;

LXOC1355[1].JPG

せっかくですから、ツリーランコースも。
こちらは斜度が緩やかなところも多く、不用意に食い残しに突っ込むと、身動きが取れなくなりますので、要注意(^^;
その後もコース脇の新雪に入ったり、半日だけですが、雪まみれになって宿に帰還しました。

翌12/31はクラブ行事初日。

AHXV2962[1].JPG

前日同様、小雪が降り続いています。
ゲレンデではフカフカの新雪が待ってますが、ビデオ撮影担当は講習班の後について、あちらのコース、こちらのコース。
あ、もちろん整地バーンです(^^)

講習が終了して解放された後は、珍しくリフト終了まで滑りましたが....、足はヘロヘロ。
慣れないことはするもんじゃありません(^^;

年が明けて1/1。
晴れました!

AZHV4917[1].JPG

妙高山がキレイです。
こうなると昨日の反省はどこへやら。
珍しく運転開始と同時にリフトに乗ってゲレンデへ!

IBRR3224[1].JPG

フカフカもいいけど、シマシマもね♪

講習開始前にフカフカを狙って、この日もBLASTRACKで出撃。
そしてそのままビデオ撮影へ。

EUUQ6111[1].JPG

午後はSTÖCKLIにチェンジ。
ところが午前中のBLASTRACKが重量も操作感も軽々だったため、やたらと重く感じます。
このスキー、こんなに疲れたっけ?
と思ったのですが、前日の疲れが残っていたようです。
ビデオ撮影終了後は、フリー2〜3本で大人しく撤収(^^;
宿に帰って、温泉〜ビールという特効薬で疲れを癒しました。

最終日はお昼で行事終了です。
宿の窓から外を見ると、前夜からの降雪で再び一面新雪に覆われました。
ところが、所用のある方だけでなく、お疲れの方や、新雪に恐れをなした方(?)等々、朝イチでお帰りになる方も多く、この日の講習は中止に....。
ビデオ撮影担当もお役御免です。

NIQP8886[1].JPG

しかし当然私は「こんないい雪、滑らにゃソンソン!」と、帰り支度をする方々を横目にゲレンデに飛び出し、新雪エリアや整地バーンを楽しみます。
が、寄る年波には勝てず、11時過ぎには体力、気力とも売り切れ御免orz

SEDE2421[1].JPG

ベースのロッヂハタノさんの食堂で、早めのランチを食って行事終了です(^^;

今シーズンは11〜12月になかなか雪が降らず、各地のスキー場が軒並みオープン延期を止む無くされていたため、当クラブの年末年始行事は実施すら心配していました。
それを考えると、今回のコンディションは十二分に満足できるものです。
冬将軍様、ありがとうございました。
引き続き、よろしくお願いいたしますm(_ _)m
posted by スキー中毒者 at 18:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | スキー
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185343326

この記事へのトラックバック