2016年08月22日

2016クラブ総会

土曜日は所属するスキークラブの総会でした。

クラブでの中毒者の立場は、総務担当であり、会計担当であり、教育担当であり....、まぁ要するに雑用担当ですな(^^;
その任務として、当年度の決算書やら、次年度の予算書・行事予定やらを作成し、監査を受けた上で総会で報告しなくちゃいけません。
一応6月の爺会、いや理事会の時にドラフトは作ってありますが、決算書についてはその後の入出金を反映させるとともに、現預金との辻褄を合わせる整合性を確認する必要があります。
分かってるんだから早くやりゃいいものを、いつものようにズルズルと先送りした結果、この作業が終わったのが総会一週間前。
結局今年も監事さんには、超特急での監査をお願いすることになりました。
いや〜、本当に申し訳ありませんm(_ _)m

IMG_9896.jpg

そして当日。
資料は何とか間に合いました。
豪雨を覚悟していた天気ですが、幸い降られることはありませんでした。
総会での報告も、皆さん大人の対応で、拍手にて承認していただきました。
総会後に予約なしで大人数で押しかけた焼鳥屋さんにも、空席がありました。
飲み代も、思ったよりずっと安く済みました。

うん。メデタシ、メデタシ(^^)

ということで、会議の目的事項についてはこんなもんなんですが、それとは別に、皆さんからいただくモノを忘れちゃいけません。
次年度のクラブ会費、某宗教法人へのお布施、その他諸々です。

ちなみにお布施の内訳ですが、
全日本関係では、会員登録\3,000、指導者登録\1,000、検定員登録\1,000、競技者登録\3,000。
某都連関係は、会員登録\800、資格者登録\1,000、競技者登録\1,000。
それに指導者研修会の\5,000と、検定員クリニックの\3,000が加わります。
競技者登録は、当クラブ員は全員老人マスターズ登録なんでこれで済んでますが、若者だともうちょいお高くなることもあります。
私は今は競技者登録はしていませんが、それでもクラブ会費やら、指導員会会費やら、慶弔費やらを含めると、諭吉さんがお二人いらっしゃっても足りません(^^;;
お布施がこんなに高いなんて、普通の方には考えられないようで....。

翌日の角打ちで、こんな話をしながら一杯飲んでいたら、同卓のご常連さん曰く、
『えー!それで指導員って、何かメリットがあるんですか?』
「デメリットはあっても、メリットはないでしょう。」
『検定とかやると、お金をもらえるとか。』
「ほんの少し受検料はいただきますけど、私のポッケに入る訳じゃないし。」
『スキー場の割引なんかは?』
「ネットでクーポン探した方が早いですね。ライセンス提示でお安くなるところも無いわけじゃないけど。」
『それで更新も必要なんですか。』
「毎年登録料を払った上で、最低でも2年に1回は研修会に出なくちゃいけませんねぇ。検定員を持ってればクリニックも。」
『それじゃ利き酒師よりひどいじゃないですか。あれも年会費とかあるけど、普通の人はみんな払ってないし。』

スキー指導員と利き酒師、どちらの資格もあまり役に立たないけど、スキー指導員はしっかりとふんだくられるってことに驚いたみたいです。
某宗教法人、教程はコロコロ変わるけど、集金システムだけは盤石だからなぁ。

でも、なんで利き酒師との比較になったんだろ....。
posted by スキー中毒者 at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | スキー
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/176580067

この記事へのトラックバック