2016年03月23日

2016クラブ行事@白馬五竜

所属クラブの今シーズン最後の行事が、この3連休に白馬五竜スキー場で開催されました。
天気予報によれば、初日の土曜日は雨。
例年であれば、「もしかして雪にならないかなぁ」と期待もするのですが、超暖冬の今年は期待するだけムダです(^^;

いつものように、現地入りは前日の夜中。
途中、高速道路は断続的に雨。長野ICを降りても雨。白馬村に入っても....、期待どおりの雨。
翌朝、起きるとやっぱり雨。
土砂降りってほどじゃないけど、滑りたくない程度には降ってます。
ゲレンデで行う予定だった開講式は、とりあえず宿の食堂に変更。
参加者に確認したところ、雨なら滑らないという方もいらっしゃいます。
私の生徒さんは....、全員滑らない組。
シメシメ(^^v

と言いたいところですが、そうは問屋が卸しません。
今回はバッジテスト1級の受検を検討されている方がいらっしゃいますので、検定バーンの目星をつけとく必要があります。
例年なら心配はないのですが、今年は実際に現場を見ないと雪の状況がわかりません。
ということで、出撃(>_<)

1班の皆さまに同行しながら検定バーンを確認し、それをお伝えする予定だったのですが....。

IMG_8475.JPG

ベースから見ると上部にガスがかかっていましたが、テレキャビンでトップまで上がると、ガスを抜け視界良好です。
気合が入った大回りを見せる、地元スクールのプライズ検定事前講習のお隣で、当クラブ講習班はちょっとユルい大回りから。
私もヘロヘロと滑りながら、ビデオ撮影のお手伝い。
と、ひとりの受講生が転倒、膝を痛めたようです。
自分で滑ることができない状態なので、パトがアキヤでベースのパトロールセンターまで下ろしてくれることになりました。
私も付き添いで下山です。
その後、宿のご主人に車で迎えに来ていただき、午後から近所の医院で受診することにしました。

私は宿にいた会長に後を引き継ぎ、再びゲレンデに戻りましたが、既に昼過ぎです。
とりあえず腹ごしらえのため、いいもりゲレンデのシェーンヴァルトへ。

IMG_8476.JPG

窓から見えるいいもりの急斜面は、悲惨な状態です。

IMG_8477.JPG

昼食後に、講習班と合流するためアルプス平まで上がりましたが、ガスで何にも見えません(>_<)
何とか非圧雪エリアのコブを確認し、何本か一緒に練習して、この日はおしまいです。
止むかと思った雨は、結局終日降り続きました。
午後はガスも相俟って、散々な初日でした。

日曜日。
雨は止みましたので、この日はヘッポコ講師。

IMG_8478.JPG

とおみゲレンデに出ると、朝っぱらから大混雑です。
そして見上げる先はガス。
ダメモトでアルプス平まで上がりましたが、やっぱりダメ。
仕方なく、遭難しそうな濃霧の中を、47に移動しました。
まぁお隣ですから、状況が一転する訳もないのですが、中間部から下はガスが薄くなっています。
ということで、午前中はこちらで練習。
午後に予定していた1級のバッジテストはキャンセルされましたので、いいもりまで下りて、とおみゲレンデ隣のパウダースノーコースへ。
あちこちに土が露出している状態でしたが、少しでも良さそうな場所を探して、ビデオ撮影をしながら基礎練習を行いました。
講習終了後、とおみゲレンデで気持ちよくフリー。と思いましたが、そうは問屋が卸しません。
あんな混雑は久しぶりです。避けても避けても、目の前に次から次へとスキーヤー、スノーボーダーが立ちはだかり、面白くないどころか、身の危険すら感じました。
はい、撤収です(^^;

そして最終日。
とおみゲレンデは、相変わらず大繁盛。
テレキャビンで上がったアルプス平は、相変わらずガスガス(^^;;
移動した47の方が、少しはマシでした。

IMG_8479.JPG

前日、いいもりで練習した基本動作を、中〜急斜面で実践につなげ、午前中はおしまい。

IMG_8480.JPG

昼前にはガスが消えて明るくなってきましたが、クラブ行事は12時で終了です。
いつものように、五竜のエスカルプラザ前で閉講式を行いました。
副会長の『3日間ともこんなに天気が悪い五竜行事は初めてです。来年こそ快晴の五竜でお会いしましょう!』という挨拶で、今シーズンのクラブ行事が全て終了しました。

こんな状況でも午後まで滑るという酔狂なクラブ員もいましたが、私は当然撤収です。
早めに出発すりゃ、早めに帰れるよな♪
と目論んでいたのですが、まさかの関越大渋滞。
いや、渋滞はするだろうけど、もっと遅い時間からかと....。
14時頃には、藤岡JCT手前の上信越道まで渋滞が伸び始めており、たまらず北関〜東北道へエスケープです。
東北道も渋滞はあったもののそれほど酷くはなく、首都高も順調で無事帰宅。

と言いたかったところですが....。

今回は最後まで、そうは問屋が卸しませんでした。

首都高を降り、一般道の信号が赤になったのでスピードを緩めます。
近くで工事でもやってるのか、カンカンという金属を引っ叩くような音がしますが、停止するとちょうど作業が中断したようです。青信号で発進すると、作業が再開。私の車は工事現場を離脱。
再び赤信号で減速。近くで工事中。
青信号で発進。近くで工事中。

じゃなくて、私の車でした(^^;;
自宅マンション目前だったので、とりあえずそのまま走行し、敷地内で車の下を覗き込むと、カバーみたいなものがぶら下がってます。
こいつが道路を叩いてたんですねぇ。
そのままにする訳にもいきませんから、もぎ取ってディーラーに電話すると、これから持って来いとのこと。
見ていただいたところ、マフラーの遮熱板が錆び落ちたらしいです。
高速道路上で落下しなくて、本当に良かったわ(^^;;

担当営業さん、メカニックさんと、リフトアップされたOutbackの下回りを見ながら、
『ネジが完全に錆び付いてますので、交換部品を取り寄せても付けることができません。』
「無いとどうなります?」
『走る分には、特に問題はないかと。でも次の車検あたりで、そろそろですかね〜♪』

ん?担当営業さん、何か良からぬことを考えてないか?
posted by スキー中毒者 at 13:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | スキー
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/174602752

この記事へのトラックバック