2008年04月28日

2009試乗@野沢温泉

26〜27日に、野沢温泉に行ってきました。
一般の人が滑れるのは、やまびこと上ノ平のみ(他にもオープンしているコースもありますが、レーサー専用)で、上がるためには長坂ゴンドラのみが利用できます。ちなみに長坂ゲレンデは、農作業中です(^^
DSCN3401.JPG

ゴンドラの終点駅では、今年もスクールが試乗スキーの貸出(半日\2,000、1日\3,000、交換自由)を行っていました。早速、試乗開始です。
試乗はやまびこAコース、雪質は湿雪でした。

OGASAKA KS-EX(165cm/R15.1m/116-70-101mm)
DSCN3402.JPG
ブランシュたかやまでの試乗では用意されていなかった長さです。乗り味は、170cmとほぼ同様。荒れた斜面での中〜大回りの安定性はちょい落ちますが、これは長さよりもプレートの有無が関係しているかもしれません。しなやかさを求めるならプレート無し、安定性を求めるならプレート有り、ってとこでしょうか。

OGASAKA KS-SS(165cm/R12.0m/120-67-101mm)
DSCN3403.JPG
来シーズンは、R15前後のオールラウンドモデルを考えていますので、ちょっと違うかなぁと思いつつ、とりあえず試して見たのですが....、やっぱり違ってました(^^;
ターンを始めると、板がトップから中へ中へと入ってきます。こりゃ完全にショートターン専用モデル(>_<)中〜大回りでは、イメージするターン弧を描くためには、相当意識してトップを逃がしてやる必要があります。
雪がかなり柔らかかったため、エッジホールドの強さはわかりません。

Volkl UNLIMITED AC20(163cm/R14.5m/118-74-103mm)
DSCN3404.JPG
KS-SSに辟易して、仲間が試乗していたVolklとチェンジしました。
まずクセがありません。非常に素直です。操作感も軽く脚力が無くとも、充分に扱えるでしょう。ターン弧も、通常のゲレンデでの大回りから小回りまで、オールラウンドに使えると思います。
デザインは好みが分かれるところでしょうか。私ゃ、TigerSharkよりは好きですが....。

FISHER RC4 PROGRESSOR9 FlowFlex (165cm/R14.0m/117-70-100mm)
DSCN3405.JPG
去年、同じく野沢で試乗して手に負えなかった板です。やめりゃいいのに、もう一度試乗してみました....。やっぱり手に負えませんでした(>_<)
継続モデルだからあたりまえかもしれませんが、印象は去年と全く同じ。硬くてたわまないんで、サイドカーブに頼るか、振るしかありません。去年も一緒に試乗した、クラ持ちの仲間曰く、『スウィング・アンド・グライドにはいいかもね。』

OGASAKA TRIUN SL(165cm/RR12.0m/120-67-101mm)
DSCN3406.JPG
私がPRGRESSORを試しているとき、クラ持ちの仲間はTRIUN SLでした。『チェンジしてみる?』ということで、3本目のOGASAKAです。
KS-SSとプロポーションは同じ、当然ラディウスも同じ。ということで、KS-SSよりもとんがっているかと思ったのですが、あれれ、そうでもありません。むしろTRIUN SLの方が扱いやすいくらいです。
おそらくは、これは雪質の影響かもしれません。KS-SSだとしなやかな分、柔らかい雪でたわみすぎてしまったのが、TRIUN SLは張りが強い分、適度なたわみ具合になったとか....。本来の硬いバーンでは、私なんかじゃ、とってもじゃないけど扱いきれない可能性が限りなく高いです。

来シーズンは、KS-EX(165cm)+FM600かなぁ。

DSCN3399.JPG

食事が大変おいしい宿。そして何よりもホスピタリティが素晴らしい!予約が取りにくいのだけが難点か....(^^;
お世話になりましたm(_ _)m
posted by スキー中毒者 at 13:06 | Comment(1) | TrackBack(0) | スキー
この記事へのコメント
雪ってなに?
Posted by BlogPetの酔っパンダ at 2008年04月30日 09:08
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/14502671

この記事へのトラックバック