2015年03月04日

閑古鳥鳴く富士パラ

土曜日は、諏訪IC近くのホテルに泊まり、翌日曜日は富士パラへ。
天気が崩れるという予報は承知していましたし、降るなら雪じゃなくて雨だろうと覚悟もしいてました。
だから一応レインウェアも用意したのですが....。

7時半にホテルを出発する頃には、小雪が舞い始めました。
いつもなら凍結しているフロントガラスは視界良好です。車載の温度計はプラスの温度を示していますし、やっぱり、この後は雨だよなぁ。

8時ちょい前に現着すると....、あれ?駐車場はガラガラです。
この時間だとほぼ一杯になる第2駐車場は、まだ1/3も埋まってません。
一体どうしたんでしょうか?

気温はそれなりに低く、まだ雨には変わっていませんでしたので、通常のスキーウェアで出撃。
「雨になったら車に戻って、レインウェアを着ればいいや。」
と思っていましたが、車に戻ったらそのまま撤収することは間違いありません(^^;

まずはゴンドラでトップまで上がります。
何にも見えないというほでではありませんが、ガスが濃く、真っ白。

IMG_4579.JPG

しかし雪は意外に良い状態でした。。
とりあえず、ベースまで一気に滑り降ります。
ゴンドラ待ちの列はほとんどありませんが、まぁ朝イチですから。
いつもなら3〜4本程度滑ると、ゴンドラが混雑し始めますので、上部のリフトを回し始めるのですが、このはいつまで経っても混雑せず、ゴンドラがお客さんを待っている状態です。
結局午前中は、ずっとゴンドラ回しでした(^^)

当然レストランもそれほど混まないとは思いましたが、体力の限界を感じ、11時過ぎに山頂レストランに入ります。
予想通り、いや、予想をはるかに超えて、お客さんは疎らでした。
12時近くになっても、空席だらけです。

IMG_4584.JPG

こんなことは初めてです。
TwitterのTLには、それなりに混雑している他のスキー場の状況が流れているのに....。
これだけ空いてると、気兼ねなくノンビリできます。おかげで再出撃は1時近くになってから。

外は、雨どころか雪が強くなり始めました(>_<)
それも、ウェアに張り付くような水分の多い雪ではありません。
う〜ん、予想は完全に外れました。雨を口実に撤収することは叶いません(^^;

午後は上部のゲレンデで滑走することにしましたが、しばらくするとリフトだけではなく、コース上でも閑古鳥が鳴き始めました。

IMG_4589.JPG

滑っているのは、スクールに入っている熱心な生徒さん。元気なジュニア。そして....、馬さん、鹿さん(^^;
2時半に上部ゲレンデでの滑走を切り上げ、ベースまで下りましたが、通常はこの時間でも大混雑する初心者ゲレンデのリフトも、ガラガラです。
駐車場の車の上には、数cmですが雪が積もっていました。富士パラで車の雪下ろしをしたのは、初めてかもしれません。

R20 までの道路にも雪が残っています。
もしかしたら、空いていた原因はこれでしょうか?
富士パラはシーズン中でも、ほとんどの日はノーチェーンでアクセスできることが、一つの売りなのですが、雪の予報で敬遠した方が多かったのかもしれません。

今回往復に使用したのは、事故の代車のLegacyですが、雪上性能は当然のことながら全く問題なし。高速での走行も、まずまずです。
私にとってLegacyでは初めてのCVTも、踏み込んだ時の元気はイマイチですが、普段の走りではそれほど違和感はありませんでした。
エンジンは2.5L NAですが、Outbackの3L 6発のフィーリングが良すぎるので、これはちと残念。まぁ比べちゃ気の毒ですけど....。

ちなみにその後、先方の保険会社からの連絡はありません。
ということは、何とか修理ができると考えていいのかな?
posted by スキー中毒者 at 17:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | スキー
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/114615036

この記事へのトラックバック