2018年04月16日

土曜だけなら

この週末の天気予報も、週初めではイマイチ。
と言うより、土日ともしっかりと雨マークでしたので、今度こそ滑走はお休みだと思っていました。

が、また直前で予報が変わりました(^^;
日曜日は相変わらず雨ですが、土曜だけなら何とかなりそうです。
となると行先は....。
かぐら?メチャクチャ混みそう。
丸沼?メチャクチャ雪少なそう。
ん〜、ちょい遠いけど野沢の試乗会に行くか(^^)
この試乗会は無料だし、リフトも春料金だし、駐車場も無料だしね。

空いている関越を塩沢石打ICまで走り、十二峠を越えて野沢温泉着は8時半。
長坂の日帰り駐車場はCブロックに誘導されました。
準備をして、板は....。
さすがに手ぶらってのは何ですから、一応STÖCKLIを担ぎます。
そして長坂ゴンドラでやまびこエリアへ。
山頂駅からは、板を担いだまま歩いて試乗会会場に向かいました。

JEKD1819[1].JPG

時刻は9時半。
受付開始から30分ほど経っていますから、受付待ちの列は長くはありません。
先に確認書にサインをして並べば、すぐに順番が回ってきます。
免許証を預けて、試乗カードを受け取り、受付完了です。

まぁ受付が順調なのは有難いのですが、さすがに開始30分後だと、めぼしいメーカーのめぼしい板は全て出払っています。
いや、めぼしいメーカーだと、めぼしくない板まで出払ってました。
奥にテントを構える太板メーカーに行けば、まだ潤沢に揃っていますが、最初くらいは細板に乗りたいところです。

ということで、めぼしくない新興メーカーのSlatnarから試乗開始。
お次はなかなか試乗の機会に恵まれないHart。
その後、BLIZZARD、VÖLKLと、菅平での積み残し板を試して、こちらもお初のKOMORI。
この時間になっても、めぼしいメーカーのめぼしい板は払底中。
OGASAKAに至っては、順番待ちと思える方々さえ出始めました(^^;

細板はあきらめBLASTRACK。
ここも一応はOGASAKAなんですが、お隣のご本家とは違い、板がずらりと並んでます(^^)
スタッフにFARTHERに乗っていることを伝え、板を選んでいただきました。
2本試乗したところで、時刻は12時半。
朝は青空に白い雲がかかっていましたが、だんだん黒い雲が広がり始めました。
『いやぁ、この雲、マジでヤバいよ。』
BLASTRACKのスタッフが言うんですから、確かでしょう。
3時過ぎまでなら大丈夫だとは思いますが、昼メシは後回し。
お勧めのELIXIRの171cmが帰ってこないので、一旦離脱しVECTOR GLIDEへ。

ここでもスタッフに板を選んでいただき、その感想をもとに次の板、と3本を試乗しました。
時刻は2時過ぎ。
天気はまだ大丈夫ですが、腹が減りました。
再びBLASTRACKを覗くと、件の板が転がってます。
「これで最後にするか。」

試乗を終え、板を返却していると、
『中毒者さん!』
お隣のご本家から声がかかります。
スキー大学仲間の旦那様が、スタッフとしていらっしゃってました。
このご夫妻には、来週またお世話になりますので、軽くご挨拶をして試乗会会場を離脱です。

長坂ゴンドラの山頂駅舎までは、STÖCKLIで滑走、いや移動。
自分の板に乗ったのは、この約100mだけでした。
やっぱり手ぶらで良かったじゃん(^^;

ご分家、いいね!
posted by スキー中毒者 at 17:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | スキー