2016年12月18日

順調だった土曜日

先週の研修会の講師として、正指受検時の養成講習会でお世話になった先生がいらっしゃってました。
姫木平でペンションを経営されているので、受検仲間と宿泊して、ブランシュたかやまで滑ったこともあります。
『あの時の方たちとは、今でも一緒に滑ってるんですか?』
「年に何度かは。そう言えば、ブランシュもオープンしましたね。」
なんて会話を、久しぶりに宿の駐車場で交わしましたので....。

土曜日はブランシュたかやまに行ってきました。
前週にオープンし、今週より急斜面のスラロームコースも開く予定でしたが、週中の雨で雪付けが間に合わなかったようで、いつものオープニング時のコース(ロマンチック〜ファンタジー)のみが滑走可能です。

現着は9時過ぎ。
まぁいつも空いてはいるのですが、この日は輪をかけて....。
「ずいぶん空いてるねぇ。」
『どうしたんでしょう。寒いからですかね(^^;』
駐車場のおにーちゃんも苦笑いです。

まずは誰も並んでいないリフト券売り場へ。

/IMG_0783.JPG

ポイントカードにハンコが5個貯まったので、無料リフト券をいただきます。

/IMG_0753.JPG

そして誰も並んでいないクワッドリフト乗り場へ(^^;

/IMG_0757.JPG

スラロームコースでは、スノーマシンが全開で雪を付けています。
クワッド降り場の気温は-8℃。
それなりに冷え込んではいるものの、風が強くないのでそれほど寒いとは感じませんでした。

/IMG_0755.JPG

コースは、乾いた雪が硬く締まっており、端にはブッシュが見える場所もありますが、浮き石もなく、コンディションは最高の勘違いバーンです(^^)
滑っているのは、かっ飛ばすジュニアのレーサー、のんびり滑るファミリー、斜行系の練習をするグループと様々ですが、空いているので大丈夫。
私も、低速系の練習はしませんでしたが、程よい中斜面で基本動作を確認しながら滑りました。

12時にはランチ休憩のため、レストハウス・バウムに入りましたが、当然混んでいるわけがありません(^^;

/IMG_0768.JPG

この日も、個人的な定番となっている湖北さんの角煮定食をいただきました。
ちなみに、こちらのおばちゃん、私の顔を見ると、いつもコーヒーをサービスしてくれます。
『あら久しぶり〜。今年もよろしくお願いします。』
今年も顔を覚えていてくれました(^^)

これだけ空いていると、午後になっても斜面は荒れません。
気温は-5℃と、やや暖かくなっているのですが、太陽が低くなり日陰ができはじめると、寒さを感じます。
調子良かったんで、3時過ぎまで滑っていましたが、やっぱり早めの撤収です。

駐車場に戻ると、車はあまり増えていませんでした。
まぁシーズンイン直後だからね。
これからだんだん増えると思うよ(^^;;

帰路、ここも空いているだろうと、尖石温泉縄文の湯に立ち寄りました。
今年から(?)利用料金が市民と市民以外に分かれ、それぞれ\400と\600になっています。

中央高速も順調で、おなじみの小仏トンネル渋滞もありません。
高井戸付近で若干の渋滞に捕まったものの、アイサイトのクルーズコントロールで快適です。
首都高に入ったときには、4号線永福付近の渋滞は解消しており、都心環状線もまずまずの流れ。
自宅近所のGSで給油し、7時過ぎには帰宅しました。

その後、近所の角打ちでも閉店までの1時間で杯を重ねることができ、終始順調だった一日。
ただ、調子いいと思ってた私の滑りだけは、あの勘違いバーンのせいなんだろうなぁ(^^;;
posted by スキー中毒者 at 17:29 | Comment(2) | TrackBack(0) | スキー