2016年02月08日

土曜日の成果

この週末は土曜日に日帰りで、かたしな高原スキー場に行ってきました。

関越道の渋滞を避けるため、いつものように6時前には高坂SAを通過できるように出発したのですが、鶴ヶ島での2件の事故渋滞に巻き込まれた結果、現着は9時過ぎ。それでも駐車場はそれほど混雑していません。

ここは指導員に優しいスキー場。
センターハウスのチケット売り場でライセンスを提示すると、中毒者のようなへっぽこ指導員でも関係なく、1日券が2,000円(平日なら1,000円)で購入できます(^^)

IMG_7901.JPG

暖冬による雪不足で、1月下旬にやっと全面滑走可能になりましたが、まだ積雪量は少な目。
ミッフィーちゃんの雪像も、雪をコース造りに供出してしまったようで、まだできていませんでした。

IMG_7902.JPG

とりあえず、センターハウス前の中斜面を数本滑ってみました。
中間から下部がやや硬めですが、気になるほどではありません。

IMG_7903.JPG

その後、上部のコースに移動しましたが、どのコースも雪の状態は大変良く、快適に滑走できます。
ということで、午前中はこちらでスキー大学の復習。
北川友弥デモと高橋直美デモに教えていただいた、横滑りとシュテムから基礎パラへの展開、そして柔らかいエッジングと力強いエッジングの使い分けを、中〜小回りで練習します。

いつもならレストランが混雑する前の11時過ぎにはランチ休憩に入りますが、この日はスタートが遅かったので、さすがにちと早すぎます。
他のスキー場では、11時〜12時過ぎまでがレストランの混雑時間で、12時半を過ぎると少しずつ空いてくる傾向がありますから、今回は13時まで滑ってから休憩することにしました。
13時過ぎ、センターハウスのレストランに入ると....、げ、混んでる(>_<)
やっぱりファミリーが多いからでしょうか?
そーいや、ブランシュも同じような傾向だったかもしれません。

14時に外に出ると、あれ?リフト乗り場に列ができてる。
キッズ、ジュニア御用達の緩斜面に架かるリフトは別にして、中斜面のリフトはいつもならリフト待ちは皆無なのですが....。
それでもこのリフト待ち、他のスキー場のように扇形に広がることはなく、ペアリフトであれば2列で行儀よく並びますから、列が長いようでも待ち時間は1〜2分です。
そして列にはビブを着けたベテランスキーヤーがちらほら。翌日に都連のマスターズサーキットが開催されるようで、その対策講習会に参加している方々でした。
上部コースでも、タイミングによってはリフトに列ができましたが、これはリフトが1本運転していなかった影響でしょう。
急斜面の下部には、若干ですがブッシュが出始めました。やっぱり雪が薄いんですねぇ。

いつものように15時、ではあまりに短いので、30分残業して15時半に滑走終了(^^;
帰路のR120は順調。関越も車の量は多めで、追い越し車線をトロトロと走るプリウスに悩まされつつも、渋滞はありませんでした。

思ったより早く帰れましたので、例によって近所の酒屋の角打ちで反省会(^^)
まぁ、いい練習ができたよな。成果もあったし....。
と自己満足モードで杯を重ねます。

IMG_7904.JPG

そして最後の一杯。
『いづみ橋 純米生酛 無濾過生原酒 亀の尾』
おぉ、こりゃ美味いわ!
この日の最大の成果はコレだな(^^)/□
posted by スキー中毒者 at 12:37 | Comment(2) | TrackBack(0) | スキー