2014年05月29日

追跡終了

4月末に丸沼で骨折した右手親指。
まだ受傷部分に大きな力はかけられないものの、日常生活には全く支障がない状態まで回復しています。
ドクターの指示で、滑るときだけは念のため、テーピングをすることになってましたが、かぐらでの最終滑走時には、それすら忘れるくらいに違和感はありません。

火曜日、2週間ぶりに診察を受けました。
診察室に入るなり、
『いや〜、先週は月山に行けませんでした。』
「あ、日曜日に日帰りで行くっておっしゃってた....。」
『体調が悪くなっちゃって。』
「前の週の日曜のかぐらは?土曜日の天気が悪かったんで、私も日曜日に行ったんですが。」
『3時にはここに帰って来なくちゃいけなかったんですけど、間に合わないとマズイんで、かぐらは断念して、高尾山に走りに行ってきました。日曜日のかぐら、混んでました?』
「午前中は1高が....」
なんて話から始まりましたが、お互いにそれだけっていう訳にはいきません(^^;

レントゲンを見ながら、
『順調ですね〜。折れた部分はまだはっきりわかりますけど、この周囲のモヤモヤしたところ、骨ができてますから、もう大丈夫でしょう。これ以上は経過を追跡しなくてもいいと思います。』
とのこと。
まだ完治じゃありませんが、とりあえず通院は終了です(^^)v

『じゃ次回は1か月後。にヒアルロン酸打ちましょう。』
....、そっちがあったか。

ま、オフシーズンに月一でスキー談義に行くと思えばいいのか(^^
posted by スキー中毒者 at 12:56 | Comment(2) | TrackBack(0) | スキー傷害