2014年04月01日

丸沼でポッキリ

29日の土曜日は、ICI石井スポーツさんの試乗会に参加するため、丸沼に行ってきました。

自宅を4時過ぎに出発。練馬で同行の指導員仲間をピックアップし、関越に乗ります。走行する車はやや少なく感じましたが、朝食のために立ち寄った赤城高原SAは予想以上の混雑。時刻はまだ6時半なのに....。

沼田ICで降りると、R120は空いてます。8時前に現着し、ゲートを入ってすぐの第2Pに駐車。板を担いで受付に行くと、それほど、いや、全く混んでません(^^;
受付はすぐに終了しましたが、リフトがまだ動いていないため、しばし待機。

IMG_2522.JPG

その後リフトが動き始め、試乗会会場の旧レストランラフォーレ前に到着したのは8時半。まずはお目当てのオガサカへ。試乗開始は一応9時からとなっていますが、試乗スキーが決まれば、すぐに貸し出してくれます。

IMG_2544.JPG

試乗コースは、最初はゴールドを滑ることにしました。試乗用のポールが張ってあるため、やや狭いのですが、きれいに整備されており、中〜小回りで気持ち良く滑れます。

IMG_2528.JPG

その後、大回りのためにバイオレットに移動。第5リフトから見ると、ローズコースの方が滑りやすそうでしたので、こちらで大回り。

IMG_2530.JPG

が、思ったより雪が硬かった。右ターンでやや逡巡し、内倒気味になったところでスキーがスリップして転倒。左スキーが外れ、頭が下になっちゃいましたので、もう何にもできません。そのまま背中で滑りながら滑落していきました。

相手が氷のような雪でも、摩擦熱って発生するんでしょうか、背中が熱いです。バランスを取るために雪面に触れている手首も熱いです。数十メートル滑落して、何とか停止。外れて斜面の遥か上に残された左スキーは、後ろを滑っていたスキーヤーが拾ってくれました。
『大丈夫ですか?』
「ありがとうございます。大丈夫です。」
痛むのは左頬と左手首、そして右手親指。板を履いてリフト乗り場で同行の仲間に追いつくと、
『どうしたんですか?』
「あはは、転倒。背中で滑りました。」
『顔、少し擦りむいてますね。』
アイスバーンに頬ずりしちまったようです(^^;
左手首内側の痛みは、火傷?小さな水ぶくれができてました。
右手親指は、関節じゃないな。でも、ちとヤバそうな痛み....。ま、滑る分にゃ関係ないか(^^

テンションは一気に下がりましたが、試乗継続。
時間と共に、左手首の水ぶくれは少しずつ大きくなり、右手親指も内出血し腫れてきました。しかし幸か不幸か脚は元気そのもの。右手もメモ程度は取れる状態。ということで、ランチを挟んで3時半過ぎまで目一杯試乗を続けました。
まぁこんな状態での試乗ですから、インプレッションはイマイチですが、後日別途レポートします。

帰路は、いつものように花咲の湯で温泉に入り、三芳PAで夕食。渋滞がそれほどでもなかったため、思ったよりも早く帰宅できましたが、さすがに酒を飲む気にもなれず、洗濯だけして、そのまま就寝。
日曜になっても親指の腫れは退きません。しかし指に力を入れなければ痛みませんので、午前中は部屋と風呂の掃除。この日も日本酒を浴びるように飲む気にもなれず、ビール2本だけで就寝。

そして昨日。会社を早退して、左膝の主治医、梅澤先生に診ていただきました。
撮影したレントゲン写真を見ながら、
『親指、先っぽが折れてますね。でもここ(関節)じゃなくて良かった。』
「あはは、やっぱりね。」
第一関節の先が、ポッキリといっちゃってました(^^;

『手術は要りません。キャップで固定しようと思います。」
「ん〜、そのキャップして、グローブ入ります?」
『入るか入らないかと言ったら....、黄色いやつなんかは無理でしょう。』
「あ、土曜日に使ってましたけど、腫れてきたら親指がきつくなりましたからね。ありゃ無理だ。」
『大きめの。オーバーミトンとかね。それでストックを握って....、まぁ大丈夫か。』
当たり前のように滑る相談をしています。

「くっつくまでに、どの位かかります?」
『ひと月半位ですかね。いつまで滑るんですか?』
「5月末のかぐらクローズまでかなぁ。」
『その後は?』
「月山しかないですよね。今のところ予定はありません。」
なんて話をしながら、こんな感じに固定してくれました。

IMG_2561.JPG

暖めて柔らかくなったメッシュを指に巻きつけ整形。冷えると固まります。ま、シダスのインソールみたいなもんですね(^^

『濡らしても、何してもいいですけど、暖めると柔らかくなっちゃうんで、お風呂に入るときは指だけ外に出しておいてください。』
「へ〜、こんなのあるんですね。これならグローブも何とかなりそうだし。」

ついでに手首の火傷の手当てもしてくれました。
看護師さんが湿潤療法用のパッドと防水フィルムを貼りながら、
『こんなふうにして、自分で交換できます?』
ん〜、親指が固定された右手だけでやるのかぁ。と思っていると、梅澤先生、
『できますよ。安対でしょ。』
いや、安対は関係ないと思いますが....(^^;;

ということで、怪我の手当は万全。
今週末は安心して菅平の試乗会に参加できます(^^v

入った!
posted by スキー中毒者 at 17:57 | Comment(2) | TrackBack(0) | スキー傷害