2012年04月08日

2013スキー試乗@丸沼

今週は、丸沼でICIカンダコンペカンさんの試乗会。中止になった菅平試乗会のリベンジということで、土曜日に、先週同行した指導員仲間とその奥様をピックアップし、丸沼に向かいました。

現着すると、思ったより駐車場が混んでます。誘導されたのはR120冬期通行止ゲートのすぐ脇。試乗会は、ゴンドラ乗場のちょい上でやってますので、結構長い距離を登ることになりました(^^;
心配していた天候は薄曇りで細かい雪が降っていました。気温は低く、雪面は4月とは思えない、大変良い状態でした。
そして時には青空が顔を出すことも。
DSC01616.jpg

今回の試乗会はスキーが約30台という小規模なものですが、各ブランドの主要モデルは揃ってます。参加者も多くはないのですが、仲間のお目当てだったOGASAKA KS-TKは、すでに出払ってました。私はといえば、まずは嫌いな(?)サロモンから試乗(^^;

SALOMON 24 X-KART+Z12 Speed
L171/R13.6/122-72-107
DSC01603.jpg
ショートターン系のロッカースキーです。
特筆すべきは操作性の良さ。ターンに入るときに、板のたわみで雪面を捉える感覚が伝わってきますので、コントロールがしやすいです。
ショートターンは大変やりやすいのですが、ターン弧を大きくしていくと、どうしても板が内に入って来たがります。ホントの大回りをするには、このあたりの調整が必要ですが、日本のゲレンデ事情を考えると、それほど大きな問題ではないかもしれません。
安定性はまずまずですが、板の走りはイマイチでした。ワクシングの問題でしょうか?

SALOMON 24 MUSTANG+Z12 Speed
L170/R15.1/119-72-103
DSC01607.jpg
もうちょいオールランドなモデルを試してみたくて、選びました。こちらはキャンバースキーです。
大〜中回りは、大変気持ちよくターンできます。小回りではちょっとだけテールの抜けが悪いように感じました。操作性、安定性ともまずまずですが、スキーの走りはやはりイマイチでした(^^;
ターンの入りでは、X-KARTのエッジとたわみで雪面を捉える感覚に対して、MUSTANGはエッジで捉えてトップからターンに入っていく「お馴染み」の感覚です。
MUSTANGの方が『捉えが早い』と感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、雪面の捉えはどちらも変わらず早いと思います。ただし、X-KARTのようなロッカースキーの場合、ターン始動後に板全体をたわませることにより、本来の長さを生かした性能が引き出されますので、脚力の弱い方や、技術的に自信のない方は、そのあたりも考慮に入れて試乗されると良いと思います。
個人的にはロッカー系の操作性を気に入っていますし、失敗も少ないと思います。しかし、一般スキーヤーにとっては、ロッカーとキャンバーはどちらが良いということではなく、好みの問題だと考えています。

ATOMIC BLUESTER A
L169/R17.2/113.5-70-97
DSC01611.jpg
ASAMAの試乗で好印象だったBLUESTER AXより、ちょい柔らかいタイプです。
こちらも操作性は大変良く、ターン弧も大から小まで全く問題なし。安定性はまずまずで、エッジホールドはやや強めでしょうか。
ATOMICの場合、まずスキーの個性(性能)を尊重して、そのうえで操作をすると、大変良い感覚が得られました。逆に言うと、無理矢理操作をしようとすると、難しく感じるかもしれません。これは、今シーズンのD2 DEMO X TYPE-Aでも強く感じたことではありますが、BLUESTER A(X)ではかなり抑えられているようです。

OGASAKA TC-SV+RC600FL
L165/R12.8/117-67-104
DSC01620.jpg
白樺高原国際でTC-MVの扱いやすさに驚きましたので、ショートターンモデルを試してみることにしました。
当然のことながら、小回りは文句なしです。エッジホールドは強いのですが、決して扱いにくくはありません。
中〜大回りでも、思ったほど板が中に入ってこないため、調整も楽です。ショートを重視したオールラウンドスキーとして使えると思います。
LVやMVと違いロッカーにはなっていませんが、まるでロッカースキーのような操作性を感じました。トップのエッジが喰ってターンに入るという感覚が薄れており、コントロールしやすいスキーだと思います。

FISCHER RC4 SUPERIOR RACETRACK
L165/R14.0/122-72-104
DSC01623.jpg
普通に滑りやすいスキーです(^^
ちなみにこれは、私にとっては最大限の讃辞です。
大〜小まで、何でもこなせます。
「捉えが早すぎない」と表現したいのですが、OGASAKAのTC-SVと同様、トップで捉えてターンに入るという感覚が小さいということであり、決して捉えは遅くありません。
クセがなく、素直なスキーなので、大変操作しやすく感じました。

フィッシャーを返却に行くと、並んでいる板の数が少なくなっていました。時刻は3時で、この日の試乗会は終了。そして我々の滑走も終了です。普通なら「もうひと滑り。」というところかもしれませんが、自分の板は車に積みっぱですから(^^;

帰路、同行の御夫妻に教えていただき、花咲の湯に立ち寄りました。大変大きな日帰り温泉施設ですが、駐車場には車が一杯。それでも『今日は空いてる。』ということでした。お風呂はもちろん、館内は大変きれいで明るく、気持ちよく利用できます。入浴後に大広間で休憩、そのまま夕食もいただきました。
料金は5時間で600円ですが、片品のスキー場の当日リフト券を持って行くと、100円割引になります。丸沼はリフト券がICカードなのでスキー場で返却してしまいましたが、ちゃんと3名分の「来場証明書」を貰ってくれてました(^^
帰りはR120に戻らず、川場村を抜けて沼田ICへ。車の量も少なく、どこまで走っても渋滞はありません。結局練馬ICまで順調に走行。同行の御夫妻をご自宅に送り届けて、12時ちょい前に帰着しました。単独行のときは、スキー場から脇目もふらずに真っ直ぐ帰ることが多いのですが....、こんなふうにノンビリするのもいいなぁ(^^
posted by スキー中毒者 at 19:25 | Comment(2) | TrackBack(0) | スキー