2011年12月19日

2012指導者研修会@菅平

週末(12/17-18)は、菅平での指導者研修会の雪上実技でした。

私は前泊のため、金曜の夜に移動しました。
高速に乗ると道路情報に、関越道は土樽から、上信越道は信州中野から、それぞれチェーン規制と表示されています。各地でかなりの降雪があったようで、スキー場もひと安心でしょう。私が今週末の3連休(12/23-25)に行く野沢温泉も、これで大丈夫。等と考えながら菅平に到着すると....、ここにはドカ雪は降ってませんでした(>_<)

朝起きて、部屋から見た裏太郎ゲレンデです。
IMG_0472.JPG
ここ数年、おなじみの眺めです(^^;
土曜日の朝時点でオープンしていたのは、ファミリー(左半分)、裏ダボス(迂回コース)、日の出、白銀(迂回コース)。スキー場が頑張って、スノーマシンで雪を付けてくれました。これも毎年同じですが、その努力には本当に感謝ですm(_ _)m

とは言え、この状況で500名以上が各コースにバラ撒かれるのですから、当然大混雑。午前中に私の班が研修を行ったファミリーゲレンデは、こんな状態です。
写IMG_0477.JPG
それでも2年前のように、ファミリーだけしか開いていないよりは、はるかにマシ。久しぶりに座学のない研修会でした(^^

さて、私の班は土曜日の午前中はファミリーで研修。足慣らしの2本の滑走終了後は、まずは直滑降でポジション確認。そしてプルークスタンスでの制動要素の谷回りの研修に移りました。
そして午後は裏ダボスに移動。
IMG_0482.JPG
しっかりと雪が付いているようにも見えますが、正面の斜度のある部分はスノーマシンで雪を付けている最中。右側の迂回コースしか滑れません。そしてここでも、ひたすら谷回りの確認。最後にちょっとだけ小回りもやりましたが、「開きモノ」に終始した一日でした。

日曜日の研修は白銀です。こちらも使用できるのは迂回コースだけ。通称「うさぎコース」です。このコース、昨日の裏ダボスの迂回とは違い、正真正銘の(?)迂回コースです。上部はコース幅が狭いので何にもできません。下部のやや広い場所まで「谷回り」で移動してから研修を行いました。そんな状況ですから、この日もまたまた「開きモノ」の世界です(^^;
最後はファミリーに移動して、2本だけ大回り。2日間やってきた谷回りの動きを意識して、ターン切換後の谷回り部分を長くとるようなイメージの滑走で、研修を締めくくりました。

閉講式終了後、午前中は混雑していたコースはガラガラ。せっかくなのでファミリーを5〜6本滑りましたが、さすがに飽きてきます。で、おとなしく撤収。
本格的な滑走は、今週末の野沢までお預けです。

おかしいなぁ
posted by スキー中毒者 at 12:26 | Comment(2) | TrackBack(0) | スキー