2011年11月18日

足指の怪我

一昨日、ジムでのトレーニングを終えた帰路。自宅の最寄駅で地下鉄を降りて歩き出すと、
「痛っ!」

左足薬指が痛みます。どうやら爪のあたりがおかしい(>_<)
不審者には見えない程度に、ヨタヨタと歩きながら帰宅。問題の場所を見ると、爪の色が若干変わって、押すと痛みが出ます。おとなしくしてれば特に痛みもないし、夜の9時過ぎに騒いでも仕方ありませんので、とりあえずは放置。

翌日、朝になっても状態はイマイチ。でも普通に歩くには問題がない程度には回復していました。幸いにも歩き回る仕事じゃありませんので、フツーの人なら特に気にすることもないのでしょうが....。
会社で保健師さんと顔を合わせたので聞いてみました。
「足の爪の怪我って、医者に行くとしたら何科になるんですか?外科?皮膚科?」
『どっちでも大丈夫ですよ。怪我したんですか?』
「う〜ん。ひどいわけじゃないんですけど、ちょっと痛めたようで(^^;」
『足の指の怪我って、イヤですよね。歩けなくなっちゃうし。』
「....。そ、そうですねぇ。」

喉まで出かかった言葉。
「歩けなくなるのは別に構わないんですけど、スキーブーツが履けなくなるのは絶対に困るんですよねぇ。」
さすがにこれだけは言えなかったわ(^^;
posted by スキー中毒者 at 10:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | スキー