2011年11月09日

専門でも特別でもないけれど

11/3(木・祝)に、なかのZEROで行われた安全対策講習会に出席してきました。
『ん?直前の日曜日にも参加したんじゃなかったっけ....。』
先日のは“安全対策専門知識特別講習会”で、今回のは“専門”でも“特別”でもない“安全対策講習会”です。
DSC01144.jpg

最初は茨城大学教授の富樫泰一先生による「スキーのバイオメカニズムと主なスキー傷害」。
膝の外傷、特に前十字靱帯損傷について、詳しく解説していただきました。私自身、切断はしなかったものの一部損傷の経験がありますので、正に他人事ではありません。
じゃ、前十字靱帯損傷を防ぐためには、
DSC01150.jpg
『体を軽くする』って(^^
難しいこと考える前に、まずはこれが大事なんですね。

続く「傷害事故報告」は、前年度に、都連加盟の各クラブが実施したスキー学校において発生した傷害事故の分析結果報告です。3月の大震災の影響で、多くの行事が中止になったため、特にジュニアの傷害実績が少なくなった点が例年と違いますが、ゲレンデでの事故を防ぐための、数多くの注意点をご紹介いただきました。

そして最後。最近の安対ではおなじみのAED実習です。
IMG_0487.jpg
私は2年前の講習会で初めてAEDの取扱方法を習ったのですが、すっかりと忘れてます(^^;
今回も6人で1組になり、全員が胸骨圧迫とAED操作について、実習を行いました。
最近では、街中でもあちこちにAEDが設置されていますが、万一の場合に誰も使えないんじゃ、何の意味もありません。今回のような講習会で、慣れておくことも重要だと思います。何せ、いざという時には、AEDの電源さえ入れることができれば、あとはAEDが音声で指示をしてくれるのですから。

安全対策講習会は、各クラブの安全対策担当者が3年に1回の出席を義務付けられていますが、来年以降も3年ごととは言わず、都合がつけば、なるべく参加したいと思います。

ちなみに所属クラブでの安全対策担当者は....、私です。
これが一番危険かもしれません(^^;
posted by スキー中毒者 at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | スキー