2011年04月28日

追跡結果

一週間ほど前に、iPhoneがユーザーの位置情報を記録していると話題になりましたが、この情報を地図上に表示するiPhone Tracker(こいつは林檎版ですが、窓版もあるようです。)というソフトを使って、自分の行動を追跡(?)してみました。

当然、自宅や職場付近は無数に記録されており、何度か訪れた実家付近にも痕跡が残ってます。で、まぁ予想通りと言うか、スキー場と往復の記録がいっぱい(^^
地域としては、長野県が圧倒的に多いです。考えてみりゃ、今シーズン新潟県に行ったのは、年末年始の池の平、1月下旬の上国、先日のかぐらの3回だけ。群馬県には1回も行ってません。高速のルートも、中央道の利用が多いのが分かります。
って見てたら、変な場所に痕跡が集中してます....。あぁ、Yetiだ(^^;
え?飲み屋はどうしたって?スパイ衛星に監視されてる訳じゃないんで、どこの飲み屋をハシゴしたなんてことまでは、残念ながら分かりません(^^v

Appleによれば、この記録はユーザーの位置情報じゃなくて、iPhoneの位置情報の計算を早くするためのWi-Fiホットスポットと基地局の情報だとか。で、長期間の記録が残っているのは、単なるバグだそうです。
こういうことを気にする方も多いようですが、ピンポイントの位置情報ではないのだから、私は特に何とも思ってません。別に変なとこ、行ってないし(^^ 一般の方とは少しだけ(かなり?)行動パターンが違うだけだし(^^;:
だから、ソフトウェアのアップデートでこいつが見られなくなるのは、ちと残念だったりして....。
posted by スキー中毒者 at 10:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | スキー