2010年09月02日

吉牛の反攻?

私がこよなく愛する吉野家さんが、今月7日より「牛鍋丼」を発売するとの報道がありました。
この「牛鍋丼」、会社の近所の吉牛では、しばらく前から提供されておりましたが、自宅の最寄駅前では未販売でしたので、「一斉じゃなくて、順番に販売を開始するのかなぁ」と思ってたのですが、先行販売なんでしょうか。

たまたま数日前に食しましたが、優しいお味で大変おいしくいただきました(^^
こんなレビューもありましたが、味の印象は人それぞれ。好みもありますしね。私は、少なくとも「濃い」とは感じませんでした。
まぁ、私は大抵のものは美味しくいただいちゃう人間なのですが(^^;

吉野家さんが、キャンペーン期間を除き、かたくなに「牛丼」を値下げしないのには、個人的には賛成です。その結果、牛丼業界で独り負け状態になったとしても....。(あ、私、一応「株主」です(^^;)
今の価格は、吉野家さんが考える品質を確保し、継続的に提供してゆくための、コストと適正な利潤を考えての価格であり、「吉野家の牛丼」の価値を反映した価格なのでしょうから、単純に価格で他社と競争すべきではないと思います。
私ゃ、他社より高くても、牛丼だけは吉野家と決めてますから。狂牛病問題で販売休止になったときも、他社の牛丼に浮気せず、販売再開を待ち続けましたから。
これからも頑張ってくださいね〜(^^)/

ま、牛丼はそれでいいんですが....、ステーキ屋だとかうどん屋だとかに、手を出すのはどうなんでしょ。M&Aで企業価値の拡大を図るというのも分からんことはないが、そこまでして大きくならなくてもいいじゃん。世界一おいしい牛丼屋さんじゃ、ダメなの?
posted by スキー中毒者 at 17:09 | Comment(1) | TrackBack(1) | 日記