2009年11月15日

AED実習@安対

各スキークラブには、安全対策担当者を置き、3年に1回の安全対策講習会への出席が義務付けられています。この講習会、以前は名称が「安全対策担当者会議」というもので、「資料代」という名目で参加費用がかかっていたのですが、安全対策担当以外の方にも広く参加して欲しいとの思いもあり、数年前より無料になりました。
一応私も所属クラブの安全対策担当。今年が3年目だったか記憶が定かではないのですが、まぁ無料だし、ヒマだし....、ということで通称「安対」に出席してきました。

DSCN4148.JPG

最初の講義はヘルメットについて。
GIROの輸入販売元のロータスインターナショナルさんが、ヘルメットの構造や機能について説明をしてくれました。
アメリカ等ではヘルメットの着用率が半数を超えているそうですが、日本ではまだ数%とのこと。しかし技選でも種目によっては着用が義務付けられるようになりましたし、SIAのデモは公式行事では必ず着用することになっているそうですから、日本でも少しずつ普及してゆくのではないでしょうか。
DSCN4153.JPG

続いて、毎回おなじみの「傷害事故報告」。
DSCN4156.JPG

そして最後が救急法の実習です。
心肺停止状態からの蘇生のために、胸骨圧迫とAED操作を実際に試しました。
DSCN4170.JPG
実は私の勤務先でも数ヶ月前にAEDを設置したのですが、試したことはありませんでした(あ、試すことはできんか....)。この実習だけで使えるようになったとは思いませんが、機会があれば、また講習等を受けてみたいと思います。

修了証
posted by スキー中毒者 at 22:02 | Comment(3) | TrackBack(0) | スキー