2008年11月06日

「高橋つばさ」さん

「高橋つばさ」さんというアーティストがいらっしゃいます。
極細ボールペンHI-TEC-C 0.4mmのブルーブラック色のみを使用して、絵画を制作されているのですが、現在、羽田空港第二ターミナルANA北ピアラウンジで作品の展示をしており、ちょっとしたご縁から、本日、ご本人のお話を伺いながら、その絵を拝見させていただきました。

HI-TEC-Cといえば、女子中高生御用達の定番ゲルインキボールペン。インキが滲みにくいので、小さな文字も潰れず、鮮やかに書けるモノですが、そのペンで描いた細い線が集まり、精緻でありながら柔らかさを感じる、不思議な雰囲気の絵に仕上がっていました。
線を基調とする中で、一部に点描が。ご本人のお話では、『描いている途中で、ペンの先端のボールが落ちちゃったんですけど、まだインクが残っていたんで、ペン先を紙に押しつけたらインクが出てきたんで、点を打ちました。』とのこと。ふ〜ん、これもいい感じ(^^
『今は落ちたボールが見えるようになりましたんで、拾ってペン先に入れなおして使ってます。』だと。をぃをぃ(^^;

羽田空港での展示は11月28日まで。ゲート内なんで、飛行機に乗る人じゃないと見ることができません(私は事前に全日空さんにお願いして、制限区域内入場の許可申請を国交省に行っていただきました)し、ラウンジもナントカカードを持ってないと入れないようですが、それでも見れる人はぜひ。
NGな方は、来年3月8日にGEISAI #12に出展、また5月16〜30日に東京八重洲の「文京アート」で個展が開かれるとのことですので、こちらでどーぞ。
posted by スキー中毒者 at 23:59 | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記