2008年11月01日

2009指導員研修会@なかのZERO

3連休の初日、なかのZEROを会場に、2009年度の在京指導員研修会が行われました。午前中に公認検定員クリニックがありましたが、中毒者は昨年出席したため今年はパス。午後の研修会からの出席です。

DSCN3537.JPG
特別講師の一人目は、毎度おなじみ愛知教育大学教授の市野聖治先生。今年のお題は「シュナイダーから学ぶ」でした。

DSCN3554.JPG
シュナイダーと言えば、各地のスキー場にコース名として残されていますが、今から80年近く前にスキー技術の基礎をつくった、すごい人です。そのすごい人が78年前に来日した際、菅平で滑った映像を見ながら、シュナイダーに見る「脱力系」の滑りについて解説をしていただきました。

もうひとりの特別講師は、群馬県総合太田病院整形外科医長・北里研究所病院スポーツクリニック非常勤医の竹島昌栄先生です。
DSCN3568.JPG
写真や図を使って、膝や腰の傷害についてわかりやすく説明をしていただきました。特に膝の前十字靱帯損傷については、私も他人事ではありませんので、大変興味深い内容でした。
posted by スキー中毒者 at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | スキー