2008年09月15日

サイクルコンピュータ

今やプライベートでの移動は、自転車がメインです。
ところがこの自転車、走るのに最低限必要なものしか付いてない。何せスタンドすら付いてないから、ちょいと止めておくにも苦労することがあります。ま、それは慣れたんですが、最近走っているとき、どの程度のスピードが出ているのか気になりはじめました。まぁ、知ったからどうなるもんでもないんですが....。
で、ネットで調べたら、スピードメータじゃなくてサイクルコンピュータなんですね。何がコンピュータかって、スピード以外にもトリップメータやらオドメータやらはもちろん、平均スピードや最大スピードが計測可能なんだそうな。早速Amazonで安いやつを見つけて取り付けてみました。CAT EYEのCC-MC100Wです。
KC3A0027.jpg

さて、どうやって計測するのかと思ったら、フロントタイヤのスポークに小さなマグネットを取り付け、それをフロントフォークに付けたセンサーで感知するということでした。そしてその計測データは、ハンドルに付けたコンピュータ本体にワイヤレスで飛ばされます。
ということで、取り付けは非常に簡単でした。付属のマニュアルは、死ぬほどわかりにくいものでしたが(^^;

走り出すと....、お〜、ちゃんとスピードが表示されます(あたりまえか)。相当トロトロ走っても、10km/h以上は出てるんですね。大通りを走って25〜30km/h程度。気合いを入れると40km/hを越えます。条件さえ良ければ50km/h位は出そうですけど、自動車と違ってタイヤが細い分、ブレーキをかけても制動力が弱いから、やめた方がいいでしょうね(^^;
posted by スキー中毒者 at 22:36 | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記