2008年05月07日

Outback夏仕様へ

もうそろそろ雪も降らんだろう....ということで、この連休にOutbackを夏仕様に変更しました。
とは言っても、別に大したことをする訳じゃなし。スタッドレスタイヤをノーマルタイヤに、スノーブレードをノーマルブレードに交換。カーゴスペースに積んであったタイヤチェーン、ハンドワイパー、スコップ、長靴等を降ろすだけ。去年までは夏の間は棺桶も外していたのですが、今年は積みっぱです。

走行距離を見たら、7,000km走っていません。これは驚異的な少なさです(^^;ま、距離は少なくとも、それなりに雪道を走りましたので、MICHELIN X-ICEのインプレを(^^ 今更、という気がしないでもありませんが、来シーズンのご参考までに....。あ、来シーズン、モデルチェンジしたら....、役立たずですね(^^;

まず乾燥路の走行ですが、以前のMAXI ICEやDRICEに比べるとかなり柔らかくなっています。が、フツーの人なら不満に思うことはないでしょう。ちょっとだけだらしのないノーマルタイヤってとこでしょうか。
雪道走行に関しては、非常に安定しています。乾いた圧雪路であれば、100km/h程度のスピードで走っても、全く不安を感じません。また、意外に良かったのが、暖かさで雪が融けて水が浮いたような状況。スタッドレスはこのような状態の雪では、予想以上に滑るのですが、X-ICEは意外な強さを発揮しました。
反面、アイスバーン性能はそれほど高くはありません。完全に凍結した路面では、あたりまえのようにABSが作動します。が、横方向には意外に強かったように記憶しています。これは、タイヤの挙動がわかりやすいために、限界を越える運転をしないことにもよると思います。

ということで、凍結路の性能を最重視する方はイマイチと感じるかもしれませんが、乾燥路から凍結路までバランスの良い性能を求める方にはお勧めです。凍結路の性能も決して悪い訳ではなく、特に強くはないというだけです。ただ、値段がねぇ....(^^;
posted by スキー中毒者 at 23:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記