2007年12月23日

2008指導員研修会

12/22〜23に、某都連の指導員研修会に参加してきました。
会場となった菅平高原スキー場は、例年通り雪不足。先週の研修会では3コースしかオープンしていなかったようですが、その後の冷え込みでスノーマシンが順調に稼働し、一部を除き滑走が可能となっています。

DSCN3108.JPG
これは23日のファミリーゲレンデの様子。人が固まっているところは、すべて研修会参加者です。
22日は終日曇り。23日は朝一は曇りでガスが出ていましたが、10時過ぎにはガスも消え、大変良い天気になりました。
研修会参加者だけで700名近くいますので、ゲレンデは混雑していましたが、一般のお客さんが少なかったような気がします。3連休なのに....。雪不足で、滑れるコースが少ないと思ったのでしょうか?それとも、クリスマス前にスキー場なんて来ない?

研修会は23日の昼で終了。
参加者の多くは、終了後、2〜3本フリーで滑って撤収します。研修会中は混雑していた裏太郎ゲレンデもこの通り(^^;
DSCN3117.JPG
私は、終了後そのまま帰ろうとしていたのですが、クラブの年寄り、いや、先輩に見つかり、フリーを1本お付き合い。あまりに不様な滑りだったので、もう1本。やっぱり不様だったけど、これが実力と納得して帰ろうとしたところ、別のクラブ員が合流。またまた1本お付き合い。だからといって華麗な滑りができる訳もなし。今度こそ逃げるように撤収しました(^^;

歯医者の先生はスキーの先生
posted by スキー中毒者 at 21:42 | Comment(2) | TrackBack(0) | スキー