2007年07月06日

題名のないスキーセミナー第3回

3回のセミナーのトリをつとめる講師は、渡辺一樹さん。
第1回講師の嶺村聖佳さん、第2回講師の柏木義之さんのコーチでもあります。また、20年にわたって技術選に参戦し、その間4回の優勝を飾るとともに、デモンストレーターとしても活躍を続けている、これまたすご〜い方です。

DSCN2865.JPG

嶺村さん、柏木さんは、ご自身の技術選での滑りを分析されていましいたが、渡辺一樹さんは同じ技術選でも、他のスキーヤーの滑りを紹介しながらのお話でした。
前半は今年の技術選の紹介。
後半は一般スキーヤーの滑りを題材に、技術選での滑りとの共通点を分析し、両者が決して無関係ではないことを確認します。また、過去の技術選の映像を見ながら、技術の流れを振り返り、その時代のマテリアルとの関連を分析するとともに、その年代の研修会テーマとの関連性をお話しいだだきました。
このあたりは、プレイヤーとしての立場だけではなく、コーチとしての立場を持っている渡辺一樹さんならではでしょう。

今回は、自ら編集した画像をごっそりと持ち込み、Macで流しながらのセミナーでした。9時まで目一杯。ありがとうございましたm(__)m
posted by スキー中毒者 at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | スキー