2007年05月04日

奥志賀

2日目は、車で奥志賀高原まで足を伸ばしました。途中次から次へと現れるゲレンデの悲惨なこと....。豪雪だった昨年のイメージがあるだけに、なおさらです。

奥志賀も何とかオープンしているという感じです。
DSCN2737.JPG
これは第2リフト(一番奥のリフト)から見た様子です。下部の緩斜面は幅を確保することができず、廊下のようなコースが造られていました。その上の急斜面は、上部の真ん中2カ所に大きく土がでています。最近の急斜面は、コブ斜面と言うより、溝が並んでいるという感じになってしまっていますが、ここは昔ながらの正統派(?)コブ斜面です(^^

このコブ斜面で、とうとうやっちまいました(>_<)
中間付近のコース脇で止まろうとした際、外足の左スキーをずらそうとしたにもかかわらず、がっちりと雪を捉えてしまい、膝が捻られて痛みが走りました。「うわぁ、やっちまったぁ!」と思ったものの、無理しなけりゃ結構滑れる。よせばいいのに、その後もコブ斜面をホイホイと滑っていたら、みるみる症状が悪化。ここに至ってやっとリタイヤしました。
自分でもバカなことしたと思います。夜には、歩くのにも苦労するようになってしまいました。月山を前に、私の今シーズンは終了したようです(^^;

posted by スキー中毒者 at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | スキー