2006年12月23日

指導員研修会@菅平(1日目)

下界はクリスマスムード一色だったことと思われますが、クリスチャンではない私は、もちろん山に居ます。今日と明日は、年に一度の指導員研修会。都連の場合、菅平と車山で開催されるのですが、私の所属クラブは、毎年菅平での研修会に参加しています。

ご存じのように(え?「知らねーよ」って?)、冬の菅平(あ、車山もね)は死ぬほど寒いところです。で、雪が少なくとも、スノーマシン全開で、この時期でも安定してゲレンデに雪を付けてくれますので、安心(^^
ところが今年は....

DSCN2146.JPG
↑は、裏太郎ゲレンデ。きれいに雪が付いているようにも見えますが、実はまだまだ。斜面の途中に見えるのは、スノーマシンです。つまり滑れる状態じゃないってこと。

DSCN2148.JPG
上から見た、ファミリーゲレンデと、裏ダボス。ファミリーはほぼ完璧です(^^v裏ダボスは写真ではわからないんですが、近寄ってみると、完璧なのはリフト沿いだけ。迂回コースは草が出ています(^^;

DSCN2152.JPG
午前中の研修に使用した白銀ゲレンデ。滑れるのは、リフトの反対側の半分くらい。それも朝一はガリガリ。小石のような雪の固まりがゴロゴロしていて、滑りにくいこと滑りにくいこと。

で、研修会はどうしたって?
はい、講師はかわいい女性の先生でした(^^
(中略)
研修終了後、練習もせずに宿に直行。空いている風呂で汗を流した後、ビールを皮切りに酒盛り開始。いったい何しに行ってるんだか(^^;

『今日が初滑りの人?』
posted by スキー中毒者 at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | スキー