2017年10月15日

シーズン前のDVD

昨日、外出先から戻るとポストに宅配便の不在通知が入っていました。
「そう言や、佐川から配達予定のメールがあったよな。」
が、心当たりなく、何だろうと....。

FullSizeRender 3.jpg

これでした。
心当たりがない程度の存在感(^^;

青い本は、もうお受検の予定はないにもかかわらず、何故か毎年買ってます。
問題は、赤い方。
3分冊と立派なのですが、読むべき箇所はほんのわずかで、あとは付属のDVDを見るくらい。
でも研修会の雪上実技では、必ず講師の専門員から
『皆さ〜ん、オフィシャルブックは読んでますよねー。DVDも見ましたかー。』
とやられます。
ここでヘタに
「見ました。」
なんて答えようものなら、
『今シーズンの研修テーマは何だったでしょう?』
と聞かれて墓穴を掘るだけですから、沈黙は金です。
講師の専門員も、それ以上ツッコむような野暮なことはせず、ちゃんと教えてくれます(中にはカンペを見ながらって方もいらっしゃいますが,,,,)ので、曖昧にうなずいていればそれで済むのですが(^^;

まぁそれでも、シーズン前の恒例行事として、見ておくに超したことはありません。
でもねぇ、シーズン前のDVDって言えば、オフィシャルブックじゃなくて、私スキになっちゃうんだよね(^^;;
posted by スキー中毒者 at 18:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | スキー

2017年10月09日

史上最速のシーズンイン@イエティ

私のシーズンインは、10年以上前からイエティで迎えています。
そのイエティ、例年10月20日前後の金曜日に『日本最速』でオープンしますが、私はここ数年、オープン翌日に行くことにしています(さすがに当日には行けない....)。
ということで、今年は20日オープン、21日に初滑りかなぁなんて、勝手に妄想していました。
いや、妄想だけじゃなく、その日程を前提に、チューンナップに出した板も14日に引き取る予定になっており、準備万端だったのですが....。

9月15日、イエティからの告知がありました。
10月6日(金)、『日本最速』そして『史上最速』のオープンだそうな(^^;

まぁ早いのはいいんだけどね。こっちにも都合というものが....。
オープン翌日の7日に行きたいのはやまやまですが、板はチューンナップから上がってないし、前夜には飲み会があるし、そもそも7日の真っ昼間に実家の用事を入れちゃいました。
この実家の予定だって、14日でも21日でもって言われていたところ、安全牌のつもりで7日を選んだのにorz

そうだ、実家からイエティって、それほど遠くもないんだから、用事を済ませた後、ナイターで滑ればいいじゃん♪
な〜んて不埒な計画を立てていたのですが、その実家の用事が諸般の事情で翌週に変更。
ラッキー♪と思ったのもつかの間、どうやら土曜日の天気が思わしくありません。
2年前には、雨の中をレインウェアで初滑りというアホなこともやりましたが、もうやりたくありません(^^;

結局、1日遅れ(?)で8日の日曜日が今シーズンの初滑りとなりました。
私にとっても『史上最速』のシーズンインです(^^)

現着は8時ちょい過ぎ。
入場ゲートすぐ下の駐車場は、ほぼ満車です。
関東、東海地方の車が多いですが、中には石川や京都、そして福山なんてナンバーも....。
まぁ実際に現地からいらっしゃっているかどうかは分かりませんが(^^;

ゲレンデに出ると、直前までかかっていたガスは消えていました。
もうちょいいい天気を期待していたのですが、曇り空です。
そして暖かいです。

IMG_3148.JPG

コース幅は10m前後で、一番狭い場所だと6〜7m程度でしょうか。
オープンが早かったからか、雪の厚さは去年ほどではありませんが、もちろんマット等は出ていません。
気温が高いので雪はやや融け気味ですが、ICSの雪は乾いていると固まらず、足場が作りにくいので、少し融けてくれた方が締まって滑りやすくなります。

IMG_3154.JPG

2〜300m滑ったところから上部を見ると、こんな感じ。

FullSizeRender.jpg

下を見ると、すでに夕方のコース整備用の雪を準備し始めてます。

FullSizeRender 2.jpg

コース下部。斜度の緩やかさが分かります(^^;

IMG_3156.JPG

直前が緩やか過ぎるからか、これでも急に感じるリフト乗り場直前の斜面。

混雑具合としては、例年よりほんのちょっとだけ、お客さんが多かったかもしれません。
三連休の中日だったからでしょうか。
それでもリフト待ちは、最大でも5分はありませんでした。

そしていつものように、9割がスノーボーダー。
我々スキーヤーとは、ターン弧も滑走スピードも違いますし、跳んだり回ったりする方も多く、滑っていてストレスを感じることもあります。
しかしこれはスノーボーダーさんも同じことで、スキーヤーの滑走にストレスを感じているんじゃないでしょうか。
これだけ狭いコースでは仕方ないことで、お互いに衝突等には気を付けながら、仲良く楽しみたいものですね。

IMG_3163.JPG

昼前には一時的に青空が見られましたが、富士山は終日顔を出してくれませんでした。

午後になると、少しお客さんは増えました。
それでもコースはあまり荒れず、以前のようにど真ん中に穴ボコが開いてるような状態にはなりません。
コース最下部のリフト乗り場直前に、大きくマットが露出する場所が出ましたが、(珍しく?)パトが雪で埋めてくれました(^^)

今年も16時からのコース整備は健在ですが、私はその前に定時の15時で撤収。
この歳になると、リフトが止まるまでガツガツと滑ることはありません。
え?他に目的があるんじゃないかって?
ま....、まぁ....、それもあるかなぁ(^^;;
posted by スキー中毒者 at 15:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | スキー

2017年09月10日

毎度お馴染みの....

今日は某都連のスキー指導者研修会の申込日です。
いつものように、申し込み開始時刻の10時ちょい前からMacの前に陣取って、デジエントリーに接続。
満を持して、10時ちょうどから申込入力を開始しました。

dgent20170910-1.png

そしていつものように、アクセス集中によるレスポンス低下....。

dgent20170910-2.png

しばらくすると、当方の訪問に対して、丁重なるお断りのお言葉を頂戴いたしましたorz

今回は、所属クラブの研修会参加者13名分のエントリーが必要ですが、何度試しても数名入力したところで落とされます。
そのうちとうとう接続すらできなくなっちまいました。

やむを得ません。
これもいつものことですが、デジエントリーのオペレーター受付に電話します。
とは言え、こっちだってすぐに繋がる訳もありません。
リダイヤルを繰り返し、やっと繋がっても待機時間満了で切断され....。
11時過ぎに、何とかオペレーターのおねーちゃんとお話ができました。

全員のエントリーを依頼して、確認メールが返ってきたのは11時半です。
支払い方法はペイジーを選びましたので、ゆうちょダイレクトより決済手続きを行って、無事申し込みが完了しました。

まぁ毎度お馴染みの状況でああるのですが....。
何とかならないもんですかねぇ。
posted by スキー中毒者 at 12:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | スキー

2017年08月13日

2018事務連絡担当者説明会

お盆休みの真っ最中ですが、スキーネタです。

昨日、某都連の事務連絡担当者説明会に出席してきました。
この説明会で、今シーズンの教育本部と協議本部の行事について、日程や開催要項、諸注意等が伝えられますので、それなりに大事なイベントです。
昼間から酒を飲んでる場合じゃありません(^^;

ということで、朝の10時半に自宅を出発。
予報では天気がイマイチっぽかったのですが、雨は降ってません。
気温もそれほど高くなく、助かりました。
中野駅前で、ちょっと早めのお昼ゴハンを食べて、会場のなかのZEROに向かいます。

会場着は12時ちょい前。
すでに受付は始まっていました。
毎年、受付でクラブ名を確認しながら資料を渡しますので、時間帯によっては大混雑するのですが、今年は引換券と交換にしたためか、スムーズです。

IMG_2936.JPG

13時。
菱沼会長のご挨拶で開会しました。
今年は都連の創立80周年だそうで、記念式典を計画しているそうです。
それに加えて、雪上でも何らかの記念イベントを行いたいとのことで、式典は華美にせず、できるだけ予算を雪上に回したいなんてお話もありました。

続いて、某都連晋執行部紹介の後、まずは教育本部の説明から。
研修会については大きな変更はありませんが、資格検定については大きな変更がありました。
受検資格の年齢引き下げです。
正指、準指とも2歳引き下げられ、4月1日現在の年齢が正指は21歳以上、準指は18歳以上となりました。
資格検定の受検者も高齢化が進んでますから、この変更で、少しでも受検者が増えるといいですね。
また、準指検定については、日程を全日本の正指検定と合わせました。
そして、理論検定は昨シーズンは在郷で行いましたが、今シーズンは雪上養成講習会の2回目の中で行われます。
教育本部としては、他に大きな変更はありません。
特に質問も出ませんでした。

ちなみに、全日本の話になりますが、正指検定の第3会場が今シーズンは長野に戻り(?)ました。
一部には菅平という噂もあったようですが、木島平です。
スキー大学の第2会場は白馬五竜で、3日間の日程のみとなっており、こちらは先シーズンと変わりません。

休憩を挟んで、競技本部。
いつもなら、教育本部が終わると帰っちゃう人も多いのですが、今年は意外に大勢の方が残ってます(^^;
私の所属クラブにもレーサーが数名おりますが、私ゃ競技関係には疎いので、とりあえず聞いてただけ。
数年前までは、かなり粘着質な(?)質問が出たこともありますが、ここ数年は質疑応答はあっさり短時間で終わります。

予定より早めに議事は終了しました。
ホールを出て建物の出口に向かうと、某都連の役員や事務局が両側に並んで、見送ってくれました。

ここ数年、小さなことも含め、某都連は少しずつ変わりつつあるようです。
今後も良い方向への変化に期待するとともに、私たちも微力ながら協力しないといけませんね。
posted by スキー中毒者 at 15:44 | Comment(2) | TrackBack(0) | スキー

2017年07月31日

事務担は早くてもいいんだけど

某都連の今年の事務担(事務連絡担当者会議、....じゃなくて何だっけ?)は、8月12日との通知が7月中旬にありました。
以前は8月下旬〜9月上旬に開催されていたのですが、昨年より会場の都合(?)とのことで、お盆休みの真っ只中に開催されるようになりました。
お盆休みと言えば、普通の皆さまは旅行やら何やらでお忙しいようですが、普通じゃない中毒者にゃそんな予定はありません。
ということで、事務担自体は早くても何でもいいんですけど....。

金曜日。
いつものように泥酔状態で帰宅すると、メールボックスにレターパックが投函されていました。

IMG_2857.JPG

差出人は某都連。
内容は....、見なかったことにしよう。

『SAJ/SAT会員登録関係書類等』でした(^^;

まぁ考えてみりゃ、事務担前に届くのはあたりまえ。
しかし、今週末まで(じゃなくてもいいんだけど、後々のことを考えると....、ね)に手続き書類一式を取り揃えて返送するのは、日程的に結構タイトです。
しかも、自宅にいても酔っ払っていない時間は極めて限られていますし(^^;;

仕方ない、片付けちゃうか。
奇跡的に(?)シラフだった日曜日の夕方、改めて書類一式を確認。
面倒ではありますが、毎年やってることですから、それほど手間がかかる訳じゃありません。
一応マニュアルに沿って、全日本と東京都の会員・資格登録状況を確認し、継続として記入します。

IMG_2859.JPG

「そういや引っ越したやつがいたな。」
これは全日本の登録書類を手書きで訂正すればOK。
「ありゃ、FIS競技者登録って、毎年宣誓書が要るのか。」
ん〜、後日送付で勘弁してもらうか....。
登録料等の内訳明細書は、Excel様式を都連HPにアップしてくれてますので、助かります。

やれやれ、終わった。

と思ったのですが、忘れるところでした。
スキー学校とバッジテストの共催・認定申請もしなくちゃいけません。
去年から会員登録と同時に手続きできるようになりましたし、申請様式もExcelで用意されてますから、楽チンです。
日程と会場はともかく、講師と検定員はさすがにまだ確定しませんので、予定で記入。
資格の有効年度は、念のため都連から送られてきた教育資格更新状況のリストで確認するんですが....。
あれ?去年の菅平の研修会の修了状況が丸ごと落ちてるじゃん(>_<)
熊の湯やスキー大学の分は入ってますから、事務局のミスでしょうか。
大勢には影響ないけど、確認しないといけませんね。

はい、今度こそ終わりです。

いやいや、油断大敵。
まだポストに投函してません。
案の定、一晩寝たら、今日は忘れちゃったし....。
明日こそ忘れずに(^^;
posted by スキー中毒者 at 17:35 | Comment(3) | TrackBack(0) | スキー

2017年07月09日

17/18 ICIカスタムフェア@恵比寿

この週末は、ICIカスタムフェアの東京ファイナル。
今年は2年ぶりの恵比寿会場です。
個人的には去年の新橋(あれ、汐留だっけ?)会場の法が、近いし、街の雰囲気にも安心感があるのですが(^^;

それでもこの時期の恒例行事ですから、用事の有無にかかわらず、つい足を運んでしまいます(^^()
ということで、土曜日の午後。

IMG_2765.JPG

会場のスバルビルに到着し、3階のイベントスペースに上がると、なかなか盛況です。
実際には部屋がそれほど広くないので、狭い通路に人が滞留するということもあるのでしょうが、それを差っ引いてもまずまずの人出じゃないでしょうか。
とは言え、すでに先月の有明で決めちゃった方も多いからか、各メーカーのスタッフはそれほど忙しそうではありません。
OGASAKAにいらっしゃった丸山貴雄さんも、いつもなら引っ張りだこ状態ですが、このときは珍しく客待ち状態だったので、ひと言だけご挨拶をさせていただくことができました。

まずは会場をひと回り。
狭いんですぐに回れちゃいます。
続いて小物をチェックしながらもうひと回り。
そしてヘルメットを試しつつらもう一周。
う〜ん、結局今回はオーダー見送りです。

退場する前に、用もないのにフラフラとBlossomへ。
スタッフのおっちゃんが展示品のチェックをしています。
「あれ?ヘルメットなんて扱ってたんだ。」
隣には見たことがある枕も....。
どうやらBlossomは昨年(?)から代理店が変わったようで、その代理店の取り扱いブランドとして並んでいるようです。
最近流行のバイザータイプが目立ちますが、普通のメットもありました。
試してみると、中身は小さいくせに器だけが不必要に大きい私の頭でも余裕のフィット感です。
『これね、普通のゴーグルでもいいんだけど、こいつを付けられるんですよ。』
メットの両側に開いた穴に、マグネットで固定する専用のゴーグルもあるそうです。
「へー、いろいろと考えるねぇ。」
と平静を装いつつ、心は揺れ動きましたが、何とか自制してカタログだけ頂戴いたしました(^^;

無事会場を離脱して、1階へ。
一昨年は、カスタムフェア使用のOUTBACKなんてヤバいものも展示されていましたが、今年はごく普通のスバル車のショールームです。

COTYを受賞したINPREZAや、新しいEyeSightを搭載するREVOGE、奥にはコンパクトSUVのXV。
残念ながら、OUTBACKは展示されていません。
恵比寿駅に向かおうと外に出ると....、ありました。
OUTBACKは屋外にひっそりと展示されていました。

人気と売れ筋から考えると、やっぱりこうなっちゃうのかねぇ(^^;;
posted by スキー中毒者 at 18:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | スキー

2017年06月12日

17/18 ICIカスタムフェア@有明

とりあえず今年も土曜日に行ってきました(^^)
来シーズンのマテリアルについては、板は別ルートでオーダー済みですが、小物類を少々見繕う必要があります。

会場は今年も有明のTFTビルでした。
ちなみにTFTとは、東京ファッションタウンらしいのですが、何がファッションタウンなんだか未だに良く分かりません。

IMG_2667[1].JPG

現着して受付を通過すると、アワードを受賞したマテリアルが展示されています。

IMG_2668[1].JPG

そして、ドサクサ紛れ(?)にAudi。
ATOMIC仕様です。
しかし、1ヶ月後の東京ファイナル@恵比寿では、さすがにこれは展示できないよなぁ(^^)

先に進むと、最初の中部屋ふたつがウェア、続く小部屋でゴーグルやメット等の小物、最後の大部屋が板やブーツの大物(?)という、いつもの配置でした。
まずは大まかにメーカーの場所を確認して、振出しに戻ります。

IMG_2669[1].JPG

ウェアは、使用中のMizunoがまだ2シーズン。
当然来シーズンは見送りなのですが、見てると煩悩が沸いてきますので、早めに離脱しなくちゃいけません。
と、GOLDWINに芳川愛実デモがいらっしゃったので、ちとご挨拶。
『あと1点だったのに〜!』
と互いに悔しがりながら、煩悩が沸かぬうちに退散です(^^;

お次の中部屋では、まずはグローブを物色。
私はLEKIのポールを使用していますので、同社のセーフティーグリップのトリガーSに対応したグローブから選びます。
今使っているやつは、グリップと接続するループがグローブに直付けされていて、ちょっとだけ違和感があったのですが、今シーズンより直付けじゃないモデルも出ています。
ということで、サイズを合わせて1枚目の注文伝票。

続いてゴーグル。
現在使用中のSMITHか、信頼の日本製SWANSか、それとも....。
まずはSMITHで話を聞いてみました。
「調光レンズかどうかって、どこで見分ければいいんですか?」
『いや〜、ちょっと分かりにくいんですけど、このシールに“調光”って書いてあるやつが。』
「あはは、年寄にゃ見えねーよ。」
『今使ってるのは?』
「I/O 7」
『あー、私も使ってますけど、フィット感抜群ですからねー。じゃ今度もI/O 7がいいですね♪』
レンズの機能的にも、若干進化しているようです。
『えっと、調光だとこれか、これなんですよ。』
私の滑りに合わせたような、色気のないシックなカラーリング。
「あ、じゃブラックで。」
Made in Japan、不戦敗でした。

最後の大部屋に足を踏み入れると、なかなかの熱気です。
若い方の姿も多く、ここだけ見りゃ「スキー界もまだまだ捨てたもんじゃないな。」と思えるのですが....。
ここはホントに見るだけです。

IMG_2670[1].JPG

オガサカのブースに、いつもお世話になっているスタッフがいらっしゃいましたので、ご挨拶。
そしてBlossom。
『これと、これが試乗会に出てこなかったモデル。今度ぜひ乗ってみてください。』
「最近ねー、Blossomが気に入り始めたんですよ。機会があれば、いつかは使ってみたいなっと。」
『お待ちしてま〜す!』
VIST JAPANには、元デモの榎並雪彦さんがいらっしゃいます。
せっかくなので、STÖCKLIについて暫し立ち話。

そうこうしているうちに、15時近くになりました。
次の予定がありますので、そろそろ退散です。
出口では、各スキー場がパンフレットを配りながら抽選を行っていますが、いつものように当たるのは飴ばかり(^^;
でも今回は衝動買いはなかったしな♪

最後に、30,000円以上の予約特典のゴーグルケースを受け取ろうと、予約伝票を引っ張り出しました。
「2枚を合計すりゃ、貰えるだろ。」
と思っていたのですが....。
ゴーグルの伝票だけで充分でした。
「げ、SMITHのゴーグルって、こんなに高かったっけ?」

伝票を書く際に、スタッフと一緒に確認したはずなんですけどねぇ。
衝動買いはありませんでしたが、平常心もなかったようですorz
posted by スキー中毒者 at 12:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | スキー

2017年05月31日

SKI FORUM 2017

​先週末はかぐらの最終営業日。
そして新宿ではSKI FORUM 2017が開催されます。
昨年は雪不足で、かぐらも5月末まで営業できるとは思えない状況だったので、SKI FORUMの一択でした。
しかし今年は、どちらを選ぶか悩ましいところであったのですが....。

4月中旬、長野のスキー仲間よりSKI FORUMの開催案内とともに、
『やっぱりかぐら?』
とのメールが入りました。
どうやら今年も参戦予定らしい。
そうなりゃ、当然かぐらより宴会SKI FORUMです(^^)
早速在京のスキー大学仲間に招集をかけ、今シーズンの忘年会を設定しました。

土曜日。
14時会場着を目標に、13時過ぎに自宅を出発。
昨年のような寄り道はしません。

IMG_2599[1].JPG

いや、ここには寄りました(^^)
変わり映えしないけど、某O社スタッフへの差し入れを購入。
いつもは大混雑ですが、この日は珍しく空いてました。

現着は予定通り14時です。
受付を済ませて会場へ進むと、入口外でもメーカーブースがお出迎え。

正面のREXXAMは毎度お馴染みですね。
そして入口脇には何とSlatnar。
公式アプリを作ったって案内を配ってましたが、まだ知名度が低いからか、スルーされる方も多かったようです。

会場に入ると、正面左右にはONYONEとPhenixのデカいブース。
右に目を向けると、おぉ、我が(?)STÖCKLI(のVIST JAPAN)!

IMG_2600[1].JPG

しかしまずはお世話になっている某O社スタッフにご挨拶。

その後、会場をひと回り。
主要メーカーでは、今年はSALOMONが出展を見送ったようです。
あと、例年大きなブースを構えるHart/FABLICEのJapanaも見当たりません(こちらは後でいろいろと噂を聞きましたが....)。
それなりに盛況ではありますが、カスタムフェアほど混雑はしていませんので、情報収集にはおあつらえ向きです。

IMG_2601[1].JPG

まずはSTÖCKLIへ。
セパレートタイプのビンディングにする場合のプレート仕様について、いろいろと教えていただきました。

IMG_2602[1].JPG

続いてSWANS。
ずっと愛用していましたが、諸般の事情で現在は他社に浮気中。
よりを戻すかどうか、微妙なところ(^^;

そしてLEKIでは、トリガーシステム対応のグローブについて、お話を伺います。
最後にGIROで、アジアンフィットのフィーリングを試してみました。

そうこうしているうちに、身体が乾きを訴え始めます。
熱中症予防には、水分補給が大切だよな。

ということで、合流したスキー大学仲間とともに銀座へ移動。
16時からは忘年会です。
とりあえずビールで乾杯!

IMG_2603[1].JPG

と言いたいところですが、若干2名は最初から日本酒で乾杯(^^)/□
『次は何にしようか。』
と皆さんが眺めるメニューは、酒のラインナップです。
見かねた店主に、
『中毒者さん、刺身でも切りましょうか?』
と声をかけていただきましたが、全員日本酒に切り換え、飲むわ飲むわ....。
4時間飲み続け、お勘定。
「あれ?意外に安いな。」
と思いましたが、ほとんどが酒代ですから(^^;;

土曜日とは言え、いつもと変わらず繁盛していたお店で、我々もいつもと変わらずハイテンション。
お店や他のお客様にはご迷惑をおかけしたことと思いますが、本当に楽しいひとときでした。

これにて私もシーズンアウト。
先週の最終滑走で、日数は47日でした。
雪が多かった割に少ないですけど、シーズン当初にOutbackの調子が悪く、急遽新車に乗り換えたりしたからなぁ。

でも今季も楽しいシーズンでした。
私と関わってくれたすべての皆さまに感謝です!
posted by スキー中毒者 at 17:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | スキー

2017年05月21日

夏のようなかぐら・みつまた

GWが明けると、選択肢は極端に少なくなります。
私にとっては、かぐらほぼ一択(^^;
ということで、この土曜日もかぐらへ行ってきました。
ちなみに、先週は雨予報のため出撃を断念しましたので、2週間ぶりのかぐらです(^^)

みつまたステーションに到着したのは7時40分頃ですが、駐車場は半分以上埋まっていました。
リフト券売り場に行くと、それほど長くはありませんが、列がで来ています。
ロープウェイ乗車でも行列。
今シーズン、並んだの初めてだよな(^^;
それでも、リフト券では5分、ロープウェイでも20分程度ですから、大したことはありません。

みつまたエリアまで上がると....、雪が少なくなりましたねぇ。

IMG_2549.JPG

ファミリーコースは、かぐらからみつまたへの連絡専用になりましたが、通路に雪はりっかりと付いています。
ゴンドラに滑り込むゴンドララインも、今のところ問題なし。
しかしこれは、スタッフがコースに雪を出したり、硫安を巻いたりして、懸命に整備をしていただいたおかげです。
本当にありがとうございます!

かぐらエリアへの到着は9時。

IMG_2550.JPG

急激に雪が少なくなったみつまたとは違い、まだまだ雪はたっぷりです。

IMG_2551.JPG

メインでは地肌が出始めた場所もありますが、降雪機側は大丈夫です。
すでにパノラマも開いているでしょうが、義務的にメインを一本。
整備は入っているものの、すでに聖地ではなくナチュラルバーンでした。
雪もザブザブで、1本滑るだけでも結構疲れます。

IMG_2552.JPG

義務は果たしたので、パノラマへ。
いつもなら朝は空いているこのコースも、意外に混んでました。
中周りで滑ろうとすると、出るタイミングを見なくちゃいけないし....。
こちらも1本で終了。

IMG_2553.JPG

ジャイアントは、いつものジャイアント(^^)
コブの深さもリズムもいろいろありますので、皆さん、自分に合ったコブを見つけて楽しんでいらっしゃいます。

IMG_2554.JPG

踊り場の下は、コース半分のコブが潰され、ナチュラルバーンになっていました。
1高が大混雑する前に3ロマを動かしてくれましたので、こちらを使って私もジャイアントを楽しみます。
とは言え、右膝に若干の張りと痛みを感じますので、のんびりと(^^;

そして時間とともに気温が上がりました。
私は、半袖のTシャツに薄手のジャケットを着ていただけですが、それでも暑いです。
暑さに耐えかね、11時過ぎにはランチ休憩に(^^;;

IMG_2555.JPG

レストランかぐらの窓から、気持ちよさそうに泳ぐ鯉のぼりが見えます。
レストラン自体はもっと混むかとおもったのですが、それほどではありませんでした。
天気がいいので、外で食事(とビール?)を楽しんだ方も多かったようです。

ランチとお昼寝を終えてコースに戻ると、3ロマは運行を終了していましたが、1高がそれほど混みませんので、リフト待ちは気になるほどではありません。

ジャイアントでは、コブの谷間に地肌が見える場所も出始めましたが、まだごく一部です。
しかしこの時期になると、一週間で雪は急速に減っていきます。
かぐらの営業もあと一週間ですから、何とか良いコンディションのまま終了できるといいですね。

IMG_2556.JPG

ロープウェイまでの連絡コースになっているみつまたファミリーは、かなり雪は厚いです。
ロープウェイの駅舎前に滑り込む、リフト下付近のみ薄くなっていますが、ここに雪を入れてくれれば、かぐらからのコースが途切れることはなさそうです。
きっと大丈夫。
神楽魂に期待しましょう(^^)

ロープウェイでみつまたステーションまで下り、板を洗って車に戻りましたが、駐車場は夏のような陽射しです。
車のエンジンを掛けると、エアコンもフルパワー。

IMG_2557.JPG

夏のような、じゃなくて、夏でした(^^;;
posted by スキー中毒者 at 16:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | スキー

2017年05月08日

目論みどおり

​最近は、大型連休で行楽地に出かけても、最終日の1〜2日前に帰宅し、最終日は自宅でゆっくりと過ごす方が多いようです。
ということは、高速もスキー場も空いてるよな....。

と目論んで、GW最終日の7日は(も?)かぐらへ(^^)
関越に乗ったのは5時半過ぎでしたが、気持ち悪いくらい空いてます。
いつもなら一気に車の密度が増す鶴ヶ島IC付近もガラガラ。
7時40分に現着した時点で、駐車場は半分程度の入りでした。
もっと少ないかと思いましたが、こんな日に滑りに来る酔狂な人って、意外に多いんですねぇ(^^;

IMG_2438[1].JPG

リフト券を購入して、ロープウェイ乗り場に行くと、そのまま出発直前の搬器に乗車できました。

IMG_2439[1].JPG

かぐらエリアへの到着は8時半。
やや雲がかかっていますが、予報は終日晴れです。

まずはメインで大回り。
続いてパノラマで中回り。
そしてジャイアントでコブ....、と思ったら。

IMG_2440[1].JPG

あれ?平らになってる。
上から見て右側2/3程度の幅でコブが潰されていました。
最上部に「検定中」の旗が立っていますので、バッジテストの検定バーンになるようです。
ジャイアントで整地(ナチュラル?)大回りなんて、久しぶりでした(^^)

ボブスレーコースのようなコブのラインは残されていますが、それがイヤならテクニカルに行けってことですね。

IMG_2441[1].JPG

ボブスレーはイヤなんで、テクニカル。
相変わらず「コブ道場」って感じで、皆さん真剣です。
真剣じゃない中毒者は、いたたまれず田代にエスケープ(^^;

IMG_2442[1].JPG

ジャイアントの大回り同様、ここを滑るのも久しぶりです。
しかし、どこ行っても平らなんですよねぇ。
この時期の雪だと、ターンしたら止まっちゃうような緩斜面も多いです。
かと思えば、こんな急斜面。

IMG_2443[1].JPG

チャレンジのコブも、雪は汚れていますが、まだ谷間に土は出ていませんでした。

せっかくなんで、一番奥(?)まで行って、とんかつ屋さんでランチを済ませ、かぐらエリアに戻ることにします。

IMG_2444[1].JPG

田代湖の氷は完全に消えました。

IMG_2445[1].JPG

ダイナミックコースに掘られていたコブ。
見た目よりも手強かったです(^^;

それにしても、田代....、人いねぇ。

13時前にかぐらに戻りました。
人がたくさんいて、ちょっとホッとします(^^)

ジャイアントではまだ検定が始まっていませんでしたので、コース脇(ボブスレーじゃない方)のコブを数本。
そのうちトップからガスが下りてきました。

IMG_2446[1].JPG

ガスの中の検定か....、と思ったのですが、始まってしばらくするとガスは晴れました。
かぐらの検定は、その場でポイントを掲示しれくれますので、私は自主クリニック(^^)
1級の横滑り、大回り、小回り、2級のシュテムターン、大回り、小回りを見学させていただきました。

その後、いつものように14時半過ぎにかぐらエリアから離脱。

IMG_2447[1].JPG

みつまたのファミリーコースにも雪はたっぷりと残っていますが、明らかにリフト側のコース幅半分の雪が厚くなっています。
今後、急激に雪が少なくなりますが、ロープウェイ駅舎までの雪を残す努力が始まっています。

駐車場までの下山コースは、すでにシーズンクローズとなっていますので、この日はロープウェイで下山。
朝同様、出発直前の搬器に乗ることができたため、ここでも待ちはありません。
もちろんどこへ行っても、終日リフト待ちはなく、目論みどおり混雑とは無縁のかぐらでした。

帰路の関越道は、高坂渋滞はあったものの、ゆっくりと流れていて10分程度で通過できました。
JARTICの渋滞予測では5kmで+7分ということは確認していましたから、これも目論みどおりです。

そして帰宅後、いそいそと向かったいつもの角打ち。
明日から仕事だけど、常連さん、来てるだろうなぁ。
と思ったら....、やっぱり来てました。

どこまで行っても目論みどおりのGW最終日でした(^^)
posted by スキー中毒者 at 12:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | スキー